掲示板に書き込みをくれた生徒に時間の限り電話!とにかく電話!ひたすら電話!!

SCHOOL OF LOCK!

今夜の授業を職員のジェーンが振り返り!


今夜のSCHOOL OF LOCK!は、さかた校長&こもり教頭が掲示板に書き込みをくれた生徒に時間の限り電話をして話を聴いていく2時間!!生徒のみんなの最近の出来事や嬉しかったこと、楽しかったこと、悩み、相談事などいろんな話を聞かせてもらいました。


と言うことでまずは、明日からテストなのでテスト勉強の時に聞く音楽を教えてほしいという RN:ソング&リンクに電話!ラジオの電波を通して全国の生徒のみんなに「勉強中に聞く曲」を問いかけました。


続いて電話をした RN:カケリング は、学校のクラスが自分を入れてたった2人!そんな中、同級生の女の子が俳優の佐藤健さんにドはまりしていて毎日その話をされるので困っているという。校長&教頭からは「相手のテンションがピークの時に良い感じの相槌を使しよう!」とアドバイス!


そして友達の紹介で知り合った男の子と、出会って1週間で付き合うことになったという話を聞かせてくれた RN:ぼっちの青リンゴは、彼氏とまだ出会って間もないし、友達に言ったら引かれるんじゃないかと思いまだ付き合った報告が出来ていないという。。


そんな話を受けてこんな書き込みが・・・!


おお!

紹介したの我やわ!!

双子のさくらんぼ
栃木県 15歳 女の子

と言うことで、ラジオを聴いていた RN:双子のさくらんぼ にも電話をして直接報告をしてもらいました。


そして23時台は、学校の先生の事を好きになってしまったという RN:君に世界が大好きな春 に電話!生徒と先生なので付き合えない事は分かっているけど、今の気持ちを聞いて欲しい。と校長&教頭に今の素直な気持ちを打ち明けてくれました( ˘ω˘ )


さらに最後は、黒板・・・!を飛ばしてこの生徒に電話!

エールが欲しい!!!!

今週末から最後の夏大会が始まります。
それが僕にとって最後の試合になります。
最後頑張りたいし、エールが欲しいんです!
校長!教頭!お願いします!

エラー男
山形県 17歳 男の子

RN:エラー男に向けて熱いエールで送り出しました。

そして今日は授業のはじめにMrs. GREEN APPLE先生が、フェーズ1を終えて活動休止するというお知らせがありましたね、、。ビックリした生徒がほどんどだと思うけど、校長&教頭が話したようにきっとフェーズ2へ向けての準備期間だと思うのでミセス先生とまた会える日を待っていましょう(^ω^)!!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年07月15(水)PM 10:00 まで

掲示板に書き込みをくれた生徒に時間の限り電話!とにかく電話!ひたすら電話!!


SCHOOL OF LOCK!


『 超現代史 』

さかた校長「我が校の“超現代史”の講師、Mrs. GREEN APPLE先生!
ミセス先生は本日、7日8日にベストアルバム『5』をリリースしました!」

こもり教頭「おめでとうございます!」

さかた校長「昨日は、ベストアルバムのリリースを記念して放送の中でかける曲を全てミセス先生の曲に、ということで。【ミセスLOCKS!】がいきなり、なんていうか、時空…?」

こもり教頭「もう、“ジャック”でいいんじゃないですか?」

さかた校長「電波ジャック!」

こもり教頭「完全なる電波ジャックです(笑)」

さかた校長「どのタイミングで来るか分からないというね」

こもり教頭「何回来たの?」

さかた校長「4回、5回ぐらい来たんじゃないの?
でも、みんなの背中を曲で後押ししてくれました。
そんな我が校の“超現代史”の講師、Mrs. GREEN APPLE先生は、本日7月8日に、当面の間の音楽活動の休止を発表しました

え、、
ミセス先生活動休止!?!?
え、、まじか、、
2020年はやっぱり悲しいことが多すぎる、、
カスミソウの花言葉
女性/18歳/埼玉県
2020-07-08 21:29


project-MGA
活動休止は寂しいけど
このプロジェクトを楽しみに待っていましょう!!
伝説の野菜スープ
女性/12歳/栃木県
2020-07-08 21:36


え...
ミセス先生活動休止...
えっ...本当に?
でも休止だもんね!
しばらく新曲聞けないのかあ...
4月に初めて聴いてハマったばっかりなのに
なんか悲しいなあ、、
でもフェーズ2まで待ってます!
ミント色のわたあめ
女性/12歳/静岡県
2020-07-08 21:38


こもり教頭「ミセス先生からそういう発表もありましたけど、“フェーズ1完結”というのを宣言して『当面の間活動休止となります』ということですけど、そこからいったん区切るだけじゃなくて、公式サイトにも“新たなフェーズへ向かうということを意味している”って言葉も載ってましたし、なんか“ネガティブなワードだけじゃないのかな”って、率直に思いました。
“活動休止”という言葉自体にパンチがあるじゃないですか。だからドキッとする生徒も多いと思うけど、単純にミセス先生自体が新しいフェーズに入るための充電期間なのかな、と思います」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「俺も発表を聞いたときには、もちろん驚きもありますけれど、メンバーの皆さんもすごく前を向いていて、力を蓄えて次にもっと成長するための充電期間である気がして。
それが新しいフェーズに向かう前向きな気持ちだと思うので、期待とドキドキを持って、みんなで待っていたらいいのかなと思います」

