SEVENTEEN先生来校!『SEVENTEEN先生に教えてほしいこと』

SOL!

今夜の授業を職員の新人職員Nが振り返り!


SCHOOL OF LOCK!今夜は…
世界で活躍する13人組グループSEVENTEENから、JEONGHAN先生、JOSHUA先生、DINO先生3人が登場!

授業テーマは、『SEVENTEEN先生に教えてほしいこと』

ぺえ教頭が、生徒のみんなから寄せられた質問をSEVENTEEN先生にぶつけて行きました。
質問の内容とSEVENTEEN先生の回答を一部だけ紹介します。

最初の質問は【京都府 12歳 女の子 RN:シンパンプンパン】
最近席替えがあったんですが私は今回後ろの席で嬉しかったです!
SEVENTEENの皆さんは学生時代に好きな席はありましたか?
→回答:JEONGHAN先生…一番後ろの窓際の席/JOSHUA先生…前の方の席/DINO先生…前の方の席で左か右に寄った席

次の質問は【愛知県 18歳 女の子 RN:ななぴょん】
今度人生で初めてのアルバイトを始めます!
皆さんは今までにアルバイトをしたことがありますか?
また、アルバイトをするならどんなアルバイトをしてみたいですか?
→回答:JEONGHAN先生…体育教師

次の質問は【愛知県 18歳 女の子 RN:みお】
最近新しく覚えた日本語を教えてください!!
→回答:DINO先生…「少し」。末っ子DINO先生が、「少しちょうだい」と甘える言葉。

次の質問は【埼玉県 16歳 女の子 RN:のん】
今seventeenで流行ってることはありますか??
→回答:DINO先生…筋トレ。お互いにトレーナーになって取り組んでいる。

次の質問は【新潟県 18歳 女の子 RN:みなみん】
勉強やしなくてはならない事がある時に、その事をするまでに時間がかかってしまいます…
なのでやる気を出す方法を教えて欲しいです!!
→回答:JOSHUA先生…勉強とか先にやってから、自分がやりたいことをやる。

次の質問は【北海道 18歳 女の子 RN:まさかッッッッッッッ!】
今年の春から一人暮らしをしています。
元々、母とおじいちゃんとひいおばあちゃんの4人暮らしで最近、実感しているのですが、おじいちゃんとひぃおばあちゃんが私のことをすっごく大好きみたいで(笑)
母と電話する度に必ず会話に混ざり嬉しそうに返事をしてくれます。
夏休み実家に帰るのでなにかお返しがしたいのですが、何をするといいでしょうか?
→回答:JEONGHAN先生…お返しをするのもいいけど、ひと言でもたくさんおしゃべりしてあげるのがいいのでは?

次の質問は【鹿児島県 15歳 女の子 RN:ジョー・ジア】
自分の将来の夢はアイドルなんですが、実際のところ何から始めればいいのか分からず、両親に反対されるのではないかと少し弱気になっています。
どんな相手でもひるまずに堂々と意見を言えるような人になるためには、どんなことが必要だと思いますか?
→回答:DINO先生…どんなことを言われても自分の意見を貫いて言葉にすること。

最後の質問は【北海道 18歳 女の子 RN:三度の飯よりSEVENTEEN】
高校3年生です。
幼い時から場や人の空気を読んで行動する事が習慣だったのですが、大きくなってから周りの事ばかりを考えすぎて少し疲れてしまう事が多くなりました。
人に嫌われるのを怖がって、人の顔色を伺ったり、言いたいことが言えなかったりしています。
もっと自分を出して、私らしく過ごすためにはどうしたらいいですか?
→回答:JEONGHAN先生…得意なことを伸ばすことで自分に自信が持てるようになります。

今夜の授業はradikoのタイムフリーで聴きなおすことができます!ぜひ再出席してみてね!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年6月23日(木)PM 10:00 まで

SEVENTEEN先生来校!『SEVENTEEN先生に教えてほしいこと』


こもり校長「長野県ぽめちゃん、埼玉県世界の魚乙女。、今日の授業は楽しみに待ってくれてるな!」

ぺえ教頭「すごく楽しみに待ってくれてる生徒がたくさんいると思うので、ワクワクしますね」

SOL!

SOL!


『 3年ぶり5回目 』

こもり校長「今週はスペシャル授業ウィークです。今夜のゲスト講師ももちろんスペシャル! 2015年に韓国デビューして、2018年に日本デビュー。その日本デビューした年に、この学校に初来校してくれていて、なんと今回3年ぶり5回目の来校です!」

ぺえ教頭「すごい回数来てくれてるのね。しかも、今回はワールドツアーで忙しいのに本当にありがたいです」

こもり校長「さぁ、今夜のSCHOOL OF LOCK!には、世界で大人気の13人組グループ、SEVENTEEN先生が登場ーーーーー!!!!

こもり校長「SEVENTEEN先生はアルバムのリリースがあったり、これからツアーもあって、すごく忙しい中で、今回なんとかスケジュールを作ってくれて、事前収録することができました」

ぺえ教頭「今夜はオンラインで韓国と日本をつないで収録した模様をお届けしていきます」

こもり校長「セブチ先生と一緒に収録してくれたのは、ぺえ教頭ということで」

ぺえ教頭「そうです、私1人で。ただでさえ緊張するのに、まさかの私1人だったから、本当に緊張したんですけど。だから今日は温かい耳と温かい心でみんな聴いてください(笑)」

こもり校長「今回来てくれたのはジョンハン先生とジョシュア先生とディノ先生。3人はどうでしたか?」

ぺえ教頭「もう優しすぎ。やっぱりもう愛に溢れたお3人方だから、あっという間に時間が溶けて、すごくあっという間でした」

こもり校長「素敵だね。さぁ、そんな3人と勉強とが行った授業テーマは…!
『SEVENTEEN先生に教えてほしいこと』!!!

