MURAKAMI RADIO
POST

村上RADIO~村上JAM Special Night①~

村上RADIO~村上JAM Special Night①~

村上こんばんは、村上春樹です。
6月26日に「村上RADIO」の公開録音を行いました。素晴らしいジャズミュージシャンが集まって、演奏をしてくれました。そのあと、俳優の高橋一生さんが僕の作品の朗読をしてくれて、サプライズゲストも登場しました。 大いに盛り上がって、会場に来てくれた皆さんは喜んでくれたみたいです。僕もとても楽しかったです。今週と来週、2回に分けて、そんな「村上JAM」の模様を放送します。当日会場にご招待できなかった皆さん、今夜はぜひラジオの前で「村上JAM」を楽しんでください。
美雨春樹さん、村上JAMいよいよ始まりました。この日が来てしまいました。
ラジオ番組「村上RADIO」がスタートしてもうすぐ一年になりますが、リスナーの皆さんの熱い熱いリクエストにお応えして、公開収録が実現しました!
村上僕もこういうのをやるのは初めてなんで、結構緊張してますけど、でも今日はすごいメンバーが集まってくれましたので、素敵な夜になると思います。どうぞ楽しんでください。(拍手)
美雨今日は春樹さんと親交の深いジャズピアニスト大西順子さんが音楽監督を務めてくださいます。
ステージには今夜だけの特別な編成「村上JAMバンド」の皆さんと、スペシャルゲストが次々登場します。そして何と村上春樹さんの作品の朗読もあります。
言葉と音楽が織りなす一夜限りのイベント、「村上JAM」、どうぞ最後までお楽しみください。
村上よろしく。
美雨今夜の総合プロデュースは村上春樹さんが担当してくださっています。
村上さんのやりたいことをいっぱい詰め込んでいますね。
村上僕は昔、ジャズの店をやってましたけど、とてもこんなすごいメンバーは集まらなかったですね。今日は本当に特別だと思います。
美雨音楽監督の大西順子さん、今日はどうもありがとうございます。大西さん、今日の村上JAMバンドのご紹介をしていただけますか。
大西今日は若手も入っていますが、私が日本で活動をはじめた90年代半ば、この顔ぶれはよくありました。 そのメンバーがそろって、とても懐かしくて嬉しいです。まずはリズムセクションから。 ベースは私の活動には欠かせない井上陽介、ドラムはいま飛ぶ鳥を落とす勢いの若手ナンバーワン石若駿君です。 ギターは馬場孝喜さん、ここ2年くらいのお付き合いですが各方面で売れっ子です。 トロンボーンは向井滋春さん、わたしが日本に帰国して最初に仕事をした方で一緒にCDをつくらせてもらいました。 そして私的にはジャズ界のおじいちゃま、テナーサックス峰厚介。かっこ良くて大好きです。峰さんには90年代から大変お世話になっています。 それから、日本のアルトサックス界の重鎮土岐英史、土岐さんのお嬢さん麻子さんは有名なのでご存知の方も多いかもしれません。 トランペットは、わたしの最近の活動に付き合ってくれている広瀬未来、若手ナンバーワン、ぴかいちです。 そしてピアノが大西順子です。どうぞよろしくお願いします。
村上JAM村上JAM
美雨さて今日は村上さんのご友人の方々も客席にいらしてます。
村上そうですね、たくさん見えてますね。誰かにちょっとステージに上がって、お話してもらおうと思うんですけど。……誰にしましょうか。山中先生いかがですか。
美雨山中伸弥(京都大学教授・iPS細胞研究所長)さんです!
村上山中さんは僕のランニング友達ですね。
山中そう言ってもらえると本当に光栄です。
村上じつは、この間も一緒にフルマラソンを走りました。僕はもう歳なんで、制限時間で走れればいいやと思ってるんですけど(笑)、山中先生はパーソナルベストに挑んで、見事に突破されたんですよね。
山中まあ、ギリギリですけれども。
村上それまでは僕のベストタイムと山中さんのベストタイムは一緒だったんですよね、3時間27分で。それを追い越して……。
山中すいません、つい(笑)
村上僕の友達にその話をすると、みんなが「それはなんとか細胞を入れてるんだよ」って言うんですよ。
嘘ですよね(笑)。
