マイベストディッシュ〜渾身の一皿〜

20200506_sol02.jpg

今夜の授業の聴きどころを職員 にせシゲが解説!

今夜は…毎日のご飯に飽きてしまった生徒に向けてお届け!
授業テーマは『マイベストディッシュ〜渾身の一皿〜』

生徒のみんなが自粛期間中で作った、”オススメの料理”を教えてもらった!

一品目は…「スープが飲みたい!けれどそれでは物足りない」という生徒にオススメ!腹持ち抜群の『トマトスープもち』!
切り餅をトマトジュースに浸し、チーズをかけて温めたオリジナル料理!(教えてくれたのは…RN:笑顔でだるまるま)

二品目は…「普段お菓子を作らないけれど、誰かに作ってあげたい」という生徒にオススメ!おばあちゃん直伝の『ナッツパフ』!
くるみがアクセントになって美味しいお菓子!(教えてくれたのは…RN:あやりな)

三品目は…「ダイエットしているけれどオムライスが食べたい」という生徒にオススメ!豆腐入り『ふわっふわヘルシーオムライス』!
偶然から生まれたふわふわ食感が魅力の簡単料理!(教えてくれたのは…RN:岐阜のなめこ)

気になる生徒のみんな、詳しいレシピが知りたいみんな! 1週間以内ならradikoで出席が可能だ(再出席も大歓迎だ)

出席期限は、2020年5月13日(水)22時まで!お早めに!!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年5月13日(水)PM 10:00 まで

『マイベストディッシュ〜渾身の一皿〜』


『 メチャクチャ 』

さかた校長「来週月曜日のSCHOOL OF LOCK!は、GReeeeN先生を迎えて授業を行なっていく!!!

こもり教頭「イエーイ!!!」

さかた校長「俺たちが校長・教頭に就任してから2時間ゲスト講師として迎えるのはなんと、GReeeeN先生が初!
この日の授業の内容は『今、会えない君へエール』ということで、会えていないクラスメイトや部活の仲間や友だちエールを届けたいという生徒の話を聞いていきます!」

こもり教頭「という発表を月曜日にさせてもらいました」

さかた校長「そして今日、なんと授業の前に、GReeeeN先生と月曜日の授業を収録してきました〜!!!

こもり教頭「イエーイ!!!」

さかた校長「その収録の時のGReeeeN先生の印象が、もう、『メチャクチャ』!
メチャクチャ緊張したんだよね〜。
やっぱり、初めてゲストが来るということで、GReeeeN先生はしかも4人いらっしゃるんで、初めて“6人でリモート”というね。
これはま〜、緊張しましたけど」

こもり教頭「ゲスト講師として来てくださるのが初めてということもありますからね。ドキドキ感もありましたし、打ち合わせの時点からメチャクチャ緊張しましたよね」

さかた校長「でも、GReeeeN先生は同じ歯科大学ご出身ということで、長く一緒にやられている分、“仲間感”が…」

こもり教頭「ありましたね〜」

さかた校長「信頼しあってる感があって、顔はお見せできないですけど、すごく優しい、“4体の仏”でしたね(笑)」

こもり教頭「僕も学生時代にリアルタイムで聴いていたということもあって、嬉しかったです。
特設サイトにメッセージを送ってくれたみんなも、どうもありがとう!」


こもり教頭「さあ、生徒が集まってきました! SCHOOL OF LOCK!今夜も開校です。起立!」

こもり教頭「礼!」

さかた校長・こもり教頭「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」


♪ 道 / GReeeeN


こもり教頭「この楽曲も、僕が学生時代に聴いていた曲でもありますから、一緒に授業をさせていただいて、何だか、ちょっと感慨深い気持ちになりますよね」

さかた校長「確かに、昔聴いていたアーティストで、しかもGReeeeN先生は顔を見ることもなかったから、曲だけだったんで。それが繋がってぐっと来ましたよ」

こもり教頭「まさか自分が歩く“道”の先にGReeeeN先生がいたとは(笑)」

さかた校長「良い“道”ですね〜!」

GReeeeN先生をゲストに迎えた授業『今、会えない君へのエール』の様子はこちらからチェックしてほしい!


