今夜の授業は「未来のゲスト講師はわたし逆電」!

生放送 2018.9.12 水曜日

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!


『 RN つきゆび 』

昨日の『夏休み中にできた悩み逆電』で電話をつないだ、RN つきゆび
同じバスケ部の2個下のマネージャーが好きになったという話をしてくれました。
「付き合いたいけど、とりあえずデートに誘いたい」とのこと。
鳥虫獣マンからの、「もう告白しなくていいんじゃない?」という悪魔のささやきを振り払い、勇気を出して「タイミングを見つけて告白します!」と力強く宣言してくれていたけど…!?

とーやま校長「そんなつきゆびから、昨日の放送終わりに、書き込みが届いた!」



鳥虫獣マン逆電
校長教頭、鳥虫獣マン逆電ありがとうございました笑
たまたま聞いてたキャプテンに全てバレたので協力してもらいます笑
つきゆび
男性/16歳/東京都
2018-09-11 23:52



あしざわ教頭「部活のキャプテンに…! そういうことね。バレちゃったからやってくしかないと」

とーやま校長「昨日の最後に言ったんけど、"出し抜いてる"みたいな感じが一番ダメだと思っていて。
『あいつチームのことを全然考えてねーじゃん』ってなったらダメだから、一番信用できるヤツには事前に言っておいた方がいいんじゃない、と。
そしたら、まさにキャプテンが公認というか、協力してくれるわけだから。
大丈夫でしょ! このまま進んだ方がいい!」

鳥虫獣マン…進まなくていいんじゃねーかな? 進むと良くない方に行く気がするんだよな…

とーやま校長「みんな、これが"鳥虫獣マン"って言うんだ」

鳥虫獣マン「キャプテンも一緒に混ざってやっちゃってるってことは、グルってことじゃん」

とーやま校長「鳥虫獣マン! 申請してって昨日言ったじゃん。昨日、いきなり(鳥虫獣マンを)やられたから」

鳥虫獣マン「…はい」

とーやま校長「事前に申請してって。やることを言ってって言ったでしょ?」

鳥虫獣マン…言ってた

とーやま校長「まず、今、(鳥虫獣マンと教頭)どっちなの?」

鳥虫獣マン・あしざわ教頭…今、MIX。両方に持ってかれてるから」

あしざわ教頭「今、自我と闘って……」
  
鳥虫獣マンいいよ、そんな申請しないで〜。 またあさって〜〜!!


<生徒が集まって来る音>

とーやま校長「行こうか、そしたら! 倒そう、みんなで一回!」

<鳥虫獣マンを殴る音>

鳥虫獣マンイタ! 痛い!!! あぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「生徒のみんな、鳥虫獣マンを倒してくれてありがとう!」

あしざわ教頭「SCHOOL OF LOCK! 今週も開校です‼︎」

あしざわ教頭「…起立!」

とーやま校長「今夜は04 Limited Sazabys先生の新曲『Milestone』の初オンエアからいくぞ〜!!!」

あしざわ教頭「礼‼︎」

とーやま校長・あしざわ教頭「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」


♪ Milestone /  04 Limited Sazabys


とーやま校長「いつものように、"フォーリミ先生らしい気持ち良さ"が存分にあるけど、
でも、ただ進んでるだけじゃなくて、"ダメだった時"とか"全然うまく行かない時"を通過した、『そこから這い上がった勢い』がすごくあるな、という気がして。
ただまっすぐ進んでるだけじゃなくて、辛かったこと、痛かったこととか、そういうことも両手に持ちながら、『進んで行こう』って曲に聴こえた」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「悲しいこととかもくっついてるんですけど、この"スピード感"が、『それ(悲しいこと)すらもスピードで乗り切っちゃえよ』っていう気持ちになって。
今、『頭の中にあることを振り払って、とにかく走っちゃえよ!』っていうメッセージも聴こえましたね」



Milestone!!!
最高です!この素晴らしさを言葉で伝えられないのが辛い!!!
はやくこの曲をライブで聴いてブチ上がりたい!!!
メガネをかけた梨
女性/16歳/岐阜県
2018-09-12 22:07



『Milestone』が入った04 Limited Sazabyz先生のニューアルバム、『SOIL』は、10月10日にリリースです!



とーやま校長「さぁ、今夜のSCHOOL OF LOCK、授業テーマは…!」

『未来のゲスト講師はわたし逆電』!!!!

生徒のキミが、
「このテーマについてだったら、いつかSCHOOL OF LOCK!のゲスト講師として誰よりもアツく話すことができます!!」
という、そんなキミの来校した時に話したいテーマと内容を教えてほしい!

例えば、

「"コンビニスイーツ逆電"で進化し続けるコンビニスイーツについて話したい!」

とーやま校長「セブンイレブンの不朽の名作、『みかんの牛乳寒天』、あれサイコーです!」

「"中臣鎌足逆電"で中臣鎌足の魅力、偉大さなどを存分に伝えたい!」

とーやま校長「蘇我入鹿はまた次回!」

「"バレずにオナラ逆電"バレないようにオナラをするテクニックをアツく話します!」

とーやま校長「いわゆる『屁クニック』

など、キミの趣味や特技についてや超マニアックな内容など、アツく話せる内容ならどんなことでもOK!


とーやま校長「教頭なら、どんなテーマでどんなことを話したいとかある?」

あしざわ教頭"珍しい生き物と出会う逆電"じゃないですか?」

とーやま校長「"珍しい生き物と出会う逆電"の講師?」

あしざわ教頭「そうですね。今のところ、僕が一番珍しい生き物に出会ってるんじゃないですか?」

とーやま校長「どういうことをみんなに話したい?」

あしざわ教頭「みんなと、『生き物対決』ですよね」

とーやま校長「え?」

あしざわ教頭「『私はこんな珍しい生き物と会いました』とか」

とーやま校長「ああ〜」

あしざわ教頭「『私はコウモリに会ってますよ』とか、そういう」

とーやま校長「コウモリ(笑)」

あしざわ教頭地面に落ちてるコウモリ、見てますからね、私」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「落ちてる?」

あしざわ教頭「ちょっと疲れちゃったのかな(笑)
疲れたコウモリが地面にスッといるときあります(笑)」

とーやま校長「…っていう話をして、教えて、生徒からも募って。で、対決?」

あしざわ教頭「そうです。『夕方に割と獣に会いやすい』とかあるんで」

とーやま校長「(笑) 教頭が?」

あしざわ教頭「僕がね、わりと」

とーやま校長「いや、いいと思うよ(笑) そういうのをやりたいのね」

あしざわ教頭「私はね。
他にも待ち受けて…"待ち受けて"じゃない、お待ちしてますから(笑)」

とーやま校長「(笑) 教頭と戦うわけじゃないから!」


そんなわけで、キミが話したい授業テーマと内容を、
学校掲示板もしくはメールまで送って欲しい!


とーやま校長「RN てち推しのえだみから昨日FAXが届いていて、

『校長教頭、私には困っていることがあります。
私は3姉妹で3歳と6歳の妹がいます。なのでうるさくて家で勉強ができません。
近くに図書館がなく、塾にも言っていないので勉強する場所がありません。
勉強するのにオススメの場所があったら教えてください!
妹が寝ているので電話でれません』


というFAXで送ってくれたメッセージなんだけど」

あしざわ教頭「喫茶店とか行けないのかな? お金かかっちゃうからダメかな?」

とーやま校長「でも、いいんじゃない?」

あしざわ教頭「俺は、あえて喫茶店でコーヒーとか買って、"お金を払ってその場所にいるから頑張って何かしよう"ってなる。
"お金払ってまでここに来てるんだから"って意識で勉強すると、集中できるんじゃないかな」

とーやま校長「イヤホンとかを耳栓がわりにしたら、雑音もカットできるから。
お店とか、300円でも入れるはずだからね。FAX、ありがとう!」


FAXで送ってきてくれる生徒、他にも半蔵門に手紙を送ってくれる生徒もありがとう!
「スマホがなくて電話できない」という生徒は、FAXや手紙で送ってくれてもオッケー!
FAXは、東京03-3221-1800です!

みんなからのメッセージ、待ってます!

SCHOOL OF LOCK!



ここでゲスト講師情報!
来週、9月19日の生放送教室には、ヤバいTシャツ屋さん先生が来校!!!
そして、明日の生放送教室には、きのこ帝国から佐藤千亜妃先生が来校!!!
みんな、聴き逃さないようにね!


さあ、今夜のSCHOOL OF LOCKは、『未来のゲスト講師はわたし逆電』!!

とーやま校長「そして今夜のSCHOOL OF LOCK!にはゲスト講師…!

テイラースウィフト先生が初来校〜!!

あしざわ教頭「いや、いないよ! 生徒のみんな、ごめん、テイラースウィフト来校しないですよ!!」

とーやま校長「どうしたの?」

あしざわ教頭「そもそもいないですから!」

とーやま校長「…なに? え? …ダブルブッキング!?

あしざわ教頭「誰と喋ってるの? っていうかブッキングしてたの!?」

とーやま校長「なんで群馬へ営業行ってるの!?」

あしざわ教頭「群馬行かないから(笑)」

とーやま校長「先に押さえなきゃダメって言ったじゃん!」

あしざわ教頭「そうじゃなくて!」

とーやま校長「テイラー先生と"男と女の掲示板けしからん逆電"できないってこと?」

あしざわ教頭「何やらせようとしてるんだよ、テイラースウィフト先生に!」

とーやま校長「ダメだ! ヤバい! いねー! テイラーいねぇわ!」

あしざわ教頭「いないですよ!」

とーやま校長「うわ、ヤベー! ちょっとこれは生徒に電話するしかねーな!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そもそも、そうだからね」

とーやま校長「…もしもし!」

暁 ハイジ 千葉県 17歳 女性 高校3年

とーやま校長「今日、テイラー先生来れなくなったんだよ」

暁 ハイジ「はい(笑)」

とーやま校長「ダブルブッキングだったんだって。楽しみにしてたでしょ?」

暁 ハイジ…あ、ハイ

とーやま校長「ごめんな、マジで」

あしざわ教頭「言わされてるじゃねーか(笑)」

とーやま校長「急遽来れなくなったんだけど、いける?」

暁 ハイジいけます!