こもり教頭「いろいろな思いがあるという生徒は学校掲示板にぜひ書き込んでもらって、一緒に共有していきましょう!」


こもり教頭「さあ、生徒が集まってきました! 
SCHOOL OF LOCK! 本日も開校です!
起立! 礼!」

さかた校長・こもり教頭「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」


♪  Theater / Mrs.GREEN APPLE


フェーズ2
好きだから待てる。大好きだから待てる。ずっと待ってる。いつか「おかえり」って言えますように。
あいするりんご
女性/17歳/岩手県
2020-07-08 22:03


こもり教頭「そういうことなんじゃないかなって思いますね」

さかた校長「さかた校長って、“いつか近い将来で”ってミセス先生が歌ってましたからね。今聴いていてすごく前向きな気持ちなれたし、MVも上がってるから、合わせて観てほしい。
今までの歴史の写真がバーっと流れて、“今までの歴史を背負ってそれで前に進む”感じがすげー伝わったんで、すごく楽しみですよね」

こもり教頭「こういう言い方が正解かはわからないですけど、きっとパワーアップしてまたみんなの前に現れるんだろうなって、改めて思いますね」

さかた校長「ミセス先生本人がまた来週、【ミセスLOCKS!】の中で話してくれると思うから、それをみんなで待っていよう!」

SCHOOL OF LOCK!



さあ、本日の生放送教室は、我が校のスタンダード授業!

『掲示板逆電』!!!

テーマは……ナシ!
どんな話でもOK! 本日は時間の限り、気になった書き込みに校長と教頭が電話をして話を聞いていきます!

それではさっそく、こちらの書き込みの生徒に逆電だ!

テスト!
明日テストだー!
生徒のみなさんが勉強中に聞いてる曲教えて下さい!!私は髭男先生のノーダウトを良く聴いてます!
ソング&リンク
男性/15歳/岡山県
2020-07-08 20:15


ソング&リンク 岡山県 15歳 男性

コロナの影響で中間テストがなく、明日からは期末テストというRN ソング&リンク。
現在高校1年生なので、“高校初”の定期テストが明日なんだそう!

さかた校長「いつも何を聴いてるの? ヒゲダン先生の『ノーダウト』ばっかり聴いてるの?」

ソング&リンク「ヒゲダン先生の『ノーダウト』や、『犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!』を聴いてます」

さかた校長「いいね。爆音で聴きながら勉強するタイプね。俺もそうだったわ」

こもり教頭「書き込みにも書いてあったけど、逆に他の生徒のみんなは何を聴いて勉強してるんだろう? もしよかったら掲示板にガシガシ書いてほしいな!」

さかた校長「ソング&リンクが燃えるような、勉強が進むような曲を書き込んでほしいな」

こもり教頭「校長は何を聴いて勉強してました?」

さかた校長「僕? 僕はパックロックのみ。銀杏先生とかサンボマスター先生とか聴いて。で、テンションが上がりすぎてなんか違うことを考えちゃうから、1回音は消して勉強してたけど(笑)
教頭はどうですか?」

こもり教頭「これね〜、嘘ゼロで、(福山)雅治先生だったんだよね。俺は勉強するときに気持ちを上げるタイプじゃなくて、落として勉強するタイプだから。気持ちを落ち着かせて勉強するタイプだったんで。
校長、教頭の聴いてる曲もぜひ聴いてみてよ!」

SCHOOL OF LOCK!


ソング&リンク「はい」

さかた校長「みんな、書き込みをいっぱいくれると思うから。いろんな教科に合わせて音楽を聴いてくれてもいい。みんなの書き込みをチェックしてくれ!」

こもり教頭「あと、勉強も頑張ってね〜!」

ソング&リンク「はい。ありがとうございます!」


どんどん話を聞いていこう!

逆電お願いします
発書き込みです。RNカケリングと申します。宜しくお願いします。
僕の同級生がさとうたけるにはまっており学校でずっとさとうたけるの話をしてきます。その話に僕がついていけなくて・・・
「明日はどんな話をしてくるんだろう。」毎日ドキドキして眠れません。話についていくテクニックはありますか?校長教頭と是非話がしたいです。逆電よろしくお願いします。
カケリング
男性/15歳/沖縄県
2020-07-08 18:08


