2022.05.13(FRI) 23:00-23:55

5月13日です!! 今日は井上和香さんと熊田曜子さんの誕生日!!! このお二人が同じ誕生日だなんて、若い人にはあまりピンとこないと思いますがなんかすごくないですか!? とにかくおめでとうございます!!!

そして今週は我がSOL教育委員会でも誕生日を迎えた人がいます!! 5月10日、とーやま委員こと遠山大輔43歳おめでとう!!!! ということで今夜はこんなテーマでお届けします!!
『43歳対談(D喋)』!!!!

今日は43歳になったばかりのとーやま委員が、同じく43歳のリスナー委員と電話対談!! 同じ43歳でも歩んできた道のりも違えば、趣味嗜好や考え方、悩んでいることや好きだったグラビア女優のタイプも全然違うはず!! その違いを確かめ合って、43歳のリアルを探っていきます!

ただし!! この教育委員会を聴いてくれているリスナー委員の中にどれほど43歳が存在するのかわかりません!!! なので41歳も44歳も、なんなら33歳も53歳も地球の長い歴史に比べればほぼ43歳ということで、とにかく43歳のとーやま委員とD喋してみたいという方は、あなたの簡単な自己紹介を添えてメッセージを送って下さい!
番組へのメッセージや感想は[ LINE ]もしくは[ メール ]から!Twitterでの実況はいつも通り『#SOL教育委員会』でよろしくお願いします!!! 

ON AIR REPORT

SOL教育委員会
SOL教育委員会
SOL教育委員会SOL教育委員会SOL教育委員会
とーやま委員「RN 無口なペンギン、ありがとう。しかと受け取りました。本日5月6日(金)のSCHOOL OF LOCK! 教育委員会も生放送です。Twitterは#SOL教育委員会をつけて呟いてくれると嬉しい」


とーやま委員「これはどういうことかといいますと…このSCHOOL OF LOCK! 教育委員会の“番宣”というものがあります。番組の宣伝で“番宣”です。“今日はこういう内容で番組をやりますよ。こんなメッセージを募集しますよ”といった告知のようなものです。Twitter、LINE、Webサイトなどで見られると思います。
そらまめ姉さんは、“radikoの番組スタッフさん”と書いてくれてるけど、これはディレクターのすっちゃんです。昔の自分のプライベート話を載せているんです。すっちゃんは、毎回、この番宣に力を注いでくれています。いろんな角度から書いてくれています。面白いので、みなさんに見ていただきたいです」

SOL教育委員会


とーやま委員「今日は5月6日。まだゴールデンウィーク真っ最中でしょうか?もう終わってしまったという方もいらっしゃるでしょう。
私、とーやま委員は、昨日、5月5日こどもの日に、神奈川県の逗子までドライブに行ってきました。メンバーは、いま、このブースの中にいるサワカリー先生と、今夜もカメラで撮ってくれているひぐちくん、そしてSCHOOL OF LOCK!生放送教室アイナ LOCKS!を担当しているダンガリー先生の、合計4人でした。
僕は36〜37歳の時に、ようやく運転免許を取ったんです。そして“車の運転の楽しさをみんなに広めたい”ということで、SCHOOL OF LOCK!で『ドライ部』という部活動を始めたんです。初代の顧問が私、とーやまです。『ドライ部』は、今はもうないんだけど、今回、メンバーで集まって“逗子に行ってみよう”ということになったんですね。
ダンガリー先生は、“マッドディレクター”とも呼ばれています。非常にキテレツな映像編集でおなじみです。奇人なんですね。僕の運転中に、助手席から、急に嫌なことを言ってきたりします(笑)だから、僕は、運転でのヒヤリハットだけでなく、横から飛んでくるヒヤリハットトークにも注意も払わないといけないわけです(笑)午後1時頃だったかな?海が綺麗なカフェでお茶をしたんです。そこでダンガリー先生が突然、こんなことを口にしました。“このままサンセットを見たいな…”。こんな不可思議な時間が続きました。
いい思い出も、ちゃんとあります。逗子の『ゆうき食堂』は海鮮がめちゃくちゃ美味しかった。鰹のカツも最高でした。でも…それ以外は、ほぼダンガリー先生のキテレツトークでした…。動画を一応、回しておきました。でも、このドライブは、仕事ではなく、勝手にやっていることなんです。ダンガリー先生は編集するとは思うんだけど、それが、いつ、どこで公開されるのか?などは、なにも決まっていないです。
ダンガリー先生は、個人的にYouTubeチャンネルを持っているらしいんです。でも、俺たちには、チャンネル名とかを教えてくれない。どうやら、行きつけのお店の女性たちが彼のチャンネルを登録しているらしいです。ですから、もし編集が完了して、その動画がそちらに上がったら、みんなは検索スキルを発揮してたどり着いていただきたいと思います」