こもり校長「セブチ先生に質問ぶつけまくってくれたんでしょ?」

ぺえ教頭「かなりぶつけたよ。私なりに頑張りました(笑)」

こもり校長「さすがじゃん! セブチ先生って、作詞作曲はもちろんだけど、ダンスの振り付けから、ステージ構成から、プロモーションから、YouTube番組のアイデアまで、メンバー本人たちがなんでもやれてしまう、自主制作アイドルってことで。だからこそ、答えの幅がめちゃくちゃ広そうで、今日はいろいろなことをセブチ先生から教えてもらえそうだなと、僕もすごく楽しみですよ」

ぺえ教頭「意外な回答がたくさんあったし、3人とも考えとか想いが違って、すごく面白かった。みんな回答の色が違って(笑)」

こもり校長「あと、生徒に教えてもらった、あの言葉。どこかでちゃんと言ってきたんでしょ?」

ぺえ教頭「そうです。ジョンハン先生が作った流行語“シンギパンギプンプンパンギ”。
これ、生徒のみんな使ってる? 今、若い子の間で特に流行ってるって噂を聞いて、私は“これを言えば本人も絶対喜ぶ”って言われたので、すごく様子を伺いながら、ちゃんと言いましたよ(笑)」

こもり校長「教頭のシンギパンギプンプンパンギのタイミングは、みんなで楽しみに待つということで。
今夜はセブチ先生との授業を2時間に渡ってオンエアです!
じゃあ、ここからはセブチ先生に授業を託そうと思います」

ぺえ教頭「そうよね。生徒のみんなも待ちきれないでしょ」

こもり校長「じゃあ、ちょっとだけ過去のセブチ先生に向けていつもの挨拶するから、その流れで授業を始めてもらいましょうかね」

SOL!


ぺえ教頭「はい、分かりました!」

こもり校長「未来の鍵を握るラジオの中の学校SCHOOL OF LOCK!、校長のこもりです!」

ぺえ教頭「LOCKのスペルはエルオーシーケー、教頭のぺえです!」

こもり校長「そして!」




SEVENTEEN先生「こんばんは! SEVENTEENです!

ぺえ教頭「よろしくお願いしまーす! アンニョンハセヨー!」

SEVENTEEN先生「アンニョンハセヨー!」

ぺえ教頭「はじめまして。改めて、お1人ずつ自己紹介していただければと思います」

ジョシュア先生「こんばんは。SEVENTEENのジェントルマン、ジョシュアです!

ジョンハン先生「こんばんは。SEVENTEEN、ジョンハンでーす!

ディノ先生「こんばんは。SEVENTEENのディノでーす!

SEVENTEENから、ジョンハン(JEONGHAN)先生、ジョシュア(JOSHUA)先生、ディノ(DINO)先生ーーーーー!!!!!

ぺえ教頭「よろしくお願いしまーす! 私、“ぺえ”っていう名前なんですけど、“ぺえ”って韓国語で何か意味ってあります?(笑)」

ジョンハン先生「韓国語で“肺”という言葉が“ぺ”なんですね。呼吸する機能の1つです」

ディノ先生「とっても必要な機能だと思います(笑)」

ぺえ教頭「ありがとうございます(笑) ちなみに、いつも一緒にやってるこもり校長の“こもり”っていう言葉に韓国語で何か意味はあります?」

SEVENTEEN先生「こもり……(しばらく考えて)あまり意味はないと思います」

ぺえ教頭「(笑)なるほどね。じゃあ、私は“肺”で。“こもり”はあまり意味がないと(笑)」

ジョンハン先生「そうそう(笑) ぺえさん、魅力がある」

ぺえ教頭「えっ、ほんと!? ありがとうございます♡ ちなみに、SEVENTEEN先生が来てくださるのは3年ぶり5回目(前回は2019年6月13日)ということで、改めて、ありがとうございます!」

SEVENTEEN先生「ありがとうございます。お久しぶりです!」

ぺえ教頭「ちなみに、ジョンハン先生はSCHOOL OF LOCK!のことを覚えていらっしゃいますか?」

ジョンハン先生「覚えています。メンバー全員で収録しましたし、その時も楽しくラジオをさせていただいて、とても良い記憶として残っています」

ぺえ教頭「嬉しい〜! ディノ先生は、何か覚えている印象とかあります?」

ディノ先生「その時は、来日してからのスケジュールが結構ぎっしりだったんですけど、SCHOOL OF LOCK!の収録があまりにも楽しくて、テンションがUPした記憶があります」

ぺえ教頭「えっ!? なんかすごいプレッシャーなんだけど(笑)」

ジョシュア先生「今日も期待してまーす!」

ぺえ教頭「やめてください(笑) ちょっと緊張してるので、この数時間で仲良くなれたらと思いますので、よろしくお願いします。
改めて、ここは“ラジオの中の学校”ですので、みなさんは今日、“先生”です」

SOL!


ジョンハン先生「先生が夢でした」

ぺえ教頭「夢でした?(笑) 今日は、10代の生徒の質問や悩み相談に、時間の限り答えてもらいたいと思いますが、ジョシュア先生、準備はよろしいでしょうか?」

ジョシュア先生「準備できてます!」

ジョンハン先生「…彼があまりにも短く喋っちゃったからちょっと焦ってますよね(笑) 僕が怒ってやりますよ!」

一同「(笑)」

ぺえ教頭「何か意気込みとかありますか?」

ジョシュア先生「まずは、すごくポジティブなエネルギーをみなさんに発信できたら嬉しいなと思っていますし、僕のこの声の魅力にハマっていただけたらなと思います」

ジョンハン先生・ディノ先生「…え〜っ?」

ジョンハン先生「みなさん、今ちょっとうろたえてるんじゃないかなと思うんですけど(笑)」

ぺえ教頭「私はメロメロですよ(笑) 改めて、今日はよろしくお願いします!」

SEVENTEEN先生「よろしくお願いしまーす!」


♪ Darl+ing / SEVENTEEN




ぺえ教頭「質問やメッセージがたくさん届いているので、さっそく紹介します」



最近席替えがあったんですが私は今回後ろの席で嬉しかったです!
SEVENTEENの皆さんは学生時代に好きな席はありましたか?
シンパンプンパン
女性/12歳/京都府


