生徒のみんな!!『最近、何聴いてる?』

SOL!

今夜の授業を職員のジェーンが振り返り!


今夜のSCHOOL OF LOCK!の授業は『最近、何聴いてる?』

今日のテーマはずばり!そのまま!!

最近ずっとこればっかり聴いている、『勉強がはかどるのでこの曲を聴いている、親の車で流れているので聴くようになった!など!生徒のみんなが、最近どんな曲を聴いてるのか?を教えてもらっていきました( ˘ω˘ )


1人目に電話をした生徒 RN:イカすみが最近聞いている曲は、WANIMA先生の『シグナル』。

元々は姉がこの曲を聴いていて、いつしか自分も自然と聴くようになっていたという。そんなRN:イカすみ の夢は高校の先生になること!この曲を聴いていると“夢に向かって頑張ろう” と背中を押してもらえるんだとか、、!


2人目に電話をした生徒 RN:天然ボイスが最近聞いている曲は、Wウォルピスカーター先生の『徒花の涙』。

現在高校1年生のRN:天然ボイス がこの曲に出会ったのは1年前。受験するにあたって進路に悩んでいた時に友達が今の自分にぴったりだとオススメしてくれたのがこの曲で、教えてもらってすぐに聞いて衝撃を受けて、今でも自分の中で大切にしていて、学校の登下校で毎日聞いている曲だと教えてくれました。


3人目に電話をした生徒 RN:アルミ製メンタルが最近聞いている曲は、Orangestar先生の『Surges (feat. 夏背 & ルワン)』。

この曲は2ヵ月くらい前にたまたま動画のオススメで知った曲で、MVがカロリーメイトとコラボしたものとなっていて、そのMVのテーマが“部活動”となっている。つい最近、引退する前まではバレー部に所属していたという RN:アルミ製メンタルは、その時ちょうど新人戦を控えていたバレー部の後輩にこの曲を贈ってバレーに対する自分の意思を受け取ってもらったと話を聞かせてくれました。


4人目に電話をした生徒 RN:ラビンラビットが最近聞いている曲は、Siip先生の『オドレテル』。

去年オススメ動画にSiip先生が出てきてそこから曲を聴くようになったというRN:ラビンラビット。過去にいじめを受けた経験があり、その人たちに対して腹立たしい気持ちがあるけど、この曲を聴いているとそんな気持ちを代弁してくれる気がして、Siip先生が歌としてうたってくれることで、そんな自分の気持ちも救われている。と話を聞かせてくれました( ˘ω˘ )


今日は最近みんなが聴いている楽曲を聞いていきましたけど[ 学校掲示板 ]にはまだまだみんなが紹介してくれた楽曲が沢山載っているのでぜひぜひチェックしてみてください(^◇^)

この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年11月16日(火)PM 10:00 まで

生徒のみんな!!『最近、何聴いてる?』


こもり校長「一夜明けて!」

<ガタタ…>

ぺえ教頭「なんか落としたけど大丈夫?」

こもり校長「赤ペンが手に当たって吹っ飛んだ。こんなことある?」

ぺえ教頭「何か送ったのよ。私が、念を」

こもり校長「ねぇ、その話していい?
昨日、にしな先生が来てくれて。にしな先生は、チェキで写真を撮る方で、生放送教室の間、ずっとチェキで写真を撮ってたの。で、教頭の写真を撮ると、なにやら白い影が写ると。じゃあ3人で撮ってみましょうよってことで、教頭のところだけ白いモヤがかかってたらヤバいよね〜ってふざけて言ってて。3人で撮ったら、見事に教頭のところだけ、白い縦線が」

ぺえ教頭「ね〜。私だけ。何か白いものが覆いかぶさるように写っちゃってね」

こもり校長「で、この3人ショット撮るまではギャグだったんだけど、これが出た瞬間に笑えなくなるっていう」

<BGM>

こもり校長「この音を初めて鳴らした人ってすげー感性だなって思う。ぴったりだもん。怪奇現象の音だもんね。いや〜、怖いね。最初は写らなくて、真っ黒なのが出てきてさ」

ぺえ教頭「そう、何も写らなかったのね」

こもり校長「その後校長撮られて、綺麗に撮れて。次、教頭撮ったら、真っ白」

SCHOOL OF LOCK!