とーやま委員「まあ、そんなドライブが、5月5日の夕方くらいまでありました。そして夕方です。ここからが僕の本番でした。
SCHOOL OF LOCK!の“異文化の講師”であるEve先生のライブに行ってまいりました。5月4日と5日、東京は有明で2Daysありました。僕は、Eve先生とは、SCHOOL OF LOCK!で2年間、一緒にやらせてもらいました。この教育委員会にも遊びに来てくれましたね。ちょうど約1年ぐらい前だったかな?あの時は、LiSA先生がたまたまその辺りにいて、一緒に出てくれた。“『呪術廻戦』と『鬼滅の刃』がまさかのコラボ”という放送をお届けしました。
そんな“Eve先生”のライブを、僕は、ようやく、生で見ることができました。いまツアー中なんですね。夏に日本武道館の2daysが開催されるという発表もありました。
ライブでのEve先生は、めちゃくちゃかっこよかったです!僕とのラジオでは、2人でヘラヘラナヨナヨしていましたけど、ステージではそうじゃなかった。音から、言葉から、映像から、全て。曲を聴いて、自分なりに映像や色が浮んでくるじゃないですか?それが本当に目の前に表れていました。僕は興奮しっぱなしでした!敬意を評して、Eve先生、お疲れ様でした。この先のツアーも無事であることを願いまして、本日の1曲目はこちらです。SCHOOL OF LOCK! 教育委員会、本日も開幕です!」

SOL教育委員会


M Bubble feat.Uta / Eve



とーやま委員「有明のライブには何人くらいが集まっていたんだろう?俺の目分量だと、5000人はいたかな?みんながカッコ良さに驚いたと思う。喋るところは喋る。それ以外はしっかりと音楽で伝える。そんな潔さがありました。
終わった後は、“全てを出し切りました。あとはみなさんが受け取ってください”って言っているように感じました。崇高な気分になりました。
まだツアーは残っております。そちらに遊びに行く方は、楽しんできてほしい。8月には、日本武道館2Daysです。その前なり後なり、またいつか僕はSCHOOL OF LOCK! 教育委員会で、“Eve先生”と遊ぶことができると思ってます。その日を楽しみにしております。本日の1曲目は、5月13日(金)公開の映画『バブル』のオープニング曲です。Eve feat.Utaで『Bubble』をお届けしました」


とーやま委員「Twitter、#SOL教育委員会でたくさんのつぶやきが集まっています。ありがとうございます。さっきのオープニングのドライブの話で、僕が運転してる横で、ダンガリー先生は、お話で嫌なことを言ってきていただけです。俺の言い方が間違ってた?僕が、助手席からちょっかいをかけられたとか、そういうことはもちろん一切なかったです。なので大丈夫です。事故につながるようなことは起きておりません。今運転中の方がいらっしゃると思いますけど、安全運転でよろしくお願いいたします。
それからもう1つ訂正です。オープニングの番宣のお話ね。ディレクターすっちゃんの私情が描かれているみたいなことを伝えたんですけど…少し違ったようです。こちらの真実は、AuDeeの方で話したいと思います。SCHOOL OF LOCK! 教育委員会の反省会議をAuDeeで行っておりますので、“本当はどういうお話なのか?”は、そちらの方で楽しんでください」
<⇒Audee「SCHOOL OF LOCK!教育委員会反省会議」はこちら!>

SOL教育委員会

SCHOOL OF LOCK!大人のゴールデンウィーク大報告会 2022!!!



