校長教頭もテンション爆上がり!!君がテンションアゲめになるものは?

SOL!

今夜の授業を職員のジェーンが振り返り!


今夜のSCHOOL OF LOCK!授業テーマは『私はこれでハイテンション!』

今日は「男子のキレイに割れた腹筋を見れたらハイテンション!だからプールの時間が待ち遠しいです!」とか「3度の飯より里芋が好きで、その文字を見ただけでもテンション爆上がりです!」など!! 生徒のみんなが思わずハイテンションになってしまうことを教えてもらっていきました(^ω^)


1人目に電話した生徒RN:真夜中の日影がテンション爆上がりすることはポン酢!!! 小学校の時にお母さんがおひたしにポン酢をかけてくれた時に美味しくて衝撃を受け、そこからポン酢にテンションが上がってしまうように、、!!!! サラダにポン酢をかけたり、冷ややっこにポン酢をかけたり、自分の誕生日には、ポン酢がおいしく食べられるようにとしゃぶしゃぶを連れて行ってもらったりするレベルで、ポン酢はテンションが上がるアイテムだという。ちなみにRN:真夜中の日影 が一番好きなポン酢の食べ方はやっぱり小学校の時に初めて食べた、おひたし×ポン酢。何でもかんでもすべてを美味しくしてくれるポン酢、サイコー!!!と締めくくってくれました。


2人目に電話した生徒RN:マヤカがテンション爆上がりすることはメガネ屋J!NSの店員さん!!! 2週間前、たまたまJ!NSにメガネを新調しに行ったら自分が好みの店員さんがワンサカいて自分のテンションがとんでもなく爆上がりしたという・・・! RN:マヤカ にとってまさにそこは夢の国!!! 清潔感があっておしゃれでメチャクチャどタイプな人だらけ!!! 緊急事態宣言があけたら毎日でも行くので早く緊急事態があけて欲しい!!! と、切実な思いでJ!NSの店員さんに愛のこもったメッセージを送ってくれました。


3人目に電話した生徒RN:アルトパートのレオのテンションが爆上がりすることは変わった形の建物を見ること!!! 以前、友達が変わった建物の形をまとめた本を読んでいてそれを見せてもらった時にテンションが上がってしまったことがキッカケで、自分は変わった形の建物を見るとテンションが上がるということに気が付いたという。ちなみに好きな建物は中銀カプセルタワースライド西荻。今は長野県に住んでいるのでいつか東京に来た時に生で見てみたい!!と話を聞かせてくれました。


最後に電話した生徒RN:おかんにやーさんのテンションが爆上がりすることは本棚を見ること!!! 元々本が好きだというRN:おかんにやーさんは、本棚に本がずらーーーっとギッシリ並んでいるのを見るのが最高で、本屋さんや図書館が大好き。特に最近できた施設角川武蔵野ミュージアムに行った時はとんでもなくテンションが上がった。と話を聞かせてくれました。そんなRN:おかんにやーさんは「いつか自分の家に大きな本棚を置くから待っててね!!」と宣言!!!! (←角川武蔵野ミュージアムのリンクを貼っているので気になる生徒はぜひ見てみてください!本当にすごい施設だよ!!)


今日は特に教頭が生放送教室で流れる楽曲のほとんどにテンションが爆上がりして歌っていた(熱唱していた)気がするけど・・・!いつかカラオケの授業とかもやりたいなと個人的に思ったジェーンでした( ˘ω˘ ) 教頭、喉お大事に!!!笑

この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年05月19日(水)PM 10:00 まで

校長教頭もテンション爆上がり!!君がテンションアゲめになるものは?


SCHOOL OF LOCK!


『 夜のテンション 』

さかた校長「恋愛部掲示板に書き込んでくれた書き込み!」

おい自分おかしいぞ
昨日夜のテンションで前からかっこいいと思ってたって感じのメッセージ送っちゃった!
どうしようどうしよう深夜テンションこわいね

もうこのままダメ元でなりふり構わずいっちゃおうか(;_;)
笑顔でだるまるま
女性/16歳/北海道
2021-05-12 19:44


こもり教頭「はぁ〜!!!」

さかた校長「テンション上がっちゃったわけね」

こもり教頭「夜のテンションってマジであるよね」

さかた校長「しかも、この恋愛系に至っては加速させるやん」

こもり教頭「あれって何なんだろうね?」

さかた校長「何やろね? たぶん音楽だったり、その時の感じにもよるだろうし」

こもり教頭「1日で脳みそが疲れてるのかな?」

さかた校長「それか、ずっと考え考えて膨れ上がって、夜1人パァン!ってなるんじゃない?」

こもり教頭「なるんかな?」

さかた校長「なるでしょ!」

こもり教頭「でも、この気持ちわかるよ」

さかた校長「でも、こういう夜のテンションで上手くいく可能性ももちろんあるしさ」

こもり教頭「全然あるでしょ!」

さかた校長「逆に“あれ? 全然、温度が違うんだけど”って悪い方というか(笑) こっちが行き過ぎた上でってのもあるから、バランスがめちゃくちゃ大事だけども」

こもり教頭「大事。だし、あと怖いのは、夜はそのテンションで送ったけど、寝て朝起きたら、そこまで気持ちがそこまでいききれてない時(笑) 朝起きて“あれ? 送ったけど、別に今そこまでじゃないな”ってなっちゃった時にウソつかなきゃいけなくなっちゃうから(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「でも、これは往々にしてある!」

こもり教頭「大アリ!」

さかた校長「だから、RN 笑顔でだるまるま、これが良い方向に進むように、そのテンションを朝昼も持続して欲しいね。頑張って、もし進展があったら、またいろいろと教えて欲しいね」

こもり教頭「教えて欲しいね」

さかた校長「今夜もハイテンションでいきましょう! 今夜もSCHOOL OF LOCK!開校!」


♪ 夜明けのBEAT / フジファブリック


さかた校長「イェイイェイイェイ!!! マジでテンション上がるわ! これ、ドラマ『モテキ』の主題歌になってて、ドラマもめちゃめちゃ好きなんだけど、このMV観て! 森山未來さんがめちゃめちゃ踊るから。走って走って走って踊ったりする。フジファブリック先生大好きだけど、この曲大好きですよ!」



こもり教頭「上がってるね! これは校長テンション上がるソングだ」

さかた校長「俺は上がるね。上がっちゃう」

こもり教頭「いいね」

さかた校長「さっきも夜のテンション、RN 笑顔でだるまるまが恋で夜盛り上がったりもするけど、教頭はどんな時にテンション上がります?」

こもり教頭「月曜日ジャンプ(週刊少年ジャンプ)読んで『ONE PIECE』が来週休載じゃなかった時、テンション上がるよ」

さかた校長「マジそれ!」

こもり教頭「(笑) “わ! 来週あるじゃん!”ってなる」

さかた校長「あとヤンジャン(週刊ヤングジャンプ)の『キングダム』な」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「“良かった〜。今週もある〜!”って思うね」

