今週の『しんどー相談室』4日間を聴いてくれた生徒の書き込みを紹介

SCHOOL OF LOCK!


学校運営戦略会議1を聴く

聴取期限 2020年12月4日(金)PM 10:00 まで



学校運営戦略会議2を聴く

聴取期限 2020年12月4日(金)PM 10:30 まで



SCHOOL OF LOCK!


『 しんどー相談室 』

さかた校長「今週は“今ちょっとしんどい…”と思っている生徒の声に耳を傾ける『しんどー相談室』の授業を、4日間かけて行った」

こもり教頭「『進路相談室』ではなく『しんどー相談室』。月曜から木曜まで、“不登校”“いじめ”“親関係”“生きること”。それぞれでしんどい思いをしている生徒と話をしていきました」

そんな今週の授業を通して、色んな書き込みも届いている。

願い
今週(月〜木)を通して自分の意見
・逃げることは悪くない!
・1人で抱え込まなくていいんだよ!きっと友達が親がSOLのみんなが相談にのってくれる!
・死なないで それ以上は望まない…って言ったら嘘になるけど死なないで欲しい。

まだまだ色々あるけど簡潔にいうとこの3点かな。
皆さんの身に起きている辛いこと苦しいことが無くなりますように…
無口なペンギン
男性/18歳/宮城県
2020-11-26 22:04


さかた校長「そうな。本当に“逃げることを悪い”と思っている生徒たちがいたけども、全然悪くないし、弱音を吐くことも何も悪くないもんね」

こもり教頭「そうですね。あとは、“どこが逃げ道なのかな?”っていうのを悩んでいる生徒もいましたし、自分が言葉を伝えることによって、相手をネガティブな気持ちにさせてしまうんじゃないかとかっていう、その子の持つ根っこの部分にある優しい部分みたいなのも、そこから見ることもできましたね」

さかた校長「本当にひとりで抱え込まなくてもいいし、みんなが相談に乗ってくれるからね。いくらでも頼ってほしいなと思う。
それに、みんなの話を聞いて、書き込みを読んで、こういうふうに意見を持ってくれた、っていうのがすごい嬉しいですね」

SCHOOL OF LOCK!



生きる
生きてる中で、何か楽しいと思えることが、ひとつでもあるなら生きないといけないと思う。
どんなに辛くても、自分の楽しいと思えることのために生きることが、自分の使命なんだと思った。
私も死にたいくらい辛いことが沢山あるけど、楽しいことのために生きようと思う。
秋の夕暮れ
女性/18歳/鳥取県
2020-11-26 23:24


さかた校長「楽しいこと、何でもいいんだよね。ちょっと自分がクスッとなるようなことでもいいし、もちろん好きな音楽だったり、漫画だったり、趣味でもいいし。ちょっとでも心が躍るようなことがあれば、それを理由にしちゃっても全然いいしね」

こもり教頭「世の中、本当に辛いことが本当にいっぱいあるし、1個目を逸らして見た時に、誰かがつらい思いをしてたりとか苦しい思いをしてるっていうのは、確かに世の中にいっぱいありますけど。それでもまた目線を逸らして違う方向から見ると、やっぱり楽しいことって世の中にいっぱいある。
人と出会えば出会うほどいろんなことを思うけど、出会えば出会うほど“楽しい”の数もどんどん増えてくなと思うんで。すごく明確な理由が絶対に必要ってわけでもなくて、本当にそこを思うだけ。“楽しい。だから行きたい”。もう本当にすごくシンプルな考えでもいいんじゃないかなって。
やっぱり難しく考えることっていっぱいあるじゃないですか」

さかた校長「そうな」

こもり教頭「“こうしなきゃいけないのかな”とか、“ああした方がいいのかな”。友達の意見もそうですし、先生の意見も、親の意見もそうだし、いろんな意見がある中で自分で答えを出さなきゃいけないから、考えてるうちに難しくなっちゃうけど。そういう“楽しい”と思ったこと。本当にただそれだけで生きる意味ってすごくあるな、っていうのも、この4日間を通して僕は感じましたね」

SCHOOL OF LOCK!



