九州・沖縄

2020.08.28

GAP認証で培ったノウハウを生かして、JA北九ブランドの確立に務める!

JA北九 組合長
森克己
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、福岡県 JA北九 森克己組合長。

2018年、若松潮風キャベツがグローバルGAPを取得
持続可能な産地基盤の確立・強化に力を注ぐ。

「GAP認証で培ったノウハウを生かして、
安全はもちろんのこと、
安心して次世代まで長くつながる
JA北九ブランドの確立に努めています」

今年度からは、新たに、
独自の「農業振興支援対策」をおこなっている。

チャレンジにはリスクが伴います。
組合員への個別訪問や、
生産組織との対話活動を通じて意見集約を行い、
チャレンジする組合員を積極的に支援します」

JA北九 森組合長の挑戦は続く。
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.13

特産の安納芋をPRしながら、高齢化を見据えて農業の担い手育成にも力を入れる!

JA種子屋久 組合長
鮫島忠雄
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、鹿児島県 JA種子屋久 鮫島忠雄組合長。

種子島特産の「安納芋」は、
食物繊維が豊富な天然スイーツとして、
全国で人気を誇る!

「20年前から、安納芋の「冷凍焼き芋」というものを
展開して全国にPRしています。
これは、自然解凍してすぐ食べられる利便性もあって、
スイーツとして、
大変、好評をいただいています」

高齢化を見据え、農業の担い手育成にも力を入れる。

「二年前、「農家経営支援センター」を立ち上げました。
農家ごとに、作物の生産量や販売単価など、
データとしてまとめました。
また、幅広く、青色申告をはじめ、
経営指導もおこなっているところです」

JA種子屋久 鮫島組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.07.01

色の原点に力を入れ、土を大事にする農業で農家所得の向上を目指す!

JAにじ 組合長
右田英訓
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、福岡県 JAにじ 右田英訓組合長。

農の原点である「土づくり」に力を入れる。
主力品目である小麦は、
パンの材料として期待される新品種
「はる風ふわり」の実用化を進めている。

「農家の所得を伸ばすために重視しているのは
「土を大事にする」ことです。
食の原点に力を入れながら、
米も野菜も、安心・安全、
そして、美味しさを追求しています」

自治体とも協力しながら、農業後継者の育成にも取り組む。

「レインボーファームという研修施設を立ち上げて、
ここから巣立った研修生たちが、
トマト農家として歩み始めています。
JAの出荷量が1割増える活躍を見せてくれています」

JAにじ 右田組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.06.30

口蹄疫や新燃岳の噴火を乗り越え、特産品のブランディングを進めながら生産者所得の向上を目指す!

JAこばやし 組合長
坂下栄次
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、宮崎県 JAこばやし 坂下栄次組合長。

宮崎牛にヒノヒカリ、マンゴーやメロンなど、
特産品のブランディングを進めながら、
生産者所得の向上を目指す。

「和牛の生産が大変盛んな地域ということですね。
農家の所得をいかに高めるかが
農協の仕事だと思っていますので、
農家さんの巡回は徹底して回らせていますので、
牛についてはですね、
日本一の技術員が育っているという風に思っています」

口蹄疫や新燃岳の噴火など、
JA管内は、さまざまな危機を乗り越えてきた。

「必ずピンチはチャンスに変えるということですね。
今回も、コロナは、マイナス面に捉えずに、
プラスの方向の施作をいま進めております」

JAこばやし 坂下組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.05.22

JAが出荷する農産物は「夢未来」とブランディングして、全国的な知名度を誇る!

JA熊本市 組合長
野原泰夫
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、熊本県 JA熊本市 野原泰夫組合長。

JAが出荷する農産物は、
「夢未来」という名前でブランディング!
全国的な知名度を誇る。

私たちとしては、農産物の販売促進に力を入れています。
生産者が自ら売り場に立ち、
生産品目をアピールする取り組みもおこなっています。

生産者の所得向上にも力を入れる。

個人選果、また、出荷している農家のみなさまに、
JAの共同選果場への参加を呼びかけているところです。
個人個人の労働力は減りますし、
それによって空いた時間を、
家族や友人と過ごす時間に当ててほしいと考えています。

JA熊本市 野原組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.05.05

あいら牛に霧島茶と、多彩な「あいらブランド」を全国に発信!