カケリング 沖縄県 15歳 男性

さかた校長「学校の友達では、その子だけが佐藤健の話をしてくるの?」

カケリング「クラスが、その女の子と2人しかなくて、その女の子が話してきます」

こもり教頭「クラスが2人だけってこと?」

カケリング「はい。そうなんですよ」

さかた校長「けっこう離れた田舎の方ってこと?」

カケリング「もう1人はうるま市に住んでいて、学校に寮があるんですよ。その寮で生活してます」

さかた校長・こもり教頭「寮生活してるんだ!?」

カケリング「はい」

さかた校長「中3で寮生活か。それも大変だな〜」

カケリング「大変ですね」

一同笑い

さかた校長「これは、友達は完全に佐藤健さんに恋してるよね。もう、“恋バナ”を聞いてあげるしかないよな(笑)
カケリング的には、やっぱり話に乗れないの?」

カケリング「佐藤健さんは、『恋はつづくよどこまでも』のドラマを少し観ていたので、“ドS”とか知ってるんですが、同級生の話が詳しすぎて、ちょっとついていけないです…」

こもり教頭「出たよ。そのパターンね。普通のテンションで喋れるようなレベルを超えて喋ってくるやつね」

カケリング「はい」

さかた校長「ちなみに、クラスで2人だけって、学年を合わせて2人だけってこと?」

カケリング「学年全員だと5人ですね」

さかた校長「なんか特殊な学校なの?」

カケリング「“盲学校”って言って、視覚に障害がある方の学校があるんですよ。そこに通っています」

さかた校長「なるほど。じゃあ、みんな寮生活をしてるの?」

カケリング「寮に入っている生徒と、自宅から通う生徒がいます」

さかた校長「そうか。それは、2人なら話を聞いてあげなきゃいけないよな。カケリングには何か趣味とか好きなものはないの?」

カケリング「趣味ではピアノをやっています」

さかた校長「ピアノ、すごくない?」

カケリング「いえ。ピアノは4歳から習っています」

こもり教頭「じゃあ、けっこういろんな楽譜でいろんな楽曲が弾ける感じだ?」

カケリング「はい、まあ、趣味でやっています」

こもり教頭「すごいねえ〜!」

さかた校長「これは純粋な質問なんだけど、4歳からピアノを習ってるって、鍵盤は自分で弾きながら感覚で覚えるってこと?」

カケリング「最初は“ド”の音は何、“レ”の音は何…という感じで、音で覚えたんです。自然に覚えた感じですね」

さかた校長「うわー、すごいな!」

こもり教頭「楽譜とかは“しっかり見える”というわけではないの?」

カケリング「楽譜も、“点字”の楽譜があって、ある程度読むことはできます」

こもり教頭「なるほどね。それを触りながら、自分で音を奏でながら、“この音がこれで…”ってやってるわけなんだね」

カケリング「はい、そうです」

さかた校長「この掲示板の書き込みも、そういう点字専用みたいなのがあるのかな?」

カケリング「掲示板の書き込みは、“音声読み上げソフト”というのがあって、パソコンの画面を音声で読み上げてくれるものがあって。それを使って書いてます」

さかた校長「なるほど! それで書き込んでくれたんだな。ありがとう!」

こもり教頭「ありがとう!」

カケリング「ありがとうございます」

さかた校長「カケリングは、その女の子に負けずに喋れる、好きなことはあるの?」

カケリング「うーん…。恋愛ではないんですけど、沖縄のお笑い芸人に山城皆人っていう芸人の人がいるんですけど、“この人は面白そうだ、みんな憧れてるな”っていうのはあって」

さかた校長「沖縄のお笑い芸人さん?」

カケリング「はい。最近好きになりました」

さかた校長「へえ〜。俺、2年ぐらい前に1ヶ月くらい沖縄に行ってたんだよ」

カケリング「そうなんですか?」

こもり教頭「何でですか?」

さかた校長「その…お笑い好きの…(笑)吉本さんの劇場が国際通りにあったのよ」

カケリング「ああ、ありましたね」

さかた校長「あったでしょ? そこで、東京から出稼ぎじゃないけど(笑)」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「俺も1ヶ月ごとに行ってたんよ」

カケリング「へえ〜、そうなんですか!」

さかた校長「すぐに雨が降って大変だった」

カケリング「ああ、沖縄は降りますからね」

こもり教頭「だから校長は沖縄に詳しいのか」

さかた校長「そうそう。…ごめんごめん、俺の沖縄に行ってた話になってたわ(笑)」

カケリング「また機会があれば沖縄にぜひ来てください!」

こもり教頭「行きた〜い!」

さかた校長「あのね、映画祭みたいのもやってててね。俺の知り合いの吉本さんが…」

こもり教頭「やってるよね〜! レッドカーペットを敷いてね」

さかた校長「だから年に1回は行く機会があるんだけどね。でも、今年がこういうのだったから」

カケリング「確かに…」

さかた校長「マジで、沖縄、いいんだよな〜」

こもり教頭「校長から沖縄の話になりましたけど、違うのよ。クラスメイトがすごい熱量で話してくるから、それに対するテクニックの話よ。脱線しすぎ」

さかた校長「ごめん、ホント、“なんくるないさ〜”ぐらいしか言えないんだけど」

カケリング「大丈夫です、大丈夫です!」

さかた校長「話をその子に合わせる…な〜。
話はわからないかもしれないけど、向こうのテンションはわかるじゃん。だから向こうのテンションがピークの時に『(パン!)ああ〜〜、いいね〜〜!』みたいな、1回手を打つというか」

