関西

2020.06.05

地元の大学や企業と連携する取り組みで、JAの存在感をアピールする!

JAおうみ冨士 理事長
木村義典
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、滋賀県 JAおうみ冨士 木村義典理事長。

地元の大学や企業と連携する取り組みで、
JAの存在感をアピールする。

代表的な例が立命館大学との連携です。
大きな取り組みでは、食事を抜きがちな学生のため、
安価で安全な食事を提供する
「おいでキッチン」を大学構内に設けています。
地元産野菜たっぷりの「100円朝食」も人気です。
食を通じて、農の大切さを伝えています。

直売所「おうみんち」を核に販売力の強化にも取り組む。

都市近郊で、少量多品目産地という特性を活かし、
農家にも消費者にも、
地元の雇用にも役立つ三方良しの直売所を目指しています。

JAおうみ冨士 木村理事長の挑戦は続く。
前へ、前へ。全力農業。
2020.06.01

くろしおいちごや黒にんにく、音無茶など、地元特産品を地域にPR!

JAみくまの 組合長
村上幸弘
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、和歌山県 JAみくまの 村上幸弘組合長。

米を中心に「くろしおいちご」や「黒にんにく」、
「音無茶」など、地元特産品を地域にPR。
地産地消、地域の活性化に力を入れる。

「Aコープ内に生産者コーナーを展開し、
地元の安心安全な新鮮野菜を販売し、好評を得ています。
今後もしっかりと地元をPRし、
地産地消へとつなげていきたいと思っています」

地域や行政と一体となった活動にも力を入れる。

「農業分野と福祉分野を結び付け、
農福連携に取り組んでいます。
地域を盛り上げ、地域に貢献できるJAを目指して、
一丸となって取り組んでいきます」

JAみくまの 村上組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.05.08

米は、丹波ひかみ米や夢たんば。さらには丹波大納言小豆と、特産をブランディングして全国へ発信!

JA丹波ひかみ 組合長
大畠良樹
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、兵庫県 JA丹波ひかみ 大畠良樹組合長。

特産物の生産拡大を目指しながら、
生産者の労働力を減らす取り組みもおこなっている。

「主力の米は、「丹波ひかみ米」として
ブランディングしながら販売力を強化しています。
また、特別栽培米の
「夢たんば」の生産拡大にも取り組んでいます」

特産物のブランド化にも力を入れる。

「丹波大納言小豆を100%使った
ペットボトルの小豆茶は大変好評をいただいています。
それから、丹波大納言小豆ブランド戦略会議を立ち上げ、
新たな需要を喚起し、
ブランド化を進めているところでございます」

JA丹波ひかみ 大畠組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.03.19

地産地消を呼びかけながら、将来の高齢化も見据えてスマート農業の普及にも力を注ぐ!

JA大阪北部 組合長
岸本隆之
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、大阪府 JA大阪北部 岸本隆之組合長。

農産物直売所を拠点に、JAの公式LINEも活用しながら、
地産地消を呼びかける。
一方で、将来の高齢化を見据え、
スマート農業の普及にも力を注ぐ。

「畦畔などの草刈りの労力負担を軽減するために、
昨年は、JAの職員を対象に、
無線操縦草刈機の操縦体験会をおこないました。
女性や高齢者でも楽に草刈りができ、
作業の効率化が測れると、職員の間でも大変、好評です」

食と農をつうじた地域貢献も積極的に進める。

「地域住民とともに地域農業を応援する
サポーターズ倶楽部を結成しました。
JAの組合員の方々が保有する休耕中の農地を活用しながら、
農業に関わりの少ない方々も巻き込んで、
農業への関心を高めてもらっています」

JA大阪北部 岸本組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.02.20

品種ごとに用途分けをしながら、需要に応じた生産・販売で稲作を振興!

JA東びわこ 理事長
大脇利博
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、滋賀県 JA東びわこ 大脇利博理事長。

稲作では、オリジナルの肥料を開発してコストを削減!
生産者所得のアップに力を注ぐ。

「キヌヒカリや日本晴を業務用に、
それから、みずかがみやコシヒカリ、
秋の詩をブランド米にというように、
品種ごとに用途分けをして、
需要に応じた生産・販売を進めて稲作を振興しています」

さまざまな特産品の活性化にも取り組んでいる。

「特に人気のある彦根梨は、
選果ラインを増設したことで、処理能力が倍増しました。
さらなるブランド力の向上を目指しています」

JA東びわこ 大脇理事長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.01.22

地産地消を掲げながら6次産業化にも力を入れる!

