乃木坂LOCKS!開講!・・・が!まさかまさかの急展開!?

SCHOOL OF LOCK!



この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年4月15日(木)PM 10:00 まで




『Overture』を脳内再生させながら、ペンライトを片手に
賀喜先生の登場を待ってくれていた全国の乃木坂ファンの
生徒のみんな!お・ま・た・せ♪

“女子クラス”から始まった“坂道クラス”が
ついに“講師”となって木曜日にやってきましたーーー!!!
ということで、今日からいよいよ乃木坂LOCKS!が開講ですっ★

生徒の皆さん!そして乃木坂ファンの皆さん!ペンライトの色はもちろん、オレンジと緑の“かき色”にしてラジオの前に登校してくれましたか!? してくれましたよね♪

さぁ!初めての登校にちょっぴり緊張気味の賀喜先生・・・!
職員の話はここまでにして、貴重な初登場をのぞいてみましょう〜!

<♪〜授業開始のチャイム>
<SE:教室のドアが開く>

賀喜「失礼しま〜す。あ…あっ…どうしましょう…
すごい、ついに始まったんですけれども。
私の…………あぁ何話せばいいんだろ、ちょっとふふふっ///」

SCHOOL OF LOCK!


賀喜「すいません!ちゃんとご挨拶をしますねっ?
はいっ、さぁ今日はですね…2021年4月8日の木曜日なんですけれども
8日ということで…実は私“8”という数字にすごく縁があってですね〜」

賀喜「まずは誕生日なんですけど…
私は8月8日生まれで、“8時”に生まれていて…」

賀喜「坂道合同オーディションのSHOWROOM審査番号も“18番”で
乃木坂46のメンバーとしてブログを書き始めた日も、5月“8日”で…
そして今日は4月“8日”と言うことで…なんかここまでくると自分でも
ちょっと怖いですね。すごいっ!笑
“8”に色々と運命を感じすぎて今、感動してますっ!」

賀喜「この先、この乃木坂LOCKS!も末広がりの“はち”のようになっていって欲しいな〜と今スゴイ思っています!」

賀喜「すみません、こんな“8”トークを頭からしてしまったんですけど…
挨拶がまだでした!すみません。」

賀喜「ということで、生徒のみなさん!初めまして!
毎週木曜日のこの時間を担当させていただくことになりました!
乃木坂464期生賀喜遥香です!」

<★「乃木坂LOCKS!」SS>

賀喜「うぁー!あははは(笑)すごい!!
こんなかっこよく「カァキハァルカァ〜(※発音良く、賀喜遥香)」って
言ってもらっちゃったっ!スゴイ嬉しいです〜♡」

賀喜「実は今日、デビューした時に初めて私がこのステージに立ったのが
倏橘攤46のお見立て会″って言うステージで、
そこで自己紹介で使ったスケッチブックを今日持ってきてて…」

賀喜「スゴイ、その時の私が頑張って考えた犲己紹介の絵″が
色々と書いてあるんですけれども…(お見立て回でしか見せていない絵が沢山!)

SCHOOL OF LOCK!


それが出来ないかなと思って持ってきて、
今日爐見立て会でした、自己紹介をした動画?″(笑)…を、
今Twitterに…アップしました〜!!!うわぁ〜!!!」



↑Twitterを見てくれた生徒のみんな・・・!
あれ?賀喜先生、乃木坂LOCKS!のロゴの時間、賀喜・・・じゃなかった!“書き”間違えてない?って気が付いた生徒もいると思うんだけど、あれは乃木坂LOCKS!の職員のミスで、うっかり間違った時間を教えてしまっていたのです。。。
なので賀喜先生は間違っていないです!(正しい時間は23:05
〜です!)
みんな、そして賀喜先生!ごめんね、スムージー!!!


賀喜「あ、でも今は授業聴いてくださいね、皆さん!
あとで、後でのお楽しみ♡ということで…」

賀喜「元々そうですね、SCHOOL OF LOCK!には、
とーやま校長と、あしざわ教頭時代に1回と、
さかた校長と、こもり教頭に変わってからも2回ほど!
お邪魔させていただいたことがあるんですけど…」

賀喜「こうして1人で、完全に登校して喋るのは初めてで…
今もすっごい緊張してるんですけど…ふふふっ///
でもそうですね、なんかこう、1人で喋るっていうのもスゴイ…
今までまだやってこなかったのですごく今ワクワクしてます!はいっ!」

賀喜「そして、生徒のみなさんからも沢山のメッセージが届いてるみたいですね〜!」



ついに賀喜遥香ちゃんがやってくるーーー!!
絶対聞く!!やばい楽しみ!!!!!