こもり教頭「“相槌(あいづち)”ね!」

さかた校長「向こうのピークの時に、絶妙な相槌を打つ。それだけでも向こうは気持ちいいかもしれない」

カケリング「相槌を大袈裟に打つって感じですか?」

さかた校長「そう…だね(笑) でもさ、向こうが『今日さ〜、佐藤健さんがね…テレビ観てちょっと喋ってたんだけど〜』ぐらいのテンションの時に『おお〜!』ってお前がやるとちょっと“ハァ⁉︎”って感じになるから(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


カケリング「そっかそっか」

こもり教頭「だから、“聞き上手になる”っていうのを勉強していった方がいいってことだよね」

さかた校長「そうね。で、聞いてて“あ、ピークだな、向こうがテンション上がってるな〜”って時にめちゃくちゃ“うんうん”頷いて、“ちゃんと聞いてるんだよ”っていうのを示したら、向こうも気持ち良くなれるかもしれない」

こもり教頭「どう、いけそう?」

カケリング「相槌って、あんまり大袈裟にしたことがないんですが、この機会を通して、自分に興味がなくても相手の話を聞いていくってことはこれからも大事なことだと思うので、相槌を日頃から意識していきたいです」

さかた校長・こもり教頭「おお〜〜〜!!!」

さかた校長「今、俺の話に合わせてくれたもんな(笑) 俺ね、今すごく気持ちよかったから大成功だと思うよ」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「ありがとな!」

こもり教頭「バイバ〜イ!」

カケリング「ありがとうございました!」


♪  I LOVE... / Official髭男dism


さかた校長「『恋つづ』の主題歌、ヒゲダン先生の『I LOVE...』ね。これもすごい良い曲だから、この曲を突破口にして、“曲、いいよね”って言うのもいいし、相手に対して興味を持つことで、話も入ってきやすくなると思うんだよね」

こもり教頭「無理に合わせていくんじゃなくて、逆にその人と何か話せるものを、恋愛感情じゃなくて“好き”っていう興味から持てたら、自ずとできる相槌っていうものも出てくると思うから。
とりあえず、もう一度『恋つづ』かな!?」

さかた校長「そうね。佐藤健さんの決め台詞がいくつかあるからね。それをちょっと言ってみるとかね(笑)
俺はお前の相槌で気持ちよくなったから、お前の相槌はもう成長してるってことで。引き続き磨いていってもらいたい!」

SCHOOL OF LOCK!



さあここからは、kobore先生の新曲「イヤホンの奥から」を初オンエアーーー!!!

その前に、こちらの書き込みを紹介したい。

ものすごく辛い。
ここ最近学校に行けてません。
いろんな事が重なって心もボロボロです。
ずっと消えることばかり考えてます。
今日は消えようとしました。でも結局出来ませんでした。
明日は学校に行けと親に言われています。
正直、生きたくありません。学校がものすごく怖いです。
でも、行くしかないんです。
結局は自分自身の問題なんです。
愚痴を溢してしまってごめんなさい。
寂しがり屋の副委員長
男性/15歳/福島県
2020-07-08 19:06


さかた校長「この書き込みを見た時に、俺はお前に、kobore先生の『イヤホンの奥から』を聴いてほしいと思った。他の生徒ももちろんだけど。
寂しがり屋の副委員長、一緒に聴こう!」


♪  イヤホンの奥から / kobore


さかた校長「聴こえたか? いろいろな君の想いとかも、“全部ぶっ壊してやる”って、力強く言ってくれる。本当に、音楽の力ってすげー偉大だしね。
俺は、自分がどうしようもなく孤独で“もうダメだ”って思った夜も、音楽だったりお笑いだったり漫画だったり、自分の好きなものに助けられてきたから。君の力になると思って、聴いてほしいと思った。
どういう風に思うかは君次第だから、君が力を持って少しでも前を向いてくれたらなと願ってる」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「…どうやって聴いてたんだろう? もしかしたら、携帯かな? それともラジオを持っていて、ラジオから流れてくるこの音楽を聴いていたのか。
もしかしたら、本当に“イヤホン”を着けて、そこから流れてきている音を、今、一緒に聴いているのかもしれない。
寂しがり屋の副委員長の中で葛藤している部分っていうのはあるのかもしれないけど、間違いなく“今”という瞬間に、kobore先生の『イヤホンの奥から』っていう曲を一緒に聴いた、共有したっていう事実はあるから。そこでホントにちょっとでも、少しでもポジティブな気持ちに一緒になれたら、すごく嬉しいなって思いました」

SCHOOL OF LOCK!


『イヤホンの奥から』は、8月5日にリリースされるkobore先生のメジャーデビューアルバム『風景になって』に収録されています! ぜひチェックしてほしい!


それでは続いての生徒に逆電!

助けてください!!!
一週間ほどまえに知り合った男子に告白してしまいました。
友達に紹介してもらった男子で、最初はLINEでしか話したことのない人だったのですが、通話したり、実際に会ったりするうちにすぐに好きになってしまい、知り合って4日くらいしたらもう好きになってました。
正直自分でも好きになる早さにひいています。
友達に色々相談したいのですが、正直ひかれるのではないかと心配です。どうするべきでしょうか。

長文すみません!
ぼっちの青リンゴ
女性/15歳/栃木県
2020-07-08 07:35


こもり教頭「いや全然大丈夫! あのね今見た限り俺は絶対に引かないから俺はすぐに電話したい!」

さかた校長「あのー、教頭は引かずに、今、前に出てきてます」

こもり教頭「俺は今ちょっとグっときてる俺は電話がしたい君と!」

さかた校長「じゃあ、ちょっと電話いこう!」

ぼっちの青リンゴ 栃木県 15歳 女性

さかた校長「今、部屋か?」

ぼっちの青リンゴ「はい、自分の部屋です」

こもり教頭「いいねいいね、なんでも話せる時間だね、今」

ぼっちの青リンゴ「妹は同じ部屋にいる…」

こもり教頭「なんだって!?」

さかた校長「(笑) いいよ、巻き込め!」

ぼっちの青リンゴ「いや…寝てるんじゃないかな?」

こもり教頭「おっとっと!」

さかた校長「あれ? じゃあ、小声で、起こさないように」

ぼっちの青リンゴ「はい(笑)」

さかた校長「書き込みを読みまして、もう、100個ぐらい質問したいけれど(笑)」

ぼっちの青リンゴ「(笑)」

こもり教頭「ぼっちの青リンゴも整理ができないから、頭からちょっとずつ」

さかた校長「1週間ほど前に知り合った男子に、もう告白したと?」

ぼっちの青リンゴ「(笑) はい、そうです」

こもり教頭「“1週間”って、俺の知ってる1週間だと7日ってことだけど、その日付であってるよね?」

ぼっちの青リンゴ「おそらく合っているかと…」

こもり教頭「だよな。オッケーオッケー」

さかた校長「それが、友達に紹介してもらった男の子?」

ぼっちの青リンゴ「紹介というか、流れで繋がることになった男の子です」

さかた校長「知り合って4日で好きなっちゃった?」

ぼっちの青リンゴ「(笑) あ〜…そうですね〜(笑)」

こもり教頭「なっちゃってるのかあ〜! え? う? 最初は出会うわけじゃん。スピード感としてはけっこう素敵な流れだよね」

ぼっちの青リンゴ「そうですね」

こもり教頭「出会って、もうその日からLINEをしたってこと?」

ぼっちの青リンゴ「はい」

こもり教頭「その時はどういう感じだったの?」

ぼっちの青リンゴ「普通に友達の感覚で、メッセージをやり取りする限りでは、けっこう話やすい人なんだなって思って」

こもり教頭「なるほどね。2日目からは、何かアクションを起こしたの? 起こされたの?」

ぼっちの青リンゴ「起こされた…」

こもり教頭「なんだよ、向こうもあんのか〜」

ぼっちの青リンゴ「(笑) はい」

さかた校長「どんな感じのアクションがきたの?」

ぼっちの青リンゴ「通話をしていいか聞かれて…」

こもり教頭「いいね〜! で、電話したんだ?」

ぼっちの青リンゴ「はい」

こもり教頭「どのくらいしたの?」

ぼっちの青リンゴ「2時間くらい」

こもり教頭「まあまあ話すやん、120分ってことやろ?」

さかた校長「いやいや、わかるんだよ(笑)」

こもり教頭「グフフフフハハハ!」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「120分電話して、お互いに“いいな”ってなったの?」

ぼっちの青リンゴ「いいなっていうか、楽しかったです」

こもり教頭「何日目ぐらいに“私、好き!”ってなったの?」

ぼっちの青リンゴ「…4日目? (笑)」

こもり教頭「それまではずっとLINEをして電話もしてって感じ?」

ぼっちの青リンゴ「初めて通話をした時に、『自転車で30分ほどのところにある書店に行く』みたいな話を出したんですよ。そしたら『自分も書店に行って会いたい』みたいなことを言われて、それで、3日目に会ったんですよね」

こもり教頭「会ったんだ!」

ぼっちの青リンゴ「で、書店をぶらぶらして、漫画とかの話をしたり、そのまま公園に行って話したりしてるうちに、相手から“思わせぶりな態度”っていうか…(笑)
優しくされたし、『気になる人は君だよ』みたいなそういうことを言われて。その時はびっくりしてドキドキしてそれで終わったんですけど、4日目に、その男の子が、“(RN ぼっちの青リンゴのことを)今ちょっと好きになってるかどうかわからないけど、前に付き合っていた女の子のことに対してどういう気持ちなのか、自分の中でも整理ができなくて…”みたいな話をされて、流れ的に“もしかしてその子のことを好きなのかな?”と思って。それで私はかなりショックを受けちゃって…」

