モヤモヤを吐き出そう!大声で起立!礼!叫べ−−−!!!

20200414_sol14.jpg

今夜の授業を職員のいとかんが振り返り!


新型コロナウイルスの感染拡大防止策の1つとして、我が校の『音楽室』と呼ばれる広い教室で行われた本日の授業!
授業の初めには、こもり教頭が教室を走って往復! 音楽室の広さを体感した!
(※その模様は下の写真をチェック!)

今夜は【 ヨルシカ 】先生の新曲「花に亡霊」の初オンエアからスタート!!

そして!今日の授業テーマは…
『大声で起立!礼!叫べ−−−!』

外出自粛でストレスが溜まっているであろう生徒たちに、今だから世の中に発信したい心に溜まった思いを大声で叫んでもらった!

最初に電話を繋いだのは、RN:みるけりあ@すくーるおぶろっく
自分の部屋の窓を開けて実際に外に叫んだ言葉は「彼氏欲しいー!」
新たに始まるキャンパスライフで思い描く恋の展開を話してくれた!

続いて電話を繋いだのは、「早くうまい肉食わせろ!」と叫んでくれたRN:長崎のオニオン
食べ盛りの高校三年生のお肉に対する情熱を熱弁!

医療関係で働くいとこのお姉ちゃんに想いを伝えたいというRN:七宝は「いとこのお姉ちゃん、誕生日おめでとう!いつもありがとう!!仕事頑張って!!!」と叫び、感謝を伝えた!

ラストに電話したRN:虹の終点!は「その好きな人って私のコト!?」と家の中で大声で絶叫!
青春感溢れる恋の話に校長、教頭は大興奮!
好きな人と両思いになれるよう背中を押していった!

家にいる生徒のみんなの心の中のさまざまな思いが聞こえてきた授業でした!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年04月21日(火)PM 10:00 まで

モヤモヤを吐き出そう!『大声で起立!礼!叫べ−−−!』


SCHOOL OF LOCK!


『 広くなった! 』

さかた校長「本日より、SCHOOL OF LOCK!の生放送教室が新型コロナウイルスの感染拡大防止策の1つとして、めちゃくちゃ広くなったぞ〜〜〜〜〜〜!」

こもり教頭「デカイ! あからさまに使わないスペース、多いもの」

さかた校長「庭。もうお金持ちの、豪邸の庭よ。
ここは、SCHOOL OF LOCK!の『音楽室』。先生たちがライブとかもやったりできる教室から、生放送授業をしていこうと思う。聴いている生徒のみんなは広さをわからないかもしれないから、どれぐらい広いか、こもり教頭、大声出しながらはじまで行って戻ってきてよ」

こもり教頭「了解です! いってきますね〜〜!」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「わ〜〜〜〜〜〜

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「わ〜〜〜〜〜今、反対側の角にいるよ〜

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「わ〜〜〜」

こもり教頭「また反対側の角にいるよ〜 わ〜〜〜〜〜〜

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「どれくらい広いかわかったろう、みんな。走り回ってたぞ(笑)」

こもり教頭「(スタジオの)四つ角行くのに、あんなに時間かかるんだから」

さかた校長「さあ、新しく、ここで、やっていきましょうか!」

ただし、机のサイズは変わらないそう(笑)
余白の多いスタジオから安全第一でお届けします!


こもり教頭「さあ、生徒が集まってきました! SCHOOL OF LOCK!、今夜も開校です!」

こもり教頭「起立!」

こもり教頭「礼!」

さかた校長・こもり教頭「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」


♪  花に亡霊  / ヨルシカ


昨日の授業『全国★暇自慢グランプリ』を行って改めて感じたのは、休校や外出自粛で、家にいなければならず、ストレスのたまっている生徒の多さ。

そこで、今日の授業は!