あしざわ教頭「いけるんだね(笑)」

とーやま校長「頼もしい! 何の授業テーマだったらいける?」

暁 ハイジ宝塚歌劇団の授業テーマだったらいけます!

とーやま校長「…というわけで、今夜のゲスト講師、暁 ハイジ先生と一緒におくる授業は…!

『宝塚歌劇団』!!!

暁 ハイジ先生「イエー!」

とーやま校長・あしざわ教頭「よっしゃー!」

とーやま校長「『宝塚歌劇団』。知ってるヤツもいると思うけど、まず、一体どういうものか、知らない生徒に教えてもらっていい?」

暁 ハイジ先生「一言で言えば、『女性だけで構成された歌劇団』です」

とーやま校長「女性だけ、なんだもんね」

暁 ハイジ先生「はい」

とーやま校長「俺の知ってる情報だと、その中に"男役"っていうんだっけ」

暁 ハイジ先生「合ってます。"男役"です」

とーやま校長「男性(男役)も出てくるし、女性も出てくるし。でも、(演じているのは)全員女性」

暁 ハイジ先生「はい」

とーやま校長「じゃあ、暁 ハイジは宝塚歌劇団がめちゃくちゃ好きなんだ?」

暁 ハイジ先生「はい!」

とーやま校長「いつから?」

暁 ハイジ先生「高校1年の頃からなので、2年ぐらいですね」

RN 暁 ハイジが宝塚を好きになったきっかけは、ヅカファンの友達の影響。
高校に入学した時、「宝塚に入りたい!」ぐらいの熱量を持ったファンと友達になったんだそう。
その友達が、カラオケに行くとひたすら宝塚の歌を歌っていたため、曲を覚えてしまった。
さらに、カラオケの映像に宝塚歌劇団の本人が出てくるので、いつの間にかカラオケが『宝塚鑑賞会』に…。

暁 ハイジ先生「だから、(カラオケを)観るだけでけっこう話がわかっちゃったり、歌とかも覚えちゃってて。
友達からもめちゃくちゃ(オススメが)来るんで、『じゃあ、(観劇に)行こうか』って話になって」

とーやま校長「実際に、生で?」

暁 ハイジ先生「はい」

とーやま校長「宝塚ってどこでやってるんだっけ?」

暁 ハイジ先生「東京宝塚劇場と、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で主にやってるんですけど、
他にも東京国際フォーラムとか、バウホールとか色々なところでやっていて。
他に全国ツアーで北海道から沖縄まで回ったり、千秋楽公演だと、ライブビューイングで全国の映画館で観れたりもします」

とーやま校長「へえーーー!」

あしざわ教頭「けっこう(チケットが)高いものじゃないの?」

暁 ハイジ先生「実際に観に行くと、立見席で3000円ぐらいで行けますよ」

とーやま校長「10代のみんなでも、頑張ってお小遣いで行けるね」

あしざわ教頭「なるほどね!」

暁 ハイジ先生SS席とか、1番近い席だと、まあ1万2千円ぐらいしてしまうんですけど…」

とーやま校長「するでしょう!」

あしざわ教頭「うーん」

暁 ハイジ先生ライブビューイングだと、5000円ぐらいですね」

とーやま校長「でも、迫力の大画面で観られるってことだもんね」

暁 ハイジ先生「はい。しかも、(舞台に)実際に行くと、演奏が生のオーケストラなんですよ」

あしざわ教頭「その場で弾いてるってこと?」

暁 ハイジ先生「そうです!」

あしざわ教頭「へえ〜〜! 知らなかった!」

暁 ハイジ先生「だから、音もいいし、絶対生で観るべきです」

<セリフらしき声が流れてくる>

あしざわ教頭「…なんか聴こえてきてる?」

とーやま校長「暁 ハイジ、聴こえる?」

暁 ハイジ先生………ああーー!!!!!

一同笑い

あしざわ教頭「めっちゃテンション上がってんじゃん!(笑)」

とーやま校長「これは何なの?」

暁 ハイジ先生「これは『エリザベート』っていう公演で、いま月組がやってるんです」

とーやま校長「『月組』とか、組も分かれてるんだっけ?」

暁 ハイジ先生「そうです。組は5つに分かれていて、『花組』『月組』『雪組』『宙組』『星組』です。それから専科組。
その中の『月組』がいま、『エリザベート』をやっています」

とーやま校長「『エリザベート』っていう公演ね。
じゃあ、組によって公演も変わってくる?」

暁 ハイジ先生「そうですね。あと、今の時期は月組が◯◯の演目をやって、その次は花組が◯◯の演目をやって…みたいに、交替でやるんです」

とーやま校長「暁 ハイジは、"この組が好き"みたいのはあるの?」

暁 ハイジ先生はい! 『花組』です!

とーやま校長「花組が好きなんだ?」

暁 ハイジ先生「でも、宙組も…どの組もいいんですけど…」

一同笑い

とーやま校長「花組はなんで好きなの?」

暁 ハイジ先生男役がスゴいんです!