ジョンハン先生「僕は好きな席、ありましたよ。後ろの窓際の席が好きだったんですけど」

ぺえ教頭「やっぱりそうよね〜。私もそうです」

ジョンハン先生「お昼ご飯を食べた後にちょっと寝る時の、窓の外から吹いてくる風がとても気持ちよかったからです」

ぺえ教頭「あ〜、可愛い!」

ジョンハン先生「でも、僕は学生時代、いつも友達とあまりにもうるさくしすぎて、だいたい授業の時は先生のすぐ隣とかに席をつけられていました(笑)」

ぺえ教頭「(笑)」

ジョンハン先生「残念でした」

ぺえ教頭「ちなみに、ジョシュア先生は好きな席とかありました?」

ジョシュア先生「僕は前の方の席が好きでした」

ぺえ教頭「ええ!? なんで??」

ジョシュア先生「黒板に書かれたものをノートに取る時に、前にいた方がちゃんと取れるじゃないですか。後ろだとあんまり見えないからです」

ぺえ教頭「ジョシュア先生は、ちょっと真面目なんですか?」

ジョシュア先生「一生懸命頑張ってはいました」

ぺえ教頭「頑張ってはいたけど、できるかどうかは…って話?(笑)」

ジョシュア先生「成績も良かったですよ! 優等生ほどでもないけど、悪くはなかったと思います」

ぺえ教頭「なるほど(笑) ちなみに、ディノ先生は好きな席はありますか?」

ディノ先生「僕も、前の方の席で、どちらかというと左か右に寄った方が好きでしたね。僕の場合、先生が、わざわざ生徒たちが寝るであろう時間に、僕に“前に出て踊れ”と言うので、前に出やすい席ということで、前の方の右寄りだったり左寄りだったんです」

ぺえ教頭「(笑) いろんなことを考えて、先生が決めてくれてたんだ。韓国にも席替えってあるんですか?」

ジョンハン先生「ひと月に一度という時もあるし、定期的に席替えはあります」

ぺえ教頭「じゃあ、日本と一緒だ。席替えは何で決めるんですか? くじとか?」

ディノ先生「普通は友達と隣同士がいいから、“一緒に座る?”とか、そういう風に決めてました」

ジョンハン先生「僕は普通にくじ引きでした。でも、何度くじを引いてもだいたい先生の隣に座ってました」

ぺえ教頭「ちょっと目をつけられていたのかしらね?(笑)」

ジョンハン先生「そうですね(笑)」




こもり校長「むちゃくちゃいいじゃん! 楽しそうにやってるじゃん!」

ぺえ教頭「そうそう。最初は緊張したんだけどね」

こもり校長「緊張してるけど、すごくちゃんとやろうとしてる感があってさ」

ぺえ教頭「珍しくね(笑)」

こもり校長「珍しい珍しい。これは、そういう意味でもレアだったけど。
でも、いいね。“ぺえ”っていうのは韓国語で“肺”なんだね。こもりは意味がない、みたいなね。…カムザハムニダ」

ぺえ教頭「そうそう(笑)」

こもり校長「あと、席替えもあるんだね。でも、最初に言ったみたいに、3人の言うことが全然違ってて」

ぺえ教頭「そうそう。楽しいよね」

こもり校長「ジョシュア先生は“黒板の文字がノートによく書けるでしょ”って。すごいね。真面目。まぁ僕も一番前の席がいいと思ってるタイプですから」

ぺえ教頭「ウソだろ(笑)」


CARATにはたまらんっっっっ!!!!
うわぁ、テスト終わりにジョンハン、ジョシュア、ディノのラジオが聞けるのは最高すぎる…!!
CARATのsumika
女性/17歳/秋田県
2022-06-16 22:04


こもり校長「最高だろうなぁ。ブチ上げだろうね」

ぺえ教頭「確かに、耳心地がやっぱいいわね」

こもり校長「最高にいい声してるもん」

ぺえ教頭「耳が溶けちゃいそう(笑)」

こもり校長「とろけるよね。男の俺でもすっげー声が魅力的に感じるもん」

ぺえ教頭「3人ともジェントルマンでね」


セブチ先生
たまに話す日本語可愛いーーーー!!!!♡
しゅあしゅありおな
女性/15歳/青森県
2022-06-16 22:16


ぺえ教頭「そうなの、可愛いの。日本語の発音も上手なのよね」

こもり校長「そうだよね。みなさんのそこへ対しての想い。韓国出身というところはありながらも、日本に対する想いがそういうところで感じられるじゃない。一生懸命コミュニケーションを取ろうとしてくれる姿勢だったりとか、格好いいなと思うよね。ジェントルマン」

ぺえ教頭「“ぺえさんは魅力がある”って言ってくれた(笑)」

こもり校長「そうだね…。ある種魅力があるよ」

SOL!


ぺえ教頭「なんだよ、ある種って(笑) ありがと」

こもり校長「それでは引き続き聴いていきたいと思います。それでは、ロックのスペルは…?」




SEVENTEEN先生「L、O、C、K〜!

ぺえ教頭「ありがとうございます〜(笑)
セブチ先生は、先月5月27日に2年8ヶ月ぶり4枚目のフルアルバム『Face the Sun』をリリースされました。おめでとうございます!