とーやま委員「さあ!というわけで、本日のSCHOOL OF LOCK! 教育委員会』はこちらの内容でお届けします!
『大人のゴールデンウィーク大報告会2022』!!!
今夜は、“大人のみなさんが、このゴールデンウィークをどう過ごしたのか?”これをひたすら聞かせてもらいたい。“最大で10連休”なんて耳にしたります。“本当に10連休できた方はいらっしゃるのか?”とか、“10連休を取れたとして一体、何をしたのか?”とかね。休みがあれば、家族と過ごす時間が増えるわけです。それが楽しい時間になった方だけでなく、“せっかく旅行に行ったけれども、お子さんが喜んでくれなかった”という方もいるかもしれない。もしかしたら、ストレスがたまってしまった方もいるかもしれません。そういったお話を、我々でよければ聞かせていただきたいと思っています。
“今の時期、旅行に出かけていいのか?”と感じていらっしゃる方もいるでしょう。“何も予定を入れないまま休日があっという間に消え失せた”という方もいるでしょう。僕は結構そういうタイプです。ゴールデンウイークもずっとお仕事の方、今まさにこの時間も働いている方もいらっしゃるかもしれません。お疲れ様でございます。“みなさんがからの連休の報告”を、ぜひ教えていただきたいです。“そもそも大型連休というのは必要なのか?”みたいに、ゴールデンウィークについて思うことなんかも自由にお聞かせください。あと一応、『大人のゴールデンウィーク大報告会2022』としてあります。頭に『大人の…』をつけてあります」

<大人な感じのムーディな音楽>

とーやま委員「なんかこう…いや、みなまで言わせないでくださいよ(笑)野暮だな(笑)でも、そんな話もあったらね…あったらでいいんですよ(笑)教えていただけたら嬉しいなぁと思います。今はラジオ局の偉い人がお休みしていますから。この番組を聴いていないと思います。今日のTOKYO FMは、電気が点いていただけマシでした。僕がSCHOOL OF LOCK!を担当していた時の祝日なんて、夜9時には、もう電気が消えていました(笑)冬は暖房が消されていることもざらでした(笑)だから、今日は、ほったらかしだと思います(笑)自由にやっていきましょう。
このゴールデンウィークに、本当に何もされてない方も多分いらっしゃいますよね。“何かメッセージを送りたいけど、書くことがない”という方がいるかもしれない。そういう方は、じゃあ、“今後の日本の教育をどうしていけばいいのか?”、これを真面目に考えて送っていただけたら嬉しいです(笑)この番組は、本来、そういった趣旨でもありますので…そういうのもお待ちしています。
では、『大人のゴールデンウィーク大報告会2022』メッセージをご紹介していきます!」

SOL教育委員会


ゴールデンウィーク
3日から5日まで、沖縄のケラマ諸島、座間味島に行って来ました。
海がマリンブルーで、最高でした。スキューバダイビングです、
正月もちなみに行きました。
リスナー委員(ラジオネームなし)
大阪府 57歳

とーやま委員「行きつけの島なんですね。じゃあ、電話する?もしもし!」

とーやま委員「わかります?」

リスナー委員「大体…“03”からなので…」

とーやま委員「SCHOOL OF LOCK! 教育委員会の、とーやまです。昨日まで、どこに行かれてました?」

リスナー委員「沖縄です」

とーやま委員「『大人のゴールデンウィーク大報告会2022』ということで番組をやっています。沖縄の慶良間諸島に、昨日まで3日間、行ってらしたんですよね?検索して画像を観たんですけど、めちゃくちゃ綺麗な海ですね!」

リスナー委員「綺麗でしょ?いいところでしょ?ダイビングの名所なんです。スキューバでウミガメと戯れてきました(笑)」

とーやま委員「えぇ〜!座間味島には、いつくらいから通われてるんですか?若い頃からですか?」

リスナー委員「沖縄は好きでずっと行っているんです。若い頃は石垣島とかでしたね。慶良間諸島という離島があるんですけど、最初は行く機会がなかったんです。それで、今年、初めて行ってみたんです。そうしたら、すごい海だったんです」