さかた校長「突然だけど、教頭は料理とかするんですか?」

こもり教頭「どう思います?」

さかた校長「えーっとね…してないと思います

こもり教頭「内緒です!

さかた校長「何でだよ(笑) 知ってんだよ、もう。教頭が料理をしないってことは!」

こもり教頭「(笑) 僕、全くしないですね」

さかた校長「教頭は料理をすればハマりそうだけどね」

こもり教頭「いや〜〜…。それは言っていただくことは多いんですけど、なかなかムリですね。
校長は?」

さかた校長「僕は、みんな知っての通り『カサグランデ』でシェアハウスしてるんで」

こもり教頭「ええっ!!??」

さかた校長「いやいや、一番知ってるでしょ。
シェアハウスしてるんで、いろんな料理を作ってくれますけど。
最近は料理をしすぎて、この間は同居人がバーナーみたいのを買って来て、本当にサバを刺身からしめて炙ってたよ」

こもり教頭「すげえ、それ!」

さかた校長「しかも、教頭がコーヒーメーカーを贈ってくれたんですよ。これで、毎日誰かしら朝に豆を挽いています」

こもり教頭「それで起きる朝っていいですね〜!
校長は“作る側の人”にはならないんですか?」

さかた校長「僕はね、同居人の中では全く作らない方なんですけど、まあ、鍋は作りますね。
やっぱり今、自称ダイエット中なんで」

こもり教頭「“自称”ね(笑)」

さかた校長「料理が好きな生徒や、この自粛期間中を使って料理をするような生徒もけっこういるみたいなんで、今日はそういう生徒から『どんな料理を作っているか』を聞いてみたいと思っている!」

こもり教頭「僕みたいに“あんまり料理をしなくてご飯に飽きてしまっている生徒”にも、料理を始める良い機会になると思うので」

ということで、今夜の授業テーマは…
『マイベストディッシュ〜渾身の一皿〜!』

生徒のみんなが作ったことのある料理。
その中でもみんなにオススメしたいベストディッシュ!
“渾身の一皿”を教えてほしい!!!

例えば…
「料理初心者にもオススメ! 10分で作れて超簡単、激ウマチャーハン!」
「飽き飽きしていたあの味を劇的変化! ちょい足しカップラーメン!」
「疲れているお父さん&お母さんへ! 愛情たっぷり特製スタミナ丼!」
などなど。

こもり教頭「オススメしたい一皿だったら、お手軽なものから手の込んだものまで、何でもOKです!」

さかた校長「オススメポイントと料理のレシピも教えてほしい!
そして今夜は、気になった一皿を書き込んだ生徒に電話をして詳しく料理の作り方を聞いていくぞ!」

こもり教頭「ちなみに、校長から生徒にオススメしたい一皿、マイベストディッシュは何かありますか?」

さかた校長「俺からオススメしたいのは…『仙人鍋』!」

さかた校長「まず、“仙人になりたい”という強い意志を用意してください」

こもり教頭「“仙人になりたい”という気持ちがまず一番大事なんですか?」

さかた校長「まずそれが一番大事ですね。
あとは用意するのは簡単です。
鶏の胸肉、豆腐、もやし(好きな野菜何でも)、ほんだし、麺つゆ、料理酒、それだけです!
それを、ただ、胸肉と豆腐を(調味料を入れて)茹で、ポン酢で食べるという」

こもり教頭「大事なポイントって何かあるんですか?」

さかた校長「これはダイエットのための料理なんでホントに薄味なんですけど、本当に(最後に)しめたくなるよ、絶対に。スイッチが入って食べていくうちに“うどん”とか絶対入れたくなっちゃう」

こもり教頭「うどん!」

さかた校長「アッ!」

こもり教頭「やめてよ〜〜、そういうの〜」

さかた校長「ちょっと語弊がありましたけど。“うどん”を食べたくなってしまうとか、ちょっと語弊がありました」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「ちょっと太ってしまうので、うどんを食べずにそこは耐えて、炭水化物じゃなく胸肉、豆腐などを入れて食べてください。
最後に、え〜〜、“うどん”のことを考えて、完成です

こもり教頭「あちゃ〜」

<チャンチャン♪>

なぜ校長がここまで“うどん”を気にするのかは、4月15日の放送後記を読んでほしい!