『大声で起立!礼!叫べ−−−!』

さかた校長「家にいてストレスが溜まっている生徒の君が、今、世の中に発信したいことを大声で叫んでみないか!?」

こもり教頭「声出すとね〜、ストレス発散になりますから」

さかた校長「ただし! 親に怒られても、俺たちは知らんぷりをします!」

こもり教頭「いやいや。校長がそれを言っちゃダメでしょ!?」

さかた校長「いやもう、怖いんでね、この世の中、ホントに。何が怖いって親が怖いから。君たちの、な?」

こもり教頭「お母様やお父様に怒られたら、我々では絶対太刀打ちできませんから」

さかた校長「もう怒られたくないよ、大人になってから。特別コースとしてね、部屋で聴いている子もいっぱいいると思うけど、“窓を開けて叫ぶ”というコースも用意してるから」

こもり教頭「怒られても知らんぷりするって言ったじゃない(笑)」

さかた校長「俺らは知らんぷりする。でもコースがある」

こもり教頭「ガラガラ〜って開けて?」

さかた校長「まぁまぁまぁ、いちおー自己責任で」

本日の授業「大声で起立!礼!叫べ−−−!」を大声で叫んでいるさかた校長、すでにマスクのなかがビチョビチョになっているほど気合いが入っているぞ。

では最初の逆電、叫べーーー!!!

みるけりあ@すくーるおぶろっく 茨城県 18歳 女性

さかた校長「18歳、学年は?」

みるけりあ「この春から大学1年生です」

校長&教頭「おめでとう!!」

こもり教頭「大学はどんな感じ?」

みるけりあ「3月に受験に行ってから、キャンパスに足を踏み入れてないんです」

さかた校長「授業はいつから始まるの?」

みるけりあ「授業は、5月からで、全部オンラインです」

こもり教頭「なんか、いいっすね。僕、大学に行ってないんで、“キャンパスに足を踏み入れる”っていうワードをすらすらと言っている みるけりあに、憧れを感じとる」

さかた校長「じゃあ、みるけりあは、大学のサークルの勧誘とか味わってない?」

みるけりあ「ぜんぜん、空気すら感じてないんです」

こもり教頭「あ、よかった。まだみるけりあは、教頭側だね? (笑)」

さかた校長「なんか、入りたいなっていうサークルとかあるの?」

みるけりあ「こういうラジオとか自主制作できるサークルとかがあれば、入りたいなって思ってます」

さかた校長「絶対いるよ。大学ってマジで広いから。“こんな趣味のヤツ、こんないたんだ”って思うよ」

こもり教頭「そんなみるけりあは、今、家で何をしているんだい?」

みるけりあ「ゴロゴロしてます」

さかた校長「ゴロゴロだけか。じゃあ、もうストレスたまっているだろ?」

みるけりあ「もうパンパンにたまってます(笑)」

さかた校長「よかった、今夜ストレス、全部出してもらうから。ちなみに、一応、ちょっとさ、特別コースでさ、“窓を開ける”っていうのがあるんだけど、どうする?」

みるけりあ「開けましょう!」

こもり教頭「えっ? マジで言っている?」

さかた校長「今、部屋? じゃあ、ちょっと窓、開けてもらっていい?」

みるけりあ「はーい」<ガラガラガラ〜>

さかた校長「景色はどんな感じ?」

みるけりあ「庭です」

こもり教頭「そのさ、庭の奥はさ、他の人の家かい?」

みるけりあ「いえ、田んぼ」

校長&教頭「田んぼ!」

こもり教頭「じゃあ、まっすぐ叫べるヤツだ!」

みるけりあ「はい。あ、今、電車が…」

こもり教頭「庭があって田んぼがあってその奥には電車が通っている。俺のなかでは『千と千尋の神隠し』っぽいイメージなんだけど、合ってる?」

みるけりあ「ほんと、田舎なんで…」

さかた校長「ただ、一応“親に怒られてもSCHOOL OF LOCK!は一切関知しません”
という同意書だけいいかな?」

SCHOOL OF LOCK!


みるけりあ「わかりました(笑)」

こもり教頭「“声”という名のサインを頂くんですよね?」

さかた校長「あの“サイン”って言ってもらえればいいから」

みるけりあ「サイン」

さかた校長「はい、同意いただきました!」

こもり教頭「じゃあ、僕らが、起立!礼!と言ったら、叫んで下さい」

こもり教頭「ではいきますよ、起立! 礼!」

みるけりあ「彼氏ほしいーーーーーーーーっ!!!