とーやま委員「ゴールデンウイークの前は、お正月に行かれてるんですよね?」

リスナー委員「正月は、クジラを見る“ホェールウォッチング”ができるんです。1月から3月ぐらいまでの間だと。それで、“ホェールウォッチング”をして、海で遊びました」

とーやま委員「どなたと行かれてるんですか?」

リスナー委員「奥さんです」

とーやま委員「素敵だ。2人で?」

リスナー委員「はい」

とーやま委員「今回は、何が美味しかったですか?」

リスナー委員「豚肉が美味しいんですよね。沖縄そばに乗っている豚の角煮みたいなもNONO単品があるんです。それを泡盛とか水割りとかでいただきます。それで夜を過ごします。星が綺麗なんですよ」

とーやま委員「めちゃくちゃうらやましいです!」

リスナー委員「星が多すぎて、何がなんだかわからないくらいです」

とーやま委員「そんなシチュエーションの元、横に、愛する奥様がいらっしゃるわけですよね?」

リスナー委員「まあ、僕的には、どっちでもいいんですけどね(笑)」

とーやま委員「なんてことを言うの!(笑)照れ隠しでしょ?(笑)」

リスナー委員「いえいえ(笑)」

とーやま委員「奥様は、今、近くにいらっしゃる?」

リスナー委員「もう寝てますね」

とーやま委員「そういった場所で、奥様が横にいたら、手を繋ぎたくなったりしませんか?」

リスナー委員「ん〜、空気感によるかな?(笑)」

とーやま委員「今回のゴールデンウイーク2泊3日では?繋ぎましたか?」

リスナー委員「ちょっと、あったかな?(笑)」

とーやま委員「長い年を経てもそういう関係でいられる方と出会えているのが、うらやましいです」

リスナー委員「僕は、いつも、“この指止まれ”っていう感覚なんですよ。“沖縄に行こう”って言って、家族みんなが行かなかったら、僕は1人でも行くと思う。子供は社会人になってるんですけど、子供が行きたいって言ったら、子供と2人で行くと思う。無理矢理の強制で、みんなで行くのは、僕は嫌いなんですよ。それぞれ個人個人が、“私は行く”、“僕は行かない”と決める。だから、“俺は家にいるから、お前らみんなで行って来い”みたいな時もある。そういう家庭なんです」

とーやま委員「今お電話でお話をさせてもらって、お父さんの優しさとか柔らかさとか、そういったものが伝わってきました」

リスナー委員「いやいや(笑)」

とーやま委員「それが、奥様やお子さまにちゃんと伝わっている素敵な家族なんだろうなって感じております」

リスナー委員「みんな、個人個人はもう1人の大人です。僕はそういう感覚で接しています。“子ども”っていう感覚で付き合うのは、僕は嫌いなんです。なので、そういう付き合い方をしています」

とーやま委員「どんなお仕事をされてるんですか?」

リスナー委員「普通のサラリーマンですよ。僕は、いま57歳なんです。なんか、“人のいいことは大事にしよう”って思っています。人の言った言葉とかね。沖縄に行っている子がいたり、ハワイに行っている人がいたりする。そういう人の話を聞いて、“羨ましい”って思うんじゃなくて、“僕もいつかは行きたい”とか、“僕もチャレンジしよう”とか思えばいい。“なに、カッコつけて言ってるの?”とか、そういう感覚じゃなくて、“僕もそっち側に行きたい”っていう向上心で考え方を持つように心がけています」

とーやま委員「お父さんは、生きるのをとても楽しんでいらっしゃるように、僕は感じています。この番組を聴いている中には、10代、20代の若い世代がたくさんいます。その若い子たちに向けて、“こうしたらこう楽しくなるよ”とかあったら、届けてくださいませんか?」

