宿題:「ありそうでなかったバンドグッズとは?」

SCHOOL OF LOCK!




質問!
サカナクション先生と言えばクラブミュージックの要素が入ってるのが特徴のひとつとしてありますけど、サカナクション先生以外のクラブミュージックも聴いてみたいのですが
皆さんはクラブミュージックにはどーやって出会っていますか?
優柔不断なのは僕だけじゃない
男/18/埼玉県




山口「優柔不断なのは僕だけじゃないは今、クラブミュージックの門をノックしているところなんだな。ここからクラブミュージックに入っていくのか。こういう生徒が今後楽しみですね。みんなどうやってクラブミュージックを探ししているのかね。先生はいろいろあるぞ。前にも話したことあるかもしれないけど、BOILER ROOMっていうYouTubeチャンネル、サイトがあるんだよ。そこでは、ヨーロッパ各地や、日本のもありますけど、いろんなDJがプレイしているんですよ。それを聴いて、この曲いいなってShazam(※その場で流れている曲の音を元に、楽曲名などを調べられるアプリ)したりしています。あと、レコード店のサイトにいって試聴したりするし、この人いいなって思ったら、その人のレーベルの曲を聴いてみるとかね。一番簡単なのは、iTunesとかで関連として出る曲を聴いてみるとかね。この曲を聴いている人は、こういう曲も聴いています……みたいなのが出るでしょう?そういうので調べてみるっていうのが一番早いんじゃないかと思う。やっぱり、歌がない音楽は聴き方が難しいのよね。歌があると楽だから。そうじゃなくて、グルーヴを感じるとか、鳴っている音が好きかとかね……。鳴っている音が好きって感覚、わかるかな? ビャンっていうシンセの音がかっこいい……とか。ハットの音がチッチッっていっているその……ズッでも、グッでもなく、チッがいいとかね。いろいろあるんだわ(笑)。自分の好きな曲を探すっていうのもクラブミュージックを聴くいい要素だと思う。クラブミュージックっていってもいろいろあるから。テクノやハウスだけじゃなくて、HIP HOPだってクラブミュージックだから。最近はJAZZの要素が入っている曲もあるよね。『NF』でもLINE LIVEとかで配信しているので、見て調べてもらえたらいいかなと思います。」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


「今夜は、生徒の皆さんに宿題として出していた、「ありそうでなかったバンドグッズとは?」に提出されたものを紹介していきたいと思います。バンドグッズは、ミュージシャンが毎回ツアーの度に作っていますね。あとは、フェス限定のグッズも作ったりしています。定番のものからイレギュラーなものまでいろいろなバンドグッズが、バンドの数だけあるって言っても過言ではない。そこで、今夜は、生徒から届いた宿題を見て、今後のバンドグッズ制作の参考にしていきたいと思いますよ。だから、適当なことを言っているやつは全部0点!今回は、どんどん採点して、点数が高いものはうちの事務所のトップに、直接ノックしてね……(コンコン、と机をノックして)「失礼します。山口です。あの……こういうバンドグッズも提案したいと思います!お願いします!」ってね(笑)。それでは紹介していきましょう。」



私は、今年から新生活が始まり、よくパソコンを使うので、サカナクションオリジナルのUSBメモリや、PCケースが個人的に欲しいです。いかがでしょうか?
あーちゃん
女/19/神奈川県




「あー……これね、やったことあるのよ。やったことあるけど売れなかったのよ!(笑) USBっていうのは、ありなんだけど、売れないのね。別に使わないって。PCケースも、あなたたち、いくら出す?レザーでフカフカしていて、チャックがチューッて付いているやつをイメージするでしょう?オリジナルで作ると1つ5000〜6000円になるんですよ。5000〜6000円あったら、PCケースじゃなくてTシャツ買わない?そういう風に判断する人が多いのよ。本当にあなたたちは自分たちの欲しいのをどんどん言って、全体的なことを見ていない。そういった全体的なことを予測した意見が欲しい。」

「ということで、USBメモリとPCケースは……60点!」

SCHOOL OF LOCK!




