ミセスLOCKS!

9月18日(水)のミセス LOCKS!は・・・

我が校の超現代史の講師!Mrs. GREEN APPLE先生!
7月から始まった「The ROOM TOUR」が遂に終了!
今回はそのファイナルの地、大阪からの出張授業でお届けするぞ!
ライブの"ネタバレ禁止"が遂に解かれた今!その全貌をメンバー全員が語り尽くす!
さらにリリース間近のニューアルバム『Attitude』に収録される新曲「CHEERS」初フルオンエアだ!

引き続き【 ミセスLOCKS!掲示板 】では"生徒みんなの今"に関する書き込みを待ってるぞ!

3rdアルバム『ENSEMBLE』リリース決定!
生徒の今を学ぶ”超現代史”の授業!

ミセスLOCKS! 2018.2.21 水曜日

SCHOOL OF LOCK!


大森「すっごい久しぶりじゃん!どこ行ってたんだよ、藤澤ロック」

藤澤「そうですよ、藤澤LOCKS!ですよ」

大森「ミセスLOCKS!だよ、嘘つくな。何してたの?」

藤澤「確かにミセスLOCKS!は久しぶりだね。ずっと猛特訓してたよ!

大森「何を?」

藤澤モンスターハンター

大森「お前なんちゅうこと言うだ!」

藤澤「とか言って、大森さんも一緒にやってましたよね?」

大森「うん」

藤澤「毎日のようにみんなでやってますね」

大森「藤澤さんももう若くないですから気をつけて下さいね。四捨五入で30歳ですから」

藤澤「そんなことないよ、見えない、見えない」

大森「それは人が言うんだよ。じゃあ今日は藤澤LOCKS!ということで」

藤澤「きましたよ、みなさん!お待たせしました!」

SCHOOL OF LOCK!


大森「改めましてSCHOOL OF LOCK!の生徒のみなさん、こんばんは!」

2人Mrs. GREEN APPLEです!」

大森「ボーカルの大森元貴です!」

藤澤「キーボードの藤澤涼架です!」

大森「さぁ今日は、生徒の今、リアルタイムに起きていることを学んでいく、「超現代史」の授業をしていきます!何気に久々ですが、書き込みお願いします!」



合唱祭
私の学校ではあと1ヶ月くらいで合唱祭があります。
私は指揮者をやるのですが、なかなか練習がうまくいきません。歌いたくないのか、練習したくないのかわからないのですが、真面目に練習してくれません。
ミセス先生が高校生の時、合唱祭はどんな風に練習していましたか??どんなふうにモチベーションを上げていけばいいと思いますか??
薬用きのこ
女性/15/東京都




藤澤「クラスなのかな?」

大森「指揮者ってかっこいいですよね」

藤澤「聞いてください!藤澤LOCKS!、中学校の時のクラスの合唱祭で指揮者やってたんですよ

大森「え?」

藤澤3年間

大森「えぇ!?嘘は良くないよ」

藤澤「ほんとよ(笑)まあ1年目にやっちゃうと、次の年からもあいつがやるだろみたいな空気になるんで」

大森「それ嫌がらせ受けてない?大丈夫?」

藤澤「率先してやってたから!音楽大好きだから!でもねー、中学、高校はいろんなタイプがいるじゃん」

大森「まあまあ、やんちゃしてる人もいますね。言うこと聞かない人もいるし」

藤澤「難しいよね、それをまとめるのは」

SCHOOL OF LOCK!


大森「当時はどうしてたの?」

藤澤「んー、全体で合わせる時とかに上手くいかないなってことがあったら、パートごとの練習、男子のテノールならテノールだけの練習にも付き合うとかしてた

大森「すごい!でもそれ相当だよね」

藤澤「うん、日を分けてとかやったりもした。あとは本番が近づいてきたら、みんなもドキドキ焦ってやるようになると思うんだよね。だからそんなに重く考えすぎないでほしい。私が頑張らなきゃっていう気持ちももちろん大切なんだけどね!

SCHOOL OF LOCK!


大森「そうだね。僕も指揮者ではなかったけど、音が取れていない子たちの担当を任されたりしてて」

藤澤「まさしくパート練習だね」

大森「でもやっぱ涼ちゃんの言う通りね、本番が近くなるとヤバいと思って焦り出すからね。それを待つっていう(笑)でもちゃんと自分がやってることっていうのは、結果になると思うので、ちゃんとやっていれば大丈夫です!

藤澤本当にいい思い出にしてほしい!

大森「本当にそれだけですよ!涼ちゃんみたいに!」

藤澤「ありがとうございます(笑)」

大森「3年間やってた面影がまるでなくて、今何に生かしてるんだって話ですけど」

藤澤「いやいや(笑)僕も楽しかったって思い出になってますよ!頑張って下さい!」


M Love me, Love you/Mrs. GREEN APPLE


大森春愁』もリリースされてますけど、それこそいつか合唱コンで歌ってほしいって思うよね!

藤澤「そうですね!」

大森「夢です!叶えてください、僕たちの夢」

SCHOOL OF LOCK!


大森「ってことで、今日はこのタイミングで黒板を書きたいと思います!今日は何が出るかな?」

藤澤「何が出るのかな〜」

大森「じゃあ涼ちゃん、初恋の話でもしてて」

藤澤「すごい適当に振るじゃん(笑)でも、藤澤はませてたんで意外と早かったですよ」

大森「やかましいですね」

藤澤「絶対に今、聞く気なかったでしょ」

大森「オッケー!書けました!」

SCHOOL OF LOCK!