それでは本日最初に“マイベストディッシュ”を教えてくれる生徒は…

笑顔でだるまるま 北海道 15歳 女性

さかた校長「普段から料理はしてるの?」

笑顔でだるまるま「全然しないんですよ」

こもり教頭「俺側やん!」

笑顔でだるまるま「全然しなくて、今回はズボラな料理みたいな」

さかた校長「なるほど。そういうのよ。“料理を普段してない人も手軽にできそうな料理”ということだから。
じゃあ、早速だけど、みんなにオススメしたい“マイベストディッシュ”は何?」

笑顔でだるまるま「『腹もちバツグンのトマトジュース餅(もち)』です」

さかた校長「トマトジュース餅!?」

こもり教頭「ジュースと餅って液体と固体ですからね。それがガッチャンコしてるって、かなりそそられる名前ですが」

さかた校長「トマトジュースって、餅に合うの?」

笑顔でだるまるま「それがまああまあ、合うんですよ〜」

さかた校長「なるほどね。じゃあ、さっそく料理の作り方を教えてくれ!」



『腹もちバツグンのトマトジュース餅』
先生:RN 笑顔でだるまるま アシスタント:さかた校長
【材料】
切り餅(1個)、トマトジュース(1缶)、麺つゆ(適量)、ピザ用チーズ(適量)、塩少々、黒胡椒(適量)
【作り方】
(1)餅をトースターで焼く(軽く焼き目が付き、中が食べられるぐらい柔らかくなるまで)
(2)浅い、小さめの器に焼いた餅を入れて、トマトジュースを餅がちょっと浸るぐらいまで注ぎ入れる
(3)麺つゆを“ほぼ感覚”で投入(ちょいちょい味見をして適当に判断)
(4)塩を少々ふる(好みで調整)
(5)ピザ用チーズを餅が隠れるぐらいの量入れる(好みで調整)
(6)レンチン(チーズが溶けてきたら止める。じっと見守り目視で確認)
(7)最後に黒胡椒を振りかけて完成!


さかた校長「先生、美味しそうです! ありがとうございます。
これ最終的に、一番のポイントは何でしょうか?」

笑顔でだるまるま「まず混ぜて食べて、トマトとチーズの混ざった感じを楽しんで、チーズによってまろやかになった感じがとても美味しくて。黒胡椒を入れることで味がピリッと締まる感じなんですよ」

さかた校長「なるほど!」

こもり教頭「途中で入れた塩じゃないんかい」

さかた校長「教頭、今、先生が仰ってるんで。“塩胡椒で締めるんだ”と言われてるんで」

こもり教頭「(笑) すいません、アシスタントのさかたさん」

さかた校長「先生、この料理ができたきっかけを教えてもらってもよろしいですか?」

笑顔でだるまるま「冬になるとお餅を食べるじゃないですか。私は餅が大好きなんですけど、いつも同じ味だと飽きてくるので、味を変えてみたくなったんですよ。
もともと、いろんな物を味変していくのが好きで、餅もいろんな味を試してみたんですけど、一番美味しかったのがコレでした」

さかた校長「なるほど!」

こもり教頭「“冬に食べるじゃないですか”って、まあ、今5月ですけどね。
どちらかというと“夏に向けた”みたいなところもありますが、この“味の変わった餅”というのもイイ感じになりそうですね」