こもり教頭「わかる(笑)」

さかた校長「“先生たち、お忙しいでしょうから休んでください”とも思うけど」

こもり教頭「しかも、作業効率とかもすごく大変じゃない。密になるから、人が集まれないとかもあるからね」

さかた校長「嬉しいよね。でも、それはテンション上がるわ」

こもり教頭「上がるでしょ(笑)」

さかた校長「テンションの上がる瞬間ってホント人それぞれだったりするけど、でも誰かがテンション上がってるトコ見るとこっちもテンション上がるし、その話を聞いてるだけでこっちも嬉しい気持ちになるから、生徒からもテンション上がったっていう書き込みは他にも来てるのよ」

テンション爆上げ
本屋さんに行ったお母さんから。
スーパー戦隊のしおりをもらったぁぁぁぁぁぁぁ
少し前に発売された学研のスーパー戦隊図鑑のやつ!!
45種類(多分、全スーパー戦隊ある)のうち、8種類お母さんくれたから、あと37種類!
明日、駅前の本屋さんに行くから、絶対にコンプリートするぞ〜!!

…駅前の本屋さんで、目ギラギラさせてスーパー戦隊のしおり探してる私、なかなかシュール??笑
みわはる
女性/15歳/秋田県
2021-05-03 20:42


こもり教頭「おぉ! …ごめん。教頭も乗ろうと思ったんだけど、中身がよくわかんなくて、“おぉ!”が正解なのかどうか」

さかた校長「学研のスーパー戦隊図鑑だよ」

こもり教頭「ワードはわかるんだけど、 その中身が詳しくないからさ。テンション上がってるのはものすごくいいことだと思うんだけど、知ったかぶっちゃう感じがいいのかなと思って」

さかた校長「しかもコレ、歴代45種類のレッドを使ったしおりらしいよ」

こもり教頭「ほぉ!」

さかた校長「歴代で45戦隊もいるんや!」

こもり教頭「てことなんだろうね。じゃ教頭が初めて見たギンガマンのレッドもいるってことかな?」

さかた校長「ギンガマン。俺はカクレンジャーなんだよね」

こもり教頭「これ(今のBGM)は? …アバレンジャーか」

さかた校長「アバレンジャーは恐竜モチーフだよね? でも、これでRN みわはるはテンションが上がったわけね。でも、コンプリートしたらどうなっちゃうの。特撮部のメンバーも共感してるし、今、爆上げ状態でしょ。
…ということで、今夜の授業テーマは…!
『私はこれでハイテンション!』

<BGM :『世界をかえさせておくれよ』サンボマスター(語り入りライブバージョン)>

さかた校長「おぉ! サンボマスターは曲前の語りが最高だから」

こもり教頭「ふぁぁ! 俺もテンション上がった! ヤバい(笑)」

さかた校長「上がってるな」

こもり教頭「俺の中でサンバマスター先生の曲がもう1つあったのよ。それは心の中にあって、出てこなかったんだけど…あ、ごめん。テンション上がり過ぎて説明できない。ただ、テンションがめちゃくちゃ上がった」

さかた校長「この曲ではなかったんでしょ」

こもり教頭「そう。でも、この曲が流れて、今その記憶がバッーと開いて、テンション上がった」

さかた校長「今夜はこういうことでしょ!」

こもり教頭「ヤバいヤバい(笑)」

さかた校長「こういうことなのよ。テンションが上がるってことは感染るから、一緒に盛り上がったし。俺もサンボマスター山口先生を好き過ぎて、歌う前のまくし立てのところ、文字カウントしたことあるもん」

こもり教頭「それは好きだね」

さかた校長「だから、教頭みたいに生徒のみんなが爆上げハイテンションになってしまう、どんな時にテンションが爆上がりするのかを聞いていきたいと思う!」

こもり教頭「例えば、“3度の飯より里芋が好きで、その文字を見ただけでもテンション爆上がりです!”とか」

さかた校長「里芋で爆上がりは相当トリッキーだけど好きなんだろうね。好きな食べ物はあるよね」

こもり教頭「(笑) 他にも“実は足の匂いが好きで、自分の足はもちろん、人の足の匂いでもテンションMAXになります!”とか」

さかた校長「それもトリッキーなんだよな(笑) 臭いけど嗅ぎたくなる、わからんでもない。そういう一見マイナスかもってことでも自分的にはテンション上がるってことあると思うから」

こもり教頭「君のテンションのスイッチが何で入るのかを教えて欲しいなと思うんですが、ちなみに校長は最近なにでテンション上がりました?」

さかた校長「今日、お昼にラーメン屋に行ったんだけど、店員さんに“あ、ポイントカード溜まってるんで、250円分トッピング出来ますよ”って言われたの。で、煮卵が150円だったわけ。でも俺、煮卵付きラーメンを頼んでたから、“コレじゃねーなぁ”と思ったら、店員さんが“80円のチャーシュー3枚いってもいいですよ”って言われた時、“マジ!?”ってめっちゃテンション上がったね」

こもり教頭「…わ、確かに…」

さかた校長「なんでやねん! 九州生まれだけど、なんでやねん」

こもり教頭「ちゃうちゃう! だって、1枚80円を3枚だと240円じゃん」

さかた校長「いや、そうなんだけど、250円以内で使えるわけ。煮卵が150円、でメンマが100円とか。で、普段は3つ分使えるってことはないわけ。だから、MAXで150円の煮卵にしたいじゃん」

こもり教頭「あ、1ラーメン、1トッピングってこと?」

さかた校長「そうそう。なのに、店員さんが3枚いいよって言ってくれたわけ。この店員さんロックンロールだなと思ったよ。ラーメン屋の概念を変えて、“世界をかえさせてくれた”わけよ」

こもり教頭「あ、そう」

さかた校長「俺、明日も行っちゃうかもね」

こもり教頭「ちょっと大丈夫か」

さかた校長「ま、こんな風に生徒の君のハイテンションになれる曲だったりも募集してますから、“この曲聴けばどんな時でもブチ上げです”っていう曲を教えて欲しい」

SCHOOL OF LOCK!