とーやま校長「どういうところがスゴいの?」

暁 ハイジ先生「華々しい!」

あしざわ教頭「他のに比べて、より"華々しい"感じなんだ?」

暁 ハイジ先生「そうですね。あと、『ダンスは花組』って言われてるので、ダンスがスゴいんです」

とーやま校長「組ごとに色があるんだね!」

暁 ハイジ先生「はい!」

あしざわ教頭「面白い!」

暁 ハイジ先生「あと、宙組もいいんですけど、宙組は『長身の宙組』なので、スタイルがいい、長身の方が多くて、コーラスがスゴいんですよ」

とーやま校長「女性で一番大きい人は何センチぐらいあるの?」

暁 ハイジ先生「あまりわからないですけど、180センチぐらいの方は…」

とーやま校長「え〜〜!!」

あしざわ教頭「すごい! 迫力あるわ!」

とーやま校長「めちゃめちゃスタイルいいんだね」

暁 ハイジ先生「はい」

とーやま校長「暁 ハイジ、俺はまだ一度も生で観たことなくて…」

暁 ハイジ先生観た方がいいです!

一同笑い

あしざわ教頭「俺もないんだよな〜」

とーやま校長「"初めて観に行くとしたら、何を観に行った方がいい"とか、ある?
初心者にオススメの公演」

暁 ハイジ先生「さっき『エリザベート』が流れていましたけど、『エリザベート』は本当にオススメです」

あしざわ教頭「『エリザベート』ね」

暁 ハイジ先生「あとは、『ロミオとジュリエット』

とーやま校長「『ロミオとジュリエット』は、なんとなく話もわかってる人も多いかもしれないね」

暁 ハイジ先生「話を全く知らない人だとラストとか衝撃だったりするので、『ロミオとジュリエット』はすごくオススメです」

あしざわ教頭「なるほど!」

とーやま校長「そうなんだ!」

暁 ハイジ先生「あとは、多分もう再演をしないので、DVDとかでもし機会があったら、私が個人的に好きな『金色の砂漠』っていう作品とか」

とーやま校長「『金色の砂漠』」

暁 ハイジ先生「花組で昔やっていた公演なんですけど、それがすごい好きなので、ぜひ機会があったら観てください!」

とーやま校長「DVD出てるんだ?」

暁 ハイジ先生「出てます!」

とーやま校長「…(バックで流れている歌の)この歌声はわかる?」

暁 ハイジ先生「…わからないです。ちょっと、あまり聴こえない…」

とーやま校長「あ、『ロミオとジュリエット』だって」

あしざわ教頭「めっちゃいい声!」

暁 ハイジ先生「え、『ロミオとジュリエット』だったら、『エメ』流した方がいいです!

一同笑い

あしざわ教頭「ごめんな、なんか(笑)」

とーやま校長「一応、職員のすっちゃんが手元の宝塚情報を…(笑)
でもな、本物(のファン)からしたら違うんだもんな」

暁 ハイジ先生「いや、でもまあまあ、(これも)いい曲ですよ」

一同笑い

あしざわ教頭「気遣いありがとう(笑)」

とーやま校長「本当は正面を向いてるすっちゃんが、今ずっと横を向いて探してる状態だけど…。
…ない!?」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ないか〜」

暁 ハイジ先生「『エメ』は多分フィナーレなんで、一番最後の方にあるはずです」

とーやま校長「…すっちゃんが、『世紀末の詩』ってやつじゃない? って聞いてるけど」

暁 ハイジ先生「じゃないです。カタカナで"エメ"で出てくるはずです。それか、"aimer"。
……あ、後ろで流れてますね!」

あしざわ教頭「え、これ?」

暁 ハイジ先生「それです! それです!」

あしざわ教頭「よかった〜(笑)」

とーやま校長「よし、じゃあみんなで聴こうか!
暁 ハイジ先生、ありがとう!」


♪ エメ〔ロミオ、ジュリエット、ロレンス神父、乳母〕 (第12 / 宝塚歌劇団「ロミオとジュリエット」


あしざわ教頭「いや〜、素晴らしい!」

とーやま校長「これが、『ロミオとジュリエット』の最後の方で流れるという、『エメ』。素敵な曲ね!」

あしざわ教頭明日海りおさんという方が歌っているみたいですね」



宝塚
来月の修学旅行で宝塚を見に行きます!
熱量が凄くて楽しみになってきました笑
絵が采花~ayaka~
女性/16歳/北海道
2018-09-12 22:38



とーやま校長「いいね!」

あしざわ教頭「良かった良かった」



宝塚歌劇団
わぁぁぁぁぁ!!
私も宝塚だいすきです!この夏休みに宝塚大劇場で花組のMESSIAH観てきました!
華やかで夢の世界の宝塚ほんとにキラキラ✨校長、教頭観たほうがいい!!絶対!
さっちょい
女性/16歳/長野県
2018-09-12 22:41



あしざわ教頭「へえ〜。面白そう!」

とーやま校長「うん!」

あしざわ教頭「前に『忠臣蔵』とかもやってて、"あ、そういうこともやるんだ"って意外に思った」

とーやま校長「宝塚で!?」

あしざわ教頭「そうそう。"あ、すごい攻めた内容もやるんだな"って思って」

とーやま校長「時代劇みたいなこともやってるんだ」

あしざわ教頭「けっこう意外なものをやってたりするので、確かに一度、観てみたいですね」

とーやま校長「やっぱり、この"熱量"ってホントに素晴らしいと思う。
例えば、職員のすっちゃん。彼女はもうSCHOOL OF LOCK!をもう13年半やってるわけだから。
そこに対してのダメ出しって、普通ないからね!」

SCHOOL OF LOCK!