ずこどん
男の子/15歳/三重県


賀喜「嬉しいですね!ずこどんくん…!!登校してくれてますか?
楽しみって言ってくださる人がいるのは、ほんとに嬉しいです。頑張ります!
続いて…」



賀喜遥香ちゃん 4月の意気込み
「みんな、ついてこ〜い!」うん、ついてこ!!

釜飯烈怒
男の子/14歳/鳥取県


賀喜「これはあれですね、4月から始まる女子クラスとアーティスト講師の皆さんの
ご挨拶動画で私がこう、叫ばせて頂いた内容ですね〜!
「みんなついてこーい!」
すごい頼りない…「みんなついてこーい!」だったなって、
自分では思ってたんですけど…「うん!ついてこー!」って感じで
ついてきてくださるの嬉しいです!ありがとうございます!」

賀喜「もしよかったらSCHOOL OF LOCK!のYouTubeも見てみてください!
ありがとうございます!たくさん!!」




賀喜「今日は生徒のみなさんに、こう就任のご挨拶はもちろんなんですけど、
この「乃木坂LOCKS!」ではこれから先、どんな授業をしていくのか・・・?」

賀喜「今から講師名について発表をしたいと思います!!Woo〜♪」

賀喜「まず、このアーティストLOCKS!では、
みなさんそれぞれが担当する教科だったり、
担当の持ち場や教室があって、講師の名前があるんですけれども〜」

賀喜「この「乃木坂LOCKS!」の講師名は一体何になったのか…!?
みなさんもきっと気になっていると思うので、
早速今から「乃木坂LOCKS!」の講師名を発表します!!
その講師名は・・・黒板に書きます!
あっ…!ふふふ(チョークを持つ手が初々しい!!)」

SCHOOL OF LOCK!



・・・黒板にゆっくり文字を書いていきます!何て書いているのかな〜??・・・


賀喜「ヨシッ、読み上げます・・・『4組の副担任』

SCHOOL OF LOCK!


<♪4番目の光 / 乃木坂46(4期生)>

賀喜「乃木坂LOCKS!の講師名はこちらになりました!!!
(生徒の声:イエーイ!!)うわぁ〜!!ふふふっ♪
なんでこの「4組の副担任」になったかと言いますと〜」

賀喜「この乃木坂LOCKS!は、月・火・水・・・ときて、木曜日の4番目!
そして私も乃木坂46の4期生!」

賀喜「これからはSCHOOL OF LOCK!の中に、
新たに新設された“4組”の副担任を担当させていただきます!」

賀喜「ちなみに私は“副担任”。
ということは、“担任”の先生が他にいるってことなんですけど・・・
誰なんでしょうかね?笑」

賀喜「私は副担任のはずなんですけど、ちょっと担任の先生を知らないので…
もしかしたらこれからどこかで、しれっと登場するかもしれないですね〜」

賀喜「“副担任”という言葉の響きでいうと、
担任の先生よりも、生徒のみんなと爐發辰閥瓩さ離にいる″イメージなので、
これから先、私とは友達のように接してくれたら嬉しいなぁって思います!」

賀喜「改めまして“4組の副担任”として、よろしくお願い致します!!」

賀喜「はいっ…うふふ////
今日は乃木坂LOCKS!がスタートしてから初めての授業!
ということで生徒のみなさんに
初めましての新任ご挨拶もしてきたいと思います!
いやぁ〜…ドキドキします!」

SCHOOL OF LOCK!


賀喜「早速ではありますが[ 乃木坂掲示板 ]や[ メール ]で
メッセージを送ってくれた生徒のみんなに電話をしてみようと思います!
いやぁ〜どうしましょう、ひとりひとりにこう、一対一で話すのはすごい、、、
初めてなので、めちゃ緊張します!
…んふふふっ////(緊張と照れが止まらない賀喜先生)
じゃあ、電話、、やってみます…はいっ」

(・・・電話のコール音・・・)

賀喜「うわぁどうしよう、うわぁ…」

(電話出る音:ガチャ!)