私はこれにハイテンション!!
私は横を向いた時に現れる首の骨が浮き出るのが好きです!弓道部で袴を着て横を向いている人を見るともうテンション爆上がりです!!これ共感してくれる人いませんか??校長、教頭はどうですか?
てちてちてっちー
女性/17歳/宮城県
2021-05-12 19:47


さかた校長「骨? 首筋の血管みたいなこと?」

こもり教頭「ん? どこ? 鎖骨じゃなくて? 首の筋か?」

さかた校長「血管フェチみたいなことでしょ? わからんでもない」

私はこれでハイテンション!
私がハイテンションになる時は、私の大好きな怪盗キッドを見てる時です!
推し眺めるのって最高ですよね!!
昨年の名探偵コナンの映画(紺青の拳)はキッドメインだったので、めちゃめちゃ嬉しかったです!!!
映画館で(静かに)キャーキャーしてました笑
みかんさらだ
女性/15歳/長崎県
2021-05-12 18:28


さかた校長「コナンの中でも、なかなかキッド出ないからね」

こもり教頭「そうだね。…ってごめん、知ったかぶった。俺あんまコナン見ないからわからないんだ」

さかた校長「え! キッドわかんない?」

こもり教頭「工藤新一に似てる人でしょ?」

さかた校長「似てるというか、別物なんだけど。あれ、ドラゴンボールでアラレちゃんが出てくるようなもの」

こもり教頭「あ! 相当テンション上がるね! ブチ上げだわ!」

さかた校長「悟空がペンギン村行った時、テンション上がったやろ! そういうことよ」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「さぁ電話でも聞いていこうと思う!」

真夜中の日影 埼玉県 16歳

さかた校長「学年は?」

真夜中の日影「高校1年生です」

こもり教頭「ナイス高校1年生!」

さかた校長「大丈夫か、俺たち、特に教頭がテンション爆上がりしてるだけど」

真夜中の日影「はい(笑)」

こもり教頭「だから、ごめん。もしかしたら、電話中にすごい大きい声で叫び出すかもしれないんだけど、許してね(笑)」

さかた校長「(笑)」

真夜中の日影「大丈夫です(笑)」

さかた校長「じゃ何でハイテンションになるか教えてくれ!」

真夜中の日影「私がハイテンションになるのはポン酢です」

さかた校長「(笑)」

こもり教頭「わからなくもないし、むしろわかる!」

さかた校長「ポン酢いいね〜。なんでポン酢でテンション上がるの?」

真夜中の日影「もうポン酢が大好きです」

こもり教頭「もうポン酢自体にテンション上がっちゃってるってことか」

真夜中の日影「そうですね」

さかた校長「俺もポン酢好きよ。めちゃくちゃ好きだけど」

こもり教頭「そんなこと言ったら、教頭もポン酢めちゃくちゃ好きよ」

さかた校長「同じこと言っちゃだけじゃないかよ」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「え、いつからポン酢好きなの?」

真夜中の日影「小学校高学年ぐらいの時に、お母さんがおひたしにポン酢をかけて出してくれた時に“めちゃくちゃ美味しい!”となって、そこからハマりました」

こもり教頭「いいじゃない」

さかた校長「その時のポン酢の衝撃をハッキリ覚えてるんだね?」

真夜中の日影「はい。美味しくて」

さかた校長「そこから何にでもかけちゃうの?」

真夜中の日影「もういろいろかけるようになってしまって(笑) 家族がサラダにドレッシングかけてる時も1人でポン酢をかけてたりとか」

さかた校長「ポン酢いっちゃう?」

こもり教頭「サラダポン酢はヤバいね」

さかた校長「いっちゃってるね」

真夜中の日影「ヤバいです」

さかた校長「他にポン酢これにかけたらヤバいってのあるの?」

真夜中の日影「しゃぶしゃぶにポン酢がむちゃくちゃ美味しくて」

こもり教頭「わかる!」

さかた校長「はい〜。しゃぶしゃぶにポン酢は優勝だよな」

真夜中の日影「はい! 誕生日の時にもポン酢でしゃぶしゃぶを食べたくて、しゃぶしゃぶ屋さんに行ったりぐらい好きで」

さかた校長「好き過ぎるな(笑)」

こもり教頭「お肉食べたくてしゃぶしゃぶじゃなくて、ポン酢食べたくてしゃぶしゃぶだもんね」

真夜中の日影「はい。ポン酢との組み合わせが最高です」

さかた校長「本当はしゃぶしゃぶをポン酢が引き立たせるんだけど、ポン酢を引き立たせるためにしゃぶしゃぶ選んでるんでしょ」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「それは好きだね〜」