さかた校長「いいねー! 気持ちいー! 響き渡ったろ?」

みるけりあ「すごい田んぼに…(笑)」

さかた校長「あっ! すぐ閉めろ、すぐ閉めろ、窓すぐ閉めろ!」

こもり教頭「開いているとこ見られるとアイツだ、ってなっちゃうから(笑)」

みるけりあ「ヤバイヤバイ。閉めました」

さかた校長「家には家族いるの?」

みるけりあ「上で寝てますね」

さかた校長「いやいや、起きるだろ。娘が『彼氏ほしい』って叫んだら、俺だったら『大丈夫か?』って行くよ(笑) で、どうしてまたコレを叫んだの?」

みるけりあ「やっぱりキャンパスライフに憧れがあるじゃないですか。勉強だって楽しみだし、一緒に学ぶ友達もたくさんほしいんですけど、やっぱり年頃だから…」

さかた校長「年頃だもんな〜。カレシできたら、何やりたいとかある?」

みるけりあ「映画見たりとか、無難なデートをしてみたい」

カフェで待ち合わせして、ポップコーン買って、映画を見る、そんな定番デート。「音立ててポップコーン食べるのはイマイチ」というさかた校長の意見を受けて、「ポップコーンを口のなかで湿らせてシナシナにして飲む」という斬新なアイディアをこもり教頭が提案。

さかた校長「でも伝わったよ。ぜひ叶えてほしい。あ、最後に、親に怒られたらゴメンな(笑)」

みるけりあ「はい。サインしたんで(笑)」

さかた校長「よく出来た子だよ〜!」

こもり教頭「よく言った、よく言った!」

校長&教頭「じゃあな、ありがとう」


♪ 愛がしゅごい / ank


さかた校長「TOKYO-FMから全国38局をネットして“ヒラヒラっと”お届け!SCHOOL OF LOCK!校長のさかたです」

こもり教頭「今、何か入れました?」

さかた校長「明日発売する何かを入れてない“ヒラヒラ”よー」

こもり教頭「それはもうイジリと一緒ですから(笑)」

さかた校長「そんなことない“ヒラヒラ”よー」

こもり教頭「大事にして頂きたい、“ヒラヒラ”を」

GENERATIONS from EXILE TRIBE先生の新曲の告知をチラつかせつつ、次の逆電!

長崎のオニオン 長崎県 17歳 男性

高校3年生。新学期は始まっているものの、ウイルス対策の換気のため、窓全開。窓際の席なので、かなり寒い思いをしているという長崎のオニオン。サッカー部に入っているが、試合などが延期になってしまっているそう。

さかた校長「そうなるとモチベーションが上がりにくいよな。窓側の席で寒いしな。ストレスたまってるか?」

長崎のオニオン「めっちゃたまってます」

さかた校長「特別コースがあるんだけど、窓を開けるってコースあるけど?」

長崎のオニオン「あ、じゃあ窓開けます」

こもり教頭「開けてくれる!? 俺、特別コース絶対こないと思ってたんだけど、2連発でくるか(笑)」

さかた校長「じゃ、ちょっと開けてもらっていい?」<ガタン>

部屋は2階。窓の外は道路。向かい側は会社。家の隣はおばあちゃんの家。

さかた校長「じゃあ大丈夫だな。いちおーな、“親に怒られてもコチラは関知しません”っていう同意書だけもらってるから。声でサイン、もらえるかな?」

長崎のオニオン「サイン」

さかた校長「はい、同意いただきました! お父さん、お母さん、もらいましたよ」

こもり教頭「はい、ではいきますよ、起立! 礼!」

長崎のオニオン「早くうまい肉、食わせろーーーー!!!

こもり教頭「とりあえず、早く、窓閉めて!」

さかた校長「自粛で、外になかなか食べに行けないもんな」

長崎のオニオン「春休みに、友達としゃぶしゃぶとか焼き肉行こうって約束してたんですけど。ぜんぜんいい肉とか食えてなくて」

さかた校長「家で食う焼き肉と違うもんな。みんなで食べ放題でバカみたいに頼んでイエーイって食うやつな」

こもり教頭「長崎のオニオンは食うほうなの?」

長崎のオニオン「自分、めちゃくちゃ食べると思います。学校に弁当持って行ってるんですけど、タッパー2つなんです。ご飯がだいたい3合。それでも足りなくなってきているんです」