ENSEMBLE

大森先週の授業の最後に、生徒のみんなにある大事な発表があると言ってました

藤澤「してましたね〜。いつ来るのか、いつ来るのかと、みんなそわそわドキドキしてたと思うんですけど」

大森「お待たせしてごめんね!その発表をここでさせてもらおうと思います!

藤澤「わお!」

大森「準備はいいですか!」

藤澤「はい!」

大森「僕たち、Mrs. GREEN APPLEは・・・!

4月18日(水)に!
3rdアルバムをリリースします!!!!!


藤澤「きたきたきた!言っちゃった!」

大森「32年ぶりのリリースとなります!」

(ブッブー!)

藤澤「大御所(笑)」

大森「嘘です(笑)1年ちょっとかな。そしてこのアルバムのタイトルが、黒板に書いた『ENSEMBLE』!」

SCHOOL OF LOCK!


藤澤”ENSEMBLE”ってのが、合唱とか合奏だったり、”音を合わせる”ってことを指してますね」

大森「要は音楽の根源ですよ。1枚目『TWELVE』がありまして、2枚目『Mrs. GREEN APPLE』ときて、3枚目、今回が『ENSEMBLE』で、より音楽的な。もう『Love me, Love you』を聴いてもらえば分かると思うんだけど、あれが核となっている、ものすごい大きい土台のアルバムができました!本当にこれ早く聴いてほしいんですよ!」

藤澤「ねっ!」

SCHOOL OF LOCK!


大森「本当に聴いてほしいけど、本当に聴いてほしくないってくらいいいアルバムができたと思う!」

藤澤「ちょっとね、発表するのが寂しいくらいね」

大森「親心としては、「ついに世に出るか、この子は旅立つか」というね。でも本当に楽しみにしていてほしいなと思います!」

藤澤「はい!」

大森詳しい情報はこの後、夜12時から僕らのサイトで見る事が出来るので、ぜひチェックしてください!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


大森「ではでは」

藤澤「最後のアドレス読みいきましょう!ちなみに今回は」

大森「待って待って!何でそっちのターンにするの!」

藤澤一つ言いたい!ここでいつもアドレス読みをするじゃないですか?僕は大森さんにやってほしいなってずっと思ってるんですよ

大森「一回やりましたよ。当時エビ中のぁぃぁぃちゃんが来てくれた時に」

藤澤「でもわりと安全にやってたなっていうイメージなんですよ」

大森「バレたか。数ヶ月経ってついにバレたか」

SCHOOL OF LOCK!


藤澤「ということで、今回はRN ピーナッツ☻から届いた早口言葉が入っているので、大森先生、ぜひお願いします!」

大森「ちなみにそちらの早口言葉はどんなやつなんですか?」

藤澤「いやいや」

大森「俺が噛んじゃったら分かんないから、一度ぜひ」

藤澤「くそぉ〜。早口言葉はですね・・・。「メールにじゅうにず(ブーッ)ちゅう、にじゅっちゅうが(ブーッ)が、フルーツジュースしゅう(ブーッ)しゅつちゅう」ですね!(笑)伝われ!」
(※正しくは「メール22通中20通が フルーツジュース抽出中」です!)

大森「(笑)じゃあいきますよ。ミセスLOCKS!では、生徒みんなからのメッセージ、質問や相談、リクエスト、「メール22通中20通が フルーツジュース抽出中」など!何でも自由に受け付けています!メール、掲示板、番組ウェブサイトへは全てこのアドレスから!ダブリューダブリューダブリュー、ドット、ティーエフエム、ドット、シーオードット、ジェーピースラッシュロック!ロックのスぺルは、エル・オー・シーケー!鍵のロックです!」

藤澤「くそっ・・・」

大森「カモンエビバディ!いえーい!」

藤澤「つまんない!」

大森「つまんないって言うなバカっ」

藤澤「なんだよ、言えちゃうじゃないかよ!」

大森「もう一回言ってもらっていい?」

藤澤「だから、メールにず(ブーッ)・・・。これ僕は言えないって分かってたからね」

大森「ありがとうございましたー」

藤澤「うわ〜」

SCHOOL OF LOCK!


大森「ちなみに来週、2月28日(水)は、僕たちMrs. GREEN APPLE、生放送教室にお邪魔させていただきまーす!

藤澤「これミセスLOCKS!始まってから生放送教室に行くのは初めてじゃないですか」

大森「そう、緊張」

藤澤「(笑)」

大森「ぜひぜひ来週、楽しみにしていてほしいなと思います!今日、アルバムリリースのお知らせをしたばかりですけど、この日はこの日で、さらにとんでもないお知らせになると思いますので」

藤澤「お知らせづまりだな〜」

大森「づまり(笑)」

藤澤「よく分かんなかった(笑)」

大森「楽しみにしていてほしいと思います!ということで、僕たちとはまた来週、生放送教室でお会いしましょう!超現代史の講師、ギターの大森元貴と!」

藤澤「キーボードの藤澤涼架でした!」

大森「以上、」

2人「Mrs. GREEN APPLEでした!」

SCHOOL OF LOCK!
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 85 | 86 | 87 |...| 104 | 105 | 106 || Next -
<   2019年9月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE