セカオワLOCKS!

1月25日(金)のセカオワLOCKS!は・・・

今回は【セカオワ掲示板】に届いた生徒からの書き込みを時間の限りチェックしていきます!
セカオワ先生に聞きたいこと、伝えたいこと、単なる独り言でも何でもOK!!
【セカオワ掲示板】まで書き込んでね〜!

2019年今年の抱負!

セカオワLOCKS! 2019.1.4 金曜日

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「SCHOOL OF LOCK!の生徒のみなさん!あけまして・・・。」

全員「おめでとうございます!」<BGM『春の海』IN>

DJ LOVE「お、このBGMは。」

Nakajin「お正月ソングの筆頭ですよね。」

DJ LOVE「ぴよ〜〜〜〜。(曲に合わせて歌ってます。)ってくるやつだ。」

Nakajin「そうですね(笑)お正月満喫してますでしょうか?みなさん。今週いっぱいダラダラしたいな〜という生徒は、その時間を利用して、Youtube Originalで配信している『Re:IMAGINE』を見なさい!」

Saori「お!」

Nakajin「告知挟んでいきますよ。ガンガンいきなり!あの『アベンジャーズ』を生み出したアメリカのマンガ出版社、マーベルと一緒にカスタムコミックを制作しました。その模様が動画でアップされてます!いきなり告知してます。これ、すごいことですよね。」

DJ LOVE「うん。」

Nakajin「マーベルは、『スパイダーマン』とかいるやつですから。」

DJ LOVE「そうでございます。」

Nakajin「僕らがスーパーヒーローになってね。」

DJ LOVE「うん。『X- MEN』もおります。『アイアンマン』もそう。」

Nakajin「ね。僕たちがスパイダーマン的なものになったこととほぼ同じだと。」

DJ LOVE「そうです。」

Nakajin「これはエピソード2までは無料で見られるので、そちら是非チェックしてみてください!」

生徒のみなさん明けましておめでとうございます!2019年もよろしくお願いします!2019年早々宣伝からスタートしましたが(笑)、気になる生徒は是非『Re:IMAGINE』チェックしてみてください。

SCHOOL OF LOCK!


さて、今年最初の授業に参りたいと思います!今日は毎年恒例の書き初めです!ちなみに過去3年間の4人の抱負は・・・

Fukase→「大人 ケガをしない」「音楽 ケガをしない」「料理」
Nakajin→「量産」「人間らしく」「インプット」
Saori→「Hi!Nice to meet you」「Hi!How are you」「健康」
DJ LOVE→「集」「変」「忘れない」


それぞれに込められた想いが気になる生徒はぜひ当時の放送後記を読んでみて下さい!さあ、今年はどんな抱負を掲げるのでしょうか?

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「紅白歌合戦からのCDTVという怒涛のお正月が終わりまして、1月2日からがお正月という感じです。例年通りの僕らのお正月でした。世界の始まり!世界始の講師!セカオワLOCKS!今夜は2019年初めての授業という事で、新年恒例、書き初めに挑戦したいと思います!・・・っていうかもう書いてあります!」

Saori「書いてあります!」

Nakajin「抱負を書きました。ではいきますか。2019年今年の抱負!誰から発表しますか?」

SCHOOL OF LOCK!


Saori「じゃあ私からいきます。」

Nakajin「お願いします。」

Saori「発表します!私のSaoriの、2019年の抱負は・・・『動く』」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「はい。絵が描いてありますけど。」

Saori「これは子供もってますね。片手で。」

Nakajin「片手(笑)危ないですね〜。」

Fukase「これ卵?卵?」

Saori「卵じゃない(笑)」

Fukase「ゆで卵?」

Nakajin「ゆで卵なの?」

Saori「子供ですよ。えっと、動かないとダメだなと思って。」

Nakajin「うん。」

Fukase「踊るかい?」

Saori「そう。踊るでもいいんだけど。子供も一緒にね。」

Fukase「一緒に?Saoriちゃん踊りとか下手そう。」

Saori「(笑)子供もじっとしてないし、自分が動けないとダメだなと思って。」

Nakajin「うん。」

Saori「運動するとか、体力つけるとかと同義なんだけど。子供が“遊ぼう遊ぼう!”ってなってる時に、“はあ、体だるい。今やめて。”って思いたくないから。よし遊ぼう!っていつでもなれるように体力をつけたいなと思って。」

Nakajin「一緒に動いていこうみたいな。」

Saori「そう。みなさんどうですか?」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


DJ LOVE「じゃあ次、僕いきますね。」

Nakajin「お願いします。」

DJ LOVE「発表します!私DJ LOVEの、2019年の抱負は・・・練習の『練』。」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「練。」