賀喜「もしもし?」

れなてぃー「もしもし!」

賀喜「あ〜!初めまして!乃木坂LOCKS!の賀喜遥香です!」

れなてぃー「埼玉県 17歳 RN「れなてぃー」です!」

賀喜「あ〜〜〜〜!こんばんは!!」

れなてぃー「こんばんは!!」

賀喜「はーい、今日から乃木坂LOCKS!が始まったので、
早速生徒のみんなに新任のご挨拶をしています!」

れなてぃー「嬉しいです〜!!」

賀喜「やぁ〜これからよろしくね!」

れなてぃー「よろしくお願いします!毎週木曜日欠かさず通います!」

賀喜「うわぁ嬉しい!ありがとう!!
えーこの春からは何年生になるんですか?」

れなてぃー「春から高3で受験生になります」

賀喜「うわぁ受験生!」

れなてぃー「はい!実は私女子高の中学校に通っていて、
かっきーと似た境遇だなと思っていて…」

賀喜「うん」

れなてぃー「すごい、かっきーが憧れの存在で、大好きです!」

賀喜「えー!嬉しいそんな〜もぉ〜ふふふ///
受験生…大変?」

れなてぃー「大変です。も〜ずっと受験していて、
乃木坂のライブとか握手会になかなか行けないので…」

賀喜「うん」

れなてぃー「早く大学合格して、(ライブや握手会に)行きたいなーと思ってます!」

賀喜「わあ〜・・・待ってる!!」

れなてぃー「ありがとうございます!」

賀喜「ずっと応援してるよ〜〜頑張ってね!」

れなてぃー「ありがとうございます!がんばります!」

賀喜「え〜すごいこんな話をしてあれなんだけど、ちなみになんですけど、、、
あの〜乃木坂のメンバーで推しっていたりしますか?」

SCHOOL OF LOCK!


れなてぃー「はい!あの、賀喜遥香ちゃんです!!」

賀喜「本当にっ!?」

れなてぃー「本当です〜!!」

賀喜「えぇ信じていいの〜?」

れなてぃー「本当ですよ〜!!ずっとオーディションの時からずっと見ていて…」

賀喜「本当に?!えー嬉しい!!」

れなてぃー「大好きなんです!」

賀喜「うわぁ、そんな〜1番はじめの電話でそんなこと言われたら、わたし…
頑張っちゃうよ?♡

れなてぃー「あぁ〜もう頑張ってください♡」(※相思相愛♡)

賀喜「お互い頑張ろうね〜」

れなてぃー「はい!ありがとうございます。ずっと応援しています!」

賀喜「ありがとう!これからよろしくね〜」

れなてぃー「はい!よろしくお願いします!」

賀喜 「ありがとー!じゃあバイバーイ!」

れなてぃー「バイバーイ!失礼しまーす」

賀喜「かわいかった〜ンフフ///かわいかった、うんかわいかった!すごい♡
頑張ってね。受験生の皆さん頑張ってください!はい…」

<いきなり教室のドアが開く音:ガラガラ〜>

賀喜「おっ?!」

聖来「かっきー!!」

SCHOOL OF LOCK!


賀喜「え〜!?!?なんで!!なになに!?!?」

聖来「かっきー!!!!!」

賀喜「え〜ビックリした〜!!」

SCHOOL OF LOCK!


聖来「めっちゃ緊張してるやんか〜!笑」

賀喜「めっちゃ緊張してるよ〜!!」

聖来「オープニングからちゃんと副担任として頑張ってるって思って、ずっと〜」

賀喜「え〜待って!私、泣いちゃうっ…!!」(驚きと嬉しさで泣き出す賀喜先生)

聖来「ハハハッ!!(笑)」

賀喜「ヤダヤダ〜え〜でも嬉しい!ありがとう!泣いちゃったっ」
  
聖来「泣いちゃった!どうしよう!!(笑)」

賀喜「今日朝一緒にいたからっ(涙)」

聖来「そうそう」
賀喜「寂しかったから…」

聖来「はーーーー!」

賀喜「嬉しかった…(嬉し涙)」

SCHOOL OF LOCK!


聖来「かっきーにちょっとドッキリみたいな感じで〜」

賀喜「え〜!!」

聖来「かっきーを応援しに来ちゃいました!」

賀喜「え〜!!」

聖来「あ、自己紹介してないっ!
生徒の皆さんこんばんは!ビックリさせちゃってごめんなさい!
乃木坂46・4期生早川聖来です!」

SCHOOL OF LOCK!