山中そういうドーピングはしておりません(笑)。僕は春樹さんに一つだけ、以前にもお話したことがあるんでけど、お願いがあるんです。『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、本当に面白い小説だったんですが、僕的には話が一番盛り上がって、多崎つくるの恋愛がどうなるのっていうところで終わってるんです。
村上そこがいいんですよ。
山中いやいや(笑)、僕はあれ、終わった瞬間「えー!?」と思いまして。村上さんに、ぜひ続編を書いてくださいとお願いしているんですが、もう忘れたとおっしゃって。
村上筋を忘れちゃってるから……。
山中じゃあ僕が代わりに書きます(笑)。いや、いまだに「ここで終わるんですか!?」って感じで、びっくりしました。
村上僕も、よく続編を書こうかどうか迷う時があるんですけど、そのうちに忘れて書かないで終わっちゃう。
美雨書こうと思われた小説って、これまでどんなものがありますか?
村上『1Q84』のBook1、 Book2を書いて、これでおしまいと思ってたけど、続きを書きたくてBook3を書いたんですよね。それを書いてもまだ前も後ろも話ができてるんで、書こうかなと思ったけど、面倒くさくなってやめちゃいまして(笑)。あの話長くて複雑なんで、続編書くの大変なんですよ。
山中でも、本当素晴らしいです。とはいえ、今日は皆さん音楽を聞きに来られています。僕は、会場の皆さんを代表しまして、本当に今日は夢のような機会をいただきましたことを感謝します。
村上今日はわざわざ新幹線に乗って、京都から来ていただいて、
山中本当はいまごろロサンゼルスにいないとダメなんですけど(笑)。
美雨明日飛ばれるんですか。
山中明日ロサンゼルスに行きます。今日は本当にありがとうございました。
美雨山中伸弥先生でした。ありがとうございました。
美雨村上JAM、今夜は一夜限りのジャムセッションをお送りしています。総合プロデュースは村上春樹さん。音楽監督は大西順子さんです。次にお迎えする方は……。
村上クラリネットの北村英治さんです。
北村呼んでいただいてありがとうございます。
村上僕は学生時代、1970年ごろに水道橋の「スウィング」っていうジャズ喫茶で2年くらいアルバイトをしてたんですよ。水道橋の「スウィング」は、今はもうないんですけど、モダンジャズをかけなくて、ニューオリンズジャズとスウィングジャズと、いわゆる中間派しかかけないっていうすごい偏屈な店でした。僕はそこでアルバイトしているとき、いろんな古いクラリネットの人が好きになって、そのなかでも北村さんのクラリネットがすごく好きでした。
仕事場に行くと、開店して最初のレコードをかけるんですよ。その時のよく僕はテディ・ミーツ・エイジ・トリオの「IT'S BEEN A LONG TIME」が好きで、いつもかけてたんです。これ、本当いいレコードですよね。ちょっとかけてくれますか?
美雨大西さんとは共演されるのは?
北村ないです、初めてですねぇ。前になにかのセッションでちらっと一緒になったことがあるんですけど。これは本当に村上さんのおかげです。こうやって一緒にやらせてもらえるというのは。こんな素敵なピアニスト、ちょっとおりませんもんね。
村上でも、ジャムセッションって、いつもはない組み合わせというのがすごく魅力なんですよね。
北村それでね、一緒にやると何十年も一緒にやったような感じで伴奏してくれるんです。ほんと、年寄りを大事にするんでしょうね、大西さん(笑)。
美雨今日演奏する曲は、北村さんが選んでくださったとお聞きしました。
北村やはりね、クラリネットでは「Memories of you」。これは絶対演奏したい曲の一つです。
村上ベニー・グッドマンの有名な曲ですね。
北村それから、スウィングを代表するような曲で「Shine」。これはデキシーでもよく演奏されてる曲ですが、その二曲を今日は演奏させていただこうかなと思うんですけれども。
村上素晴らしいですね。(拍手)
村上JAM村上JAM
村上JAM村上JAM
美雨北村英治さん、ありがとうございました。どうぞこちらへ。
村上北村さんが影響を受けたというか、好きなクラリネット奏者って誰なんですか。