一同笑い

とーやま校長「でも、"好きさ"がそうさせてるわけで」

あしざわ教頭「『これじゃねーんだ!』と」

とーやま校長「すっちゃん、しょうがないですよね、これは。
……ありがたいって言ってます(笑)

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「いや、いいわ!」

あしざわ教頭「みんなで勉強しておこう!」

RN 暁 ハイジ、熱の入った講義と的確なツッコミ、ありがとう!


とーやま校長「さあ、じゃあここからはゲスト講師…、

野比のび太先生が初来校ー!!!

あしざわ教頭「意味がわかんない!」

とーやま校長「というわけで、前にありましたっけ? 初でしたっけ?」

あしざわ教頭「どういうこと!?」

とーやま校長「そうか、前は3人で来られて…」

あしざわ教頭「いや、いないから!」

とーやま校長「……スタッフ〜!」

あしざわ教頭「嘘だろ、その言い方! …いやだから、いないでしょ!?」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「なんでスケジュール押さえてとかないの!?」

あしざわ教頭「放送後記の写真とか、どうなってんの?」

とーやま校長「なんで、群馬で営業!? 何があるわけ、群馬で!?」

あしざわ教頭「群馬に吸い取られてるけど(笑)」

とーやま校長「どうすんの、これ!」

あしざわ教頭「そもそもないから!」

とーやま校長「どうすんのって! …繋ぐ? 繋ぐの?
おい! 電話だ、電話!!!」

あしざわ教頭「『おい!』じゃないよ(笑)」

とーやま校長「助けてくれ〜! 頼む!
…もしもし?」

メーガン警備員 福島県 18歳 女性 高校3年

とーやま校長「ごめん、めちゃハプニング! 野比のび、来れねーんだよ」

あしざわ教頭「『野比のび』って言うな!」

とーやま校長「来れなくなっちゃったんだけど、メーガン警備員、いけるか?」

メーガン警備員「はい! いけます!」

あしざわ教頭「頼もしいな!」

とーやま校長「なんの授業だったらいけそうか?」

メーガン警備員私は、"魅惑のハスキーボイス"についての授業だったら、いけます!

とーやま校長「もう、興味しかないね、これ!
さあ、ということで、今日のゲスト講師、メーガン警備員先生と一緒におくる授業は…!

『魅惑のハスキーボイス』!!!

あしざわ教頭「手元に資料があるのかな(笑)」

とーやま校長「さあ、どうも、メーガン警備員先生、今日はよろしくお願いしますね!」

メーガン警備員先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「"魅惑のハスキーボイス"ってことですけど、まず、これはどういうことですか?」

メーガン警備員先生「世界には、ハスキーボイスのアーティストがたくさんいるんですよ」

とーやま校長「例えば?」

メーガン警備員先生「例えば、私の高校時代を捧げた、ハスキーボイス探求のきっかけとなったのは、
長渕剛先生なんです」

とーやま校長「剛のアニキ! 何か曲を聴いて感じたってこと?」

メーガン警備員先生「はい。長渕剛先生の、『STAY DREAM』という曲が…」

とーやま校長「来たね!」


♪ STAY DREAM / 長渕剛


とーやま校長「メーガン警備員、ちょっと一発入れていいか? ごめんな」

メーガン警備員先生「はい」

とーやま校長「……ツヨシ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!

一同笑い

あしざわ教頭「相性が良すぎるんだよな、この2人は(笑)」

とーやま校長「我が校の、炎の生活指導担当!
剛先生のこの『STAY DREAM』を聴いて、どういうことを感じたの?」

メーガン警備員先生「剛先生に出会ったのが私が中学生の時だったんですけど、
今まで、剛先生みたいにダイナミックに大声で歌うアーティストを知らなくて。
(それまで)綺麗な曲が好きだったので、クラシックだったりとかオペラだったりとか、一般的に『美しい』と言われている音楽を聴いてたんですけど、
長渕剛先生の曲を耳にすることがあって、もう鳥肌がすごくて
もう本当に、"死んじまいたい"の、そこのパートだけでブルっときちゃって」

とーやま校長「脳天と心臓に突き刺さったのかな!」

メーガン警備員先生「はい。もうそこから、ハスキーボイスへの愛好が増していって。
パソコンでもなんでも使って、休みの日に『ハスキーボイス 男性歌手』とかめちゃくちゃ調べまくって。
『まとめサイト』とかに、世界や日本のハスキーボイスの情報がけっこう載ってるんですよ。
それで色々探求していったら、音楽の道がすごく広がって