JA兵庫六甲 組合長
木下祝一
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、兵庫県 JA兵庫六甲 木下祝一組合長。

肥料や農薬は、銘柄を集約した予約購買でコストカットを実現。
地産地消を掲げて販路を拡大させながら、
6次産業化にも力を入れている。

「昨年は、イチジクジャムや、
三田市産のピーマンたっぷりピーマンカレー、
川西市産イチジクアイスなどを開発して、
大変、好評いただいています」

地域の農業振興に役立つ活動を支援する、
独自の基金も設置する。

「ろくちゃん食農支援基金と題して、
食農教育に取り組む組織や学校を支援しています。
今後も、地域の農業振興に積極的に取り組んでいきます」

JA兵庫六甲 木下組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.01.20

京野菜の世界ブランド化へ向けて、地域に寄り添いながら、販売力の強化に力を注ぐ!

JA京都中央 組合長
冨阪裕一
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、京都府 JA京都中央 冨阪裕一組合長。

地域農業の担い手の元へ出向き、
課題や要望を、しっかりとヒアリング。
京野菜の世界ブランド化へ向けて、
地域に寄り添いながら、販売力の強化に力を注ぐ。

「新たな消費者ニーズを発掘して、
京野菜の魅力を全国へ発信しています。
昨年4月には、新たに山形県の寒河江に、
九条ネギなど5品目を出荷しました」

子どもたちへの食農教育にも取り組んでいる。

「泥んこになりながらの田植え体験や
タケノコ掘り名人との収穫体験など、
子どもたちからはとても反響があります。
これからも地域とともに歩むJAでありたいと思っています」

JA京都中央 冨阪組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.01.08

地域ブランド品の輸出に力を入れながら、地産地消も推進し、新規就農者も支援する!

JAながみね 専務
角谷泰宏
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、和歌山県 JAながみね 角谷泰宏専務。

地域農業の拠点であるファーマーズマーケットは、
実店舗だけでなく、移動販売車も導入。
地産地消を進めながらも、
買い物が不便になっている高齢者を支援する。

「安心・安全・新鮮な農産物を中心に移動販売しています。
食と農を基軸に、
地域に根ざしたJAでありたいと思っています」

地域ブランドの「下津みかん」は輸出にも力を入れる。
また、地域の高齢化に対抗するため、
新規就農者を積極的に支援する取り組みもおこなう。

「ファーマーズマーケットに出荷したい人を対象とした
就農支援講座の「トレーニングファーム」、
そして、女性向けの農業講座「かんきつ塾」と、
しっかりとしたカリキュラムで
さまざまな支援をしており、大変、喜ばれています」

JAながみね 角谷泰宏専務の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.01.06

今日野菜を全国へ発信しながら農業技術の次世代への伝承も進める!

JA京都やましろ 組合長
十川洋美
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、京都府 JA京都やましろ 十川洋美組合長。

主力品目である宇治茶をはじめ、
統一ブランドの「京野菜」を全国へ発信。
農業生産のコストカット、
付加価値アップにも力を入れながら、
生産者の所得向上を目指している。

「宇治茶の生産・販売と、
最近では、特に、京野菜である
「九条ネギ」の生産拡大に力を入れています。
白ネギの消費が中心の首都圏はじめ、
販売先は、どんどん全国へと広がりを見せています。
JAとしても九条ネギのセンターを設け、
生産者の出荷調整作業の手間を省き、
生産者の手取りをあげるために、
カットネギやスライスネギの加工販売も拡大しています」

地域農業を守りながら、
農業の担い手への育成・支援も積極的におこなっている。

「若手農業者への積極的な農地の集積、
施設化の支援を強化しながら、
ブランド産地の確立、また、販売力の強化を実現して、
地域農業の受け皿作りをすすめています。
新規就農者には、JAファームでの研修や、
ベテラン農家が講師となって
担い手養成塾を開講して農業技術の伝承を着実に進めています。
若手農業者に魅力を感じてもらえる農業作りを
これからもがんばっていきます」

JA京都やましろ 十川組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.12.09

草津メロンをはじめ農産物のブランド化に力をいれる!

JA草津市 理事長
田中進
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、滋賀県 JA草津市 田中進理事長。

JA管内の「施設野菜団地」は、全国でも有数の規模を誇り、
草津メロンをはじめ、水菜やホウレン草など
さまざまな農産物のブランド化に力を入れながら、
生産者の所得向上を目指す。

「草津メロンはさらなる産地の維持拡大を見据えまして、
トレーニングハウスを新たに設置して、
新規のメロン栽培者を育成する講座を始めました」

食と農をつうじた地域の活性化にも取り組んでいる。

「女性大学にアグリキッズスクールと、
世代を超えて、食と農とくらしをテーマにした
学びの場をたくさん作っています。
今後とも、食と農をつうじた活動で、
地域を元気にしたいと考えています。

JA草津市 田中理事長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.11.26

都市型JAとして次世代を見据えた農業者の将来設計をサポート!