DJ LOVE「ファンクラブツアーでドラムを叩いたりしてて。」

Nakajin「『Fafrotskies』では本当にドラムを叩きましたからね。」

DJ LOVE「そう。楽しかったので、引き続き怠らないようにしようかなと。」

Saori「初めてじゃない!?そんなこと言ってんの。」

Nakajin「本当だよね。」

DJ LOVE「初めてかもしれない。」

Nakajin「本当に頑張っていたなと思うよ!」

Saori「人生で1番頑張ったんじゃない?」

Nakajin「ね。」

DJ LOVE「かもしれない。」

Nakajin「あんなに頑張ってるLOVEさんを・・・。」

Saori「ね!LOVEさんってあんなに頑張れたんだってびっくりしちゃったよ。」

DJ LOVE「このままキープしていこうかなと!」

Saori「今年はね。高みを目指して。」

Nakajin「もしかしたら、また披露する機会があるかもしれない。」

DJ LOVE「はい!」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「じゃあ次、僕いってもいいですか?」

DJ LOVE「どうぞ!」

Nakajin「僕Nakajinの、2019年の抱負は・・・『失くさない』って書きました。」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


Saori「(笑)」

Nakajin「この間ね、放送をお休みしちゃってたんですけど。その時にどうやら僕の忘れっぽいエピソードを大暴露してたらしいんですけど。」

Fukase「うん。」

Nakajin「最近物をガンガンなくすんですよね。」

Saori「失くすよね。」

Nakajin「なんでか分からないんですけど。財布をなくし、カバンは新幹線が出発する本当ギリギリに届けてもらったりとか。リュックもそうだし、AirPodsなくしたり・・・。AirPodsは戻ってきたんですけど、財布は戻ってこなかったんですよ。」

Saori「財布はね。」

Nakajin「結局戻ってこなくて・・・。」

Saori「運転できないんだよね。」

Nakajin「そうなんですよ!運転免許証がないから運転できないっていうね。」

Saori「そうなんだよね〜。」

Fukase「AirPodsはアメリカでもなくしてたしね。」

Nakajin「なくしました。でもあれはどうですか?外側ツルツルしてるじゃないですか!」

Fukase「外側のカバーをつけなさいよ。ちょっと汚いけど。AirPodsは俺も、ケース開いたら中に何もない時あった。」

Nakajin「あっそのパターンもあるね。中身がいないパターン。」

Fukase「たぶんだけど、ツアー中に音楽を聴いたりしながらイヤーに・・・イヤー(笑)耳にはめていて、はめていたまんま寝て、その間に取れてどっかにいったんだけど、そのまま出てきちゃったっていう。」

Nakajin「外れやすいっちゃあ外れやすいんですよ。」

Fukase「そう。結構寝てると絶対にに外れるからね。」

DJ LOVE「ホテルのシーツと同じ色でしょ?」

Fukase「全く同じ色。真っ黒を発売してもらうしかないよね。」

DJ LOVE「気づけないよね。」

Nakajin「もしかしたら今度はもっと大切なものをなくすことに・・・。」

Fukase「自分だ。」

Nakajin「自分自身をね(笑)」

Fukase「自分自身は怖いわ〜。」

Nakajin「なくす恐れがある。自分自身に自信がないから。なくさない自信がない。常に自分は何かをなくすんじゃないかと思って生きてる。」

Fukase「気をつけてください。」

Saori「気をつけてね。」

Nakajin「自分自身をなくさないように。2019年。」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


Fukase「じゃあ最後発表します。僕Fukaseの、2019年の抱負は・・・『インスタを頑張る』。」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「インスタ。」

Fukase「やっぱり得意じゃないんですよ。そもそもが。でもよく考えてみたら、ライブも得意だったわけでもないし、ミュージックビデオを考えるのも得意じゃなかったんですよ。ダンスに関しても得意ではなかったし。」

Nakajin「『INSOMNIA TRAIN』の時ね。」

Fukase「苦手意識が強かったからやってみたというか。」

Saori「まあね。」

Fukase「固まって歌ってるなと思ったから、体を動かしながら歌うのもアリなのかなってやってみた。苦手なものに挑戦するっていい事だなと思って。」

Nakajin「うん。」

Fukase「苦手ならやらなきゃいいじゃんっていう考え方ももちろんあるんですけど、僕は苦手なものに挑戦したい派!」

Nakajin「インスタはわりとサクサクやってますよね。」

Fukase「続くかな〜。」

Saori「続くかね?なんか・・・炎上するんじゃない?すごい大きく。」

Nakajin・DJ LOVE「(笑)」

Saori「1,2回ね。もう既にね。」

Fukase「いやいやいや(笑)」

Nakajin「掘り返しますか?掘り返していくスタイルですか。年始から。」

DJ LOVE「新年なのに。」

Saori「既にボヤが起きてますからね。」

DJ LOVE「新年始まって、去年の炎上を掘り返すという。」

Nakajin「(笑)」


M. ドラゴンナイト / SEKAI NO OWARI


SCHOOL OF LOCK!