さかた校長「焼き肉、何が一番好きなの?」

長崎のオニオン「いや、もう俺たちの年齢だと、肉の種類じゃなくて、量なんすよ。とりあえず、タッチパネルで一通り頼んで、その繰り返しです」

こもり教頭「これがね、食べに行けるようになった時には」

さかた校長「バクハツしろよ!」

長崎のオニオン「も〜〜〜肉が入っている皿で、壁つくってやりますよ!」

さかた校長「すげー野望できてるじゃん。今、さらっと言ったけど。ガツンと食ってくれ。ありがとなー」


♪ 黄金魂 / 湘南乃風


七宝 埼玉県 16歳 女性

七宝「高校2年生です」

校長&教頭「おぉっ!!!」

こもり教頭「中2高2は、当たって!」

七宝「砕けろ!」

こもり教頭「突っ走れーーー!!!」

七宝「おーーー!!!」

5月6日まで休校となっている七宝の学校。クラス替えもあって連絡がきたが、まったく直接会えてない。でも、仲の良かった子とは同じクラスになれたので、再会が楽しみだそう。

さかた校長「ストレスたまってるか? いちおー特別コース、“窓を開ける”っていうのがあるんだけど、それはどうかな?」

七宝「鍵開けて、待ってました!」

さかた校長「早いって、七宝(笑)」

こもり教頭「ちょっと待って、どんだけみんな窓開けれるんだよ!」

さかた校長「じゃ、ちょっと窓、全開にしてもらっていい?」

七宝「はい」<カララ〜>

こもり教頭「目の前は?」

七宝「畑と田んぼです」

こもり教頭「好条件そろってます(笑)」

さかた校長「お隣さんは?」

七宝「お隣さん大丈夫です、電気ついてないんで」

こもり教頭「あの、電気ついてないとダメなのよ、どっちかっていうと(笑)」

さかた校長「寝静まってるほうだから。部屋は?」

七宝「2階です」

こもり教頭「お父さんとかお母さんとか、親御さんは?」

七宝「今、それぞれ、リビングにいたり、お風呂入ってたり」

さかた校長「いちおう、こちらは関与しないっていう、同意をもらってもいいかな?」

七宝「はい。サイン」

こもり教頭「ではまいりましょう。起立! 礼!」

七宝「いとこのお姉ちゃん、誕生日おめでとう! いつもありがとう! 仕事がんばってーーー!!!

さかた校長「お〜〜〜〜いとこのお姉ちゃんに!」

こもり教頭「誕生日おめでとうと叫べるのか、君は。イイヤツだ!」

さかた校長「理由を聞いてもいい?」

七宝「いとこが、奈良に住んでて、春休みにいつも、会いに行って、誕生日パーティするんですけど、今は会えなくて。
いとこのお姉ちゃん、医療関係の仕事をしているので、すごく忙しくて、LINEで『おめでとう』って送ったんですけど、まだ既読もついてないんです。
学生時代から、SCHOOL OF LOCK!を聴いていて、今も聴いているって言ってたんで、もしかしたらこの電波にのって、思いが届くかな〜と思って」

こもり教頭「つながれ、お姉ちゃんに思いが!」

さかた校長「これは嬉しいぞお姉ちゃん。誕生日はいつなの?」

七宝「今日です」

校長・教頭「お姉ちゃん、おめでとう!!!」

今、医療系の方々は本当に、大変。プライベートな時間もないかもしれないけど、ラジオなら、もしかしたら流しておくこともできる。
今、もしこれがお姉さんに届いたら、こんな嬉しいことはない。「夢がある! 嬉しい!」と熱くなる2人。

さかた校長「七宝、サイコーなプレゼントだな。素晴らしい! これはもうね、親御さんに怒られても、も〜俺、出て行くわ。それは」

こもり教頭「出て行かれるのは、ちょっと。また別案件なんで」

さかた校長「すいません。じゃ、七宝、ありがとうな!」


♪ 声 / majiko


叫びたい
みんな窓開けて叫んでるの聞くと平和な気持ちになれる(笑)
金髪豚女
女性/16歳/岐阜県
2020-04-14 22:53


こもり教頭「あんまりこういうシチュエーションないからな」

ヒラヒラ
校長のヒラヒラめっちゃ可愛い
も1回言って欲しいです!!!
牛タンと友達
女性/13歳/東京都
2020-04-14 22:36


さかた校長「そんなのダメヒラよ〜」

こもり教頭「ほら、だから! ヒラヒラだっ!」

SCHOOL OF LOCK!


叫べー
群馬では起立!の後に、注目!って入るんだけど、他の県はみんな注目!って言わなんだよね?ずっと不思議に思ってんだよなぁ。
y.m 46
女性/15歳/群馬県
2020-04-14 22:29


こもり教頭「意識をちゃんとココに持てって。前をちゃんと向いてって。y.m 46の学校では、だと思う」

さかた校長「群馬のあるあるじゃないんかな?」

こもり教頭「学校のあるあるだと思いますよ、聞いたことないもん」

さかた校長「注目! ある人は、書き込みしてほしい」

カサグランデ
見つけましたよ
渋谷区ですか?
セイやんぐ
男性/16歳/岐阜県
2020-04-14 22:17


さかた校長「おい、おい、おい! ダメだっつーの。もう、ちょっと区はやめろって」

素朴な叫び
結局ー!さかた校長のー!イントネーションはー!さかた⤵何ですかー?さかた⤴何ですかー?
空色アスファルト
男性/13歳/福岡県
2020-04-14 20:58


さかた校長「もうね、その日その日が正解だと思ってくれ」

ちなみに、「起立! 注目! 礼!」は、“群馬あるある”であると、たくさん書き込みがあったぞ。

さかた校長「なんか、もっといろいろあるかもな。福岡だと、体育座りから立つ時、“ヤー!”って言う。地方限定だった気がする。なあ、みんな、福岡のみんな。ちょっと教えて、福岡のあるある。早急に」

福岡あるある
今中学生なのですが、、、、小学校の時から
先生 : 起立
生徒 : やー
先生 : 声が小さいけんやり直し!!着座!!!
生徒 : やー
先生 : 起立!!
生徒 : やー!!
先生 : はい、OK、最初からちゃんと声出さんか!!
みたいなやり取りはずっとやってました…(笑)
あと、駆け足?みたいなのをする時に他県は1.2.3. で止まるらしいんですが、福岡は1.2.3.4.5.です。
よく他県からの転入生の子に驚かれます(笑)
参考になれば嬉しいです!
めりなくん
女性/14歳/福岡県
2020-04-14 23:14


さかた校長「これ、そうだわ、1.2.3.4.5で止まる。その場もも上げみたいのする」

腰骨を立てる
私の小学校では、
朝の会で、腰骨の歌という詩をみんなで読み上げ
授業の前後では、
腰骨を立ててください。今から○時間目の〇〇の授業をはじめます。

でした

共感してくれる人いますか??
これって普通のことなんでしょうか??

あと、校長!やーっ!は超絶大切です
これ小さいと運動会の時とか何回もやり直しですからね笑笑
オカメちゃん
女性/17歳/福岡県
2020-04-14 23:15


さかた校長「コレ、俺、わかんねぇなあ。腰骨の歌? 姿勢を改善しようってことなのかな?」

そうじのあるある
長野の小中はだいたい無言清掃。僕の中学に至っては無音清掃でした。絶対無理だろって今考えたら思います笑
T.レックス
男性/17歳/長野県
2020-04-14 23:13


さかた校長「無音? きゅっ、きゅってのがないの? 窓の? どういう状態? 教室に眠ってるライオンとかがいるの? 起こさずにみたいな」

SCHOOL OF LOCK!


全国津々浦々、それぞれの都道府県の「あるある」が盛り上がっているところだけど、本日の授業に戻ろう。本日は!

『大声で起立!礼!叫べ−−−!』

虹の終点! 兵庫県 16歳 女性

虹の終点!「この4月から高2です」

こもり教頭「きた。中2高2は、当たって!」

虹の終点!「砕けろ!」

こもり教頭「突っ走れーーー!」

虹の終点!「おーーー!」

こもり教頭「ありがとう! これで虹の終点!は、今日の授業が終わりってことでいいかな?」

さかた校長「いやいや、始まり。終点じゃない、今から! 元気に言ってくれたね」

始業式に行ったきり、休校中のRN 虹の終点!。自宅での勉強は、4月に行われるはずだったテストが、課題のプリントとして出ているそう。

さかた校長「じゃあ、ばーんと叫んでさ、ストレスぶっとばそう。窓は?」

虹の終点!「ちょっと、無理ですね。ちょっとダメですね」

さかた校長「今、俺、さらっともっていこうとしたんだけど。いい、いい。それが普通なんだよ。部屋? 家族は?」

虹の終点!「もう寝ましたね」

さかた校長「サインって言ってもらっていい?」

虹の終点!「サイン」

さかた校長「はい、ありがと!」

こもり教頭「さらっと(サインを)もらってる!!」

こもり教頭「ではいきましょう。起立! 礼!」

虹の終点!「その好きな人って、私のことー?

こもり教頭「うわわ! 1回ハジッコいってくる!!! わ〜〜〜〜〜〜あ〜〜〜〜〜〜わ〜〜〜〜」

さかた校長「教頭――――、教頭〜〜〜〜〜! 今、教頭、光のごとくだから(笑)」

こもり教頭「きたよきたよ、こういうの。待ってたーー!」

さかた校長「もう、こっちキャーキャーなっちゃったよ。これ、ちょっと待って。おい、虹の終点! 今から100個質問するぞ、どういうこと?」

虹の終点!「同じ吹奏楽部の子なんですけど、その人と趣味が同じってことを知って、仲良くなって。最初は話の合う男友達だと思っていたんですけど」

その人が、他の女の子と話しているのを見て、心がざわついた虹の終点!。仲の良い、なんでも話せる友達に自分の思っていることをぜんぶ話したところ…。

虹の終点!「『それは、好きだから、そう思うんじゃない?』って言われて」

こもり教頭「ちょ、ちょっと待ってくれ、心臓がもたん! なんだそのキュンキュンエピソードは」

さかた校長「友達もちゃんと言うんだな。“それが好きってことだよ”」

こもり教頭「あーーーーあーーーーー」

さかた校長「もだえてるやん、教頭が。ときめきすぎて、教頭。どういう子なの、その気になってる子は?」

虹の終点!「怒っているところを見たことなくて、ずっと笑顔なんですけど、人の話を7割方聞いてない」

さかた校長「やさしい感じか。でも、ちょっと天然っぽい?」

虹の終点!「すごい天然です」

こもり教頭「でも、ちょっと1個だけ。ちょっとまだ虹の終点!から、その子のことが好きってワード、聞けてないんだよね」

虹の終点!「えぇー?」

さかた校長「ゴメン、もうスイッチ入っちゃってるわ、教頭が(笑)」

こもり教頭「虹の終点!は、その人のこと、どう思っているの?」

虹の終点!「好きです

こもり教頭「ありがとう!!! 今日はもう、俺はいい夢が見られるよ。でも叫んだのは、“その好きな人って私のこと?”だったよね。それはどういうこと?」

普段、自分のことをあまり話さない彼。ところが休校中の今、スマホの“質問箱”に答えているそう。

虹の終点!「“好きな人いますか?”っていう質問に対して、“気になっている人はいます”って書いてて、“同じ高校ですか?”っていう質問には、○サインみたいのつけて。“同じ部活ですか?”って質問には“さあねー?”みたいな感じで」

こもり教頭「あー。じゃあ、そうだな」

さかた校長「“さあね?”は、“そう”だもん。“さあね?”は、“そう”って意味なんだよ」

虹の終点!「そうなんですか?」

さかた校長「他は? 虹の終点!に当てはまるような質問はなかったの?」

虹の終点!「“自分の好みの身長は?”って聞いてて“好みの身長は152くらいかな”って書いてて、私が151」

さかた校長「おーおーおー。他は?」<←前のめり>

虹の終点!「“好きなタイプは?”って質問に、“笑顔で一緒にいて楽しい人”が好き、みたいな。自分で言うのもなんなですけど」

さかた校長「だってもう趣味の話とかで、盛り上がっているんだよな。同じ部活って何人ぐらいいるの?」

虹の終点!「50〜前半ぐらいで。9割女の子です」

さかた校長「ライバル多いなあ〜」

虹の終点!「ちょっと意識しているって子はいるかもしれない」

さかた校長「もうさ、もう1回叫ぼう。もう1回聞かせてくれ」

こもり教頭「起立! 礼!」

虹の終点!「その好きな人って、私のことー?

さかた校長「おまえだよ!」

こもり教頭「わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ ねぇ、 / SHISHAMO


さかた校長「うまくいってほしいね!」

こもり教頭「なんでしょうね、まだドキドキがやまない」

やばい
めっちゃキュンキュンする笑 めっちゃ青春ど真ん中じゃん!ずるい!
[ はるぺ ]
女性/17歳/東京都
2020-04-14 23:43


こもり教頭「って、はるぺ17歳じゃん。はるぺはアオハル中!」

さかた校長「もう、教頭の顔を見てほしいわ、みんな(笑)」

教頭が…
教頭がぶっ壊れたヒラヒラ。。。
パイナップル.
男性/18歳/愛知県
2020-04-14 23:37


さかた校長「パイナップル、壊れたどころじゃないよ。もうヒラヒラしっぱなしよもう」

こもり教頭「いや〜〜キュンキュンしたーーー」

ひゃー(≧∇≦)
めっちゃキュンキュンするーーーー!!
いいないいな〜こんな恋がしたい!
応援してるよ〜!٩(๑>∀<๑)۶♥
みもちゃん
女性/14歳/北海道
2020-04-14 23:45


こもり教頭「14歳だから、みもちゃん。アオハルにもう1歩入ってるから!」


♪ 青春 / 南無阿部陀仏


ということで、本日の授業はここまで! 

こもり教頭「よかったね〜! ホントによかった!」

さかた校長「もう教頭の髪、ぐちゃぐちゃやん(笑) かきみだしてるから。
なんか、叫ぶことないすか? 教頭」

さかた校長「起立! 礼!」

こもり教頭「生徒のみんな、愛しているぞーーーー!

さかた校長「愛があふれてる!」

こもり教頭「もうね、“愛は、俺を中心にまわってんじゃないかな?”って思うくらい、今ね、愛があふれている!」

アオハル
めちゃ青春だなぁぁ私もJKあと1年だけど青春したいなぁ
あやりーな
女性/17歳/茨城県
2020-04-14 23:46


こもり教頭「今が1番輝いている時だから! 花火でいったら今が1番色が出て広がっている時だから。突っ走れ!」

今日わかったこと
「生徒怒らせがちさかた校長」
「恋愛話で人格変わるこもり教頭」
雨と空
女性/13歳/大阪府
2020-04-14 23:48


こもり教頭「その通り。テストに出たら満点だから」

さかた校長「もうそれだけ、あとは名前だけ書いとけ」


♪ 叫べ / RADWIMPS


今日の黒板


20200414_sol16.jpg


『叫べば叶う!!』

さかた校長「(今日の2時間の授業を通して)生徒の今の思いの丈を叫んでもらったわけだけど、やっぱり今叫びたいことっていうのは、今君たちが思ってる本当心の一番思ってるところなんだよ。
だからどんどん思いは溜めずに声に出して、言霊っていうのがあるから、どんどん思いを言葉にして叫んでいってね。
是非みんなの思ってる願いを叶えてほしい。きっと叶うと思う。大丈夫!」



さかた校長「SCHOOL OF LOCK!そろそろ下校の時間です。明日も夜10時に元気に開校!」

こもり教頭「起立! 礼!」

さかた校長・こもり教頭「また明日〜〜〜〜〜〜!!!!」



さかた校長の放送後記

想いを全部ぶっ放せ!!


こもり教頭の放送後記

アオハルだよ!!アオハルに歳は関係ないのかもしれない…

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年04月21日(火)PM 10:00 まで

Music 2020.04.14 PLAYLIST


LINE MUSIC

外出せずに何してる?「SOL!」さかた校長とこもり教頭の場合

10代向けのラジオ番組、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。4月14日(火)の放送では『大声で起立! 礼! 叫べーーー!』と題し、休校や外出自粛で家にずっといなければならないリスナーの叫びを聞いていきました。

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る