「グッドバイ(NEXT WORLD REMIX)」などでパソコンの前に立って演奏をするときに使用するサングラスとヘッドフォンのセットで、NF DJ’s アクセサリーというのはどうでしょうか?正直、あったら絶対に買いますよwww
フライシーガル
男/16/長崎県




「本当に買うかー?本当に買うのか?(笑) あの青いサングラスだぜ?青いサングラスにヘッドフォンセットで、いくらなら買うんだい?結構するぜ?青いサングラスは、簡易的なものにするよ。でも、枠を型から作るわけだな。フレームがパキッて折れたりすると不良品だって言われるからしっかり作るわけだな。作ってヘッドフォンもつけるわけだな。ヘッドフォンっていったって、良い音じゃなきゃダメなわけだろう?……知ってるか?サカナクションがライブの時に使っているヘッドフォンは、ULTRAZONEっていうやつの白いやつだぞ。あれ10万円以上するんだぞ?全部経費で買ってもらっているけども。それと同じクオリティを求めるのか……3分の1にしたとしても、15000円はするぞ。例えば、オーディオテクニカ(Audio-Technica)さんとコラボしたりしてね。でも、オーディオテクニカとやると後々シュア(Shure)さんとはできなかったりとか、いろいろあるんだぞ。だからなかなかヘッドフォンにてを出すのは難しい。でも、セットで3万円くらいだな。……買うか?本当に買うか? 後ろにwwwの笑いが3つ付いているぞ?(笑) これは買わない感じがするぞ。高くなると買わなくなるっていうことを先生は知っているの。」

「そうねー……頑張るんだけどねー。サングラスとヘッドフォンだと……60点!」

SCHOOL OF LOCK!




買いたいと思うグッズは靴下です!Tシャツやポーチ、バックなどは予算が足りなくてなかなか買えません。ですが、日常生活で私は○○のファンですとちょこっとアピールできるアイテムがあると良いなと思います。サカナクションのグッズはデザインもかっこいいし、靴下ならいつでも使いやすいなと思いました。もし2000円くらいで売っていたら必ず買います。
にゃんこ2缶
女/13/静岡県




「え、靴下に2000円出す?先生はいつも靴下3足で990円とかだぞ?(笑) 靴下の案は1回あったんですよ。だけど、靴下が難しいのはサイズなのよ。メンズとレディースをふたつ分けて作るか、レディースだけにするか……。でも、メンズだけにすると、なんでレディースはないんですか、とか、レディースだけ作ると、はいはい女子ウケですかってTwitterにくるわけですよ。何をやってもあなたたちはちょこまかちょこまかクレームを言ってくるのに先生たちは耐えつつやっているわけですよ。でも、靴下はいいかもしれないですね。UROCO靴下とかね。」

「13才の女の子が2000円出すって言っているわけだから……80点!」

SCHOOL OF LOCK!




バンドごとのフェスオリジナル国旗があったら買っちゃうと思いますよ!それを持っていたらライブで絶対盛り上がると思います。TwitterやInstagramにもあげたくなりますね。
ルワンダと鴻
男/18/長崎県




「あー……バンドごとのフラッグみたいな感じ?駅伝の応援みたいなやつね。でも、バーっと振っているときに後ろの人が見えないってなったり、目に当たったとか、そういう可能性がありますよね。危ないかもね、ちょっと。だったら、手のひらシールみたいなのにするとかね。キラキラ光るとか。でも、TwitterとかInstagramにあげたくなりますねっていうのは、ある種ありだね。それが結構重要だからね。あなたたちは思い出をインターネット上にあげたがるから(笑)。そういう子達に対応するグッズっていう考え方はありだね。」

SCHOOL OF LOCK!