さかた校長「それはそうだよな。ショック受けるよな」

ぼっちの青リンゴ「相手の男の子に、“前に付き合っていた女の子に告白すれば?”みたいなことを言って応援しちゃって、だからすごいキツくて。それで“(その男の子のことを)好きになってるのかな?”って思っちゃって」

さかた校長「その時に自分の気持ちに気づいちゃったってこと?」

ぼっちの青リンゴ「はい」

こもり教頭「なるほどな〜」

さかた校長「それでどうしたの?」

ぼっちの青リンゴ「その日はかなり気持ちが沈んじゃって、テンションずっと低めで話して終わっちゃったんですけど、せっかく相談してくれたのに、自分が中途半端に“好き”なんて気持ちを持って相談に乗るのはよくないかなと思って、とりあえず“好き”っていうのを伝えて、振られておこうと思ったんです」

こもり教頭「なるほど」

ぼっちの青リンゴ「それで翌日に、LINEで“あなたのことが好きです”みたいな感じのことを送ったら、電話がかかってきて、そのまま通話で直接告白して、オッケーされて…(笑)」

さかた校長・こもり教頭「ちょっと待って!」

こもり教頭「いったんここで止めていい!!?? まだ話したいから、11時台に話そう!」

さかた校長「ちょっと繋いでて!」


♪  キミに恋 / Lucie,Too


ということで、このままRN ぼっちの青リンゴに話を聞いていきます!