とーやま校長「うん! いいこと」

メーガン警備員先生「知らない方もいらっしゃるのかもしれないんですけど、意外とK-POPとかってハスキーボイスで歌われる方が多いんですよ」

とーやま校長「例えばどんな方?」

メーガン警備員先生「例えば、いま人気の、BTSのVという方とか、
あと、校長おなじみの東方神起のチャンミンさんとかは、すごい素晴らしいハスキーボイスをお持ちです!」

とーやま校長「その中でも今、メーガン警備員が特に気になってるアーティストはいるの?」

メーガン警備員先生「そうですね。この3年間、ハスキーボイスを探し回ってようやく見つけたハスキーボイスが…、
日本人の、藤原さくらさんというミュージシャンの方です

とーやま校長「藤原さくらさんの、なんという曲?」

メーガン警備員先生「あまりみなさん知らないかもしれないですけど、藤原さくらさんと冨田ラボさんが共同制作された『Bite My Nails』という曲です。
全体的に、メロディも言葉もゆったりと流れていて。
そこに、言葉の美しさとさくらさんの持つ声の、ふんわりとした美しさ、ハスキーな声が曲になじんでいて、1日の脳の疲れを優しく拭い取ってくれるような…。
"スモーキーボイス"とも呼ばれていて、素晴らしいです」

とーやま校長「メーガン警備員先生、今、(曲が)流れてきたから、聴かせてもらってもよろしいですか?」

メーガン警備員先生「はい!」

とーやま校長「先生、来校してれて、ありがとうございました! 時間の限り聴かせてもらうね」


♪ Bite My Nails feat.藤原さくら / 冨田ラボ feat.藤原さくら


メーガン警備員、素敵なハスキーボイスを紹介してくれてありがとう!



さあ、毎週水曜日23時8分頃は、松田LOCKS!をお届け!
今日は、MOSHIMOの岩淵紗貴先生が生徒の悩みを曲で解決してくれたぞ!!




松田部長「SCHOOL OF LOCK!のダイナマイトカリスマ営業部長、松田です!
さあ、JASRAC日本音楽著作権協会がおくる松田LOCKS!
今夜も生徒の悩みをアーティスト講師の方が音楽で解決してくれます!
今回の悩みはコチラ!」

----------------------------------------------------------------------------

僕の好きな人に後悔しないように思いを伝えました。
でも、伝えたのはいいんですがそれでもめっちゃつらい気持ちになります。
どうすればこのつらい気持ちがなくなるのですか?


爆笑男爵 男の子 16歳 鹿児島県
--------------------------------------------------------------------------

松田部長「っというお悩みでございます。
さあ、今回このお悩みを解決してくれるのは…!」

???MOSHIMOのVo.&Gt.をしています。岩淵紗貴です!

岩淵先生「今回、同じ九州出身のRN爆笑男爵のために選んだ楽曲は、
『命短し恋せよ乙女』という曲です!」


M 命短し恋せよ乙女 / MOSHIMO


岩淵先生「恋をするとさぁ、男の子も女の子も関係なく、あたしは乙女になっちゃうと思ってるの。
でさぁ、なんか同じ‘好き’っていう気持ちで向き合ってくれないと、やっぱり不安になるし怖くなったりするじゃん?
同じ熱量でいて欲しいのになかなかそうはならない現実があって…。
これってさぁ、どうなんだろう?付き合えているのかな?
それともまだ返事をもらってない段階?
もしまだ片想いの状態だったら、もういっその事、他の女の子と遊んじゃえばいい!
他の子と遊ぶ事によって、今の好きな人のもっと良い所も見えるかもしれないし、
変な感じになるんだったら、男の子も女の子もごちゃ混ぜグループで遊んじゃえばいい。
そしたらさ、気も紛れるじゃん?
意外に人って都合の良いモンでさ、
“あれ?あたしだけじゃなかったの?他の子とも遊んでるの?え??”
とかなるとさ、逆に気になっちゃったりするんだよ!
特に女の子って…不思議なモノで。
だからそういうので駆け引きをしちゃうっていうのもアリじゃないかなって、
あたしは思うよ」

松田部長「素晴らしかったです!MOSHIMO、岩淵紗貴先生、ありがとうございました!
松田LOCKS!では引き続き、アーティスト講師の皆さんに解決してほしい悩みを募集中!
また、松田LOCKS!のサイトで出題している著作権クイズに正解した生徒の中から毎週1人に、
オリジナルの著作権カレンダーをプレゼント!
全ては【コチラ】からお願いします!今夜の松田LOCKS!は以上!」


今夜の著作権名言

「JASRACで働いている職員が約500人だなんて、奇跡だと思わないか?」




とーやま校長「答えが"女子ならでは"って感じがすごくしたし、"紗貴先生ならでは"って感じがした」

あしざわ教頭「男の人の発想では、これはなかなか出てこない感じがしますよね」

とーやま校長「"駆け引き"とかってあんまり考えたことがないから」

あしざわ教頭「でも、女子の心理ってそうなんでしょうね」

とーやま校長「紗貴先生のMOSHIMOというバンド。
もともと、『CHEESE CAKE』っていうバンドで、未確認フェスティバルの前身の閃光ライオット2009の準グランプリを獲得している。
生放送教室でもお会いしたことがあって、来てくれるたびに福岡のお土産を持って来てくれたりとかして。
でも、最近は久しくお会いできてないので、紗貴先生、また、生放送教室に遊びに来てください!」

松田部長! 来週水曜日もよろしくお願いいたします!