真夜中の日影「はい」

さかた校長「もうちょっと暑くなったら、冷しゃぶもね」

こもり教頭「うわ!」

真夜中の日影「本当に美味しいです」

さかた校長「いいよね」

こもり教頭「食べたい!」

さかた校長「いつポン酢をかけた料理だとテンション上がるの?」

真夜中の日影「元々、運動部だったので、夏、練習から帰ってきた時に夜ご飯で冷奴とかを食べるのがすごく好きで」

さかた校長「冷奴にもポン酢ですか」

真夜中の日影「はい」

さかた校長「通ですね〜」

真夜中の日影「(笑)」

さかた校長「これは通よ。俺、大根おろしにポン酢、おろしポン酢fが最強なんよ」

真夜中の日影「めちゃくちゃわかります」

さかた校長「サンマとかさ。というか、おろしポン酢だけを食べる時もあるぐらいマジで好き」

真夜中の日影「あ、ありますあります!」

さかた校長「あったか(笑)」

真夜中の日影「あります(笑)」

さかた校長「俺はおろしポン酢、いろいろなものにかけるけど、魚が好きだけど、コレにかけてみたいなってものあるの?」

真夜中の日影「1回、ご飯にかけたいなと思った時があって」

さかた校長「ポン酢のみ?」

真夜中の日影「あ、ポン酢のみで。でもEve先生がEve LOCKS!で、ご飯にポン酢をかけて食べ続けてて倒れたって話を聞いて、やめようと思いました」

さかた校長「それは他のを食べなさ過ぎたんだよな(笑)」

真夜中の日影「(笑)」

こもり教頭「たぶんそうだね。ポン酢オンリーでいっちゃったんだろうね」

さかた校長「他にも食べると大丈夫だからな」

真夜中の日影「はい」

さかた校長「ポン酢、今、炊きたての白飯にかけてみるか」

真夜中の日影「(笑)」

こもり教頭「あ、イメージしてみましょうかね」

さかた校長「…ほっかほかの炊きたての白飯があるわ」

こもり教頭「はいはい」

さかた校長「そこに出来たて、職人さんが作りたてのポン酢をかけていきます」

こもり教頭「はい」

さかた校長「…あ〜。かかったかかった。真夜中の日陰、それをガッついてみようか」

真夜中の日影「はい。いただきます」

さかた校長「ガァーッ! バクバクバク! どうですか?」

真夜中の日影「最高です!」

さかた校長「おぉ! おかわり! これはおかわり案件です!」

こもり教頭「美味いな〜」

さかた校長「俺、実際におろしポン酢はご飯にかけて食べたぞ」

こもり教頭「どうだった?」

さかた校長「最高です。最高なんですよ」

こもり教頭「絶対美味いもん」

さかた校長「絶対美味い。一番好きなポン酢料理は何なん?」

真夜中の日影「やっぱり最初に言った、きっかけになった、おひたしが一番好きです」

さかた校長「おひたしにポン酢!」

こもり教頭「これ相当美味いよ」

さかた校長「もう夏になるし、一面のプールとか、ポン酢だったらどう?」

真夜中の日影「たぶん最高ですね」

さかた校長「最高だよな」

真夜中の日影「はい」

こもり教頭「最高の方だった」

さかた校長「ポン酢飲みながら泳げるよね?」

真夜中の日影「もうガンガンいけますね」

さかた校長「だって、クロールの息継ぎしなくていいんだもん」

真夜中の日影「余裕で50mいけます」

こもり教頭「飲んでるからってこと? 50m、長い方。折り返してきてる(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「夏が過ぎて、冬になったら、お風呂にあったかいポン酢、貯めるか」

真夜中の日影「いいですね〜」

さかた校長「いいよね〜」

こもり教頭「良かったんだ。上がってるね〜」

さかた校長「外に鍋を用意してもらってね。鍋もポン酢もいいよね〜」

真夜中の日影「最高です」

さかた校長「もう夏も冬も君のものだよ」

真夜中の日影「ありがとうございます」

さかた校長「(笑) いやぁ最高だなぁ。最後に、こんなにテンション上げてくれるポン酢に一言言っとくか」

真夜中の日影「はい。もう何でもかんでも全てを美味しくしてくれるポン酢、最高です!」

さかた校長「最高の感想、ありがとう」

こもり教頭「ありがとう。最&高!」

真夜中の日影「ありがとうございます」

さかた校長「じゃ、今夜もまたポン酢の夜に会おう」

真夜中の日影「はい、会いましょう」


♪ Poppin’ Shakin’ / NiziU


さかた校長「真夜中の日影はポン酢とともに人生があるね」

こもり教頭「もうwithだったね」

さかた校長「夏はプール、冬はお風呂。春と秋もポン酢と一緒になる事柄を考えて欲しいね」

こもり教頭「楽しいね」

さかた校長「はい」

こもり教頭「(笑) そして、このNiziUの曲ですけど」

先生に言われるほどハイテンションになる!
私のハイテンションソングは
NiziU先生のpoppin'shakin'です!!

教室でスキップしながら歌って踊ってたら
先生にテンション高いねwって言われました(*^^*)
ゆり
女性/12歳/山形県
2021-05-12 18:18


さかた校長「スキップしながら歌って踊ってたら、そりゃテンション高いよ。テンション上がるし、元気になるよな。どんどんテンション上がる曲も送って欲しいし、まだまだ話を聞いていきましょう!」

マヤカ 東京都 17歳

さかた校長「学年は?」

マヤカ「高校3年生です」

こもり教頭「ありがとね」

さかた校長「だいぶ俺たちもテンション高いけど、大丈夫か?」

マヤカ「はい(笑) ついていきます」

さかた校長・こもり教頭「よっしゃ!」

さかた校長「じゃ、マヤカのハイテンションになるもの、教えてくれ!」

マヤカ「メガネJ!NSの店員さんです」

さかた校長「なんでテンション上がるの?」

マヤカ「格好? メガネをかけてて、シャツをかけてて、爪をキレイに切ってたりして、手がキレイで、そういう全体のスタイルがめちゃめちゃ好き」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「白シャツで、って感じでしょ?」

マヤカ「そうですね。シャツ決めて、メガネもかけて」

さかた校長「清潔感溢れるな」

マヤカ「そうです」

さかた校長「いつから好きなの?」

マヤカ「2週間前に、3年ぶりにメガネを新調しに行くことになって、J!NS入ったら、自分の好みとストライクな人がわんさかいて」

こもり教頭「わんさか」

さかた校長「(笑) 1人だけじゃなかった?」

マヤカ「わんさかいました。店員さんがみんなそのシャツの格好してる。みんなそれだから、夢の国みたいな」

こもり教頭「何色のシャツ?」

マヤカ「割と大人しめなシャツ」

さかた校長「マヤカはそのタイプ、元々そういう清潔感ある感じの人が好きとかあったの?」

マヤカ「全然なくて、むしろ聞かれても答えられない感じだったんですけど、2週間前に気付いちゃいました」

さかた校長「なるほどね。“私、どストライクってコレなんだ!”ってなったわけか?」

マヤカ「そうです」

こもり教頭「あ、そう。じゃいいね」

さかた校長「出会っちゃったね」

マヤカ「出会っちゃいました」

さかた校長「さっき、夢の国って言ってたけど、ディスニーランドとJ!NSだったら、どっち行く?」

マヤカ「J!NSですね」

さかた校長「(笑)」

こもり教頭「それはよっぽど夢の国だね」

マヤカ「(笑)」

さかた校長「それはよっぽどだよ。すぐに行けちゃうからね」

マヤカ「なんなら1週間前に行ったんですよ。ディスニー楽しいけど、J!NSだなぁって」

さかた校長「マジ? じゃ、エレクトリカルパレード、全員J!NSの店員さんだったら、テンション上がる?」

マヤカ「爆上がりですね!」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「スプラッシュマウンテンで写真撮る時に、自分の周りがみんなJ!NSの店員さんだったらテンション上がる?」

マヤカ「一緒に撮りたいぐらいです(笑)」

さかた校長・こもり教頭「(笑)」

さかた校長「J!NSランドがあって、J!NSシーもあったら、シーも行っちゃうか?」

マヤカ「もう2日連続で、泊まり込みで行きます」

さかた校長「それ、めちゃくちゃJ!NSの店員さん達も嬉しいよ」

マヤカ「(笑)」

さかた校長「つい2週間前のことだもんね?」

マヤカ「そうです」

さかた校長「メガネを買ってからは行ってないの?」

マヤカ「コロナの緊急事態宣言で閉まっちゃって開いてなくて」

こもり教頭「そっか」

さかた校長「なるほど。近所のお店は開いてないんだ?」

マヤカ「開いてないです」

さかた校長「それ、友達にも言ったりしたの?」

マヤカ「そのJ!NSでメガネ待ってる間とかに、LINEグループにめちゃめちゃ“J!NSヤバいわ!”みたいなの打って、その後も友達とお昼食べながら、めちゃめちゃ私が愛を語ってたんですけど、好みが違うみたいで全然わかり合えなかったです」