リスナー委員「僕、矢沢永吉さんが好きなんですよ」

とーやま委員「先週から、毎月、第4週目にレギュラー番組『YAZAWA LOCKS!』が始まりました!」

リスナー委員「聴きました」

とーやま委員「ありがとうございます!」

リスナー委員「矢沢永吉さんは、今72歳です。その頑張っている姿を見て、“57歳の僕は、あの人から見たらまだまだ子供だ”と。あの72歳の人は、まだロックシンガーとして頑張っています。だから、“僕らがへこたれてどうするのか”と」

とーやま委員「新国立競技場でのライブも、夏に控えていますから」

リスナー委員「僕も大阪から行きます」

とーやま委員「おぉ〜!」

リスナー委員「あの人がまだ頑張っているので、僕もまだまだ頑張ろうと思っています」

とーやま委員「僕は、今月、またボスとお会いしますから、お父さんのことを伝えておきます」

リスナー委員「えぇっ!僕は、夏に矢沢さんがやっているお店にも行くんです。それと国立競技場と、この夏は2回、東京に行く予定です。そういうおっさんです(笑)」

とーやま委員「今月もまた『YAZAWA LOCKS!』がありますので…」

リスナー委員「あっ、ひとつだけ、聞いてもらっていいですか?」

とーやま委員「ボスにですか?」

リスナー委員「はい」

とーやま委員「どうぞ。何でしょう?」

リスナー委員「“どうやって、72歳までテンションを上げ続けられたのか?”っていう…そこを聞きたいです」

とーやま委員「わかりました。しっかりと聞きます」

リスナー委員「“思ったことは、頑張ってやり通す”。僕はこれが大事かなと思っています」

とーやま委員「素敵な言葉をありがとうございます」

リスナー委員「いえいえ(笑)ちょっと、おっさんじみた話をすみませんでした(笑)」

とーやま委員「とんでもないです!貴重なお話をありがとうございました!」

リスナー委員「こちらこそ」

とーやま委員「お父さんは、この後、ビールをお楽しみください。かんぱ〜い!

リスナー委員「失礼します。ありがとうございました」

SOL教育委員会


M サイコーなRock You! / 矢沢永吉






とーやま委員「いい時間です。お父さんのことは、矢沢ボスにしっかりと伝えます。『YAZAWA LOCKS!』は、今月も、第4金曜日にあります。楽しみにしていただきたい。先月の第1回目の『YAZAWA LOCKS!』は終わったばかりですけど、その模様はAuDeeのアーカイブでまだ聴くことができます。オンエアになっていないお話も少しあったりします。こちらもぜひ、よろしくお願いします!」
<⇒Audee『YAZAWA LOCKS!』完全版・アーカイブはこちら!>

SOL教育委員会

とーやま委員「現在、このSCHOOL OF LOCK! 教育委員会では、SCHOOL OF LOCK!の元生徒、卒業生を探しています!『SCHOOL OF LOCK!卒業生訪問プロジェクト“終わらない歌を歌おう”』
かつて10代だったあの生徒は、今どこで何をしていて、何に悩んで何に熱中しているのか?ぜひ、聞かせてほしいと思っています!
“昔、聴いていましたけど、最近このプロジェクトのことを知ってメールしてみました”という卒業生からの連絡を待っています!もしくは、“昔、SCHOOL OF LOCK!を聴いていたんですが、あの生徒って、あの後どうなったのかが気になります”という自分以外の誰かが気になっているパターンもあると思います。これもぜひ、聞かせてください。“何年の何月”みたいな詳細を覚えていなくても構いません。“大体、こういう話だった気がするんですよ〜”くらいの情報で大丈夫です。委員会のスタッフが、その生徒、卒業生を探します!『SCHOOL OF LOCK!卒業生訪問プロジェクト“終わらない歌を歌おう”』の詳細は、委員会の公式サイト、Twitterからよろしくお願いします!」


とーやま委員「さあ、今夜のSCHOOL OF LOCK! 教育委員会は、『大人のゴールデンウィーク大報告会2022』です。大人のみなさんがこのゴールデンウィークを一体どう過ごしたのか?時間の限り聞いていきます。もしもし!」