JA大阪市 組合長
菱井由一
業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、大阪府 JA大阪市 菱井由一組合長。

農業者のニーズに特化したダイレクトメール
「よもぎ通信」を定期的に発送する。
また、都市型JAとして、
次世代も見据えた農業者の将来設計のサポートを提案する。

「去年、米を一定の温度で保存する定温倉庫を作りました。
高品質の玄米、精米した白米を
地域の皆さんにお届け出来るようになり、
大変喜んでもらっています。
また、コメの消費拡大、
生産者の所得アップにつながる原動力にもなっています」

買い物支援へ、移動販売車も始めた。

「JAの直売所「おいで〜菜」は遠いので、
移動販売をしてほしいという声をいただき実現させました。
又、近年人気のあるイタリア野菜についても、
組合員の皆さんに栽培して頂き、
大阪市内の飲食店でご利用して頂こうと準備を進めています」

JA大阪市 菱井組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.11.13

JAと生産者が協力して宣伝活動に取り組む!

JA紀州 組合長
芝光洋
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、和歌山県 JA紀州 芝光洋組合長。

花に梅にミカンと、JAと生産者が協力して宣伝活動に取り組み、
JA紀州産を全国にPRしている。

「青年部で結成したフラワーボーイズは、
特産のスターチスをはじめ、かすみ草、ガーベラなど、
さまざまな花の消費宣伝に力を入れて
大変好評をいただいております」

みなべ町の梅農家などで結成された、
「南高梅」の宣伝部隊、「梅愛隊」も活躍する。

「梅愛隊は、全国各地へ、梅干し作り、
梅ジュースづくりなどの講習やPR活動をしています。
また、小学校への出前授業でも
活躍していただいております」

JA紀州 芝組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.10.16

「コウノトリ育むお米」は農業の国際認証であるグローバルGAPを取得!人と自然の共生を目指す「但馬ブランド」を発信!

JAたじま 組合長
尾﨑市朗
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、兵庫県 JAたじま 尾﨑市朗組合長。

人と自然の共生を目指した農業によって、
「但馬ブランド」を世界に発信する。

「一度は絶滅してしまったコウノトリですが、
35年かけて、
地域みんなの力で野生復帰を実現しました。
そんな世界的にも例のないことができたのも、
但馬の豊かな自然と環境だと思います」

「たじまに生きる、たじまを活かす」
というスローガンのもと、
地域を活かす取り組みに力を入れる。

「特別栽培米コシヒカリである「コウノトリ育むお米」は、
昨年1月、JAとしては全国ではじめて
国際認証であるグローバルギャップを取得しました。
 この米が世界に羽ばたき、
生産者、さらには但馬を
一層活気づけられるよう引き続き頑張っていきます]

JAたじま 尾崎組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.09.30

トップクラスの柿の産地として、販売力を強化しながら全国に秋の味覚を届けている!

JA紀北かわかみ 組合長
宮崎卓郎
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、和歌山県 JA紀北かわかみ 宮崎卓郎組合長。

全国でもトップクラスの柿の産地。
9月上旬からは、「たねなし柿」の販売も開始して、
京浜地区を中心に、
いち早く秋の味覚を全国に届けている。

「近年は、ハロウィンブームにも乗って、
和歌山の柿でハロウィンを楽しもう!をテーマに、
柿に貼るハロウィンシール、
そしてポスターを
スーパーなどに配布して販売促進を進めています」

訪日外国人をターゲットにした消費拡大策にも取り組んでいる。

「2年前から、日本で初めて、
アメリカとオーストラリアへの柿の輸出を実現しました。
今後もブランド力を高めながら、
ひとつでもたくさん
食べていただけるよう努力してまいります」

JA紀北かわかみ 宮崎組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.08.20

「オカワカメ」をはじめ、オリジナルのエコ野菜「健康百菜」をブランディング!

JAグリーン大阪 組合長
中野博之
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、大阪府 JAグリーン大阪 中野博之組合長。

農薬や化学肥料を半分以外に抑えたエコ野菜を
「健康百菜」というネーミングでブランド化!
地産地消を進めながら、
生産者の所得向上を目指している。

「健康百菜として力を入れているのが、
「オカワカメ」です。
非常にワカメに似た食感で、
食べやすいのが特徴となっております」

新規就農者や定年帰農者を対象に、
野菜づくりの基礎を伝える「農業塾」は、
今年で3年目を迎えた。

「オカワカメの栽培手引きも作り、
生産拡大を目指しているところでございます。
地域の農業を、今後とも、
盛り上げていきたいと思っています」

JAグリーン大阪 中野組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.08.09

6次産業化商品として開発したオリジナルのジンジャーエールが大好評!