さかた校長「(笑)」

こもり教頭「“何が?”ってなってた?」

マヤカ「友達はミセス(Mrs.GREEN APPLE)の大森先生が好きなんです。“私はそこ以外は目もくれないわ”って感じでわかり合えなくて」

こもり教頭「なるほどね」

さかた校長「J!NS先生か…」

マヤカ「(笑)」

さかた校長「J!NS先生も曲出して欲しいよね」

マヤカ「買っちゃいますね」

さかた校長「買っちゃうよね」

マヤカ「はい」

さかた校長「何だろ? 『恋のフレーム』かな」

マヤカ「いいですね〜」

さかた校長「(笑)」

こもり教頭「今のいいですねって言ってくれるの、マヤカぐらいだぞ」

マヤカ「(笑)」

さかた校長「『恋の視力検査』かな。何だろうね?」

こもり教頭「校長も追いかけるなって(笑)」

さかた校長「(笑)」

マヤカ「(笑)」

さかた校長「J!NSいいよな」

マヤカ「最高です」

さかた校長「じゃ最後に、そんなにもテンション上げてくれる、J!NSに一言言っとくか」

こもり教頭「(笑)」

マヤカ「はい。緊急事態宣言が明けたら、毎日でも行くので、早く緊急事態宣言明けてください!」

さかた校長「最高!」

マヤカ「(笑)」

さかた校長「また、J!NSの報告待ってるよ」

こもり教頭「待ってるね」

マヤカ「はい」


♪ ジャンキーナイトタウンオーケストラ / すりぃ


さかた校長「マヤカは爆上がりだったし」

こもり教頭「上がってたね」

さかた校長「マヤカのためにJ!NSのハニーハントも作ってあげたいね。ハチミツまみれのメガネをかけたJ!NSの店員さんの」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「シャツには付かないようにして欲しいけどね」

こもり教頭「テンション上がってくれてるね。そして、この曲!」

SCHOOL OF LOCK!


テンションが上がる曲
『ジャンキーナイトタウンオーケストラ』聴くとめちゃくちゃテンション上がります!とにかくかっこよくて、中毒性もすごいです!勉強してるときに聴くと書くスピード上がります!(笑)
名前のない風鈴
女性/17歳/奈良県
2021-05-12 18:00


さかた校長「おぉ! このテンションのままにブァーっと勉強に集中できるのも音楽の力だったりするからね」

こもり教頭「確かにね」

さかた校長「こうして新しい音楽も知れるし、生徒が生徒に教えてくれるのも…テンション上がりますよ!!!」

こもり教頭「テンション上がる。テンション上がるけど、ちょっと…きたわ」

さかた校長「ちょっと待って(笑) テンション上げ過ぎて、息切れしてない?」

こもり教頭「うん、してる。今ちょっと落ち着いてきちゃった」

さかた校長「いやいや、もうすぐ折り返しだから(笑)」

こもり教頭「もうすぐ黒板の時間かな」

さかた校長「ちげーよ。あと2倍あるわ。あと1時間あるのよ」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「上げて!」


♪ 鱗 / 秦基博


こもり教頭「やば! コレ聴いていい? (『鱗』に合わせて歌って)」

さかた校長「カラオケやん。歌ってるやん」

こもり教頭「最高だね。秦先生、最高!」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「秦先生の『鱗』はどんな時に聴くの?」

こもり教頭「え、どんな時でも」

さかた校長「どこが好きなの?」

こもり教頭「全部」

さかた校長「会話になんねーな」

こもり教頭「(笑) それぐらい大好きなんだよね」

さかた校長「しいて言うなら、一番このタイミングで聴いたら最高っていうの教えて」

こもり教頭「ん〜、“どのタイミングでも最高”としか思ったことないからな。朝起きて、家出る直前まで」

さかた校長「“さぁ出かけよう”の道のりではなく」

こもり教頭「そう。家を出るまで。ここで全部用意して、カバンの中に入れて、今ならマスク取って付けて、“今日、靴、何履こうかな?”ってなって、たぶん今、靴ひも結び始めてるぐらいで、ポッケ確認するでしょ」

さかた校長「出かける前の描写、細けーな!」

こもり教頭「で、鍵持ったな。で、鍵ガチャン。ドア閉めて。よし!って」

さかた校長「朝の準備中ね。なるほど」

こもり教頭「そう。それは最高。超テンション上がる!」

さかた校長「好きな曲を朝の準備で聴く生徒もたくさんいると思うけど、いい聴き方教えてもらいましたよ」

こもり教頭「ホント家を出る前、直前に聴いて欲しい」

さかた校長「こういう“このドンピシャのタイミング、聴いたら最高です!”ってのも生徒のみんなにも合わせて教えて欲しいね」

こもり教頭「もう1回歌いたいね」

さかた校長「いやいや、“聴きたいね”はわかるけど、“歌いたいね”は違うからね(笑)」

こもり教頭「ずっと歌ってた(笑)」

さかた校長「テンション上がってますよ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


ポン酢。
校長教頭、逆電ありがとうございました!

ポン酢について、こんなに語る機会はなかったので、めちゃくちゃ楽しかったです!
生徒の皆さんも、ポン酢、はまりましょう!
最高の世界ですよ〜!
真夜中の日影
ー/16歳/埼玉県
2021-05-12 22:50


さかた校長「いや〜嬉しいね。でも、テンション上がり過ぎて、今聴いてるラジオにポン酢はかけるんじゃないぞ」

こもり教頭「お! 今日はキレキレだね」

さかた校長「ホントに!?」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「テンション上がっててキレキレよ」

さかた校長「いや、ハードル下げ過ぎなんだけど。今のでキレキレは恥ずかしいだけど」

こもり教頭「あ、そう?(笑)」

J!NS最高!
逆電ありがとうございました。
眼鏡最高!シャツ最高!テンション爆上げ!
お手軽夢の国ですよ!
早く緊急事態宣言あけてくれるといいなぁ。
マヤカ
女性/17歳/東京都
2021-05-12 22:54