「国旗……フラッグだよね。TwitterとかInstagramにあげたくなるって意見も入っているから、これはそこも踏まえて60点。」



防水スマホケースを是非使って欲しいです!フェスでもアウトドアでも使えるし、市販されているものはシンプルなものが多いので、サカナクションらしいおしゃれなものを是非お願いします。
蒼い猫
女/32/東京都




「さて、スマホとは、あなたたちは一体何をさしているんだ?iPhoneか?Androidか?iPhoneは5か?6か?Plusか?どの形に合わせて僕らは作れば良いんだ。そういうこともあるからな。みんな、いろんなスマートフォンを使っているわけだから、いくつも作らなきゃいけなくなるわけですよ。コストが上がるわけね。あと、どれがいっぱい売れるか読めないのよ。6の形を作ったらPlusの人は使えないわけですからね。そうすると、いつの間にか7が出たりするのよ。それがねー……難しいのよ。全部が入るような大きいものを作ることはできる。だけどそれはデザインとしてはあまり良くないじゃん。だからあまり取り組めないね。まあねー、スマホケースはよくあるけど、防水が欲しいっていうのはちょっと難しいな。コストも上がるしね。5000〜6000円になっちゃうな。iPhoneケースにそんなに出すかなって気もするしね。」

「スマホケース……本当に難しいのよね……。そうだなー……60点かな。」

SCHOOL OF LOCK!


そろそろ今回の授業も終了の時間になりました。

「いろんな意見があったけど、先生たちは毎日いろんなことを考えているわけですよ。Tシャツも、元々ある型(パターン)の、色だけ違う無地のものを大量に買うと安くなるわけですよ。そしたらプリントするだけだから、価格も安くできるし、こちらの売り上げも大きくなると。だけど、それって質が良いかというとまた別の話じゃない。Tシャツも、袖を肘より長くしようかなとか、脇のところにゆとりを持たせる、ドルマンみたいな形にしようとかね。ドルマンっていうんだぞ?そういうのをいろいろやっていくと、オリジナルでTシャツを作らなきゃいけなくなったりするんだ。オリジナルの型を作るだろ?そうしたらまたお金がかかるだろ?そうなると価格が上がってしまうわけだろ。そしたらみんな買えないだろ。かわいいけど買えない。それが美しいから買うんじゃなくて、安いから、記念品として、思い出として買うってなっていくわけだから。それがグッズの役割になっているわけね。でも、先生たちはそれを変えたいなって色々考えているわけですよ。どうしたらコストが安くなるんだとかサカナクションっていうバンドを通じて、僕らが良いっていうものを手にとってもらえるのかとか。」

SCHOOL OF LOCK!


「いろいろ試行錯誤してこういう宿題を出したわけだけど、生徒諸君もいろいろと思うところがあると思う。だからね、先生、今度やってみようと思うことがあります!先生がやっている『NF』で……NFロゴを解放します!つまり、NFロゴを使って、みんな好きにグッズを作れ!で、NFでお店を出せ!お客さんに売って良いぞ。NFグッズを自分で作ってNFで売ると。だから、みんなグッズを作ってみたら良いんだよ。そして、実際にお客さんを相手にしてみたら良いと思う。「USBメモリで1500円?高!」とか言われたりするのを目の前でみたりしろ(笑)。そういう思いをしろ(笑)。でも、良いものは売れるわけだからね。そういうのを経験して、一緒に学んでいけたらいいなと思います。」

SCHOOL OF LOCK!


「さて、明日は先週から言っていますが、『NFパンチ』のサカナクションカルトQが開催されます!参加する人は決勝戦でお会いしましょう。」

「そして、来週のサカナLOCKS!ですが……

夏の大人気授業……夏の怖ーい音源特集をお届けします……。

CDの中に紛れてしまった幽霊の声……

それは幽霊なのか何なのか……

……先生が検証していきたいと思います。
夏の怖い音源特集……楽しみにしておいてください。」

SCHOOL OF LOCK!

サカナLOCKS! 放送後記

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る