さかた校長「付き合う形にはなったけれども、友達にはまだ紹介してないんだよね?」

ぼっちの青リンゴ「はい」

さかた校長「なんで紹介できないの?」

ぼっちの青リンゴ「出会ってから付き合うまでの時間が4日って…」

さかた校長「早すぎるってことか」

ぼっちの青リンゴ「はい。自分でもひいてて…(笑)」

さかた校長「でも、この全国38局ネットで生放送でやってて、聴いてる可能性も十分にあるからね? (笑)」

こもり教頭「俺は、さっき、SCHOOL OF LOCK!の職員とあることをしたんですよ。その結果、ちょっと引っ掛かったのがあったのよ。ちょっと読んでいい?」

おお!
紹介したの我やわ!!
双子のさくらんぼ
女性/15歳/栃木県
2020-07-08 22:56


ぼっちの青リンゴ「(笑)」

こもり教頭「っていうのが書かれてたんだけど、これは心当たりはどうだ?」

ぼっちの青リンゴ「事実で、今日(友達がSCHOOL OF LOCK!を)聴くのをわかってたんですよ(笑)」

さかた校長「おまっおまっ…このやろう!」

こもり教頭「聴くのわかってた!?」

ぼっちの青リンゴ「わかってるっていうか、いつもその子は水曜日に聴いてて。だから”聴くんじゃないかな”と思いながら…」

さかた校長「じゃあ、ここ、友達同士だったのかよ! “我やわ”言うてるし(笑)」

ぼっちの青リンゴ「はい(笑)」

こもり教頭「だから、貴重・教頭・SCHOOL OF LOCK!というフィルターを通した奥に双子のさくらんぼを見てたってことだな?」

ぼっちの青リンゴ「そうですね(笑)」

さかた校長「いい機会だしな」

こもり教頭「そうね。一応これ、話としては完結でしょ? “付き合ってる”でいいんだよな?」

ぼっちの青リンゴ「はい」

さかた校長「…もう、双子のさくらんぼに電話、してみる?」

こもり教頭「どうする?」

ぼっちの青リンゴ「でも、話せるなら話したいです」

さかた校長「これ、いけるのかな?」

こもり教頭「いける? いける?」

<Prrrrrrr…>

さかた校長・こもり教頭「おっ!」

双子のさくらんぼ 栃木県 15歳 女性

さかた校長「聴いてたか?」

双子のさくらんぼ「はい、聴いてました」

さかた校長「今、どういう感じ?」

双子のさくらんぼ「もう、びっくりです。びっくりのびっくりです」

さかた校長「(笑)」

こもり教頭「じゃあ、ぼっちの青リンゴ、せっかくだから、直接報告しておいたら?」

ぼっちの青リンゴ「はい(笑) えっと、私は、彼氏ができました(笑)」

さかた校長「(笑) それを受けて、双子のさくらんぼはどうだ?」

双子のさくらんぼ「ちょっと何も言えないです(笑)」

こもり教頭「しかも、今ラジオ越しに聴いてるからね。明日、学校で会えるのかな?」

双子のさくらんぼ「はい」

さかた校長「もう、2人だけで詳しく話してくれていいし」

こもり教頭「そうだね。この後40分以上使っても、この話は解決できる自信が俺にはない」

ぼっちの青リンゴ・双子のさくらんぼ「(笑)」

さかた校長「双子のさくらんぼが本当にびっくりしすぎてる状態で、電話もいきなり繋いでるからね(笑)」

こもり教頭「双子のさくらんぼからしたら、聞きたいことが山ほどあるだろ?」

双子のさくらんぼ「はい(笑)」

こもり教頭「教頭も山ほどあるんだもん」

さかた校長「いったん落ち着く時間を作ってもらって、ぼっちの青リンゴも、言わなきゃいけない報告を整理してもらって」

こもり教頭「一応、ぼっちの青リンゴはそういうことになりました(笑)」

さかた校長「正式に報告させていただきます、と」

双子のさくらんぼ「はい(笑)」

こもり教頭「出てくれてよかった。ありがとね、双子のさくらんぼ」

双子のさくらんぼ「こちらこそ」

こもり教頭「ぼっちの青リンゴもありがとね」

ぼっちの青リンゴ「はい」

さかた校長「伝説の夜になったわ」

こもり教頭「確実に俺らの歴史に残る夜になったよ」

さかた校長「じゃあ、2人ともありがとな!」

ぼっちの青リンゴ・双子のさくらんぼ「はい。ありがとうございました!」

2人とも、話をしてくれてありがとう!
それでは次の生徒に逆電していこう!

学校掲示板初書き込み!
さかた校長、こもり教頭こんばんは!学校掲示板には初の書き込みになります。
今とても悩んでいること…恋愛相談なのか人生相談なのかわかりませんが、お2人に聞いてほしいことがあるんです。
「学校の先生」が好きかもしれないんです
憧れとしての好きだと思うことにしていたのですが、最近仲良くなれて本当に嬉しくて。学校で見かけた日や先生の授業のある日はとにかく嬉しくてメイクに気合いが入っちゃって笑
でも教師と生徒の立場なので、先生の迷惑になることは一切できません。ただこの気持ちを聞いてほしくて書き込みました。もっと仲良くなりたいです、、!先生に「良い生徒だな」と思われるにはどうしたらいいか意見を下さい…!!
君に世界が大好きな春
女性/15歳/神奈川県
2020-07-08 18:31


こもり教頭「これはね、非常に聞いてあげたい!」

さかた校長「ちょっと電話をしましょう!」

君に世界が大好きな春 神奈川県 15歳 女性

さかた校長「高1だったら、学校が始まったのが?」

君に世界が大好きな春「6月に始まって、まだ1ヶ月ぐらいです」

さかた校長「それでも、その先生のことを好きかもしれないってなっちゃったんだ」

君に世界が大好きな春「なっちゃいました」

さかた校長「どんな先生なの?」

君に世界が大好きな春「まだ23歳の若い先生なんですよ」

さかた校長「新卒1〜2年目ぐらいか」

君に世界が大好きな春「はい、そうです」

さかた校長「なんの教科の先生なの?」

君に世界が大好きな春「家庭科の先生なんですよね」

さかた校長「家庭科の先生!?」

こもり教頭「はあ〜、なるほど〜!」

さかた校長「男性で家庭科の先生って、珍しいよね?」

君に世界が大好きな春「すごい珍しくて、家庭科教師ってだけでもびっくりしちゃって」

こもり教頭「今ちょっと、声のトーンが上がったね」

君に世界が大好きな春「(笑) 初めての家庭科の授業の時に、見た目がすごいどタイプで、“かっこいい先生がいるな”って」

さかた校長「どういう見た目なの?」

君に世界が大好きな春「黒縁メガネの塩顔イケメン(笑)」

さかた校長・こもり教頭「黒縁メガネの塩顔イケメン」

こもり教頭「誰だろう? …俺か?」

さかた校長「おい」

君に世界が大好きな春「(笑)」

こもり教頭「黒縁かけてないか(笑)」

さかた校長「メガネもかけてないし、顔も濃いっちゃ濃いからね?」

こもり教頭「やめてよ(笑)」

君に世界が大好きな春「塩顔です(笑)」

さかた校長「みんな塩顔イケメンが好きだな〜〜〜」

君に世界が大好きな春「塩顔好きなんですよね〜」

こもり教頭「でも、“憧れかな〜”と思った部分もあるんだけど、すごくピュアな気持ちってことでしょ?」

君に世界が大好きな春「そうですね。最初は見た目がカッコいいなと思ってて、友達とかにも“推しの先生”みたく話してて。でも、最近すごい話せるようになってきて」

こもり教頭「学校にも行くようになったし授業もあるしね。先生とコミュニケーションを取れるようになったし」

君に世界が大好きな春「その時に、“推しなんだけど、LOVEな方で好きなのかもしれないな”みたいな(笑)」

こもり教頭「LIKEじゃなくてLOVE」

さかた校長「推しからLOVEに飛びこしちゃったってことだもんね」

こもり教頭「メイク頑張っちゃうんか」

君に世界が大好きな春「頑張っちゃうんですよ。早起きして」

こもり教頭「どこに力が一番入るんだ? やっぱ目」

君に世界が大好きな春「目ですね。今、マスクやってるので…」

さかた校長「今はそうだな。でも、熱視線でバレちゃわないか?」

君に世界が大好きな春「どうだろう? 目が合わせられない」

こもり教頭「あ〜、もったいないと思うな〜、俺! せっかくやってるなら」

さかた校長「担任とか副担とかじゃなく、本当に授業中にしか会わない?」

君に世界が大好きな春「はい。教科だけですね」

こもり教頭「週に何回あるの?」

君に世界が大好きな春「週2回あります」

こもり教頭「うわ〜、けっこう勝負やな、それ。何曜日と何曜日?」

君に世界が大好きな春「月曜日と水曜日で」

こもり教頭「ヤバくない!? 今日じゃん! 熱量ほやほやじゃないの、今〜」

君に世界が大好きな春「はい(笑)」

さかた校長「今日はどうだったの?」

君に世界が大好きな春「今日は家庭科のテストだったんですよ。でも、始まる前にけっこう質問とか受けてくれたりして。もう、めっちゃ頑張って、多分、9割ぐらいは取れてるはず」