さかた校長「いくらテンションが上がったからって言って、そのメガネをかけたまま寝たら、その跡ついちゃったりするからな」

こもり教頭「ヤバ! 今日フル回転じゃん!」

さかた校長「どこがやねん!」

こもり教頭「今日、差し込みのタイミング、ヤバいね!」

さかた校長「普段、俺をどう見とるんや!」

こもり教頭「テンション上がってんね!」

さかた校長「テンション上がってるの、君だよ」

こもり教頭「ハイテンション!」

さかた校長「怖いんだけど。テンションがいびつなんだけど」

こもり教頭「そんなことないよ」

さかた校長「もう教頭は壊れちゃったんで、こういうテンションが上がることを生徒のみんなの話を聞いていきたいと思います」

アルトパートのレオ 長野県 15歳

さかた校長「学年は?」

アルトパートのレオ「高1です」

さかた校長「もうちょっとみんなテンション上げ上げなんだけど、何でハイテンションになるのか教えてもらってもいいか?」

アルトパートのレオ「はい。自分は変わった建物を見ると、テンションが上がります」

こもり教頭「おぉ。どういった建物?」

アルトパートのレオ「中銀カプセルタワービルというビルがあるんですけど、それとか、スライド西荻というビルがあるんですけど、そういった建物を見ていると、かなりテンションが上がります!」

さかた校長「(写真を見て)うわぁ! 中銀カプセルタワー調べたんだけど、すごい! サイコロみたいな」

こもり教頭「キューブみたいなのが何個も積み重なった建物だね」

アルトパートのレオ「そうなんですよ」

こもり教頭「蜂の巣みたいで、俺ちょっと無理なんだけど!」

アルトパートのレオ「(笑)」

こもり教頭「集合体が苦手?」

さかた校長「これ好きなん?」

アルトパートのレオ「はい。自分の集合体恐怖症なんですけど(笑)」

こもり教頭「すごいこと言うてる」

アルトパートのレオ「このビルは見てても全然大丈夫なんです」

さかた校長「え、よく猫アレルギーなのに、猫好きって人いるけどさ」

こもり教頭「それに限りなく近いかもしれないね。あともう1つなんだっけ?」

アルトパートのレオ「スライド西荻です」

こもり教頭「(画像を見て)あぁ、これはいいじゃん。美術館みたいな感じでさ。低層で上に庭園があるのかな?」

さかた校長「ガラス張りでね」

アルトパートのレオ「はい」

こもり教頭「デザイン性もあって、ウッドな感じもあって」

さかた校長「こういう普通の建物ではない、ちょっと変わったトリッキーな建物がテンション上がるの?」

アルトパートのレオ「はい。上がります!」

さかた校長「きっかけあるの?」

アルトパートのレオ「中学の時、部活で同じだった人が、日本の変わった形の建物をまとめた本を読んでいて、そこにこの2つが入っていて。その本を借りて読んだ時に見つけて、“めちゃくちゃいいじゃん!”と思って、虜になりました」

さかた校長「本以外ではどうやって見つけてるの?」

アルトパートのレオ「中銀カプセルタワービルはTwitterがあって、それを見ていたりとか、スライド西荻はGoogleで写真を調べて眺めてます」

さかた校長「(笑)」

こもり教頭「今は衛生写真とか見られるからね」

アルトパートのレオ「はい」

さかた校長「この建物見て、見るのが好き? それとも他に楽しみ方あるの?」

アルトパートのレオ「基本的には見るだけなんですけど、中銀カプセルタワービルは住んでみたい願望が強くて」

こもり教頭「住めるの?」

アルトパートのレオ「住んでみたいです」

こもり教頭「あ、そう」

さかた校長「もう住みたい、までいってるんだ?」

アルトパートのレオ「はい!」

さかた校長「これ、どっちも東京じゃん。長野にも変わった建物あるの?」

アルトパートのレオ「あることはあるんですけど、ここまで住んでみたいと思う建物はないです」

こもり教頭「なるほどね」

さかた校長「じゃ、実際に目の当たりにしたことはない?」

アルトパートのレオ「ないです」

さかた校長「むちゃくちゃテンション上がるんじゃない?」

アルトパートのレオ「そうですね」

さかた校長「じゃ、岡本太郎の太陽の塔とかはどうなの?」

アルトパートのレオ「あれはちょっと…」

さかた校長「(笑)」

アルトパートのレオ「住むものじゃないので」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「何? 住みたいん?」

アルトパートのレオ「住みたいです」

さかた校長「前提に居住があるってこと?」

こもり教頭「(笑) なるほど。住める建物限定だ」

アルトパートのレオ「あとは、絵になるかどうかが結構基準です」

こもり教頭「太陽の塔、見たことあるけど、すごかったよ」

さかた校長「じゃ、ハウルの動く城とかはどうなの? 動くぞ〜」

アルトパートのレオ「…基本的に三次元で」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「いやいや、そうだけどさ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「じゃ、ラピュタもダメだ」

さかた校長「浮いてるぞ〜あれ」

アルトパートのレオ「でも、ラピュタは見てて、結構楽しいです」

こもり教頭「やった! やっぱ校長と教頭だったら、教頭の方がほら」

さかた校長「いや、ハウルの動く城をレオが見てないからだって」

こもり教頭「ラピュタはテンション上がるよね?」

アルトパートのレオ「上がります」

こもり教頭「あの雲を超えて、って」

<BGM 『君をのせて』>

こもり教頭「コレはヤバいね! これSCHOOL OF LOCK!発信でバルスがTwitterのトレンド入っちゃうんじゃない?」

さかた校長「なんで、バルスしちゃうんだよ! なんで、崩壊させようとするんだよ! じゃ、SASUKEのステージは?」

アルトパートのレオ「あれはめちゃくちゃいいです! アスレチック系は基本好きなので」

さかた校長「あ、アスレチックの感じも好きなのね?」

アルトパートのレオ「大好きです」

さかた校長「じゃ、SASUKEのファーストステージの反りたつ壁のところにキッチンあったら最高やろ?」

アルトパートのレオ「キ…ッチン?」

こもり教頭「外すね〜」

さかた校長「何でだろう? SASUKEでドンピシャで来たら、もう外すことないんだけどね。反りたつ壁で寝たいとは思わない?」

アルトパートのレオ「思わないです」

こもり教頭「違うんです違うんです」

さかた校長「あそこで横になりたーいとはならない?」

アルトパートのレオ「それはないです」

こもり教頭「ないよな」

さかた校長「じゃ、ぜひ東京に来て、中銀カプセルタワービルもスライド西荻も見て欲しいね」

アルトパートのレオ「見たいです」

さかた校長「最後に、こんなにもテンションを上げてくれる、変わった建物たちに一言言っとくか?」

アルトパートのレオ「はい。見てるだけで幸せです!」

さかた校長・こもり教頭「(笑)」

さかた校長「シンプル・イズ・ベスト」

こもり教頭「最高!」

さかた校長「ありがとな」

こもり教頭「ありがとう」

アルトパートのレオ「ありがとうございます」


♪ FISH TACOS PARTY / [Alexandros]