北村やっぱりクラリネット吹きはみんなベニー・グッドマンが好き。人間として付き合うのは嫌だけど(笑)、聴いてみて、あんな素晴らしいクラリネット奏者はいないと思う。あとバディ・デフランコもいいですね。すごい仲良くしてくださってね、ツアーにいろいろ連れてってもらったり、オーストラリア・ツアーなんかもバディさんと一緒にやらせていただいたり。
村上2クラリネットでやったんですか?
北村そうなんです。楽しかったです。
村上バディ・デフランコいいですよね。僕もコレクションしてるんです、ずっと。
北村もうたまらないですね、あの人。人間がまたすごくいいんですよ。ベニー・グッドマンって嫌われるところがあるんですけど、バディを悪く言う人は誰もいないです。ベニー・グッドマンは、みんなにさんざんズタボロに言われるでしょ?
村上悪口で一冊本ができますよね。
北村もうすごいんですよ、それ話すと夜が明けちゃうくらい(笑)。
美雨会ってみたいですけどね。
村上もう亡くなりました(笑)
美雨北村さんは共演されたことがあるんですよね。
北村はい。ベニー・グッドマンとも一緒にやらせてもらったことがあるんです。でも、ありがたいことに僕はまだ元気で吹いていられる、これはありがたいなと。
村上失礼ですが、いまおいくつですか?
北村満で90歳です。
美雨うわぁー。
村上JAM村上JAM
北村そんなに手をたたくところじゃないですよ(笑)。わりにのんびりしてるんで、長生きしてるのかなと思うんですけど。
村上元気の秘訣とかあるんですか?
北村いや、好きなことをしてね、それで嫌なやつと付き合わない(笑)。それが一番大事だと思います。
村上それは素晴らしいことですね。僕も、90歳まで頑張ります。
北村いや、ぜんぜん大丈夫ですよ(笑)。僕もまだあと10年くらいは吹いてやると思って。考えてみると100になっちゃいますけどね、当分、吹いてやろうと思ってます。しゃべってると長くなっちゃいますね。お邪魔しました、どうも。ありがとうございました。
美雨村上春樹さんがラジオDJを務める「村上RADIO」。今夜はその公開収録を行っています。今日はリスナーの方々150名様をご招待させていただいていますけど。皆さんどこからいらっしゃってますか?東京、千葉、 わたし遠いよという方は? 宮城県から!
村上ありがとうございます、電車賃使ってきていただいて。
美雨あ、小田原?
村上小田原は近いんじゃない(笑)
美雨今日は音楽と言葉の融合もテーマです。次は、言葉の世界を楽しんでいただきたいと思います。村上春樹さんの作品、朗読してくださるのはこの方、俳優の高橋一生さんです。
高橋高橋一生と申します。
美雨なんか非現実的な光景になってきましたね。高橋一生さんは村上春樹さんの作品の大ファンだとお聞きしています。
高橋そうです。今日お招きいただいて大変光栄に思っています。……こんばんは。
美雨村上さんの作品の中で特に思い入れのある作品はありますか?
高橋最近になってしまうんですけど、僕は最初『象の消滅』という短編集から読み始めたんですけど、『レキシントンの幽霊』だったり、最近エッセイで村上さんの最新長編『騎士団長殺し』について書かせていただいて、なんだか勝手に縁を感じてしまっています。今回、呼んでいただけて、うれしいです。
美雨ご本人を前にしていかがですか。さて今回、高橋さんが朗読してくださる作品。まずは短編小説「蛍」の一節、そして超短編集『夜のくもざる』から「夜のくもざる」です。
これは「村上RADIO」でラジオネームを募集したときに、朗読してほしい作品を、みなさんにリクエストしていただいたんです。本当にたくさんのリクエストがありまして、その中から選ばせていただきました。リスナーのみなさんが選んでくださった作品いうことですね。高橋一生さん、準備はよろしいでしょうか。ではよろしくおねがいします。
村上JAM
美雨高橋一生さん、どうもありがとうございました。
村上どうもありがとうございました。素敵でした。
村上いかがでしたか。だんだん盛り上がってきて、ここで休憩になります。
後半はさらにホットになりますよ。来週は第二部。アルトサックスプレーヤー渡辺貞夫さんの演奏があります。僕も短い物語を朗読します。そして最後はアーティスト全員によるセッションもあります。
村上RADIO、村上JAMスペシャルナイト、来週も楽しんでください。