JAあいら 組合長
中條秀二
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、鹿児島県 JAあいら 中條秀二組合長。

あいら牛に霧島茶と、多彩な「あいらブランド」を全国に発信。
地域と連携した農業振興の応援団づくりに取り組む。

「管内の行政や、大学・商工会など
様々な団体にもご協力いただきながら、
6次産業化やPR活動を進めています」

JA組合員の全戸・訪問活動を始めとする様々な取り組みは、
農林水産省からも高い評価を得ている。

「組合員や地域住民のご意見ご要望は、
進捗状況を目に見える形で
お伝えしながら事業に反映させています」

JAあいら 中條組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.04.07

農業の基盤整備事業や担い手支援センターの取り組みで、次世代の農業者を育成する!

JA長崎せいひ 組合長
森口純一
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、長崎県 JA長崎せいひ 森口純一組合長。

農業者のもとへ出向き、きめ細かな対応で、
生産者所得の向上を目指す。

「私たちのJAでは、農業の基盤整備事業を進めております。
生産性の高い環境を次世代へ
引き継いでいかなければなりません。
これから10年で、
200ヘクタールを超える有料農地が完成する見込みです。
若い人たちに、しっかり農業をやっていただける環境を、
整えていきたいと思っております」

高齢化や後継者不足にも対応する。

「今年の4月から、JAで、担い手支援センターを作ります。
そこでさまざまな研修を受けていただき、
丁寧な実地研修も受けて、
自立していただく仕組みを進めてまいります」

JA長崎せいひ 森口組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.03.20

有機農業宣言を掲げ、農薬や化学肥料を使用しない農産物を全国にPR!

JA下郷 組合長
矢﨑和廣
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、大分県 JA下郷 矢﨑和廣組合長。

全国のJAでも珍しい「有機農業宣言」を掲げて、
農薬や化学肥料を使用しない農産物と、
添加物を使用しない加工品の生産・販売に力を入れる。

「最近では、遺伝子組み換えをしていない
配合飼料で育てた乳牛による、
新鮮な耶馬溪牛乳100%の生乳と
砂糖の和三盆のみを使った
『飲むヨーグルトS-1』を発売しました」

小さなJAとして地域のつながりも大切にしている。

「診療所やデイケアの経営をはじめ、
これまでの買い物弱者の送迎に加え、
昨年からは、移動販売による買い物支援も始めました。
山間地域ですので、高齢者を中心に
「農協が無いと困る」と、大変、喜ばれております」

JA下郷 矢崎組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.03.06

熊本地震からの生活・営農再建を支援しながら、生産者所得の向上を目指す!

JAかみましき 組合長
梶原哲
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、熊本県 JAかみましき 梶原哲組合長。

2016年の熊本地震では最大震度7を経験。
組合員や地域住民の生活・営農再建を支援する一方で、
自己改革にも力を入れる。

「これまで6つあったカントリーエレベーターを3箇所に再編して、
規模・機能を強化しました。
中長期で見れば、
農家の利用料金を減らしていけると考えています」

食と農をつうじた地域のつながりも積極的に作っている。

「親子によるイチゴ狩りなど、
食農体験ツアーを定期的に開催しています。
未来を担う子どもたちに、
農業の魅力をこれからもたくさん伝えていきたいと思っています」

JAかみましき 梶原組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.02.03

特産品のブランド化に力を入れながら、販路の拡大も進める!

JA日向 組合長
藤本隆康
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、宮崎県 JA日向 藤本隆康組合長。

香酸かんきつのヘベス、みやざき地鶏のじとっこ。
特産品のブランド化に力を入れながら、
販路の拡大も進めて農家所得の拡大を目指す。

「農家の担い手の元へ定期的に出向き、
多様なニーズに答えています。
妊娠牛の供給をする繁殖センターや、
担い手を育成するトレーニングハウスも建設しました」

食と農をとおして地域のつながりを作りながら、
宅配便業者や路線バスの事業者とも連携を進める。

「青果物の集荷や輸送が困難な中山間地域で、
効率的な輸送体制を整備して、
生産者の生涯現役を支援していきます」

JA日向 藤本組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.01.24

地域農業の担い手のもとへ出向き、あらゆる課題を丁寧にヒアリングしながら所得向上を目指す!