ぺえ教頭「まあね、何かに守ってもらっているのか、悪いものが憑いてるのかはわからないけど。どうなのかしらね?」

こもり校長「怖い話ですよ」

ぺえ教頭「怖いかどうかはわからないわよ。守ってくれてるかもしれないし」

こもり校長「そりゃ、ポジティブ過ぎよ、考え方が」

ぺえ教頭「え〜? なんでよ。いつもアンタがポジティブじゃないの(笑)私の話になったとたん、なんでネガティブになるのよ?」

こもり校長「いや、怖いね。だからそこもあったのかな。昨日のインスタで“自分らしさ”みたいなの書いていましたけど」

ぺえ教頭「なるほどね。そうね、私ってさ、昨日言ってたことと今日言ってること違いますねってよく言われるの。でもさ、そりゃそうだろって思うわけ」

こもり校長「うん、まあね。人だからね」

ぺえ教頭「そ。なにか目標をたてたとしても明日になったら、“あ、違うな、これじゃないな”って感覚、人間だしそれぞれあるじゃない? 素直にさ。なんかそれが“ブレてる”みたいな感覚あるじゃない?」

こもり校長「言われちゃうよね」

ぺえ教頭「“どうなの?”って思う。その時その時の感情に素直になってさ、時の流れに身を任せて過ごしていくことが、柔軟に生きていくことが、自分らしさなんじゃないのって思ったりもするの。でも、自分らしさって、誰が見ても“この人こうだよね”っていうのがないと、自分らしさがない人だと思われがちじゃん?」

こもり校長「そうだね」

ぺえ教頭「でも別に外見とか外側の問題じゃないわけよ、自分らしさなんて。だから、いろいろ考えたわ」

SCHOOL OF LOCK!


こもり校長「そう。昨日のインスタのことだったりとか、昨日の授業テーマが、狙ってはいないけど、リンクした部分があってさ。昨日は2時間を通して、“自分らしさ”を感じつつも、自分らしさと周りとの関係性も自ずと意識したじゃない?」

ぺえ教頭「うんうん」

こもり校長「自分らしいと思うことが、端から見られているって意識に変わっちゃうこともあるし。それが逆に違和感を感じるきっかけになったりとか。
世の中は“自分らしくいろ”って言うけど、自分らしさを持ったとたんに、違和感を感じちゃう、この現状ってなに? …答えはないし、それを考え続けることが今なのかなってところにも行きついたから。“昨日は昨日で終わり! じゃあ、授業テーマ、今日は今日!”っていうよりかは、またSCHOOL OF LOCK!の中でこういう話はしていきたいし」

ぺえ教頭「そうね」

こもり校長「昨日話しただけで終わりだよってしたくないから」

ぺえ教頭「うんうん!」

こもり校長「だから、改めて授業が終わった後、Twitterとかでつぶやいてくれている意見を見てみたりとか、今日、夕方に掲示板を見たら、昨日、放送が終わった後や今日の朝だったり昼だったりに書いてくれた言葉があって。そういう言葉が、全部今日に繋がっていると思うから。改めて、ああいう授業テーマを設けてやりたいなと思いましたね」

SCHOOL OF LOCK!



♪  アリス / 水曜日のカンパネラ


こもり校長「言葉だけでは届ききれないことって、世の中、結構あると思っていて。自分が思っていることを口にしてるし、頭の中で考えて伝わりやすいようにしてるけど、それが伝わらないってこと多いと思うのよ」

ぺえ教頭「多いよね」

こもり校長「でも、多分、SCHOOL OF LOCK!の生徒は感じたことあるかもしれないけど、何か答えが出なかった時とか、“うーん”って迷った時、何かみんなが同じ方向に向く瞬間に導いてくれるのが、『音楽』だなって思っていて。
毎日毎日いろんなことが起こるけど、意外となんでもない日って、それだけでハッピーみたいな。なんか昔のアニメの中でも出てきた言葉ではあるんだけど、有名な茶会のセリフではあるんだけど、“なんにもない日がなんでもない記念日”みたいな。僕たちが毎日月曜日から金曜日まで同じ時間に声を出すって、実はそういうところに、意味があるんじゃないかとか。僕たちがいつもここにいて、助けてもらっているのが身近にある音楽だったりするんだなって。
校長は職業柄っていうのもあるんだけど、自分の曲で苦しめられる時もあるんだけど、自分の曲で救われることもあるし、そういう経験もいっぱいしてきたから、この2時間の間に起こることは現実のことばかりだけど、意外と非現実なことでもあるって思っていて、身をゆだねてほしいなって思いましたね。
今日は、そんな音楽についてみんなと話していきたいと思います」

<工事の音>

ぺえ教頭「何これ?」

こもり校長「SCHOOL OF LOCK!、工事中でございます。1か月前ぐらいにもこの音が流れて、1か月経っても作業が進んでないけど。
以前、殿堂入りした“ギターチャイム”だったりとか、音に関してはまだまだ工事中だったりするのよ。工事現場では、夜な夜なヘルツ先生を見かけるという噂も。現場監督が頑張ってくれてるらしい。ずっと深夜にいるらしいのよ」

ぺえ教頭「大変ねぇ〜」

こもり校長「何をやってるんだろうか!? …って、細かいことをやってくれているんだけど、新しい形での授業を、生徒のみんなは楽しみに待っていてほしいなと思います。
さあ、今日の授業は!」