さかた校長「先生、夏も大丈夫ですよね?」

笑顔でだるまるま「夏も大丈夫です!」

こもり教頭「それは感じます。“トマト"ってところが夏には合う感じはしますよ」

さかた校長「トマトって夏野菜ですから」

こもり教頭「確かに。初めてアシスタントの仕事しましたね(笑)
これは、ご家族にはふるまってるんだ?」

笑顔でだるまるま「家族は食べてくれないです

さかた校長・こもり教頭「(笑)」

さかた校長「先生、それ、私初耳です!」

笑顔でだるまるま「今まで散々いろんな味変を試してきて、いろんな“やらかし”もあったり、失敗もいっぱいしてきたので、もう誰も食べてくれないです」

さかた校長「それ、初耳でした。今日限りで先生のアシスタントを辞めさせていただきます!」

笑顔でだるまるま「あ〜〜〜〜!」

さかた校長「でも、楽しく作れていいよね。これ、“こんな生徒に食べてほしい”とかある?」

笑顔でだるまるま「スープだけじゃちょっと物足りないんだけど、“がっつり”まではいかないかな、ちょっと食べたいな、お腹すいたな、って生徒さんに、このトマトジュースのところがスープみたいになっていて、でも餅でお腹にもたまるし、そういう人にぜひ食べてもらいたいです」

こもり教頭「それはすごくいいわ!」

さかた校長「ありがとな、だるまるま!」

笑顔でだるまるま「ありがとうございました!」


♪  白米様 / 乃木坂46


トマトジュースもち!
めっちゃ美味しそう〜
お腹減ってきちゃう、、、笑
ちゃりん小僧
女性/17歳/岡山県
2020-05-06 22:29


適量
適量の量が分かんない。。。。。。
抹茶になりたい
女性/15歳/福岡県
2020-05-06 22:23


こもり教頭「問題はそこなのよ! ほぼほぼ“適量”だったっていう」

さかた校長「ほぼ感覚で作ってたね。でもそれが“良さ”だから。
『ズボラな人でも作れますよ』って言ってくれてたからね」

こもり教頭「確かに。餅って食べます?」

さかた校長「正月は一応食べますし、僕は小さい頃、家で餅つきがあったんですよ」

こもり教頭「すげー!」

さかた校長「親戚一同が集まって。だから一生分の餅は食ったかな」

こもり教頭「じゃあ、来年よろしくお願いします!」

さかた校長「“餅つきスペシャル”やりますか? (笑)」

ここで、先ほど逆電に出てくれたRN 笑顔でだるまるまから書き込みが届いたぞ!

初逆電だーー!
めちゃくちゃ緊張しましたー笑笑
たのしかった!アシスタントに見捨てられたけど…笑笑
皆さんのレシピも楽しみ!
笑顔でだるまるま
女性/15歳/北海道
2020-05-06 22:34


こもり教頭「そうよ。アシスタントが急に見捨てるってちょっと怖いパターンもあるから」

さかた校長「“家族が誰も食べてない”っていうのは初耳だったみたいですからね(笑)」


続いて“マイベストディッシュ”を教えてくれる生徒はこちら!

あやりな 兵庫県 16歳 女性

さかた校長「あやりなは、先週の『天使と悪魔逆電』で“成績表をまだ親に見せられてないです”って言ってたけど、親には見せたの?」

あやりな「はい、見せました」

さかた校長「どうだった!?」

あやりな「なんか、思ったよりは何も言われなかったので、“これから頑張らないといけないな”って思いました」

こもり教頭「ホラ〜、やっぱりね。ああいうのは隠しちゃダメなんだよ」

さかた校長「勉強面では戦ってきたかもしれないけど、オススメしたい料理があるんだろ?
“マイベストディッシュ”、教えてもらっていい?」

あやりな「『先祖代々直伝のナッツパフ』です」

さかた校長「ナッツパフ?? 先祖代々?? すごくない? ナッツパフって何だ?」

あやりな「いわゆる、クルミの入ったクッキーみたいなものです」

こもり教頭「そうよな。クルミの入ったクッキーよな、ナッツパフ」

さかた校長「ちょっと待てよ教頭! ホントに知ってんのか?」

こもり教頭「俺…は知ってますよ、ナッツパフ。クルミの入ったクッキーよな?」

さかた校長「さっきからそれしか情報言ってねーからな」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「“先祖代々”って、お母さん、お祖母ちゃんとか、その辺ってこと?」