おとうふ「東京都の34歳、RN おとうふです」

とーやま委員「この番組は、ずっと聴いてくださっているんですか?」

おとうふ「SCHOOL OF LOCK!の時から聴いています。私が高3の時には、もう番組が始まっていたと思うんです」

とーやま委員「2005年の10月だ?」

おとうふ「そうです。その時から聴いています」

とーやま委員「そしていまは34歳になられている…」

おとうふ「そうなんです(笑)」

とーやま委員「大きくなりましたね(笑)今日はお休みでした?」

おとうふ「今日まで休みです」

とーやま委員「どんなお仕事をされてるんですか?」

おとうふ「コールセンターで働いています」

とーやま委員「ゴールデンウイークは、どんな感じでした?」

おとうふ「5/1〜6で、お休みをいただけました」

とーやま委員「明日は、朝、何時からですか?」

おとうふ「8時からです」

とーやま委員「あら〜!」

おとうふ「憂鬱です(笑)」

とーやま委員「5/1〜6は、どのように過ごされたんですか?」

おとうふ「ほとんど、自宅のリフォームで潰れました」

とーやま委員「一軒家ですか?」

おとうふ「そうなんです。今住んでいるところが、私の母方の祖母の家なんです。去年、その祖母が亡くなりました。名義が変わったのでいろいろと直していこうという話になりまして、少しずつ、家族でリフォームしているんです」

とーやま委員「えっ?例えば、どういった作業を?」

おとうふ「今回は、台所のバリアフリーの台を外して、仏壇的なものを作りました」

とーやま委員「番組に写真を送ってくれていますよね」

おとうふ「椅子の張り替えもしました」

<『大改造!!劇的ビフォーアフター』の音楽>

とーやま委員「これ、すごくないですか?床も、ベニヤとかを剥がして作業してますよね?」

おとうふ「そうなんですよ」

とーやま委員「綺麗に剥がした後に、新たなベニヤとかを敷いたってことですか?」

おとうふ「これは、元々の床を出したんです。キッチンが高くて、祖母が立てなくなっていたので、床を上げていたんです。それを戻しました。元通りになっただけなんです(笑)」

とーやま委員「写真を見る限り、とても綺麗になってますけど?」

おとうふ「36年ぐらい経つんで、古いんですけどね」

とーやま委員「さっきから『大改造!!劇的ビフォーアフター』の音楽が流れてるんですけど、僕には、あの独特なナレーションが出来ないんですよ(笑)おとうふさん、やってもらえませんか?(笑)“あ〜ら、不思議〜”“なんということでしょう〜”みたいなやつですよね?観てますよね?(笑)」

おとうふ「観てます(笑)」

とーやま委員「じゃあ、この音に合わせてお願いします(笑)明日から、お仕事で大変な時ですけど(笑)じゃあ、行きますよ!」

<『大改造!!劇的ビフォーアフター』の音楽>

とーやま委員「来ました!」

おとうふ「元々、バリアフリーだった床が、家族の力によって、元の床に戻りました」(←『ビフォーアフター風』)

とーやま委員「それが?」

おとうふ「なんということでしょう〜?(笑)」(←『ビフォーアフター風』)

とーやま委員「(笑)」

おとうふ「これ、ひとりでやるのめちゃくちゃ恥ずかしい(笑)」

とーやま委員「このリフォームはまだ完成ではないの?いつくらいまで続くの?」

おとうふ「きっと、年単位になります…。これから、まだまだ、ですね…」

とーやま委員「おばあさんへの想いも、たくさんこもっている部分もあるでしょう。気持ちの整理とかもあると思います。そういったことを、家族の皆さんとかと共有して、お体だけは気をつけてください。ケガとかもないようにね」