Fukase「どうですか?メンバー全員での目標ってありますか?」

Saori「え!?なに急に??そんな真面目なこと聞いてきて。」

Fukase「(笑)」

Nakajin「真面目かどうかは分かんないよ?」

Fukase「そうだよ。全然真面目じゃないかもよ?」

Saori「え?じゃあ何?」

Fukase「え!?なんだろう・・・。そんなの急に振られるとアレだけど・・・。シングルか何かが1位になった時、ヘリに乗るっていうわけわかんないやつあったよね(笑)」

Saori「やったね〜。」

DJ LOVE「あったね。」

Nakajin「『スノーマジックファンタジー』の時だよね。」

Fukase「今年アルバム出るじゃないですか。」

DJ LOVE「はい。」

Fukase「何かします?」

Saori「あっ、記念に?」

Nakajin「何かしようよ!4年ぶりでっせ。」

SCHOOL OF LOCK!


Fukase「ちょいちょいしてるんだよね。このままいくと、Saoriちゃんの赤ちゃんをギュウウウウっと抱きしめて終わりだと思う。」

一同笑い

Saori「それはいつもやってる〜。」

Fukase「いつもやってることでおしまいになっちゃう。」

Nakajin「アルバムの時に限らずなんだけど。」

Fukase「限らずなんだけど、幸せの絶頂みたいな時にきちゃってるから。ちゃんと練らないと。」

Saori「何か考えますかね。」

Fukase「考えようよ!前はヘリ乗ったんだよ!?意味も分からず。」

DJ LOVE「そうだよね。」

Nakajin「あれなんだろうね?」

Fukase「意味も分からず、ヘリの中でシャンパン乾杯しようぜみたいな。」

Saori「ヘリに中でシャンパン乾杯するものだと思ってたら、結構揺れるから無理だったんだよね。」

Fukase「飲み物もダメだし、ケータイもロッカーにしまわないといけなかった(笑)」

Saori「そうだった(笑)」

Fukase「シャンパンとかやってる場合じゃないし、シャンパンとか普段俺たち飲まないし(笑)」

Saori「ちょっとイメージと違ったよね。」

DJ LOVE「次は何するかだよね〜。」

SCHOOL OF LOCK!


Nakajin「何がある?そういう、THEお祝いみたいな。」

Fukase・Saori「う〜〜〜〜〜ん。」

DJ LOVE「ヘリ使っちゃったからね。」

Nakajin「ヘリ使ってるよ。」

DJ LOVE「クルーズ??」

Saori・Nakajin「あ〜。」

Nakajin「船系?」

Fukase「酔うでよ〜。酔うでよ〜。」

Nakajin「乗り物には付き物だよね。」

Fukase「そういえば、屋形船はやったじゃん。」

DJ LOVE「屋形船はやった。」

Nakajin「やってる!屋形船はやってるわ!」

Fukase「・・・ちょっと考えるか。」

Nakajin「うん。」

Fukase「みんなから募集するわ。」

Saori「うん。」

Nakajin「校長と教頭にも聞くわ。」

Fukase「もう全員に聞いていくわ。」

Nakajin「うん。」

Fukase「最終的にいう事聞かないかもしれない。」

Nakajin「そうだね(笑)散々募集して、いいねとか言いながら。」

Fukase「全然やらない(笑)」

ということなので、みんなが思う『THE お祝い』セカオワ掲示板で大募集したいと思います!!セカオワ先生、こんなのどうですか?っていう提案、ジャンジャン書き込んじゃってください〜!もしかしたら、君の案が採用されるかも・・・・??

さあ、今年もみんなからの自由な書き込み待ってます!些細な事、悩み事、嬉しかった事、怒った事、内容は何でも大丈夫!セカオワ掲示板でみんなで遊ぼうね〜〜〜!

では今週はここまで。また来週!

SCHOOL OF LOCK!
- Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 315 | 316 | 317 || Next -
<   2019年1月   >
MonTueWedThuFriSatSun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE