クリープハイプ先生来校!授業テーマは「周りに理解されない愛すべきもの」

20200121_sol07.jpg

今夜の授業を職員のジャンクションが振り返り!


今夜はわが校の社会の講師クリープハイプ先生が登場!
お届けした授業は「周りに理解されない愛すべきもの」

周りにはなかなか理解されない、でも自分は大好き!
そんな生徒の愛すべき人、もの、景色、匂いを教えてもらったぞ!

ちなみに尾崎世界観先生の「周りに理解されない愛すべきもの」は『包装紙の匂い』だそう!
嗅ぐと落ち着く、そして安いほうが匂うから好きというこだわりも!
さらには見た目で匂うかどうかの判断もできるほどの熟練っぷり!
ライブ終わりには、差し入れの包装紙を全部嗅ぐほど愛しているとのこと!

逆電で話を聞かせてもらった生徒の「周りに理解されない愛すべきもの」は…
『耳たぶ』『ライブハウスの汗とタバコの混ざった匂い』『血管や骨が浮き出ている足の甲』と、どれも個性たっぷり(笑)
その魅力やこだわりを語ってもらいました!

クリープハイプ先生にはNEWシングル「愛す」や10周年全国ツアー 「僕の喜びの8割以上は僕の悲しみの8割以上は僕の苦しみの8割以上はやっぱりクリープハイプで出来てた」についてもたっぷり話を聞かせてもらったぞ!


聞き逃した生徒はradikoのタイムフリーから!!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年01月28日(火)PM 10:00 まで



とーやま校長の放送後記

放送終わり、クリープハイプ先生が『校長の最後の日、絶対聴こう』って言ってて、
俺がどうこうよりも、この学校の事を今までもこれからも気に掛けてくれてるんだなって思ってとても嬉しかった


今日の黒板

20200121_sol08.jpg

クリープハイプ先生「今日改めてSCHOOL OF LOCK!に出演させて頂いて、こうやって生徒のみんなと話すときの『もしもし』っていう問いかけ…生活していて今なかなか無いですよね?
電話をしてもあんまりそういうことを改めて言わないというか…
でもその距離感、ちょっと探っている感じというか、丁寧に人と向き合うときの“声”だけだからこそ『もしもし』って探る感じって、表現においても大事だなって思って。
丁寧に相手に届けようとする、伝えようとする感じ。これを今日は勉強しましたね。」

とーやま校長「『もしもし』って僕も今日も何回も言っているし…」

クリープハイプ先生「今まで10年間、数え切れないほど言ってますもんね?」

とーやま校長「そうだね!でもどっかでさっき尾崎先生が言って下さったたことを無意識のうちに想いながら電話の奥にいるかな?…」
クリープハイプ先生「ちょっとした不安があるじゃないですか?相手に問いかけたときのちゃんと返って来るかなっていう。
それってすごく大事。
不安ってネガティブな感情だと思うんですけど、相手に気持ちがあるからこその不安だと思うので、『もしもし』って言葉の距離感は改めてめちゃくちゃ良いなって思いましたね。」

とーやま校長「すごくこの4文字が俺は愛着が急に湧いて、明日からめちゃくちゃ緊張しちゃうかもしれない(笑)」

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年01月28日(火)PM 10:00 まで

Music 2020.01.21 PLAYLIST

    22:08
  • 22:28
  • 22:39
  • 22:51
  • 23:04
  • 23:12
  • 23:21
  • 23:37
  • 23:49
  • 23:53

クリープハイプ 新曲『愛す』は「このタイミングでやれて良かった」

クリープハイプの尾崎世界観さん(Vo./Gt.)と長谷川カオナシさん(Ba.)が、1月21日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。1月22日(水)リリースのニューシングル『愛す』について、パーソナリティ・とーやま校長の質問に答えました。

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る