『最近、何聴いてる?』

こもり校長「SCHOOL OF LOCK! は色んな音楽が流れます。電話した生徒に向けた曲だったり、職員がおすすめの曲、校長教頭が好きな曲も流れたりする。
そして、なにより、この学校の生徒は、音楽が好きな生徒が多い!
そこで今夜はみんなに、“最近どんなの聴いてるの?”っていう、生徒の君の聴いている音楽を教えてもらおうと思う!」

ぺえ教頭「気になるね〜」

こもり校長「ほんとに軽いことでもいいよ。友達が聴いてたから、とか。最近、これが好きとか。朝起きたらこれを聴いてるとか。こういうシチュエーションで聴いて下さい、なんてオススメポイントをレコメンドしてくれてもいいし。君が最近聴いている音楽を教えてほしい。
教頭はどんな音楽を聴いてますか?」

ぺえ教頭「私は、どうだろ? 生徒のみんなはわかるかわからないけど、渡辺真知子さん、今年で65歳かな」

<ここで渡辺真知子さんの曲が流れる>

ぺえ教頭「あ、これは、『唇よ熱く君を語れ』っていう、私が大好きな曲なんですけど。渡辺真知子さんのライブ、一週間前に行ってきて。すごかった。もうパワフルで。65歳になってもこんなに元気で。ほんと元気。表面上の元気ではなく、ほんとに元気で。だから、その会場に足を運んだお客さんも結構年配の方とかも多かったんだけど、みんな真知子さんのライブの後、パワーもらっちゃって、もう、エレベーターなんて誰も乗らないのよ。もうみんな階段を下りて帰る。もうそのぐらいやっぱりすごくて。一番、パワーをもらったかも。生で歌を聴いて」

SCHOOL OF LOCK!


こもり校長「ライブの中で1番ね」

ぺえ教頭「あと、SCHOOL OF LOCK!が始まって好きになったアーティストもたくさんいる」

こもり校長「そうなんだ?」

ぺえ教頭「ちゃんみなもそうだし、昨日のにしなちゃんもそうだし。この番組があったから、すごい聴くようになった」

こもり校長「うん。そういう出会いの場にもなってほしいなと思うから、逆に今日生徒が紹介した楽曲、“私も聴いてるよ”とか、“それ、教室の誰かが聴いてたかも!”とか、そんなきっかけになればいいと思っているから。ぜひ、どんな音楽を最近聴いているのか、教えてほしい」

ぺえ教頭「嬉しいわ。SCHOOL OF LOCK!で渡辺真知子さんが聴けて」

こもり校長「わかるよ」

渡辺真知子先生!
渡辺真知子先生って言ったらやっぱり「かもめが翔んだ日」が好きだな!!「ハーバーライトが」で最初からパワフルで元気もらえます!!

ベーコンエッグボリボリ
男性/18歳/福岡県
2021-11-09 22:20


ぺえ教頭「そうね〜。あの高音で悩みも吹っ飛んでっちゃうのよね」

こもり校長「なにしろ歌上手いから!」

ぺえ教頭「上手いよ〜! 大好きよ。あとりゅうちぇるからね、“霊媒師、紹介しようか?”ってLINEがきたわよ(笑)」

こもり校長「今? おもろっ! りゅうちぇる先生、よかったら、半蔵門でお待ちしています(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



イカすみ 埼玉県 16歳 女性

こもり校長「さっそくだけど、最近、何聴いてるの?」

イカすみ「私が最近よく聴いているのはWANIMA先生の『シグナル』です」

こもり校長「なんでWANIMA先生の曲に出会ったの?」

イカすみ「もともと、私のお姉ちゃんが、WANIMA先生をすごく好きで、家でこの曲をよく聴いていて、自分も隣で聴いていて好きになりました」

ぺえ教頭「お姉ちゃんの影響で聴き始めるってあるよね〜。私はね、SPEEDとPUFFY」

イカすみ「(笑)」

ぺえ教頭「“私Yumi(吉村由美)ね、お姉ちゃんAmi(大貫亜美)ね”って歌ってたりした」

こもり校長「お姉ちゃんの影響がデカいんだ、WANIMA先生の曲は。でもお姉ちゃんはいろんな曲を聴いてたと思うけど、なんで『シグナル』なの?」

イカすみ「この曲は、夢に向かって頑張ったりする時にすごく元気をもらえて、背中を押してもらえる曲だからです」

こもり校長「イカすみは、背中を押してもらいたい瞬間があったりするの?」

イカすみ「その将来に向けて勉強したりしてる時に、少し、気分があがらなかったりする時にこの曲を聴くと、頑張ろうって思います」

こもり校長「お〜〜! 夢はなに?」

イカすみ「将来の夢は、高校の先生になることです」

ぺえ教頭「なんで“高校”の先生なの?」

イカすみ「今年、高校生になって、副担任の先生を見て、すごく素敵な先生で、自分もこうなれたらいいなって思って、“高校の先生”っていう夢になりました」

こもり校長「どういうところが好きなの?」

イカすみ「生徒目線で一緒になって考えてくれて、相談とかしてもすごく親身になって聞いてくれるところです」

こもり校長「なるほどね〜。自分もそんな風に寄り添える先生になりたいなって、(高校の先生になりたいと思う)きっかけになったんだ?
この『シグナル』に助られる日があったの?」