スタッフ後記

スタッフ後記

  • 昨年、村上春樹さんが、ザ・ニューヨーカーのイベントの際に、現地NYでご覧になったブルース・スプリングスティーンでのお話が起点となりました。アットフォームで、気軽に音楽がたのしめたとのお土産話。それが村上JAMの原型となりました。
    記憶に残る作家生活40周年記念ライブ、存分にそのメモリアルサウンドをお楽しみ下さい。(延江エグゼクティブプランナー)
  • 村上春樹さん作家デビュー40周年を記念して行われたライブイベント「村上JAM」が、ラジオになりました。「村上RADIO」は、2018年8月5日の最初の放送から1周年。今回の「村上RADIO」は、2019年6月26日に開催された「村上JAM」のドキュメントです。
    言葉では言い表せない濃密な1日を、音で楽しんでいただけたらと思います。(キム兄)
  • 外苑前のカウンターしか無いイタリアンレストランで、大西順子さんと村上春樹さんが「村上JAM」の構想を語り合い、その場で様々なミュージシャンに電話をして2019年6月26日のスケジュールを抑える光景を、私は一生忘れることは無いと思う。
    あの、6月26日の夜の出来事は、夢のような、でも紛れもなく現実で。
    そんな空気感を、ラジオを通じて、皆様にお届けできることがとても嬉しい。ラジオを聞いた皆様にはぜひとも感想をお寄せいただきたい!みんなの声がたくさん届けば、村上JAM第二弾も夢じゃない気がするから。(レオP)
  • 去年の晩秋、僕たちは春樹さんとパスタを食べながら、ささやかな夢を語っていた。「2019年は小説家デビュー40年ですね」「だったら、記念のジャズ・ライブ をやりましょう!」「“村上JAM”はどうかな。色んなミュージシャンに来てもらって」……。それから半年、夢は最高の形で実現した。公開録音でリスナーを招待し、ジャズ界のレジェンドや大西順子さん率いる“村上JAMバンド”が演奏し、高橋一生さんと春樹さんの朗読パートも加わった。春樹さんからの突然の指名に もかかわらず観客席から山中伸弥さんも登場、ライブ感あふれる“JAM”となった。 この奇跡のような“真夏の夜の夢”を、村上RADIOでもう一度!(エディターS)
  • 村上JAM 公開収録からもう2か月もたちましたが、まだ昨日のことのように、その余韻の中にいます。来週放送される村上JAM Special Night part2でもそんな興奮の雰囲気が伝わればと思っています。みんさんぜひ楽しんでくださいね!(CADイトー)
  • 村上JAMの出演者はみなさん若々しく、音楽を人生を楽しむ達人でした。残念ながらご招待できなかったみなさんに、会場やバックステージの雰囲気を少しでもお伝えできたらうれしいです。--(構成ヒロコ)
  • 村上RADIO~RUN & SONGS~
  • 村上RADIO~秋の夜長は村上ソングズで~
  • 村上RADIO~村上式クリスマス・ソング~
  • 村上RADIO~今夜はアナログ・ナイト!~
  • 村上RADIO~愛のローラーコースター~
  • 村上RADIO~The Beatle Night~

村上選曲を学ぶテキストはこれだ!

村上選曲を学ぶテキストはこれだ!

文庫

村上さんのところ

村上春樹/著
発売日:2018/5/1
907円(税込)
詳細を見る
文庫

村上春樹 雑文集

村上春樹/著
発売日:2015/11/01
810円(税込)
詳細を見る
単行本

セロニアス・モンクのいた風景

村上春樹/編訳
発売日:2014/09/26
2,160円(税込)
詳細を見る

文庫

小澤征爾さんと、音楽について話をする

小澤征爾/著、村上春樹/著
発売日:2014/07/01
767円(税込)
詳細を見る
文庫

ペット・サウンズ

ジム・フジーリ/著 、村上春樹/訳
発売日:2011/12/01
529円(税込)
詳細を見る
単行本

バット・ビューティフル

ジェフ・ダイヤー/著 、村上春樹/訳
発売日:2011/09/30
2,052円(税込)
詳細を見る
文庫

ジャズ・アネクドーツ

ビル・クロウ/著 、村上春樹/訳
発売日:2005/7/1
853円(税込)
詳細を見る
文庫

ポートレイト・イン・ジャズ

和田誠/著 、村上春樹/著
発売日:2004/02/01
853円(税込)
詳細を見る
文庫

さよならバードランド―あるジャズ・ミュージシャンの回想―

ビル・クロウ/著 、村上春樹/訳
発売日:1994/02/01
961円(税込)
詳細を見る

『意味がなければスイングはない』
文藝春秋(2005年11月)、文春文庫(2008年12月):『ステレオサウンド』2003年春号~2005年夏号に連載された音楽評論集。
『村上ソングズ』
和田誠(絵・エッセイ)と共著 中央公論新社(2007年12月)「村上春樹翻訳ライブラリー」シリーズに収録(2010年11月):歌詞の翻訳と和田誠の挿絵が中心の楽しい一冊。
『走ることについて語るときに僕の語ること』
文藝春秋(2007年10月)文春文庫(2010年6月):音楽本ではないが、ランナーにも愛読者が多い。

村上春樹(むらかみ・はるき)プロフィール

1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。’79年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、最新長編小説に『騎士団長殺し』がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』、『パン屋再襲撃』などの短編小説集、『ポートレイト・イン・ジャズ』(絵・和田誠)など音楽に関わる著書、『村上ラヂオ』等のエッセイ集、紀行文、翻訳書など著訳書多数。多くの小説作品に魅力的な音楽が登場することでも知られる。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、’09年エルサレム賞、’11年カタルーニャ国際賞、’16年アンデルセン文学賞を受賞。