SEVENTEEN先生「ありがとうございます!」

ぺえ教頭「そして、発売初週で、なんと206万枚を売り上げたということで。すごいですね!」

ジョンハン先生「本当にありがとうございます」



HOTは曲も踊りも激しくて見るたびに驚いてしまいます。
特に最後のサビのディノ先生のパートでみんな同じダンスをするシーンが特に好きです!
回りながらジャンプするときの揃い具合はいつ見ても圧巻です!
Face The Sunに入っている他の曲もどれも素敵ですが私は聞いていると強気になれるDON QUIXOTEと気分が弾む'bout you(노래해)(ノレヘ)が好きです。
コンセプトよし!曲よし!ダンスよしの激熱!!!
いや、、最高っっっっにHOTなアルバムでした!!!!
本当にかっこよかったです!
緑のパンダ
女性/16歳/神奈川県


SEVENTEEN先生「ありがとうございます。感動しました!」

ぺえ教頭「日本のファンもたくさん喜んでいるんですけど、ディノ先生、このアルバムの中から『HOT』という曲について教えていただけますか?」

ディノ先生「『HOT』は、熱く燃え上がる太陽の前で、僕たち自身の道を切り開くSEVENTEENの姿を描いた曲でして、“欲望”と“情熱”が燃えたぎる曲になっています」


♪ HOT / SEVENTEEN




ぺえ教頭「お届けしたのは、SEVENTEENで『HOT』でした。
引き続き、質問、メッセージがたくさん来ているので、ご紹介していきたいと思います!」



最近、人間関係の重要さに気付かされました。
seventeen先生が、人間関係において考えていることや、大切に感じていることを教えて欲しいです。
ペゴパ
女性/18歳/鹿児島県


ぺえ教頭「ジョンハン先生、いかがですか?」

ジョンハン先生「とても難しい質問が来ましたね。僕は個人的にこう思うんですけど…時間が経てば経つほど、僕のことを大切に思ってくれる本当の友達というのは、少しずつ少なくなっていくものだと思うんですね。
なので、人間関係においてストレスをたくさん受けたり、生きていれば良いこともあれば良くないこともあるとは思いますけど、そのことにあまり縛られないでいてほしいと思います。
隣で僕のことを本当に大切に思ってくれる人に対して、自分も大切にしてあげること、そして自分の気持ち、心を常に伝えることが大事じゃないかなと思います」

ぺえ教頭「あー、どうしよう…。今の言葉を聞いて涙が出そうです。なんだか今の私にもすごく響いたし、聴いている生徒のみんなにも届いたと思います」



今度人生で初めてのアルバイトを始めます!
皆さんは今までにアルバイトをしたことがありますか?
また、アルバイトをするならどんなアルバイトをしてみたいですか?
ななぴょん
女性/18歳/愛知県


ぺえ教頭「これは私もすごく気になる質問なんですけど、ジョシュア先生、どうですか?」

ジョシュア先生「ハンバーガーショップのレジをやったことがあります」

ぺえ教頭「ええ〜!! こんなイケメンが店員してたら、私すごく買っちゃう(笑)」

ジョシュア先生「毎日来てくださったら嬉しいです(笑)」

ぺえ教頭「ちなみに、今アルバイトをするとしたら、何かしたい仕事はあります?」

ジョシュア先生「カフェのバイトをしてみたいです」

ぺえ教頭「うわ〜、ピッタリだな! すごくオシャレなカフェで働いてそう。ジョンハン先生は、アルバイトの経験は?」

ジョンハン先生「僕は高校の時に、ビラ配りのバイトをしたことがあります」

ぺえ教頭「えーーー!!(笑)」

ジョンハン先生「とても寒い冬の日だったんです。手や足が寒さで震えるほど、凍りつくほど寒い中で、お金の大切さを学ぶためにバイトをした覚えがあります」

ぺえ教頭「今すぐあっためてあげたいです♡」

SOL!


一同「(笑)」

ぺえ教頭「ちなみに、もし今アルバイトをするなら何がしたいですか?」

ジョンハン先生「教育実習生とか」

ぺえ教頭「先生?」

ジョンハン先生「体育の先生をやってみたいです。先生を頑張りながら、生徒との絆も深めたいです」

ぺえ教頭「ディノ先生はアルバイトをしたことはありますか?」

ディノ先生「したことありません」

ぺえ教頭「もしするなら、何かやりたいことはあります?」

ディノ先生「スタッフの仕事をしてみたいと思います。例えば、照明さんとか音響さんとか。そういった仕事の現場を見ることによって、スタッフの方々への感謝の気持ちを、もう一度自分に改めさせたいと思っています」

ぺえ教頭「そういう気持ちで裏方を経験してみたいってことなんだ。私、ディノ先生、好き」

ディノ先生「お〜! ありがとうございます」

ぺえ教頭「心があったかい」

ジョシュア先生「僕もあったかいです」

ジョンハン先生「僕はアッツアツです」

ぺえ教頭「負けてないのね(笑) ありがとう(笑)」



最近新しく覚えた日本語を教えてください!!
みお
女性/18歳/愛知県


ぺえ教頭「ジョンハン先生はありますか?」

ジョンハン先生「僕は“人見知り”を覚えました」

ぺえ教頭「(笑) どこで覚えたんですか?」

ジョンハン先生「日本語の先生から教わりました」

ぺえ教頭「ジョシュア先生は、新しく覚えた日本語はありますか?」

ジョシュア先生「僕は“花火”」

ぺえ教頭「“花火”! でも、韓国でも花火はありますよね?」

ジョシュア先生「はい」

ぺえ教頭「韓国語で花火って何て言うんですか?」

ジョシュア先生「プルコンノリ」

ぺえ教頭「プルコンノリ。へ〜。ディノ先生は、最近覚えた日本語は何かありますか?」

ディノ先生「“少し”、“少しだけ”」

ぺえ教頭「ディノさん、出てくる言葉がやっぱり全部控えめで、やっぱり好きです(笑)」

ジョンハン先生「コンセプトですよ」

ジョシュア先生「ディノは、僕とかメンバーが何か食べてると、“少しだけちょうだい”ってよく言うんですよ」

ぺえ教頭「甘えてくるのね(笑)」

ジョンハン先生「はい。赤ちゃんです」

ジョシュア先生「ベイビー、ディノ!」

ぺえ教頭「ベイビーディノね(笑)」

ディノ先生「(笑) 今日は“先生”です!」



今seventeenで流行ってることはありますか??
のん
女性/16歳/埼玉県


ぺえ教頭「ディノ先生、何かあります?」

ディノ先生「運動です」

ぺえ教頭「運動?」

ディノ先生「筋トレです。最近はメンバー同士、お互いトレーナーになってあげて、お互い教え合いながら、鍛え合いながら…っていうのが流行っています」

ジョンハン先生「最近ディノ君は、タンクトップばっかり着てますよ!」

ぺえ教頭「そうなんだ!(笑)」

SOL!