あやりな「祖母からです」

こもり教頭「じゃあ、繋がってるね」

RN あやりな1人では1度しか作ったことはないけれど、普段は一緒に作っているんだそう。

さかた校長「じゃあ、『先祖代々直伝のナッツパフ』、作り方を生徒に教えてほしい!」



『先祖代々直伝のナッツパフ』
先生:RN あやりな アシスタント:さかた校長
【材料】
無塩バター(40g)、ショートニング(40g)、バニラオイルもしくはエッセンス(適量)、水(大さじ1/2)、砂糖(35g)、小麦粉(100g)、クルミ:焼いてあり味のないもの(40g)、粉砂糖(適量)
【作り方】
(1)常温で溶かしておいたバターとショートニングを柔らかく練る
(2)砂糖、小麦粉の順番に加える
(3)細かく刻んだクルミを入れ混ぜ合わせる(しっかり細かく刻む!)
(4)手でコロコロ転がして団子状にする
(5)クッキングシートを敷いた天板に並べる
(6)中央を指で押して置く(強く押しすぎちゃダメ)
(7)150°のオーブンで30分焼く
(8)冷めたところに粉砂糖を茶こしで振りかける(この時はクッキーをしっかり冷ましてから!)


アシスタントがうるさくてなかなか進みませんでしたが、これで完成!

こもり教頭「これで20個分?」

あやりな「はい」

さかた校長「これ、おやつの時間だったり、ティータイムなんかにも合いますよね!」

あやりな「はい(笑)」

さかた校長「これ、先祖代々の…なんでした? 秘伝? おばあちゃんの?」

こもり教頭「ちょっと待って、アシスタント! どうしたんすか!」

さかた校長「ホントねぇ。“秘伝のおばあちゃん”ですよね。先祖代々伝わる」

こもり教頭「違う違う違う(笑) “秘伝のおばあさま”ではない(笑)」

あやりな「“ナッツパフ”です(笑)」

さかた校長「ホントに美味しそう! 作り方も丁寧に言っていただいたので、皆さんも今すぐ作れるんじゃないでしょうか」

こもり教頭「僕はクッキーが大人になってから好きになったので」

さかた校長「珍しいですね」

こもり教頭「学生時代は食べれなかったんですよ。なんですけど、大人になってからクッキー食べれるようになったので、ちょっと食べてみたいですね」

あやりな「ぜひぜひ(笑)」

さかた校長「先生、ナッツパフはポイントはやっぱり“ショートニング”ですよね」

あやりな「(笑) そうですね」

こもり教頭「それなんでしたっけ(笑)」

さかた校長「えーと、とにかく欠かせないやつです」

あやりな「そうですね(笑)」

こもり教頭「結果、得体が知れずという(笑)」

さかた校長「先生、“どんな生徒にオススメしたい”とかありますか?」

あやりな「女の子だったら、好きな人に作ったり友達にあげたりするのもいいし、男の子も、ホントに簡単に作れるので、家族とかにも作ってもらえたらなって思います」

さかた校長「素晴らしい! 弁も立ちますね、先生は」

こもり教頭「アシスタントよりしっかりしてる!」

さかた校長「またバカなこと言ってる。男はヤですね!」

あやりな「アシスタントも男ですよ?」

さかた校長「え、あ、ね。まあ、あの…」

こもり教頭「そのツッコまれて困るのやめてください(笑)」

さかた校長「あんまり先生側からは来ないでください」

あやりな「(笑)」


♪  あの素晴しい味をもう一度 / DJみそしるとMCごはん


名前からすごそう!
ナッツパフ知らなかったー!
美味しそう!今度作ってみます!
明日の天気は、なおと
男性/15歳/群馬県
2020-05-06 22:39


ちょっと待ってwww
アシスタントうるさすぎてレシピ入ってこないwww
静かにしてよ!!笑
夜の青りんご
女性/15歳/熊本県
2020-05-06 22:47


さかた校長「“うるさい”!」

こもり教頭「普通にうるさいですもん」

さかた校長「何、静かにしてって、この子! ホント腹たつ!
夜の青りんご、今度私と料理勝負だ!」

さて、掲示板にもたくさんレシピが届いているぞ!