<生徒の声:イエーイ!!>
<♪Out of the blue / 乃木坂46(4期生)>

賀喜「(音楽を聴いて気づく)あっ!Out of the blue〜♪」

聖来「私もね、かっきーと一緒にSCHOOL OF LOCK!ね、来校したことあるし」

賀喜「うん」

聖来「やっぱり倏橘攤LOCKS!″が始まるってことで〜」

賀喜「うん」

聖来「かっきーの様子をね?見届けに来ちゃったわけですよ!」

賀喜「えーーー!嬉しい!それで一緒に朝いたの?」

聖来「そうそうそう!」

賀喜「ハハハ!!(笑)」

聖来「嘘ついて取材って言ってたけど…」

賀喜「そうなんだ!?」

聖来「そう!本当は朝からワクワクして〜」

賀喜「あっ、そうなの?!」

聖来「楽し過ぎて〜!かっきーの前で色々、こう
【はぁ今日、取材喋れるかな〜?(※演技)】っとか言って…笑」

2人「ハハハハッ(笑)」

聖来「ちょっと、念入りにちょっとお芝居しちゃった!」

賀喜「あ、そうなの!?」

聖来「なんか、スケッチブックもこう、何回も描いてるの一緒やのに、
何回も見直して〜「大丈夫かな〜…」って言ってるのが結構印象的で…
でも、そういうかっきーのまじめで頑張る姿勢がきっとこれから、
こう聴いてくれてる生徒のみんなに届くって思ったらすごい、私は嬉しくて」

SCHOOL OF LOCK!


賀喜「え〜嬉しい!」

聖来「ワクワクして」

賀喜「やぁーん」

聖来「もう、これからもう、私もちょっと生徒になっちゃうなって思った!」

賀喜「うわぁ!嬉しい!!
・・・あ、せっかく来てくれたんだし、今からさ、電話?」

聖来「うんうんうん!」

賀喜「しようと思ってたから生徒の子と。このまま一緒に電話しよ!」

聖来「しちゃっていいんですか?!あー!じゃあお願いしま〜す♪」

賀喜「じゃあちょっとかけま〜す!」

(・・・電話のコール音・・・)

(電話出る音:ガチャ!)

賀喜「もしも〜し」

こうき「もしもし、、え?」

賀喜「乃木坂LOCKS!の賀喜遥香と!」

聖来「早川聖来です!」

こうき「(驚きのあまり、沈黙の間)はぁ・・・やばいどうしよちょっと待って」

2人:「アハハハハ!!(笑)」

聖来「そうだよね、私がいることも知らない…からね?」

こうき「ちょっと待って今状況読めてないですけど…えっ?えっと、、
東京都18歳のRN「さらば青春のこうき」 です。よろしくお願いします!」

2人 :はい!よろしくお願いしま〜す

こうき「えっ!?聖来ちゃんもいたんですか?」

賀喜「ハハハッ」

聖来「そうなんです!実は、応援に駆け付けちゃいました!」

こうき「お2人ともほんっとうに、、、ちょっと待って大好き過ぎてもう」

2人「えー嬉しい!嬉しい!ね〜」

こうき「どうしよ…やばい…」

聖来「かわいい〜」

賀喜「ありがとう」

こうき「本当にありがとうございます」

賀喜「こちらこそありがとうございます!こうき君は大学1年生になるのかな?」

こうき「はい、なりました!4月1日に学校行って〜」

賀喜「はい!」

こうき「乃木坂好きです!っていう自己紹介したら、もうお友だちが出来て…」

2人「おぉ〜おめでとう!!」

こうき「ありがとうございます!」

賀喜「楽しんでね〜」

こうき「ありがとうございます!」

賀喜「ラジオネームに「さらば」って入ってますけど…?」

こうき「これは僕、さらば(青春の光)さんが東京に行く時ぐらいからずっと好きで
ライブとかも見させてもらって、で、『乃木坂どこへ』からMCをするってなってもう…色々パニックで…」

2人 :アハハハハ(笑)

こうき「で、そこから4期生のことをたくさん知れて、
もう、今、かっきーと聖来ちゃん本当大好きなので、、、」

2人「嬉しい〜!」

こうき「夢みたいです。ありがとうございます!」

賀喜「こちらこそ!」

聖来「こちらこそありがとうございます〜!」

こうき「幸せだ〜!」

賀喜「ってことは私たちの番組の『ノギザカスキッツ』とかも観てくれたり?」

SCHOOL OF LOCK!


こうき「もちろんです!もちろんです!」(※大事なことなので二度言いました)