勉強やしなくてはならない事がある時にその事をするまでに時間がかかってしまいます…
なのでやる気を出す方法を教えて欲しいです!!
みなみん
女性/18歳/新潟県


ぺえ教頭「ジョシュア先生、いかがですか?」

ジョシュア先生「僕は常に、“そういうことは先にやっちゃってから自分のやりたいことをやればいいんじゃないか”って思うスタイルです。例えば、ご飯を食べて片付けるのも、“後でやろう”じゃなくて、“食べ終わったらすぐに片付けちゃえばいいじゃないか”って思います。後でやろうとすると、どんどん後で…ってなっちゃいますからね」

ぺえ教頭「どうせいつかやらなきゃいけないことなら一番最初にやれってことね」

ジョシュア先生「はい!」

ぺえ教頭「ジョンハン先生は何かあります?」

ジョンハン先生「僕はこういう悩みを持っている人をたくさん見てきましたが、そういうのは個々の個性だと思うので、簡単には直らないと思います(笑)
だけど、みなみんが“やる気を起こす方法を教えてほしい”って言うから…“やるぞー!”って1回叫んでから、行動に移すことを僕はアドバイスしたいと思います(笑)」

ぺえ教頭「声を出せってね」

ジョンハン先生「…今、恥ずかしいデス」

ぺえ教頭「恥ずかしくないわよ! 韓国語で“やるぞー!”って何て言うんですか?」

ジョンハン先生「“ハジャー!”

ぺえ教頭「“ハジャー!”って言ってから始めろってことね」

SEVENTEEN先生「オウ!」

ぺえ教頭「私なんか韓国語、上手いな。さっきからすごくいい反応してくれる(笑)」

SEVENTEEN先生「上手いです」


♪ 'bout you / SEVENTEEN





こもり校長「何が“私、韓国語上手い”だよ」

ぺえ教頭「すごく恥ずかしい(笑) うまく乗せられて勘違いしてたけど。ホント恥ずかしいわ」

こもり校長「上手いわけないんだから(笑)」

ぺえ教頭「みんなが褒めるの上手なんだもん。本当におだてられちゃった(笑)」

こもり校長「でも、いいね。ディノ先生とか最近覚えた日本語は“少し”。“少しちょうだい”とか。末っ子っていうキャラは強いよね。あと、ジョシュア先生は“勉強とかは先にやってから自分がやりたいことをやる”って」

ぺえ教頭「ジョンハン先生のビラ配りのバイトしてたってエピソードも」

こもり校長「びっくりしちゃった! “お金の大切さを…”って」

ぺえ教頭「そうそう(笑) たまに出てくるウィスパーボイスの“ありがとうございます”が好き。耳心地がいい」

こもり校長「すごいよ。素晴らしい」


ジョンハンためになります!
人間関係色々あったからめっちゃ心に染みます
( T∀T)
りーちょ
女性/17歳/神奈川県
2022-06-16 22:43


こもり校長「そうね。“隣にいて、自分のことを大切にしてくれる人を大切にしてあげることが大事”」

ぺえ教頭「“目の前にいる方を大切にしろ”ってメッセージがすごく響いたよね」

こもり校長「そうだね。でもやっぱりどんどん減っていくんだね。おっしゃっていることも分からなくはない。そういう人間関係みたいなところは全世界共通で、“大切にするということが大事なんだな”みたいな、僕も考えるところはありますね」

ぺえ教頭「ちょっとウルっときたわ」

こもり校長「ちなみにまだ“シンギパンギブンブンパンギ”言ってないね?」

ぺえ教頭「そうなんです。まだ言っておりません。まだ出しておりません」

こもり校長「11時台まで繰り越すの?」

ぺえ教頭「間違いなく11時台には流れると思うので、ちょっとお楽しみに。…え、カットされてないよね!?」

SOL!


こもり校長「…これはあるぞ」

ぺえ教頭「あれ? たぶん…後半に言ってたと思うから、大丈夫だと思います」

こもり校長「(笑) ジョシュア先生の反応を集中しながら聴いていきましょうか」


♪ 大切なんだ / SEVENTEEN



さて、ここからは、いったんこちらのコーナー!
『SCHOOL OF LOCK!農業部! supported by JA全農』!!!

こもり校長「生徒のみんなに農業の魅力を知ってもらうための部活動! SCHOOL OF LOCK!農業部の時間! 農業部では毎週この活動を行っています!
『SCHOOL OF LOCK!農業部検定』

こもり校長「生徒のみんなに、農業について、より深く、より楽しく知ってもらうために、農業にまつわる問題を出題。正解した生徒の中から抽選で1名に、JAタウンで使えるギフトカード5000円分をプレゼントします!」

ぺえ教頭「答えはTwitterで受け付けます。答えと“#スクールオブロック農業部検定”をつけて、つぶやいてください!」

こもり校長「問題を出題してくれるのは、我が校の農業部員であり、これまでYouTube番組を通して、全国各地で農業に触れてきた、あ〜お先輩、萌ちゃん先輩。よろしく!」

明桜先輩「農業部部員、虹のコンキスタドール、大和明桜です!

萌ちゃん先輩「農業部部員、鶴見萌です!