マイベストディッシュ!
愛知の給食に出てた、キムタクごはん!
めっちゃ美味しいです!
キムチとたくあんを小さく刻んで、
ごはんにかけるだけ!
mikan
女性/17歳/愛知県
2020-05-06 22:01


こもり教頭「美味しそう!」

さかた校長「美味しそうよね。キムタクが作る料理は何でも美味しい!」

<シーン…>

さかた校長「え〜〜〜…(笑) 続いていきます!」

トーストの書き込み多いので...
僕はトーストの上に玉ねぎ卵をのせるのが好きですー
輪っか状に切った玉ねぎの中に生卵を入れてトーストと
一緒に焼く!以上!
(卵の下にマヨネーズ入れると更にGoodかも)
yomogi#Alice
男性/15歳/兵庫県
2020-05-06 20:50


こもり教頭「美味しそう! 玉ねぎの上に卵を入れてトーストするから、本当にキレイな輪っかになるってことだ」

さかた校長「そう。美味しい料理は、目でも美味しい! よく言ったものですね。
…さすがです、yomogi先生!」

<シーン…>

さかた校長「教頭! 教頭! 聞いてますか?」

こもり教頭「聞いてます聞いてます。もう一回、何でしたっけ?」

さかた校長「えーと、二度と同じことは言えません!」

こもり教頭「(笑)」

ズボラレシピ
カップヌードルを麺だけ食べた後、残った汁と具を耐熱容器に移して卵1個を入れて混ぜてレンジで温めると茶碗蒸しっぽいのが出来ます!
めっちゃ美味しくて簡単なので皆さんも試してみてください!
きゃろてちが好きな豆粒
女性/15歳/長野県
2020-05-06 22:12


こもり教頭「これはどうですか?」

さかた校長「これはまあ、美味しいですよね。きゃろ…きゃろてちが好きな豆粒。
もっと短いの(ラジオネーム)にできないのかしら、あなた?」

こもり教頭「(笑) 俺もう、横っ腹痛くなってきちゃった(笑)」

おすすめの料理(?)
この自粛期間に思いついた訳ではないのですが、
私のおすすめの調理法(?)は、
餃子にシナモンを入れることです。え、?シナモンを餃子に!?って思うと思ういますが、スパイシーで美味しいんですよ!!
長野県のとある餃子屋さんの餃子が隠し味にシナモン入れてるみたいで、それを食べて真似してみよう!って思ったのがきっかけです。
家族にも作って食べてもらったら好評でしたよ!!
意外な組み合わせかもしれないけど美味しいのでみんなも今度餃子作る時試して見てください!!
シナモンの分量なかなか丁度良くするのが難しいですが(笑)
月珈とシフォンちゃん
女性/19歳/京都府
2020-05-06 10:19


こもり教頭「シナモンの量はどのくらいですか?」

さかた校長「えーと、“適量”と書かれてます」

こもり教頭「また“適量”かあ…。ラジオネームは何でしたっけ?」

さかた校長「ええと、月、難しい感じの…。シフォンちゃん、早急に(ラジオネームの)読み方を書き込んでください」

こもり教頭「(笑)」

クセが凄い
校長?のしゃべりのクセが凄すぎて内容が全く入ってこないです笑笑
花粉症のとらねこ
女性/17歳/富山県
2020-05-06 23:05


さかた校長「これは、僕がちょっと腹痛で席を外した時に、アシスタントの方がけっこう頑張られてたみたいですけど。もう、大丈夫になったんで」

こもり教頭「戻りましたか?」

さかた校長「はい。アシスタントの方も疲れてたみたいなんで、もう“ゆっくり休んでください”ということで帰しました」

こもり教頭「気をつけてくださいよ、校長。季節の変わり目なんでお腹とか」

さかた校長「はい、すいません!」

どう考えてもアシスタント=ゴニョゴニョですが、まあいいです!
それでは次に“マイベストディッシュ”を教えてくれる生徒は…!