イカすみ「はい。“ここから頑張ってくぞ!”って時に聴くことが多いです」

ぺえ教頭「校長は、高校時代にそういう曲あった?」

こもり校長「あるよあるよ。アジカン先生」

ぺえ教頭「あ〜」

こもり校長「ま、そもそもLDH全般だったんだけど。
わかるよ、そういう時に聴くと頑張れるの。WANIMA先生の曲の好きなパートとかあるの? 結構ショートな曲のイメージだけど」

イカすみ「最後の方なんですけど、“好きにやって駄目なら戻ってこい”っていう歌詞があって、すごいがむしゃらにやって、でもダメなら、少し前と同じやり方でもいいのかなって思わせてくれる歌詞なので、すごく好きです」

こもり校長「なるほどね。イカすみのまわりでも聴いてる子とかいるの?」

イカすみ「お姉ちゃん以外はあんまりいないです」

こもり校長「うちの学校だったら、いるからね、“私も好きです”って。この後一緒に聴くけど、だいぶ周りの子が聴くことになるからね」

イカすみ「はい!」


♪   シグナル / WANIMA




こもり校長「イカすみ!」

イカすみ「はい!」

こもり校長「テンションあがるな!」

イカすみ「(笑)」

こもり校長「聴きながら、校長先生、今着てるトレーナーを脱ごうか脱ぐまいかすごく悩んだ結果、脱がないという選択で、すごい今熱く、悶々となってるよ」

ぺえ教頭「確かに熱くなってくれるね。ちょっと前向きじゃない日も包み込んでくれる曲ね」

イカすみ「はい!」

ぺえ教頭「挑戦を肯定をしてくれて、すごい素敵な曲でした」

シグナル!
文化祭でたくさん聴きました!
文化祭盛り上がったな、楽しかった思い出です。

ひなぱんだ
女性/14歳/山口県
2021-11-09 22:37


ぺえ教頭「曲を聴いて蘇る思い出ってあるよね」

シグナル
WANIMA先生のシグナル、私もよく聞きます!!
元気もらえてまた頑張ろうって思える曲!

トマト会の会長
女性/15歳/広島県
2021-11-09 22:37


こもり校長「いるね〜。やっぱね。こういう風に、同じ境遇で聴いている生徒も」

WANIMA先生!
WANIMA先生の曲めっちゃテンション上がる!!
ももちゃの周りはWANIMA先生好きな人多い!
シグナル聞いて勉強頑張るぞ〜!!

ももちゃ
女性/15歳/滋賀県
2021-11-09 22:37


ぺえ教頭「同じ境遇ですね」

こもり校長「イカすみも夢に向かって、辛いこともあるだろうけど、これを聴いて、頑張っていこうね!」

イカすみ「はい! ありがとうございました!」

SCHOOL OF LOCK!



天然ボイス 岩手県 16歳 女性

こもり校長「天然ボイスは、最近、何聴いてるの?」

天然ボイス「私は、ウォルピスカーター先生の『徒花の涙』という曲を聴いています」

こもり校長「おぉ〜ウォルピスカーター先生は校長、知ってるけど、『徒花の涙』ってどんな曲なんだろうな?」

天然ボイス「すごい苦しい時に、肯定してくれるような曲です」

こもり校長「この曲に出会ったのはいつごろ? どんなきっかけだったの?」

天然ボイス「去年の受験期に入ってからです。すごく進路で迷っていた時に、友達に相談したら、“この曲、すごくいいから聴いてみて”って言われたのが始まりです」

こもり校長「教えてもらったんだ。どんなことで悩んでいたんだろう?」

天然ボイス「近くの高校に行くか、ちょっと離れた高校に行くかで、悩んでました。家の近くに高校がひとつあるんですけど、そこをちょっと学力が高くて、もうひとつの高校は家から離れちゃうけど、就職に有利な高校で」