さかた校長「おお〜! 優秀や」

君に世界が大好きな春「めっちゃ頑張りました!」

さかた校長「頑張りは絶対に伝わるしな。友達とかには話せないか?」

君に世界が大好きな春「友達には、本当に“推し”ってことだけ伝えてて」

さかた校長「この熱量のときめきは、まだ伝えられないか

君に世界が大好きな春「伝えられないですね」

こもり教頭「俺は、ものすごくピュアな気持ちだと思うんだよ。だから、それをわざわざ友達に共有する必要もないと思うけども。
多分、うちの学校の掲示板だと、一緒に肩を組んでくれる生徒がかなりいると思うんだよ」

さかた校長「全国にいっぱいいるから、同じ想いをしている子たちもいると思うから」

君に世界が大好きな春「もう、聞いてほしいです」

私もです!
私もです!
中学の時ですが、先生のこと好きでした!
もちろん今も好きです。
その先生には彼女もいるし、同棲もしてるらしいんですが、やっぱり忘れられません。
卒業する時にラブレター書いてしまいました笑
最近は毎日思い出しちゃうし...
でも、先生最高ですよね!!!
あかりんご姫の神さま
女性/15歳/東京都
2020-07-08 23:47


こもり教頭「もう、すでにきてるよ!」

君に世界が大好きな春「わ〜! 彼女いるっていうのが、どうなんだろう…?」

さかた校長「(笑)」

こもり教頭「そこの1歩踏み出すところは、まだじゃないか?」

君に世界が大好きな春「そうですよね」

さかた校長「そこの一線というか、線引きはね。もちろん、わかってるからね」

君に世界が大好きな春「はい」

こもり教頭「自分でわかってるからね。でも、だからと言って、“自分の気持ちを押し殺す”ってことはないというか」

さかた校長「全くしなくていい」

こもり教頭「すごくピュアな気持ちだと思うから、その気持ちを、わざわざどこか心の奥底にしまってしまうのは、すごくもったいないことだと思う。大切に大切にしながら、想いを自分の心の中できれいに褒めてあげててほしいと思う」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「素敵なことだからね」

君に世界が大好きな春「はい。ありがとうございます」

こもり教頭「何かあったらまた戻ってきてくれよ!」

君に世界が大好きな春「はい。ありがとうございまーす!」


♪  どうしようもないくらいに君が好き / Eve


さかた校長「もう、今日は黒板いいっすわ! もう、ギリギリまで電話しましょう!」

エールが欲しい!!!!
今週末から最後の夏大会が始まります。
それが僕にとって最後の試合になります。
最後頑張りたいし、エールが欲しいんです!
校長!教頭!お願いします!
エラー男
男性/17歳/山形県
2020-07-08 18:27


エラー男 山形県 17歳 男性

さかた校長「部活は?」

エラー男「野球です」

こもり教頭「今週末!」

さかた校長「最後の試合か」

エラー男「そうっす」

さかた校長「かませよ! エラー男!!」

こもり教頭「いい思い出作ったれよー!!」

エラー男「はい!」

さかた校長「全部出せ! 全部ぶっ放して、ぶちかましてこい!」

SCHOOL OF LOCK!


エラー男「はい」

さかた校長「いけそうか?」

エラー男「いけます! 頑張ります!」

こもり教頭「キターーーー!!!」

さかた校長「いけ! かまして頑張れよ!」

こもり教頭「その熱量を込めたまま、最後一緒に挨拶するぞ!」

こもり教頭「SCHOOL OF LOCK!は明日夜10時に再び開校! 起立!」

こもり教頭「思い込めるぞ! 行くぞ! 礼!」

さかた校長・こもり教頭・エラー男「また明日〜〜〜〜〜〜!!!!」


♪  宿命(Brass Band ver.) / Official髭男dism





さかた校長の放送後記

せーの、また電話しようぜ!!


こもり教頭の放送後記

いっぱい話したい!! もっと話したいよー!!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年07月15日(水)PM 10:00 まで

Music 2020.07.08 PLAYLIST


LINE MUSIC

「同級生の会話についていけない」10代に伝授 “相槌”を打つテクニックとは?!

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。7月8日(水)の放送では『掲示板逆電』を行いました。番組の掲示板に書き込まれたメッセージのなかから、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が気になるものをピックアップ。投稿者と電話を繋いで、直接話を聞いていきました。

Prev Next

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る