さかた校長「アルトパートのレオ、今、テンション上がってると思うんだよね」

こもり教頭「書き込みにも書いてくれてたもんね」

さかた校長「そうか。SASUKEの反りたつ壁でFISH TACOS PARTYだ。コレだった。ごめんな。コレがバチ上げだったね」

こもり教頭「うわ〜。書き込み来てる!」

今日は
今日は、皆、夜眠れなくなるだろうな。

フォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!!!!!!!!
シャケの歯医者さん
女性/13歳/宮崎県
2021-05-12 23:05


さかた校長「いやいや(笑) 長っ!」

こもり教頭「ホントそれぐらい長く書いてるの(笑) 今日は寝れないじゃなくて、このまま寝ないだろ! ブチ上げでいくだろ〜! ちょっとキレキレの一言くれよ! 頼むよ校長!」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「ちょっと、怖いんだけどもう(笑)」

こもり教頭「頼むよ、キレキレの一言くれよぉ!」

さかた校長「1年以上やって初めて見る姿やってるわ(笑)」

こもり教頭「だって今日ハイテンションな夜だろ? コレじゃ次いけねーよ」

さかた校長「ハイテンションで行っちゃいましょう!!!」

こもり教頭「いいじゃん、最高じゃん。持ってるね今日」

さかた校長「甘いんだって」

こもり教頭「POW!」

さかた校長「POWじゃないのよ。じゃ生徒の話聞いてPON PON!」

SCHOOL OF LOCK!