ぺえ教頭「なるほどね〜。違う良さがあるのね」

こもり校長「ん〜、どっちもね〜」

天然ボイス「はい」

こもり校長「その悩みを友達に相談したの?」

天然ボイス「はい。ちょっと辛いんだよねって」

ぺえ教頭「一緒に聴いたりもするの?」

天然ボイス「その子とは高校が離れちゃったので、あんまり」

こもり校長「でも、これ聴いて、今、高校1年ってことは、結局、自分の答えが出て、行きたいところに行けたの?」

天然ボイス「行けました!」

こもり校長「いいね〜!」

ぺえ教頭「よかった!」

こもり校長「何よりだね。曲ってパワーくれるからね」

ぺえ教頭「曲をメッセージとして、贈ってくれる友達、素敵よね」

天然ボイス「はい!!」

こもり校長「俺もそんなシャレたことしたかった! なんにも出来なかった!」

ぺえ教頭「(笑)カッコいいよね」

こもり校長「カッコいい! どう? 今の学校生活は?」

天然ボイス「学校生活は、友達が新しく出来て、すごく楽しいです」

こもり校長「天然ボイスと、この曲『徒花の涙』は、今、どういう関係なの?」

天然ボイス「登下校中に聴いて、すごく力をもらえている曲です」

こもり校長「今でも大切にしている曲なんだ。じゃあ、生徒のみんなと一緒に聴いていこう」


♪  徒花の涙 / ウォルピスカーター




こもり校長「天然ボイス、これ、結構熱いね!?」

天然ボイス「(笑)」

こもり校長「Twitterでもね、“え?え?え?こういう感じの曲、めちゃくちゃ好き!”って書いてくれてる。これ、教えてくれたから、今日出会ってる生徒、多いよ」

天然ボイス「わあ〜。嬉しいです」

こもり校長「あと廊下(Twitter)で、“あ、この曲調っていうのかな、こんな感じの曲好き、なんか泣けてきた”って。やっぱね、ラジオってこういう風に出会えるっていうのが、俺は素晴らしいと思うんだよね」

ぺえ教頭「背中を思いっきり押してくれる曲だね。優しくっていうよりは、グッと押してくれるっていう。“耐え抜いてみせて”っていうのいいわ〜!」

こもり校長「歌い上げていく感じもいいね。あ、ここからも結構熱いね。すごいね。あ〜…すごいね」

ぺえ教頭「聴きいっちゃうね」

ウォルピスカーター先生。
凄く素敵な曲…。
ウォルピスカーターさんの曲はあまり聴くことがありませんでしたが、歌詞と歌声が本当に素敵です!
他の曲も聴いてみたい!

真夜中の日影
ー/16歳/埼玉県
2021-11-09 22:47


こもり校長「いや、ほんとにそう思う。校長も、ウォルピスカーター先生、知ってるけど、この曲初めて出会えたから。このきっかけくれてありがとうね、天然ボイス」

天然ボイス「ありがとうございます」

こもり校長「これがきっかけで頑張ろうって楽曲になった子も多いと思う」

ぺえ教頭「これで岩手の寒い冬も乗り越えられるわね」

天然ボイス「(笑)」

こもり校長「乗り越えられる。熱い冬になりそうだよ。ありがとうね、教えてくれて」

天然ボイス「ありがとうございました!」

こもり校長「やっぱいい。自分たちから楽曲を届けたいっていうのももちろんあるけど、こういう風に、生徒が自分の人生で感じたことだったり思ったことを教えてもらうのは、すごく刺激的だし、出会いにもなるから、嬉しい。すごい嬉しい!」

SCHOOL OF LOCK!


ぺえ教頭「同じ境遇の子たちがいっぱいいてね、支えにもなるよね」


最近聴いている曲は、山猿さんの『名前の無い歌』です。
その曲を聴くようになったのは、ちょうどコロナ禍で、彼女と会うことができなくて、今の自分たちに当てはまってるねって話したのがきっかけです。
カルシファーに燃やされた
男性/16歳/宮崎県


ぺえ教頭「なるほどね。部活とか受験とかもあるけど、恋愛でよみがえってくる曲もあるわよね〜」

こもり校長「特に10代はね」

ぺえ教頭「わかるわよ〜」

こもり校長「なんでも紐づけたかった、校長の10代は。寒きゃ、寂しいと思ったし。熱きゃ、誰かに会いたいと思ったし。春が来たら、出会いたいと思ったし。秋はなんか…秋ってなんか特殊だったな」

ぺえ教頭「自然な気持ちの動きは素敵よね。今考えるとね」

アルミ製メンタル 長野県 18歳 男性

こもり校長「RN アルミ製メンタルが最近聴いている曲は?」

アルミ製メンタル「僕が最近、聴いている曲は、Orangestar先生の『Surges』です」

こもり校長「どうしてその曲に出会ったの?」

アルミ製メンタル「2か月くらい前に、YouTubeのお勧めで、カロリーメイトとのコラボCMが出てきて。そのMVの内容が、部活がテーマになっているんですけど、ちょうどコロナで、大会がなくなった先輩たちとか、その気持ちを目の前で泣きながら聞いていた僕らの思いとかが、すごいリンクしてて。主人公が僕らの世代とマッチしてて、結構ボロボロ泣いてしまって」