SOL
今週のしんどー相談室で、生徒さんたちの温かさを改めて感じる。
辛い状況にいる生徒さんの話を聞いて、私の周りの子をそんなふうに感じさせないようにしたいと改めて思った。

今日は期末テストで、進路に関わる大事なテストで緊張でお腹も痛くなってきた時に「大丈夫。私にはSOLの生徒さんたちがいる。今、同じようにテストを受けてる生徒さんがいる」と思えて全力で受けることができた。SOLに出会えて本当に良かった。
ありがとう。
さきりんちょチョちょ
女性/15歳/愛知県
2020-11-26 19:18


さかた校長「こちらこそ、本当にありがとう!
俺たちもあったかさを感じたし、みんなが本当にすごいあったかい言葉をくれるから、それが本当に嬉しいし。
何より、さきりんちょチョちょが、大事な勝負の時にこういうふうに“みんながいるんだ”と思って頑張ることができたのが、嬉しいね!」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「今の時期、期末テスト真っ最中の生徒もきっといるから。それもひとつの『共感』じゃないですか。“俺もテストだけど、今SCHOOL OF LOCK!を聴いてる生徒もテストのヤツいっぱいいるぞ!”って、それだけでも“頑張れるな”って思ってくれたら嬉しいな、って改めて思いますね」

さかた校長「みんな、ひとりじゃないからな! 俺たちも、もちろん、生徒のみんながついてるから! 安心して頼って来てほしいなと思う!」


さかた校長「今週は4日間かけて『しんどー相談室』をやっていったけど、これからも『学校掲示板』は、生徒たちみんなの教室! しんどいことがあったら、溜めずに、ちょっとでもいいから遠慮せず、『学校掲示板』に書き込んで欲しい! 俺たちもそうだし、SCHOOL OF LOCK!の職員のみんなも見てるから!」

こもり教頭「そうですね。みんなで見てますからね」

さかた校長「だから、書き込みを見かけた生徒は、ぜひ、レスでも声をかけてあげてほしいなと思う」

SCHOOL OF LOCK!は、いつでも君の味方だ!!


♪ 本当につらくなってしまったあなたへ / スロウハイツと太陽


さかた校長「この曲は、静岡県 17歳 女の子 RN 雨のしずく。が、学校掲示板に『しんどいとき、これ聴いてみて』と書き込んでくれた、スロウハイツと太陽先生の『本当につらくなってしまったあなたへ』という曲!
顔が見えなくても、こんなにも君のことを思ってる生徒がたくさんいるし、僕らも思っているし。だから、全然頼ってほしいし、逃げることは一個も間違いでもないし、弱音を吐くことは一個も間違いでもないし。
僕らは本当に君たちと一緒に笑いたいと思ってるから、どうしてもつらくなったらいつでも頼ってほしい。それはパンパンの状態でなくて、少しでも思ったらこぼしてくれてもいいなと思ってる」

こもり教頭「そうですね。
正直、僕らもすごく悩んでるし、毎日一緒に電話できる生徒に対して、100%の答えを…まぁ、『答え』を言ってるというつもりもないですし、一緒にその話を聞いて、一緒に今思ってる気持ちを共感出来たらな、と思う。その子が何か少しでも前に進めるのにどうしたらいいかな、って悩んでるし、だからこそ、聴いてる生徒のみんながどう思ったのかとか、みんなの言葉を僕も欲しいなと思うので。
だから、この4日間で“ここからSCHOOL OF LOCK!は始まるんじゃないかな”ってまた改めて思ってます」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「他にもこういうふうに、しんどいときにおすすめの曲』を、何人かの生徒が学校掲示板に書き込んでくれているから、よかったらチェックしてみてほしいなと思う!」




さかた校長「来週木曜日の生放送教室で、生徒のみんなと一緒に聴きたい曲があるんだけど…」

それが、amazarashi先生の新曲、『令和二年』

こもり教頭「生徒のみんなが今年・令和二年に感じた思いを歌い上げてくれているような、今年を象徴した曲になっています!」

さかた校長「来週木曜日の生放送教室で初解禁! みんなで出席して、一緒に聴こう!」


前の授業時間次第でたまに現れる「幻の時間」の書き込みを募集中!
不規則に現れる時間なのでいつ読まれるかわからないけど、それでもよければ、『学校掲示板』に「幻の時間」というタイトルをつけて書き込んでほしい!
「幻の時間」の書き込み、待ってるぞ!

SCHOOL OF LOCK!



学校運営戦略会議1を聴く

聴取期限 2020年12月4日(金)PM 10:00 まで



学校運営戦略会議2を聴く

聴取期限 2020年12月4日(金)PM 10:30 まで

学校運営戦略会議 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る