JAわかやま 組合長
坂東紀好
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、和歌山県 JAわかやま 坂東紀好組合長。

米だけに頼らない農業を掲げ、
収益性の高いキュウリやナスなどの園芸品目を推進。
地域農業の活性化に向けて取り組んでいる。

「園芸振興のために、
良質な苗を生産者に供給する育苗施設
「グリーンステーション」を設置しています。
水田から園芸への転作支援についても、
全力で、生産者を応援しています」

産地のブランド化を図るため、6次産業化商品にも力を注ぐ。

「生産量が全国2位の、和歌山産新生姜で、
「ジンジャーエール」を作っています。
新生姜の風味たっぷりで飲みやすく、
大変好評いただいています」

JAわかやま 坂東組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.08.05

LINEを活用して、タイムリーに特売情報を発信する!

JAレーク大津 理事長
井上和又
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、滋賀県 JAレーク大津 井上和又理事長。

生産者の高齢化に対応するために、最先端のドローンを導入。
農作業の負担を減らしている。

「大津市の子どもたちに、大津の野菜を食べよう!
と呼びかけることを基本に考えています。
だから、地産地消に取り組んでいます。
また、地場産の収穫したタマネギにつきましては、
市内の小学校、
中学校の学校給食にも提供をしています」

食と農の情報発信にも力を入れる。

「スマートフォンの「LINE」を活用して、
農産物直売所の特売情報だとか、
商品案内はタイムリーでお伝えしています。
しっかりとお知らせして、
地域のみなさまにご利用いただきたいと思っています」

JAレーク大津 井上理事長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.05.29

忍者の里の知名度を活かして、「甲賀の忍ブランド野菜」を確立し、生産振興を進める!

JAこうか 組合長
山田嘉一郎
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、滋賀県 JAこうか、山田嘉一郎組合長。

忍者の里という知名度を活かし、オリジナルブランドを確立。
取り組みを始めて以来、
栽培農家、作付面積はともに拡大している。

「忍葱(しのぶねぎ)、忍忍人参(にんにんにんじん)、
忍玉真丸(にんたままんまる)という玉ねぎなど、
甲賀の忍(しのび)ブランド野菜9品目を作付けして、
生産振興、販売をおこなっております」

高齢化が進むなか、食を通した地域の活性化にも取り組む。

食文化の地域交流拠点になるよう、直売所を充実させ、
昨年は「地元野菜を使った親子料理教室」、
また「男性の料理教室」も開催して、
いずれも、好評をいただいております」
              
JAこうか 山田組合長の挑戦は続く。
前へ、前へ。全力農業。
2019.05.03

地産地消を呼びかけながら、次世代の育成にも力を注ぐ!

JA堺市 組合長
寺下三郎
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、大阪府 JA堺市、組合長 寺下三郎。

JA堺市イメージキャラクター
「コメルくん」を活用しながら、
地産地消を呼びかける。

「当JAの農産物直売所「またきて菜」は、
堺市の南部に位置しています。
より多くの方に、地元の農産物を知ってもらうため、
専用冷蔵車による移動販売をしたり、
区民フェスタに参加しています」

堺市の農業振興にも力を入れる。

新たに農業される方を対象にした「堺市農業塾」、
また、保育園などを対象にした、
「コメルくん出張授業」の開催など、
次世代へ、
「食」と「農」を通じた食農教育を実施しています」

JA堺市 寺下組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.04.05

さまざまな地域ブランドの強化!

JA兵庫南 組合長
中村良祐
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、兵庫県 JA兵庫南、組合長 中村良祐。

大型の農産物直売所「にじいろふぁ~みん」、
そして、併設された「にじいろレストラン」を中心に、
さまざまな「地域ブランド」を発信しながら、
生産者の所得向上につなげている。
       
「魚住町の「清水いちご」、いなみ町では「いなみ野メロン」、
また、美味しいお肉の「加古川和牛」。
さらには、「スイートモーニング」もあります。
このように、
さまざまな地域ブランドの強化に力を入れています」

JAが出来ることのアイデアを出し合う
「JA利用者懇談会」、さらには、「農福連携」など、
幅広い取り組みを展開して、
地域農業を支える応援団の輪を広げている。

「人手不足をなんとか解消してくれへんか、
というご意見がたくさんあります。
わたくしどもは、平成29年度から、
「援農ボランティア」に取り組んでいます」
                    
JA兵庫南 中村組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
12
Next