明桜先輩「さっそく問題を出したいと思います! SCHOOL OF LOCK!農業部検定、問題!
1979年から開催されているスポーツイベント“JA全農チビリンピック”。 JA全農チビリンピックの一大行事“JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会”の決勝大会が先日、日産スタジアムで行われて、鹿島アントラーズつくばジュニアが優勝を飾りました。今回優勝チームに送られた副賞は、前回優勝したチームが岡山県のチームだったため、岡山県産精米“きぬむすめ”100kg、岡山県産“ピオーネ”、岡山県産の“マスカット・オブ・◯◯”20房などが贈られました。この○○に入るのは次のうちどれ?
A. サンプドリア B.アレキサンドリア C.ミトコンドリア


萌ちゃん先輩「それではシンキングソング、いきますよ。本日のテーマは…曲がヒントです! 曲で分かっちゃうかな〜」


♪ 風になって / [Alexandros]


萌ちゃん先輩「それでは、正解を発表していきます! 答えは…… B.アレキサンドリア です!」

明桜先輩「解説していきます! 『食でスポーツを応援』ということで、チビリンピックを1987年からスポンサードしているJA全農。『子どもたちに、食の大切を伝えたい』ということもあって、参加選手に様々な食材を贈っています。今年の優勝チームには、岡山県産精米“きぬむすめ”100kg、黒毛和牛焼肉用セット10kg、岡山県産“ピオーネ”、岡山県産“マスカット・オブ・アレキサンドリア”20房が贈られました。マスカット・オブ・アレキサンドリアは岡山県が生産量日本一を誇っています」

萌ちゃん先輩「やっぱり体が資本のスポーツは“食”が大事ですよね。 元サッカー日本代表の北澤豪さんも『届けファンファーム』の中で、サッカーの後のご褒美は “お肉”って言ってたしね」

明桜先輩「言ってましたね」

萌ちゃん先輩「それでは校長教頭、当選者の発表をお願いします!」

こもり校長「それでは正解者の中から1名当選者を発表します。当選者は…RN やむいも、おめでとう!」

ぺえ教頭「正解したやむいもには、JAタウンで使えるギフトカード5000円分をプレゼントします!」

こもり校長「スクールオブロック農業部検定、来週の予習範囲は“ステーキ” …ということで、今日の農業部の活動は以上!」



こもり校長「さぁ、今夜のSCHOOL OF LOCKは、10時台に引き続き、世界で活躍する13人組グループ…!
SEVENTEEN先生が登場ーーー!!!
授業テーマは、『SEVENTEEN先生に教えてほしいこと』!!


バイト頑張る
バイトのお話を聞けてほんとに良かった!!
自分ももっと頑張らなきゃ行けないと思った ;;セブチのライブのために頑張ります!
cocoa?
女性/17歳/長崎県
2022-06-16 23:05


こもり校長「そうだね。11月とか12月にあるだろうから、今のうちに自分が自由に使えるお金のために何かを頑張るというのも、1つ頑張るきっかけになるのかなと思います。
では、ちょっと続きを聴いていこうと思うんだけども、教頭のシンギパンギプンプンパンギがカットされている可能性が浮上しております」

ぺえ教頭「それはカットされてたら落ち込むよ。私かなり神経集中させて言いましたからね」

こもり校長「でも、あと30分しかないんだよ」

ぺえ教頭「だから、ちょっと恐ろしいんですよ。雲行きが怪しいよね。…ウソでしょ?」

こもり校長「カットされてる可能性も…」

ぺえ教頭「あなたの予想は?」

こもり校長「カット…」

SOL!


ぺえ教頭「勘弁してくださいよ。
ちょっとだけ過去のSEVENTEEN先生! 中2、高2は…!?」




SEVENTEEN先生「好きにしなさーい!!!

ぺえ教頭「好きにしま〜す♡ シンギパンギプンプンパンギ!!



ぺえ教頭「あれ? ちょっと待って。ここ一番盛り上がるかなと思って言ったんだけど、意外と冷静だったんだけど… “シンギパンギプンプンパンギ”」

SEVENTEEN先生「はい。“シンギパンギプンプンパンギ”」

ぺえ教頭「これ、日本でもすごく流行ってて」

ジョンハン先生「僕が作った流行語です」

ぺえ教頭「そうなのよ。だから、日本のファンの子からも、“シンギパンギプンプンパンギって言ってあげたらすごい盛り上がると思います”って聞いてたんだけど」

ジョンハン先生「聞こえなかったみたいです」

ぺえ教頭「どうしよう。すごく恥ずかしいんだけど(笑)」

ジョシュア先生「もう一度やってもらえますか?」

ぺえ教頭「じゃあ、もう1回いいですか?
…好きにしま〜す♡ シンギパンギプンプンパンギ!!

SEVENTEEN先生「おーーーーーー!!!!! シンギパンギプンプンパンギ!!!」

ぺえ教頭「ありがとう(笑) 期待通りの反応をしてくれて」

ジョシュア先生「発音がとってもよかったです」

ぺえ教頭「ほんと? すごく褒めてくれるから自信持っちゃう。だから、シンギパンギプンプンパンギをどこで出そうか、ずっと迷いながらここまで来たの」

ジョンハン先生「ありがとうございます(笑)」

ぺえ教頭「ここまでどうですか? 楽しくできてますでしょうか?」

ディノ先生「いつも来るたびにSCHOOL OF LOCK!でテンションがUPしてるんですけど、今日もやっぱりテンションが高く、楽しくさせていただいてます!」

ぺえ教頭「その言葉をもらえて本当に安心した!
まだまだ質問やメッセージが来ているので、答えていってもらいたいと思います」



私は、先月あったファンミーティングに行かせてもらいました。
私は、日本の曲で舞い落ちる花びらが1番好きなので、ファンミで生で聞いた時は大号泣してしまいました。
SEVENTEENの皆さんワールドツアーと、日本でのドームツアー決定おめでとうございます!
ことみ
女性/18歳/鹿児島県


SEVENTEEN先生「ありがとうございます!」

ぺえ教頭「ジョンハン先生、楽しみですか?」

ジョンハン先生「まずはドームツアーに関してなんですけれども、ずーっと前からずっとずっと楽しみにしていたことだったので、その日に向けて一生懸命準備中です。カラット(CARAT)=ファンのみなさんにもたくさん来ていただいて、一緒に遊んでくれたら嬉しいなと思っています。ぺえさんも、来て!」