2人「嬉しい〜」

こうき「だから5回ずつぐらい観てます!毎回!」

聖来「え〜!?そんなに観てくれてんの?」

こうき「『カワイイアーミーズ』もめっちゃ面白かったですし、『あるあるであそぼ!』もめっちゃ大好きで、、、」

賀喜「あるある…あるる!」

聖来「あるある〜!しか言ってないけど!笑
そんな〜5回も観てくれてるん〜」

こうき「もう全部観てます!」

賀喜「うわぁ!!」

こうき「『乃木坂どこへ』から欠かしたことないです」

賀喜「本当に嬉しい〜」

聖来「こんなに思ってくれる〜」

こうき「いや、本当に幸せです。もう。」

聖来「こちらこそ幸せです。みんなで幸せになりましたね!!」

賀喜「さらば青春のこうきくん、改めて今日からよろしくね!」

こうき「はい!よろしくお願いします!もう毎週リアルタイムで絶対聴きます!」

賀喜「ありがとう!がんばる〜!」

聖来「学校頑張ってね!楽しんでね〜」

こうき「ありがとうございました〜!」
聖来ちゃんもかっきーも、本当に体調には気を付けて頑張ってください!」

2人「うわぁありがとう!優しい…」

こうき「ありがとうございます!」

2人「バイバーイ!」


M.  I see…   /  乃木坂46




賀喜「この曲は、乃木坂46の『I see…』です。」

聖来「そうですね!かっきーがセンターの!」

賀喜「はい!ありがたいですね〜」

聖来「ね〜ということで来ちゃったよ、本当に〜」

賀喜「ビックリしたよ〜」

聖来「いや前回、実はそのSCHOOL OF LOCK!に来校させてもらった時に
2人で出てんけど」

賀喜「うん」

聖来「かっきーが、私のお母さんからの「二十歳おめでとう」って言う手紙をね、
ドッキリで代読してくれてんな?」

聖来「で、私はその時すっごいかっきーに読んでくれたことが本当に嬉しくって。
だから今回…かっきーを犁侫疋奪リ″してやろうと!
でも泣かしちゃったけど!!」

賀喜「いやいや〜笑」

聖来「でも泣くぐらい喜んでもらってたって思ったら、嬉しかった〜」

賀喜「いや〜なんか1人でさ、こうなんか喋ることって、
得意って言ってこなかったからすごい不安だったから、
大好きな聖来が来てくれて、嬉しかった!」

聖来「そんなん言われちゃうの〜!?嬉しい〜〜♡」

SCHOOL OF LOCK!


賀喜「愛、足りた?」

聖来「愛? ん〜…まだまだ足りひんっ♡」

2人「あははははっ(笑)」

賀喜「足りひんかった〜?笑」

2人「(笑)」

賀喜「…はい!じゃあそろそろ下校の時間が来たみたいです。」

聖来「あっという間…ですね」

賀喜「楽しかったですね〜」

聖来「次回からかっきー、副担任頑張ってね!」

賀喜「頑張る!ありがとう〜!
ということで私とはまた来週〜この教室でお会いしましょう!」
4組の副担任、乃木坂46の賀喜遥香と…?」

聖来「これから、かっきーと乃木坂LOCKS!をよろしくお願いします!
乃木坂46の早川聖来でした!」

賀喜「校長!教頭!
改めてよろしくお願いしします!!」

SCHOOL OF LOCK!




「乃木坂LOCKS!」初日の授業が終わりました〜!

講師名は「4組の副担任」に決まりましたけど…みんな、どうかな?
皆と近い距離で色んな話がしたい、そんな賀喜先生の思いがこもっています。
そして気になる「担任」の存在!賀喜先生も「分からない」って言ってたけど、
一体誰なんだろう…それは今後も「乃木坂LOCKS!」を聴いてくれたら分かるかも?

ちなみに、初回なので乃木坂LOCKS!の職員も賀喜遥香先生のことを何て呼んでいいか分からなくて、とりあえず“賀喜先生”って呼んでみてるんだけど、
生徒のみんなは何が良いと思う?賀喜先生、遥香先生、かっきー先生・・・?

もし、こんな呼び方が良いんじゃない?っていうアイディアがあったらぜひ
[ 乃木坂掲示板 ]、[ メール ]、ツイッター「#乃木坂LOCKS」でもいいので書き込んでください★

これから毎週木曜日の夜、乃木坂46賀喜遥香先生が色んな授業を行っていくので
ぜひ毎週出席よろしくお願いします!

SCHOOL OF LOCK!



この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年4月15日(木)PM 10:00 まで

乃木坂46 LOCKS!(賀喜 遥香) 放送後記

もっと見る

SCHOOL OF LOCK! ARTIST & GIRLS & BOYS

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • sumika LOCKS!

    sumika

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • 山之内すずのGirlsLOCKS!

    山之内すず

  • 森七菜のGirlsLOCKS!

    森七菜

  • 上白石萌歌(adieu)のGirlsLOCKS!

    上白石萌歌(adieu)

  • 景井ひなのGirlsLOCKS!

    景井ひな

  • BOYS LOCKS! 櫻井海音

    BOYS LOCKS! 櫻井海音

ページトップへ戻る