JAむなかた 組合長
川口正利
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、福岡県 JAむなかた 川口正利組合長。

地域農業の担い手のもとへ出向き、
あらゆる課題を丁寧にヒアリングしながら、
生産者の所得向上を目指している。

「組合員からは、肥料の価格を下げて欲しいなど,
多くの要望が集まりましたが、
集約可能な肥料や農薬を選んで仕入れ、
共同購入の量を積み上げて、値下げを進めています」

農家の高齢化が進む中、人手不足にも対抗する。

「厚生労働省の認可も受けて、農作業ヘルパーを募集し、
農家とつなげています。
イチゴのパッケージセンターも
新設に向けて着実に歩みを進めております」

JAむなかた 川口組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.12.10

和牛繁殖に園芸品目と積極的に後継者を育成!

JA北さつま 組合長
春田和則
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、鹿児島県 JA北さつま 春田和則組合長。

和牛繁殖や園芸品目で経験の浅い人を集めた勉強会を開催。
積極的に、後継者の育成に取り組んでいる。

「トマトにイチゴにネギに繁殖牛と、
若手の勉強会では、
知識や技術が身につくのはもちろんなんですが、
人と人とのつながりができると好評です」

地域農業の担い手の元へ出向き、
農家の要望を積極的にヒアリング。
生産者の所得向上にも力をいれる。

「一円でも安く生産資材を提供することに
全力で取り組んでいます。
肥料や農薬は、安心・安全を確実に実現し、
低価格化を実現しています」

JA北さつま 春田組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.11.27

金融窓口と購買店舗を併設した移動販売者の運行をスタート!

JAやつしろ 組合長
田島幹雄
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、熊本県 JAやつしろ 田島幹雄組合長。

特産のトマトをはじめ露地野菜に力を入れる。
6次産業化にも積極的に取り組みながら、
生産者の所得アップを目指している。

「9月には、今回で3回目となる
「もちっ粉」の料理コンテストを開きました。
もちの消費が減る中、
特産であるもち米の消費を拡大していきたいと思います」

今年になって、金融窓口と購買店舗を併設した
移動型の車の運行をはじめた。

「みどりのシンフォニー号という名の車が、
平日は、毎日、中山間地を中心に5つのコースを巡回しています。
地域に寄り添い、貢献していきたいと思っています」

JAやつしろ 田島組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.11.08

キンカンやピーマンのブランディングを手がけ、生産量が拡大!

JAはまゆう 組合長
藏富英志
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、宮崎県 JAはまゆう 藏富英志組合長。

南国情緒を感じさせる温暖な気候のなか、
四季を通じて多くの農産物が生産される。
肉牛や養豚が盛んで
さらには、皮ごと食べられる完熟キンカン
「たまたま」の主力産地としても知られる。

「完熟キンカンは、高齢農家をサポートする若手の育成、
新しい技術の導入もあり、
生産量、取引市場ともに、年々拡大し、
海外への輸出も行っております」

ピーマンのブランディングにも力をいれる。

「ピーマンについては、世界基準の農業認証である
「グローバルGAP」の取得を目指しており、
さらなる販路の拡大に取り組んでいます。
今後も生産者の所得向上のため、
「はまゆう」ブランドの構築に努めていきます」

JAはまゆう 藏富組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.10.14

6次産業化商品にも力を入れながらJA伊万里産の農畜産物をブランディング!

JA伊万里 組合長
岩永康則
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、佐賀県 JA伊万里 岩永康則組合長。

「伊万里牛」や「伊万里梨」を中心に、
6次産業化にも力を入れながら、
JA伊万里産の様々な農畜産物をブランディングする。

「梨の規格外品を使った加工品を、
農商工連携で開発をしています。
伊万里梨カレー、梨フルーツソース、
梨ドライチップなどの商品を販売しています」

佐賀県は、今年、記録的な大雨で広い範囲が被害を受けた。

「豪雨災害、また、台風17号の暴風雨。
度重なる気象災害に加えて、
イノシシの被害が今年はさらに拡大をしております。
命を育む産業として、
弱音を吐かずに頑張ろうと思っております」

JA伊万里 岩永組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.10.04

熟練生産者による独自の新規就農者支援体制を充実させ、ミニトマトは日本一の生産量を誇る産地に成長!

JAたまな 組合長
浦津健
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、熊本県 JAたまな 浦津健次組合長。

熟練生産者による、「新規就農者の圃場巡回」といった
独自の支援体制で生産技術の向上を図っている。

「とくに、ミニトマトは、生産者、栽培面積ともに、
10年以上、連続して伸びてきており、
日本一の生産量を誇る産地にまで成長しています」

昨年は、地元特産物のレシピを紹介する
「JAたまなきらめきレシピ」のパンフレットを作成した。

「大玉トマト、ミニトマト、イチゴ、ナス、みかんを使った
料理を全国から募集し、お手軽レシピをもとに、
プロもうなる一品を集めたパンフレットが仕上がりました。
地元農産物の消費拡大につなげております」

JAたまな 浦津組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.10.03

糸島ブランドの確立を目指し、6次産業化商品の開発に力を注ぐ!

JA糸島 組合長
山﨑重俊
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、福岡県 JA糸島 山﨑重俊組合長。

産直市場の「伊都菜彩」を拠点に、
地元農産物の「糸島ブランド」確立を目指している。

「6次化商品の開発にも力をそそいでいますが、
糸島産の野菜をふんだんに使ったウスターソース、
「糸島野菜ばえらいつこうとうげなソース」
通称「げなソース」を発売しました。
将来的には、このソースを使って、
レシピや商品のコンテストが
できるようになればと思っています」

食と農をつうじて、地域のつながりにも力を注ぐ。

「当JA女性部による食農教育スクール
「あぐりくらぶ」が活発的に活動しています。
ここ糸島で昔から伝わるそうめんを使った、
鶏(トリ)だしの郷土料理「そうめんちり」などを、
いろいろな催しで広めています」

JA糸島 山崎組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.10.02

温暖化対策として、暑さに強い品種「なつほのか」の栽培面積を前年度から倍増!

JAながさき西海 組合長
松田辰郎
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、長崎県 JAながさき西海 松田辰郎組合長。

生産資材のコストカットを進めながら、
さまざまな農畜産物のブランディングを進めて
生産者の所得向上を目指す。

「当JAは、長崎県最大の”黒毛和牛”の産地です。
管内の繁殖牛増頭を目指し、
リース牛舎の建設や、「一戸一頭増頭運動」を展開し、
確実に成果をあげています。
また、「味っ子味まる」、「出島の華」という
ブランドを有する西海みかんは、
日本一の価格で取引もされています」

特色のある米づくりにも力をいれる。

「近年、温暖化によるコメの品質低下が問題になっているなか、
暑さに強い品種「なつほのか」の
栽培面積を前年度から倍に増やしています」

JAながさき西海 松田組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.08.23

スマート農業を見据え、ドローンによる農薬散布を受託する組合を設立!

JA宮崎中央 組合長
栗原俊朗
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、宮崎県 JA宮崎中央 栗原俊朗組合長。

生産資材は、予約購入を呼びかけることで、
価格の引き下げを実現。
また、将来的なスマート農業を見据え、
今年、ドローンによる
農薬散布を受託する組合を設立した。

「ドローンによる効率の良い農薬散布で
地域農業に貢献していきたいと考えています。
生産者の労働力削減、
そして、規模拡大を目指しています」

地元農畜産物のブランド化にも力を注ぐ。

「量販店での試食宣伝の販売は、
去年、全国で182回おこないました。
また、JA管内の直売所におけるイベントも
積極的におこないながら、
生産者の所得向上を目指しています」

JA宮崎中央 栗原組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2019.08.21

全てのJA職員が参加する「農作業応援隊」を導入するほか、JAが自ら農業経営にも取り組む!

JAべっぷ日出 組合長
佐藤隆博
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、大分県 JAべっぷ日出 佐藤隆博組合長。

全国有数の銀杏産地で、かんきつや、
温泉熱を利用した花の栽培も盛ん。
かぼちゃの新ブランド
「日出の恵み」の生産にも力を入れながら
生産者の所得向上を目指している。

「肥料は、所定の場所まで取りに来た農家を対象に、
「自己引き取り」にすることで
値下げを実現し、コストカットに貢献しています」

JA職員と生産者の距離を縮めるため、
ユニークな取り組みもおこなっている。

「全ての職員が、1年のうち数日間、
農家のもとで農作業をする
「農業応援隊」を導入しています。
また、農家からの相談をもとに、
優良な農地を荒らさないために、
JAが自ら、農業経営にも取り組み、
職員一同、現場経験を積んでいます」

JAべっぷ日出 佐藤組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
12
Next