岐阜のなめこ 岐阜県 17歳 女性

<さっそくアシスタントin>

こもり教頭「戻ってくるの早かったな〜!」

さかた校長「ごめんね、校長が体弱いからさ」

こもり教頭「行っちゃいました?」

さかた校長「ちょっとアシスタントの私がやらせてもらうんだけど」

こもり教頭「またあなたですか〜?」

RN 岐阜のなめこもまだ休校中。課題を追加に追加されて全然終わっていないそう!

さかた校長「岐阜のなめこは、普段料理するの?」

岐阜のなめこ「普段は全然しないです」

さかた校長「でもオススメしたい料理があるってことでしょ?」

岐阜のなめこ「はい」

さかた校長「ちょっと、そのオススメしたいマイベストディッシュ、何か聞かせて?」

岐阜のなめこ「私がオススメしたいマイベストディッシュは、『ふわっふわ豆腐入りヘルシーオムライス』です」

こもり教頭「食べてぇ〜! ふわふわ!」

さかた校長「教頭はオムライス好きなの?」

こもり教頭「大好き! オムライス大好きだよ〜」

さかた校長「オムライス好きな子は多いから」

こもり教頭「オムライスが作れたらけっこうポイントが高いんじゃない?」

岐阜のなめこ「お〜(笑)」

さかた校長「岐阜のなめこ、いいじゃない!

岐阜のなめこ「ありがとうございます(笑)」

こもり教頭「さっきからまとめが雑なんだよ(笑)」

さかた校長「あんた、普段料理を作らないって言ってたのに、オムライスを作るようになったきっかけって何?」

岐阜のなめこ「オムライスはもともと好きなんですけど、全然料理とかできなかったんで、この機会に作ろうと思って」

こもり教頭「なるほどね。こういう機会だから時間もあるしね。で、出来上がった一品がこれってことだ」

岐阜のなめこ「はい」

さかた校長「いいじゃない。その、何だっけ、『いいじゃないヘルシーオムライス』だっけ?」

こもり教頭「違う違う違う! 勝手に名前を変えないで!」

さかた校長「じゃあ、ちょっとそれ、作り方を教えてもらっていいかしら?」



『ふわっふわ豆腐入りヘルシーオムライス』
先生:RN 岐阜のなめこ アシスタント:さかた校長
【材料】(大体3人分)
卵(2個×人数分)、牛乳(コップ半分くらい)、塩・砂糖(適量)、チーズ(お好みで)、豆腐(150gくらい)、お米(2合)、玉ねぎ(半分)、ウインナー(5本)、コンソメ(1個)、ケチャップ(適量)
【作り方】
(1)お米を洗って炊く状態にする(水は少なめ)
(2)玉ねぎ、ウインナーを切る
(3)切った玉ねぎ、ウインナー、コンソメを炊飯器の中に入れてお米と一緒に炊く
(4)炊けたら、ケチャップをお米の白い部分がなくなるくらいまで入れて混ぜる
(5)ボウルに卵、牛乳、塩、砂糖、豆腐、チーズを入れて混ぜる
(6)(5)をフライパンに入れて焼く
(7)お皿に炊いたお米と焼いた卵を盛り付けて完成!