ぺえ教頭「ほんと?」

ジョンハン先生「来て、一緒に遊んでいってください」

ぺえ教頭「優しい〜。嬉しいわ〜。ジョシュア先生は、日本の好きな場所とかありますか?」

ジョシュア先生「原宿が大好きです」

ぺえ教頭「原宿!? 実は私、原宿でずっと働いてて。アパレルショップで働いてて、服を売ってたの」

SEVENTEEN先生「ワ〜オ!」

ジョンハン先生「今度お店に行きたいです」

ぺえ教頭「“原宿の母”って呼ばれてます(笑)」

SEVENTEEN先生「あ〜!」

ジョシュア先生「僕は服が大好きだから“原宿が好き”って言ったんですよ。ショッピングするところが、たくさんありますよね」

ぺえ教頭「え〜、嬉しい! 原宿で服を買ったこともあるんですか?」

ジョシュア先生「たくさんあります」

ぺえ教頭「嬉しい。すれ違ってたかもしれないわね」

ジョシュア先生「そうですよ。今度は絶対に遊びに行きますからね」

ぺえ教頭「ありがとうございます。改めて、11月から12月は日本でドーム・ツアーが行われる予定なので、日本の熱いファンを楽しませてください!」

SOL!


SEVENTEEN先生「期待してください!」


♪ DON QUIXOTE / SEVENTEEN



今年の春から一人暮らしをしています。
元々、母とおじいちゃんとひいおばあちゃんの4人暮らしで最近、実感しているのですが、おじいちゃんとひぃおばあちゃんが私のことをすっごく大好きみたいで(笑)
母と電話する度に必ず会話に混ざり嬉しそうに返事をしてくれます。
夏休み実家に帰るのでなにかお返しがしたいのですが、何をするといいでしょうか?
まさかッッッッッッッ!
女性/18歳/北海道


ジョンハン先生「何かお返しを持っていくのもいいとは思うんですけど、今は、一言でもたくさんお喋りしてあげて、少しでも長く時間を共にすることが、一番喜ばれると思いますよ。実家に帰省をしたら、一緒に家族写真でも撮って、全員の分を残してあげるのもいいかもしれないですね」

ぺえ教頭「いや〜、もう完璧な答えだったので次に行きますね(笑)」

ジョンハン先生「(笑)」



自分の将来の夢はアイドルなんですが、実際のところ何から始めればいいのか分からず、両親に反対されるのではないかと少し弱気になっています、
どんな相手でもひるまずに堂々と意見を言えるような人になるためには、どんなことが必要だと思いますか?
ジョー・ジア
女性/15歳/鹿児島県


ジョンハン先生「これはディノさんがきっとすごく分かってると思います」

ディノ先生「これは、自分自身に催眠することが大事です。マインドコントロール。どんなことを言われても何をされても反対されても自分はやるんだぞ、という風に言葉にする、というのがすごく大事だと思いますね」

ぺえ教頭「小さい時から自分の意見とかを言えるタイプでした?」

ディノ先生「そうですね。僕は自分の気持ちをちゃんと言葉にするのが好きでしたね」

ジョシュア先生「だから、自分の身体の自慢話とかしちゃうんですよね(笑)」

一同「(笑)」

ディノ先生「昔から“僕を見てほしい”という気持ちがあったから、“歌手になりたい”という夢を抱いたんだと思います」

ジョシュア先生「今、とっても輝いてますよ」

ぺえ教頭「ちなみにジョシュア先生は何かありますか?」

ジョシュア先生「まずは“自分が本当にそれをやりたいのかどうか”というところから悩み抜かないとダメですよね。そして本当に“やりたい”となったら、“それを何がなんでも最後までやり遂げる”という気持ちを持つことが大事ですよね」

ぺえ教頭「ジョシュア先生はいつ頃、アーティストになりたいと思ったんですか?」

ジョシュア先生「僕はスカウトをされて韓国にやってきて、韓国にいる練習生の方々を見ながら夢を育みました。夢に向かってひたすらに走る練習生の方々を見て、僕も胸を打たれて、一緒にやりたいなと思いました」

ぺえ教頭「その夢を、最初から両親や家族は応援してくれました?」

ジョシュア先生「僕の両親に関しては、すごく拓けた考え方を持っていたと思います。すごく応援してくれたし、協力もしてくれました」

ぺえ教頭「今の話はジョー・ジアにとってすごくいいアドバイスになったと思うから、頑張ってね」

ジョシュア先生「ジョー・ジア、頑張って!」



高校3年生です。
幼い時から場や人の空気を読んで行動する事が習慣だったのですが、大きくなってから周りの事ばかりを考えすぎて少し疲れてしまう事が多くなりました。
人に嫌われるのを怖がって、人の顔色を伺ったり、言いたいことが言えなかったりしています。
もっと自分を出して、私らしく過ごすためにはどうしたらいいですか?
三度の飯よりSEVENTEEN
女性/18歳/北海道


ぺえ教頭「ジョンハン先生、こちらは?」

ジョンハン先生「僕もそういうタイプなんですよ。ちょっと人の空気を読んだり、人の気持ちとかを考えたりする方なんです。今後どういった職業に就くかは分からないんですけど、自分が上手くできること、得意なことをどんどん伸ばして、能力を極めることによって自信を高めて、少しでも自分に自信を持つということができたらいいなと思います。自分のプライドをしっかり保つためのプロジェクトをしなきゃいけないですね」

ぺえ教頭「ジョンハン先生は自分に自信のある方ですか?」

ジョンハン先生「僕は、僕の外的要件についてはすごく自信があります(笑)」

ぺえ教頭「(笑)」

ディノ先生「ハンサムですから!」

ぺえ教頭「ハンサムですよ! みんなすごいカッコいいけどね」

ディノ先生「ありがとうございます(笑)」

ぺえ教頭「ジョシュア先生は何かありますでしょうか?」

ジョシュア先生「まず、自分で鏡を見ながら、もしくは気が許せる家族や仲間を相手に、“喋る練習”をする。そして慣れたら他の人に喋り始める、という風にやっていくのがいいかなと思います」