おとうふ「みなさんも、お気をつけください」

とーやま委員「明日からまだお仕事ですね。明後日8日は、お休みですか?」

おとうふ「仕事です」

とーやま委員「8日は大事な日じゃないんですか?」

おとうふ「大切…ですかね?」

とーやま委員「5/8は、“おとうふ”さんのお誕生日でしょ?」

おとうふ「ありがとうございます(笑)」

とーやま委員「少し待っててもらっていいですか?もしもし!」

<さらに別のリスナー電話を繋ぐ>

とーやま委員「お名前をもらっていいですか?」

NONO「RN NONOです」

とーやま委員「お仕事はなにをされてるんですか?」

NONO「会社員で事務をしてます」

とーやま委員「今日はお仕事?」

NONO「はい。ゴールデンウイーク明けで、忙しかったです」

とーやま委員「お疲れ様です。明日もお仕事?」

NONO「そうです」

とーやま委員「明日は何時起きですか?」

NONO「6時40分です」

とーやま委員「みんな早いな!(笑)明日が仕事で、明後日の8日は?」

NONO「休みです!」

とーやま委員「NONOさんにとって、5/8は大切な日ですか?」

NONO「そうなんです(笑)」

とーやま委員「もしかして、5/8は、お誕生日?」

NONO「そうです(笑)」

とーやま委員「ということで、おとうふさん!」

おとうふ「すごい!」

とーやま委員「おとうふさんとNONOさんの、お2人がお誕生日です!おめでとうございます!

おとうふ「NONOさん、おめでとうございます。素敵な1年を送ってください」

NONO「ありがとうございます。おとうふさんも、どうぞ、素敵なお誕生日を!」

おとうふ「ありがとうございます(笑)」

NONO「こちらこそ(笑)」

とーやま委員「おとうふさんが東京都で、NONOさんが神奈川県なんですよ。年代もほぼ同じ。2つ違いです。会ったことのない2人なのに、このSCHOOL OF LOCK! 教育委員会を通して繋がりました。僕にとってのラジオって、こういうものなんですよね。この時間を通して、“会ったことのないみんなが、実は会えている”という…」

NONO「嬉しいです」

おとうふ「すごいですね」

とーやま委員「明後日のお誕生日に、お互いのことをうっすらとでも思ってもらえたりすると、もしかしたら、“少し頑張ってみるか?”みたいな気になれるかもしれない」

おとうふ「仕事を頑張れそうな気がします」

NONO「(笑)」

とーやま委員「5/8が、素敵な日になることを祈っております。では、おとうふちゃん!“NONO”ちゃん!お誕生日、おめでとうございま〜す!

おとうふ「ありがとうございます」

NONO「ありがとうございます」

SOL教育委員会


M Dream / 吉幾三


とーやま委員「めちゃくちゃいい曲だな(笑)知っている曲だけど、この流れで聴くと、改めて感じる。#SOL教育委員会にもメッセージが集まっています」

SOL教育委員会



とーやま委員「確かに“(笑)”って思っちゃうんだけど、今ここで聴いたら、めっちゃくちゃよかった。
この曲のタイトルは『Dream』です。正式には、『Dream〜「新日本ハウス」CMヴァージョン〜』という表記になってます。
さっき、最後に電話で参加してくれた、5/8がお誕生日のNONOさんは、ゴールデンウィークは、旦那さんといろいろ遊びに行かれたようです。これからもお幸せに〜!“30歳過ぎて年取りたくないな”っていうメッセージだったんだけど、僕は近々、43歳になります。同じです。“嫌だなぁ”と思う。でも、NONOさん。30代って、めちゃくちゃ楽しい時間ですよ!ここからよ!」

<『大改造!!劇的ビフォーアフター』の音楽>

とーやま委員「なんということでしょう。SCHOOL OF LOCK! 教育委員会は終わりみたいです。また来週〜!今度、『大改造!!劇的ビフォーアフター』をちゃんと見直しておきます。ナレーションが、全然体に入ってない…(笑)また、来週で〜す!」

SOL教育委員会

この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年5月13日(金)PM 11:00 まで




記事一覧

SCHOOL OF LOCK! 教育委員会

SOL教育委員会
SOL教育委員会
SOL教育委員会
SOL教育委員会
SOL教育委員会
SOL教育委員会

MORE

PICK UP

  • 20220429_iinkai.jpg
  • 20220204_iinkai.jpg
  • 20220114_iinkai.jpg