こもり教頭「これ、今ざっと聞いただけだけど、どっちも混ぜただけじゃないか?」

岐阜のなめこ「(笑) はい。大体そんな感じです」

さかた校長「ポイントがあるのよね?」

岐阜のなめこ「ポイントは、豆腐を入れるところです」

さかた校長「だって、普通のオムライスじゃ豆腐なんて入れないよ?
それなのに入れるって、なんかあるわけじゃん?」

岐阜のなめこ「その時、私はダイエット中で、ちょうどインスタとか見てたら“豆腐がダイエットにいい”って聞いて、ちょっと(オムライスに)入れました(笑)」

さかた校長「そしたら、ふわっふわになったってことでしょ?」

岐阜のなめこ「はい。腹もちも良くて」

さかた校長「いいじゃない!

こもり教頭「え? アシスタントさんですよね?」

さかた校長「アシスタントです」

こもり教頭「あの、さっきからなんか評論家っぽい口調ですけど」

さかた校長「私も成長していってる!」

こもり教頭「いやいやいや…(笑)」

さかた校長「岐阜のなめこ、みんなに伝えたい“岐阜のいいじゃない”ってある?」

岐阜のなめこ「えっと…(笑) 自然が豊かです(笑)」

さかた校長「いいじゃない!
岐阜の何がいいって、ホントに自然が豊かなところよね」

岐阜のなめこ「はい(笑)」

こもり教頭「最後にあれだけ聞きましょうよ。どんな生徒にオススメしたいか」

さかた校長「どんな生徒にオススメしたいの?」

岐阜のなめこ「私みたいに、オムライスが好きな人とか、ダイエット中の人とかにぜひオススメしたいです」

さかた校長「私もダイエット中だけど、さっきの聞いてたら我慢できない! 白ごはんだけ食べちゃう!」

こもり教頭「ちょっと、今、(校長が)白飯食ってるんだけど! リモート画面の先で」

さかた校長「炊き立ての白いご飯があったからいただいちゃってる(もぐもぐ)」

こもり教頭「マジで!?」

さかた校長「すごいなんか、ふわふわ! なんかオムライスの味がするかも」

こもり教頭「ただの白ご飯でしょ、それ…。えー、怖!
校長と教頭の立場で、リモート先で白飯を食べられる教頭の気持ちってわかる? みんな、書き込みしてくれ!」

岐阜のなめこ「(笑)」

さかた校長「岐阜のなめこ、ホントにありがとう!」

こもり教頭「ありがとね。なんかすごくカオスな感じで終わっちゃうけど」

岐阜のなめこ「(笑) ありがとうございます」



今日の黒板


20200506_sol02.jpg


『適量がいいじゃない』

さかた校長「いまこういう状況で、初めて家で料理を作るという生徒のみんなもいると思う。でもレシピ通りになんて作らなくて良い。レシピっていうのは、ただのベースにしか過ぎないってこと。そこにキミたちの個性を入れていく、適量で入れていく。そうしたらキミのオリジナルの料理ができる。それが個性で、それがキミだから。キミはキミで自分の好きなように料理、生きていきなさい!」


♪  ケセラセラ / the chef cooks me


さかた校長「SCHOOL OF LOCK!は、明日夜10時にふたたび開校!」

こもり教頭「僕はもう、喋れないです」

さかた校長「ごめんなさい教頭、今日は僕がけっこう席を外してて」

こもり教頭「だいぶいなかったですよね」

さかた校長「ちょっと体調が…。でもこの放送は聴いてたんだけど、すごいいいんじゃない?」

こもり教頭「だって、普段より確実に喋ってましたもん」

さかた校長「ぜひ、生徒のみんなもいろんなレシピを見て、作ってください!
そして感想をどんどん書き込んでほしい!」

こもり教頭「起立!  礼!」

さかた校長・こもり教頭「また明日〜〜〜〜〜〜!!!!」


さかた校長の放送後記

ショートニングは欠かせない‼


こもり教頭の放送後記

リモートの背景変えてたのに校長ツッコンでくれなかった...ショボーーーン

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年5月13日(水)PM 10:00 まで

Music 2020.05.06 PLAYLIST


LINE MUSIC

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る