ぺえ教頭「ディノ先生は何かアドバイスはありますか?」

ディノ先生「僕が思うに、まずは自分自身をしっかりと知ることが、自分を表現するための1つの過程だと思うんです。なので、実際に僕もやってみていることなんですけど、僕が好きなこと、得意なこと、そして、嫌いなこと、やりたくないこと、下手なことを紙に書くんです。そうしながら、自分の自信のあることや、自分が心に込めた一言などを、多くの人ではなく、まずは1人2人から少しずつ打ち明けていく。そしてそういう人を少しずつ増やしていくことが重要になってくると思います」

ぺえ教頭「すごく良いメッセージ! 自分を知るところから始めて、自分の好きなものや嬉しいものばかりじゃなくて、嫌いなものとかまで理解していけば、自ずと一番大切にしなきゃいけない魂が見えてくるってことかな?」

ディノ先生「ハーイ!」

ぺえ教頭「ハーイ(笑)」


♪ Shadow / SEVENTEEN


ぺえ教頭「3人それぞれのアドバイスで、勇気が出た子もたくさんいると思います。もっともっと質問をしたかったし、たくさんメッセージも来てるんですけど、もう終わりみたいで」

SEVENTEEN先生「あ〜…」

ジョンハン先生「残念です」

ぺえ教頭「寂しいですね。私もすごく緊張してたんですけど、3人がすごく優しくしてくれて、心と心で会話ができるみなさんだったから、今は画面越しですけど、心が温かくなりましたし、聴いているみんなもすごく温かくなったと思います。日本を代表してお礼を言いたいです(笑)」

SOL!


SEVENTEEN先生「ありがとうございます」

ぺえ教頭「では、そろそろ黒板のお時間です。
SCHOOL OF LOCK!、授業の最後は黒板で締めているのですが、韓国に黒板がないので、最後、生徒に向けて、ジョシュア先生にメッセージをお願いしたいと思います」



今日の黒板



ジョシュア先生「キーワードは“ハジャ”。“やろう”です。いつも元気でいて欲しいですし、ポジティブなマインドを持って欲しいですです。僕たち全員が、いつも応援しています」

SEVENTEEN先生「ハジャ!



♪ HOT / SEVENTEEN





こもり校長「SCHOOL OF LOCK!そろそろ下校の時間です!」

ぺえ教頭「よかった。シンギパンギプンプンパンギ」

こもり校長「よくはない。あれは俺だったらカットしてくれって言うよ。よく流したよね」

ぺえ教頭「(笑)」

こもり校長「Twitterネームみーたん“シンギパンギプンプンパンギ まさかのテイク2”」

ぺえ教頭「そうそう(笑) 私がシンギパンギプンプンパンギ言ったところだけ、時空が歪んだみたいで」

こもり校長「あの歪みはぶっ飛んだな〜。久々に爆笑だったもん」

ぺえ教頭「ごめんなさい〜(笑)」


シンギバンギプンプンバンギ!
ぺえ教頭!!
ナイスファイトです(^○^)
ウサギのみるく
男性/17歳/東京都
2022-06-16 23:36


ぺえ教頭「ホント? 私がタイミングブスだったね」

こもり校長「あれはブスだったね。びっくりしちゃった」

ぺえ教頭「ごめんね。でも、テイク2で無事に盛り上がったから」

こもり校長「そうなのかね…」

ぺえ教頭「だから教えてくれたがおがお_0218 ありがとね」

こもり校長「だって俺、汗かくかと思ったもんね」

ぺえ教頭「私もびっくりしたわよ(笑)」

こもり校長「でも、ジョシュア先生の黒板“ハジャ”ということで“やろう!”ってことですね。いつも元気でいてほしいですし、ポジティブでいてほしい、ということで。
同じグループでやっていても3人全員違うのと一緒で、やっぱり周りにいる人との考えが合わないというのは、それが当たり前なんだなって改めて思ったし、だからこそ、ちょっと気合いも出たし、元気も出たし、すごく参考になりました。ありがとうございます」


セブチがいれば何でも頑張れる
私もやる気がでないとき、なかなか勉強を始められないので、ハジャ〜!と言って始めるようにします笑セブチにいつも元気をもらっているので、セブチの存在を原動力にして受験勉強を頑張ります!!セブチを大好きでいる日々は今までの人生で1番輝いています!本当にありがとうございます!
ゆんなな
女性/14歳/熊本県
2022-06-16 23:08


こもり校長「そうだね。セブチ先生に応援してもらってるっていうのと同時に、我々も日本でセブチ先生を応援できるように頑張りたいなと思います。また、改めてぜひ生放送教室に遊びに来てください!」

ぺえ教頭「待ってます!」


こもり校長「SCHOOL OF LOCK!明日夜10時に再び開校!」

ぺえ教頭「起立! 礼!」

こもり校長・ぺえ教頭「また明日〜〜〜〜〜〜!!!!」

ジョンハン先生「SCHOOL OF LOCK!の生徒のみなさん!」

SEVENTEEN先生「また明日〜〜〜〜〜〜!!! 」


♪ VERY NICE / SEVENTEEN



こもり校長の放送後記

シンギパンギプンプンパンギの正解教えて!!笑


ぺえ教頭の放送後記

SEVENTEEN!!!優しい温かい時間をありがとう♡

この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年6月23日(木)PM 10:00 まで

Music 2022.6.16 PLAYLIST

SEVENTEEN「みなさんのおかげ」ニューアルバム『Face the Sun』初週売上206万枚

13人組ボーイズグループ・SEVENTEENのJEONGHANさんと、JOSHUAさん、DINOさんが、6月16日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのぺえ教頭が、インタビューをおこないました。オンラインで韓国と繋ぎ、通訳を介したり日本語を交えながら進められた、4人のトークを紹介します。その前編。

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

LOCKS!SCHOOL OF LOCK!の講師陣

  • ミセスLOCKS!

    Mrs. GREEN APPLE

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • YAZAWA LOCKS!

    矢沢永吉

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • SEVENTEEN LOCKS!

    SEVENTEEN

  • 森七菜LOCKS!

    森七菜

  • adieu LOCKS!

    adieu(上白石萌歌)

  • 景井LOCKS!

    景井ひな

  • INI LOCKS!

    INI

ページトップへ戻る