おかんにやーさん 埼玉県 16歳

さかた校長「久しぶりだね。学年は?」

おかんにやーさん「高2です」

さかた校長「来た!」

こもり教頭「よっしゃ行こうか! 中2、高2は当たって!」

おかんにやーさん「砕けろ!」

こもり教頭「突っ走れーーー!!!」

おかんにやーさん「おー!!!」

こもり教頭「よく言った〜〜〜〜〜〜〜!!! 」

さかた校長「今夜、教頭は喉ぶっ壊す気だぞ」

おかんにやーさん「(笑)」

こもり教頭「今日は声をなくそうと思ってるよ」

さかた校長「ロマンチックっぽく言ってるけど、ロマンチックじゃないぞ」

おかんにやーさん「(笑)」

こもり教頭「キレキレって言ってよ」

さかた校長「ナイスあたジェネ!」

おかんにやーさん「ありがとうございます」

さかた校長「素晴らしい、あたジェネコールでテンション上がってるけど、おかんにやーさんがハイテンションになるの教えてよ」

おかんにやーさん「自分がハイテンションになるのは本棚を見ることです」

さかた校長「どういうこと?」

おかんにやーさん「自分は本棚にたくさん本が並んでいるのを見るのが結構好きで、本がズラーッと一面に並んでるのが、個人的にテンションが上がります」

こもり教頭「いいね〜

さかた校長「もともと本も好きなの?」

おかんにやーさん「はい。本も好きです」

さかた校長「じゃ、大好きなものがめちゃめちゃ並んでるのがいいんだね」

おかんにやーさん「はい」

さかた校長「じゃ、本屋さん行くのも好きなの?」

おかんにやーさん「本屋さんとか図書館とか」

さかた校長「図書館なんてすごいもんね」

おかんにやーさん「はい」

さかた校長「それいろんな本でもいいの?」

おかんにやーさん「そうですね。小説とかマンガとか、種類問わずにいろいろ好きです」

こもり教頭「図鑑とか何でもギッシリなってるのがいいってことでしょ?」

おかんにやーさん「はい」

こもり教頭「わからなくもないなぁ」

さかた校長「俺も本屋さん好きだからね。あの感じもいいよね」

おかんにやーさん「はい」

さかた校長「表紙のタイトルを見て、気になったやつを取ったりとか、俺1日過ごせるもんなぁ」

おかんにやーさん「はい」

さかた校長「“ここの本棚いいですね!”ってとこあるの?」

おかんにやーさん「埼玉県の所沢市にある、角川武蔵野ミュージアムの本棚劇場ってところがオススメです」

こもり教頭「出たー!!!」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「本棚劇場?」

こもり教頭「最近できたんだよね? 去年だっけ?」

おかんにやーさん「はい」

こもり教頭「ここすごいよ! 言ってやってよ!」

さかた校長「美術館みたいなこと?」

おかんにやーさん「そうですね。美術館と博物館が合わさったような感じのところです」

さかた校長「(写真を見て)うわ! すごい! これテンション上がるわ!」

こもり教頭「ここすごいのよ! ここの外観もすごい特殊な形してるよね?」

おかんにやーさん「そうですね」

こもり教頭「アルトパートのレオだ!」

さかた校長「すごいコレ! 何万冊?」

おかんにやーさん「3万冊ぐらいあるんですよね」

さかた校長「すご! 行った時どうだった?」

おかんにやーさん「めちゃくちゃ最高でしたね」

こもり教頭「行けたんだ?」

おかんにやーさん「はい。今年のお正月ぐらいに行って」

こもり教頭「い〜な〜」

おかんにやーさん「結局、2〜3時間そこで見てましたね(笑)」

こもり教頭「ここ30わか1時間かでプロジェクションマッピングになるでしょ?」

おかんにやーさん「そうです。30分に1回プロジェクションマッピングがあります」

こもり教頭「だよね!」

おかんにやーさん「はい」

さかた校長「壁に?」

おかんにやーさん「はい」

こもり教頭「これすごいんだよね!」

おかんにやーさん「すごいです」

さかた校長「あ! これ紅白でYOASOBI先生が! あそこか!」

おかんにやーさん「はい!」

さかた校長「そこ行ったんだ。すごいね!」

おかんにやーさん「はい、行きました」

さかた校長「これ、一番高いところの本、どうやって取るの?」

おかんにやーさん「一応階段があるので行けるんですけど」

さかた校長「これ、本は売り物?」

おかんにやーさん「いや、売り物ではなくて、そこでしか読めないので」

こもり教頭「そうなんだよね」

おかんにやーさん「必ずそこに行かないと本は読めない状態になってます」

さかた校長「すごいね。圧巻だわ!」

おかんにやーさん「はい」

こもり教頭「すごいんだよね」

さかた校長「これ、本のCostcoだ」

おかんにやーさん「(笑)」

こもり教頭「お、キレキレ」

さかた校長「キレキレの温度が冷めてるなぁ」

こもり教頭「よかったら、おかんにやーさんも“校長キレキレだね”って言ってもらっていい?」

おかんにやーさん「校長、キレキレですね」

さかた校長「こんなにも心のこもってないの、言わすな」

こもり教頭・おかんにやーさん「(笑)」

こもり教頭「ありがとね。ここ、でもすごくて、本もジャンルにわかれてないんだよね?」

おかんにやーさん「そうですそうです」

さかた校長「あ、ノージャンルで無差別に?」

こもり教頭「そう」

おかんにやーさん「はい」

こもり教頭「だから、探すのとかもすごくテンション上がったんじゃない?」

おかんにやーさん「めちゃくちゃ楽しかったです」

こもり教頭「ね!」

さかた校長「コレはテンション上がるし、俺も行ってみたいな!」

こもり教頭「そう。俺も行きたい!」

おかんにやーさん「オススメです」

さかた校長「じゃ、将来的には部屋もこんな感じで、本棚でビッシリ埋めたい感じ?」

おかんにやーさん「そうですね。将来、自分の家にあったら最高だなと思います」

さかた校長「コレはテンション上がるね!」

おかんにやーさん「はい」

さかた校長「おすすめの本とかマンガとか、いろいろ並べて好きに囲まれて欲しいね」

おかんにやーさん「はい!」

さかた校長「じゃ最後に、こんなにテンションを上げてくれる本棚に一言言っとくか!」

おかんにやーさん「はい。いつか自分の家に大きな本棚置くから、待っててね!」

こもり教頭「お! いいね!」

さかた校長「その未来はもうすぐだ」


♪ 夜に駆ける / YOASOBI


さかた校長「マジで行こう! その本棚劇場」

こもり教頭「教頭先生、歌ってたら、本当に声出なくなってきたかも(笑)」

さかた校長「ちょっとかすれてるよね」

こもり教頭「かすれてきたよね(笑)」

さかた校長「ちょっとマズいんだけど」

こもり教頭「(笑)」

うわー!
めっちゃ大共感です!本の綺麗に揃った所大好きです!あの時々高さがズレる所と幅が変わる所が特に推しです。シルエットのみにすると、夜景っぽくなるところも好きです!
腐ったパンダのカップケーキ
女性/18歳/愛知県
2021-05-12 23:44


本棚
むっちゃわかるw
本の大きさが揃っていて、奥行きも高さもぴったりだと、更にテンション上がる!
繊細さん
女性/13歳/兵庫県
2021-05-12 23:42


さかた校長「いや〜。みんな上がってくれてるね」

こもり教頭「相当上がってるよ」



今日の黒板


SOL!


『夢の中でも』

さかた校長「テンション爆上げでいかせていただきます!今日みんながめちゃくちゃ大好きなものでテンションが上がった夜!もう今日!夜はもう寝ることなど許さない!!夢の中でも夢の中でも大好きなものに溢れて今日は寝るんじゃない!!今日は朝までテンション爆上げ PON、PON、PON、POーーーーーN!!!!」(※テンション上げて読んでね!)


♪ あつまれ!パーティーピーポー / ヤバイTシャツ屋さん


さかた校長「SCHOOL OF LOCK!、そろそろ下校の時間です! 」

ハイテンションになる曲!!
もうこれしか勝たんやろ!!
ヤバイTシャツ屋さん先生の「あつまれ!パーティーピーポー」これ聞くとまじテンションMAX!!
まくがふぃん
女性/16歳/群馬県
2021-05-12 18:47


さかた校長「まくがふぃん、今テンションMAXでしょ!」

こもり教頭「相当テンションMAXですよ。Twitterの#SOLでもコーヒーから出たアカリ、
夢の中でも大好きなもの溢れて」って言ってるのに「寝ることなど許されない」ってwwwどうしたらいいですかwww」

さかた校長「考えるな! 感じてくれ! 俺ももう何を言ったかも覚えていない! テンション上がり過ぎてまぁす!!!」

こもり教頭「お、キレキレだね」

さかた校長「甘いんだって」

こもり教頭「いや、今日キレキレよ。どした!?」

さかた校長「俺、帰って、キレキレを辞書で調べるぞ」

こもり教頭「校長!」

さかた校長「“校長!”じゃないよ。今日は“教頭!”だよ」

こもり教頭「そんなことないよ。今日はすっごい楽しかった。やっぱテンションMAXって1人じゃなれなくて」

さかた校長「まぁそうだよね。みんながいるからね」

こもり教頭「そう。それが作用されて、今日は校長がテンション上がってるから、引っ張られて教頭もテンション高くなっちゃうし、生徒のみんながテンション高いから、引っ張られて教頭もテンション高くなっちゃうし」

さかた校長「いいや、オマエだよオマエ」

こもり教頭「いや、これはみんなのせいだと言っても過言ではない。今日、教頭が寝られないのはみんなのせいだからね」

さかた校長「いやいや、今日のカラオケナイトで、明日どうするんだよ。声シャカシャカになってるぞ」

こもり教頭「明日、声出なかったらどうしよう」

さかた校長「でも、みんなのテンション上がるやつを聴いて、嬉しかったし。夏とかも爆上げテンションの夜、作りましょうよ!」

こもり教頭「夏フェスしたいね」

さかた校長「ラジオの中の、2時間だけの夏フェスね」

こもり教頭「Tシャツの替え、持ってこないと!」

さかた校長「汗かく気満々(笑)」

こもり教頭「満々よ」

さかた校長「SCHOOL OF LOCK!は、明日夜10時に、テンション上げて再び開校!」

こもり教頭「起立!」

さかた校長「明日はReoNa先生が来校! みなさんお楽しみにしてくれ!」

こもり教頭「起立! 礼!」

さかた校長・こもり教頭「また明日〜〜〜〜〜!!!!」


♪ 夏のどこかへ / WANIMA



さかた校長の放送後記

ラーメン屋で「替え玉2杯無料」だったらお腹いっぱいでも頼んじゃうよな。


こもり教頭の放送後記

キミのせいだから一緒に今夜は騒ごう!!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年05月19日(水)PM 10:00 まで

Music 2021.05.12PLAYLIST

    22:05
  • 22:28
  • 22:42
  • 22:48
  • 22:58
  • 23:01
  • 23:19 23:35
  • 23:45
  • 23:48
  • 23:52

LINE MUSIC

「漫画」「ラーメン」「ポン酢」私はこれでハイテンション!

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。5月12日(水)は、『私はこれでハイテンション!』と題して放送。パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が、気分の上がるシチュエーションを紹介。リスナーにも話を聞きました。

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

SCHOOL OF LOCK! ARTIST & GIRLS & BOYS

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • sumika LOCKS!

    sumika

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • 山之内すずのGirlsLOCKS!

    山之内すず

  • 森七菜のGirlsLOCKS!

    森七菜

  • 上白石萌歌(adieu)のGirlsLOCKS!

    上白石萌歌(adieu)

  • 景井ひなのGirlsLOCKS!

    景井ひな

  • BOYS LOCKS! 櫻井海音

    BOYS LOCKS! 櫻井海音

ページトップへ戻る