ここで告知!
来週、月曜日は脳科学者、茂木健一郎先生が初来校!!
みんなでたっぷり、脳のお勉強をしましょう!


ここからは、再び『未来のゲスト講師はわたし逆電』!!

とーやま校長「今夜は生放送教室はトラブル続きで、
10時台は来校予定だったテイラースウィフト先生や野比のび太先生が急遽、来校できなくなってしまって。
生徒に電話をかけさせてもらって、生徒ができる授業をやっていきました!」



逆電!
逆電ありがとうございました!
言いきれませんでしたが、宝塚歌劇団ではかつて、るろうに剣心や、ブラックジャックや、ルパン三世などなど沢山のアニメが原作の演目もやってきたんですよ!
男の方でも楽しめると思うので、校長教頭も是非いってみてください!
暁 ハイジ
女性/17歳/千葉県
2018-09-12 22:49



とーやま校長不二子ちゃ〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!

あしざわ教頭「『違うだろ!』って言おうとしたけど、そうじゃないかもしれないから(笑)」

とーやま校長「でも、すごいね!」

あしざわ教頭「めっちゃ面白そうですね!」

とーやま校長「さあ、みんな、本当にお待たせ。
今夜のSCHOOL OF LOCK!、11時台のゲスト講師は…!
SCHOOL OF LOCK!の"笹の講師"、

パンダのシャンシャン先生が初来校ーーー!!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「どういうこと? 無理でしょ!?」

とーやま校長「よろしくお願いします!」

あしざわ教頭「まず、会話ができないから!」

とーやま校長「えーと、シャンシャン先生は、初めて…?」

<シャンシャン先生の声??>

とーやま校長…すっちゃん! "いないのにいる風"は、もう無理だよ!

あしざわ教頭「そりゃそうだよ!」

とーやま校長「電話いった方がいいかもしれない、これ! 電話だ、電話!」

あしざわ教頭「でもずっと喋ってるんだよな、シャンシャン(笑)」

とーやま校長「シャンシャン先生も、電話いった方がいいと思うだろ?」

<シャンシャン先生の声??>

一同笑い

???「もしもし!」

とーやま校長「もしもし!」

りんごジュースおくと 北海道 14歳 男性 中学3年

とーやま校長「札幌か。節電、ちゃんと出来てる?」

りんごジュースおくと「はい」

とーやま校長「8時半以降は一応大丈夫ってことだけど、協力はしていきたいところだな」

りんごジュースおくと「テレビのコードは、一応抜いてます」

とーやま校長「みんなで協力していこう!」

りんごジュースおくと「はい」

とーやま校長「で、おくと。ごめん、シャンシャン来れねーんだわ

りんごジュースおくと「ああ〜。残念です」

とーやま校長「すっちゃんが無理やり出してくれてるんだけど」

一同笑い

りんごジュースおくと「ああ、ちょっと…」

とーやま校長「何かテーマがあったら、おくとは授業が出来るわけ?」

りんごジュースおくと「はい、大丈夫です」

とーやま校長「何だったらいける?」

りんごジュースおくと"飛行機逆電"です

とーやま校長「よし、託すぞ!
さあ、ということで、今夜のSCHOOL OF LOCK!ゲスト講師、りんごジュースおくと先生と一緒におくる授業は…!

『飛行機逆電』!!!

あしざわ教頭「ちょっとぶつかっちゃったな(笑)」

とーやま校長「飛行機が好きってことだもんな?」

りんごジュースおくと先生「はい」

とーやま校長「まずさ…。飛行機って何?

あしざわ教頭「そこから!?」

りんごジュースおくと先生「飛行機は、まあ、飛びますね

とーやま校長「飛ぶよね! すごい飛ぶよね、飛行機!」

りんごジュースおくと先生「はい、すごい飛びます」

とーやま校長「いつぐらいから飛行機が好きだなって思ったか、覚えてる?」

りんごジュースおくと先生2歳ぐらいの頃からですね」

あしざわ教頭「えっ?」

RN りんごジュースおくとは、自分ではいつから飛行機が好きか覚えておらず、両親から教えられたんだそう。
実はその前は電車が好きで、2歳から飛行機推しに変わったんだとか。

あしざわ教頭「記憶にない頃から好きってすごいな!」

とーやま校長「飛行機の、どういうところが好きなの?」

りんごジュースおくと先生「よくわからないんですけどとにかく好きで、飛ぶことにロマンを感じてます。
普通に考えてみたら、"飛ぶ"って、すごいじゃないですか」

とーやま校長「あんな重い物がね」

りんごジュースおくと先生「はい。だから、そういう所がすごいな、と思っていて。
(飛行機を発明した)ライト兄弟も、本当に感謝しかないです」

とーやま校長「俺は、1回もライト兄弟に"ありがとう"って気持ちを持ったことがないもん」

あしざわ教頭「わかる」

とーやま校長「飛行機についても詳しいの?」

りんごジュースおくと先生「まあ、詳しいです」

とーやま校長「生徒のみんなが『ああ、そうなんだ!』ってなるような、飛行機についての知識ってある?」

りんごジュースおくと先生「飛行機って、下降していく時に耳が痛くなるじゃないですか。
あれは、鼻をつまんで鼻から息を出すと治ります

とーやま校長「鼻をつまんで…」

SCHOOL OF LOCK!