こもり校長「なるほどね。重なっちゃったんだ」

アルミ製メンタル「はい」

こもり校長「アルミ製メンタルは今、18歳ってことは、部活では今、一番上の学年になったんだ?」

アルミ製メンタル「高3なので、そうですね」

こもり校長「悔しい思いをした先輩たちの背中も見てるからね。何部なの?」

アルミ製メンタル「バレー部です」

こもり校長「あれ? 教頭と一緒じゃん」

ぺえ教頭「そうね。ポジションは?」

アルミ製メンタル「右利きなんだけど、ライトやってます」

ぺえ教頭「器用な。器用なタイプね。トスも上げれてレシーブも出来てじゃないと、ライトはできないからね」

こもり校長「(笑)いいね! 部活、今はどうなの?」

アルミ製メンタル「僕らは引退して、受験の方に切り替わっているんですけど、後輩たちがちょうど大会の時期になっていて、僕らの世代の分っていうか、1個上の代の先輩たちの分とかも背負って立ってほしいって思いが、引退してても、あるんですけど、このOrangestar先生の『Surges』が…CMなんですけど、すごくメッセージ性があって。CM1割メッセージ9割みたいなCMだったので、自分たちの部活のことを思い出しながら、受験勉強も頑張ろうって感じで聴いています」

こもり校長「今は、どんな感じで聴いてるの?」

アルミ製メンタル「学校行く時とかに、やっぱテンション下がるじゃないですか?」

こもり校長「まあな〜。頑張んないとなって思うもんな」

アルミ製メンタル「その瞬間にこれを聴くと、自分を鼓舞するというか、頑張ろうって気持ちがものすごくもらえるので、学校に行く前に聴いています」

こもり校長「自分自身も頑張ってきたしね」

ぺえ教頭「そうだね」

アルミ製メンタル「はい」

こもり校長「そういう思いも思い出させてくれるし、あの頃の自分っていうのは、
嘘じゃないからね。じゃあ、みんなと一緒に曲、聴こうか」

アルミ製メンタル「はい!」


♪  Surges(feat. 夏背 & ルワン) / Orangestar




こもり校長「アルミ製メンタル」

アルミ製メンタル「はい」

こもり校長「いいね。テンション上がるね」

アルミ製メンタル「はい」

こもり校長「Orangestar先生は、SCHOOL OF LOCK!でかけさせてもらったことがあって、この曲はワタリドリ先生に教えてもらったんだけど、それきっかけで知ってたから、今、一緒に聴けて嬉しい」

SCHOOL OF LOCK!


アルミ製メンタル「ありがとうございます」

こもり校長「あと、Twitterで、“カロリーメイトの曲、すごい聴いてる。アニメーションのテイストが部活ごとに違うのも引き込まれる”って、書いてくれてる」

ぺえ教頭「あ〜。疾走感がいいよね」

こもり校長「いいよね! 青春感があっていいんだよね!」

ぺえ教頭「この曲聴いて、激チャで学校行きたい。もう鬼のようなスピードで」

こもり校長「“激チャ”?」

ぺえ教頭「え、言わない? “激チャで行くよ!”って言わない?」

こもり校長「これ、言う? アルミ製メンタル?」

アルミ製メンタル「いや、言わないです」

ぺえ教頭「言って。使って」

こもり校長「いや〜これ何の略?」

ぺえ教頭「激走チャリ?」

こもり校長「(笑)わかんない、ワンチャン、山形の生徒は使っているかも」

ぺえ教頭「学生の頃から使ってる」

こもり校長「じゃあ、もし山形の生徒、使っているよって人いたら、掲示板に。
アルミ製メンタルも、明日もし、聞くタイミングがあったら友達に聞いてみて」

アルミ製メンタル「(笑)わかりました」

こもり校長「ちなみに、爆走でチャリ漕ぐこと、なんて言う?」

アルミ製メンタル「え〜!? 頑張ってチャリ漕いでって…」

こもり校長「もしチャンスがあったら、“激チャ”使ってみて。ごめんね、この曲を聴かせてもらったあとの〆の言葉ではないんだけど。
みんなに届いているからね。ありがとうね、アルミ製メンタル」

アルミ製メンタル「ありがとうございました!」

こもり校長「“激チャ”のイメージあるわ、Orangestar先生は。掴めない感じね。それぐらい青春はあっという間だから」

ぺえ教頭「風を切ってね。激チャですから」

こもり校長「あ、Twitterで生徒が書いてくれてるんだけど、“激チャ? (笑)”って」

ぺえ教頭「マジ?」

こもり校長「だからさ〜。先週の火曜日もだったかな〜。あれ? 教頭って、もしかしてちょっと昔の人?」

ぺえ教頭「ちょっと待って、“激チャ”は新しいでしょ?」

こもり校長「いやいやいや」

ぺえ教頭「ヤングよ!」

こもり校長「いやいやいや、オールドジェネレーションでしょ?」

ぺえ教頭「え? なに? “教頭、爆チャリじゃないの?”って」

こもり校長「新しいの、出てきた。爆チャリ?」

ぺえ教頭「爆走チャリ」

こもり校長「まだそっちのほうがわかる(笑) 生徒のみんな、書き込んで〜!」

ぺえ教頭「激チャ、鬼ハンで漕ぐよ!」

SCHOOL OF LOCK!


げきちゃ?
佐賀の方言の「全力で自転車を漕ぐ」って意味の、ぼいこぎ的な?初耳です笑

私もこれききながら激チャしよーっと!

ra-la-らいす
女性/17歳/山口県
2021-11-09 23:38


ぺえ教頭「ちょっと待って。それも結構よ? “ぼいこぎ”? “ぼい”ってなによ?」

こもり校長「“全力”って意味じゃない?」

ぺえ教頭「あ、今、廊下(Twitter)で。“ごめん、教頭のひとつ下の山形組だけど、激チャは聞いたことなかった“って。え〜私だけ?」

こもり校長「だとしたら、学生時代、誰にも伝わってなかったって説あるね。
あ、RN ゾンビ社長のぽんたまん、“そもそも今の人たちは、自転車をチャリって言わないんじゃないかな?”」

ぺえ教頭「え? なんて言うの? バイク?」

こもり校長「チャリって言わない人、いたら教えて。…そもそも、“チャリ”って何?」

SCHOOL OF LOCK!


ぺえ教頭「自転車? チャリンチャリン、呼び鈴じゃない?」

こもり校長「呼び鈴じゃないでしょ?」

ぺえ教頭「なに? 鈴? チャリ、チャリーン!」

こもり校長「(笑)」

こもり校長「たぶん、“チャリンコ”からだろうけど、そもそもチャリンコって何?
ベル? ベルがチャリチャリ言うから? じゃあ、“ンコ”って何?」

ぺえ教頭「なんだろう。でも言いたくなるわね、“ンコ”は。つけたくなる気持ちはわかるわよ。軽いチャリにンコ! って締める感じね」

こもり校長「自転車って深いね」

ぺえ教頭「深いわね。鬼ハンとかもわかんないのかな? 校長は」

こもり校長「わかるわかる。持つところをめちゃくちゃ縦に曲げるんでしょ?」

ぺえ教頭「カマキリの手みたいな角度にすることよ」

こもり校長「いや、自称10代のカリスマだから! 我々は!
原チャリもチャリか。わかる子いたら教えてね。なんか全部今日、生徒にまかせちゃってるな〜」

ぺえ教頭「面白かった!」

SCHOOL OF LOCK!


ラビンラビット 長崎県 17歳 男性

こもり校長「RN ラビンラビットが聴いてる曲はなに?」

ラビンラビット「僕が最近すごく聴いているのは、Siip先生『オドレテル』です」

こもり校長「いいね〜! Siip先生、俺も最近、めっちゃ聴いてるわ〜」

ラビンラビット「あ、そうなんですね!」

こもり校長「アルバム出たじゃん? 聴いてる?」

ラビンラビット「はい、もう毎日聴いていますね」

こもり校長「俺も毎日聴いてるのよ〜。いいよね〜」

ラビンラビット「ほんっとに。全部いい」

こもり校長「わかる! 全部いいよね! どっから切り取ってもいいよね!」

ラビンラビット「う〜ん!」

こもり校長「でも『オドレテル』なんだ?」

ラビンラビット「『オドレテル』ですね。一番、気持ちをグッと入れて聴く曲は、『オドレテル』かな」

ぺえ教頭「ほぉ〜〜〜」

こもり校長「その、気持ちをグっと入れるのは、どういう瞬間なの?」

ラビンラビット「入れる瞬間は、まさに歌詞にもあるんですけど、“軽々突き刺せる刃物を 君は持って居る”とか。なんか、心理的に愚かな部分というのをすごく表現しているなって思っていて。
僕はこの曲を学校に行くときに電車で聴いているんですけど、朝って、学生がたくさん乗っていて、中にはその場にいない人の悪口を言っている子とかがいるんですよ。そういう子がいる時とか、思わずイヤホンをつけてこの曲が聴きたいなと思うんですよね」

こもり校長「なるほどね。その歌詞がグっとくるのも、やっぱいろいろな気持ちがあるからなのかな?」

ラビンラビット「そうですね。自分にとって、高校生活というのはきつい経験が多くて。実際、自分は通信制高校に学校を替えたりしていて」

こもり校長「あ、結局、通信に替えたの?」

ラビンラビット「あ、替えました。今年になって替えて」

こもり校長「あ、そうなんだ。前、話してくれたもんね」

ラビンラビット「でも通信とはいっても特殊で、毎日通う高校なんですよ。受験勉強にも対応している高校なので」

こもり校長「へぇ〜〜!」

ラビンラビット「で、通信に行ってから、思うことっていうのがたくさんあって。全日制高校とはやっぱり違って、本当にいろんな経験をして来る人も多いんですよ。話を聞いていたら。そういうのもあって、何だろうな? 普通に暮らせることもすごく幸福なことだし、今、ニュースとかも見てると、難しいものも増えているなって思うし。この曲は、そういうこととも合わさる部分があるなぁと思っています」

ぺえ教頭「なんか、ロックね。出てくる言葉が」

こもり校長「いや〜、なんかね、俺は嬉しいよ」

ぺえ教頭「好きだなぁ、なんか(笑)」

こもり校長「言葉にすごく心がこもっていて、力強く話してくれているのが嬉しい。ちょっとさ、今、この思いのままさ、曲、聴いていい?」

ラビンラビット「はい!」


♪  オドレテル / Siip




こもり校長「ラビンラビット」

ラビンラビット「はい」

こもり校長「今、曲を聴いていて、もうひとつ、聞きたくなったんだけど。今、学校、どんな感じ? 楽しい?」

ラビンラビット「今、楽しいです。すごく」

こもり校長「ふぁっ!!」

ラビンラビット「今の学校は、他の人、普通の人が経験してないようなことを経験した人が集まっているからこそ、分かち合える気持ちがあるし。
そういう気持ちを共有できる人がいると心に余裕ができるから、今まで何もやる気が出なかったこととかもやれるようになって。それで成績もけっこう伸びたんですよね。模試の点数も上がって」

こもり校長「いや、嬉しいよ。ラビンラビットが、ちょうど1年くらい前かな、“学校に行きたくない”って書き込んでくれたんだよね。1年経って、こうやって話せるとは思っていなかったし、すごく嬉しいし。“話せるとは思ってなかった”っていうのは、明るくなるってことじゃなくて、自分がこういう立場でまたもう一度、まさかこういうふうに曲を教えてもらって、自分もきっかけをもらえる日になるとは思っていなかったって意味ね」

SCHOOL OF LOCK!


ラビンラビット「はい」

こもり校長「すごく嬉しいよ。言葉を聞いていると、いろんなことを思っていて。いろんなことを伝えたいんだと思うんだけど」

ラビンラビット「はい!」

こもり校長「その気持ちを胸に、頑張って! これからも。俺も頑張るわ!一緒に」

ラビンラビット「はい! 今月受験なので頑張ります!ほんと」

こもり校長「おお、一緒に頑張ろうぜ!」

ラビンラビット「おお〜!」

こもり校長「大阪府 RN イナホナもね、“私も体調が影響して通信高校に通っています。私もほぼ毎日学校に通っていて、誰かの悪口が聞こえると、自分のことじゃないのに、耳をふさぎたくなってしまいます。これからは、そんな時、『オドレテル』聴こうかな”って」

ラビンラビット「嬉しい!」

こもり校長「ちょっとこの気持ちも込みで黒板、書いてもいい?」



今日の黒板


SOL!


『ドキドキする』

こもり校長「自分の好きな楽曲を誰かにオススメするとき、聴かせるときってどう思われるんだろうとか、もし否定されたら、、でもこれを共感してもらえたら、、!っていうドキドキもあるだろうし、誰かから何かを教えてもらうっていう瞬間ってドキドキすると思うんだよ。でも音楽っていう一個のツールを使うことによって同じ時間を共有出来るってマジで魔法だと思ってるのね。こんな経験を一緒に出来るってないから。これはでも今日(最後に電話した)RN:ラビンラビットがこういう風に伝えてくれたのもそうだし、生徒のみんなが伝えてくれたのもそうだから今日全員に対して伝えたい気持ちということで、こういう黒板を書かせてもらった」


こもり校長「さあ、じゃあ、最後、一緒に挨拶して終わろう! SCHOOL OF LOCK!は、明日夜10時にふたたび開校!」

ぺえ教頭「起立! 礼!」

こもり校長「さあ、生徒のみんな立つよ!」

こもり校長・ぺえ教頭・ラビンラビット「また明日〜〜〜!!!!」


♪  Surges(feat. 夏背 & ルワン) / Orangestar



こもり校長の放送後記

音楽は魔法。


ぺえ教頭の放送後記

現在過去未来

この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年11月16日(火)PM 10:00 まで

Music 2021.11.09PLAYLIST

    22:05
  • 22:36
  • 22:44
  • 22:58
  • 23:04
  • 23:12
  • 23:21
  • 23:33
  • 23:45
  • 23:53

ライブ後は「誰もエレベーターに乗らないのよ!」SOL!ぺえ教頭がパワーをもらったアーティスト

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。11月9日(火)は、『最近、何聴いてる?』をテーマにお届けしました。パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭が今回の企画を説明するなかで、最近の音楽体験について語っていた部分を紹介します。

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

SCHOOL OF LOCK! Teachers&Students

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • sumika LOCKS!

    sumika

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • 山之内すずのGirlsLOCKS!

    山之内すず

  • 森七菜のGirlsLOCKS!

    森七菜

  • 上白石萌歌(adieu)のGirlsLOCKS!

    上白石萌歌(adieu)

  • 景井ひなのGirlsLOCKS!

    景井ひな

  • BOYS LOCKS! 櫻井海音

    BOYS LOCKS! 櫻井海音

  • 天才LOCKS! QuizKnock

    天才LOCKS! QuizKnock

ページトップへ戻る