りんごジュースおくと先生「そのまま鼻から息を出そうとすると治ります」

あしざわ教頭「耳から息が出ていく感じがするね」

りんごジュースおくと先生「そうです」

あしざわ教頭「それで治るんだ? へえ〜〜」

とーやま校長「これね、俺知ってた! 自分でやってた」

りんごジュースおくと先生「ああ、だいたい知ってますよね」

とーやま校長「他に何かある?」

りんごジュースおくと先生「あとは、僕が飛行機を見る時は、垂直尾翼っていうのがあるんですよ」

あしざわ教頭「"垂直尾翼"ってなんですか?」

りんごジュースおくと先生「飛行機の後ろに付いている、サメの尾びれみたいな」

とーやま校長「ああ〜、"尾っぽの翼"ね」

りんごジュースおくと先生「はい。それと、胴体に書いてあるものを見れば、だいたい航空会社がわかります」

とーやま校長「…どういうこと? 垂直尾翼を見てなんで航空会社がわかるの?」

りんごジュースおくと先生「そこ(垂直尾翼)に塗装があって、航空会社のロゴマークとかが付いてるんです。
例えばANAだったら、青に"ANA"って書いてありますよね。外国の航空会社も、それで一瞬でわかります」

とーやま校長「へえ〜。垂直尾翼に必ず書いてあるの?」

りんごジュースおくと先生「はい」

とーやま校長「それは知らなかったわ」

りんごジュースおくと先生「あと、エンジンと、その隣に付いているギアを見ると、機種がわかります

とーやま校長「機種!?」

あしざわ教頭「え〜〜!! それは、書いてあるの?」

りんごジュースおくと先生「いや、何も書いてないですけど、見ればだいたいわかります>」

あしざわ教頭「すごっ!」

とーやま校長「一番好きな機種とかあるの?」

りんごジュースおくと先生"ボーイング787"っていう機種なんですけど、めっちゃ新しい飛行機で」

とーやま校長「海外の飛行機?」

りんごジュースおくと先生「ボーイングはアメリカの会社です。
で、もともと飛行機ってアルミニウムの合金だったり、そういうものでできてるんですよ。
でも、"ボーイング787"は、プラスチックの一種で出来ていて

とーやま校長「嘘だよ! そんなわけないよ!」

あしざわ教頭「それじゃあ、頑丈じゃないんじゃないの?」

りんごジュースおくと先生「ホントですよ!」

とーやま校長「いや、嘘だな! 俺は信じない!」

りんごジュースおくと先生……ホントです!

一同笑い

あしざわ教頭「ホントですよ、先生が言うんですから!」

とーやま校長「へえ〜。プラスチックの一種なの? 逆に怖くなってきたな…」

あしざわ教頭「プラスチックだと、どういう特性があるの?」

りんごジュースおくと先生「そのプラスチックは強く出来ていて、燃えにくいし、軽いし、強い。みたいな感じです」

とーやま校長「めっちゃ合理的なんだね!」

りんごジュースおくと先生「はい」

とーやま校長「その分、(値段が)高かったりするのかな?」」

りんごジュースおくと先生「わからないですけど、けっこう高いと思います」

とーやま校長「"プラスチックの一種で出来ている"っていうのはしらなかったわ!
面白そうだな!」

りんごジュースおくと先生「はい」

あしざわ教頭「今度飛行機乗る機会があったら、どこに乗るといい、とかってあったりします?」

りんごジュースおくと先生「僕は飛行機大好きなんで、翼の横の座席ってあるじゃないですか」

あしざわ教頭「翼の真横の席ってこと?」

りんごジュースおくと先生「真横というよりは、翼より少し後ろ側の席に座ります」

あしざわ教頭「それはなんで?」

りんごジュースおくと先生「景色も少し見ることができるんですけど、翼が動くのも見たいので」

あしざわ教頭「翼の動きを見ながら、しかも景色も両方楽しめると」

りんごジュースおくと先生「はい。でも、僕は景色を見ないでずっと翼を見ています

とーやま校長「動いている翼を見て、おくとはどんなことを考えているの?」

りんごジュースおくと先生「いやー、なんか、"頑張ってるな〜"って
上空は寒いのに、すごいな〜って」

一同笑い

とーやま校長「だって、高度が1万キロぐらいだっけ?」

りんごジュースおくと先生「1万"メートル"ですね。1万キロは宇宙です

とーやま校長「すいません! ちょっと僕わかんないんで…」

あしざわ教頭「厳しい(笑) さすがですね!」

とーやま校長「将来はやっぱり飛行機関係の仕事に就きたいとかあるの?」

りんごジュースおくと先生「はい、就きたいです。
ずっとパイロットになりたいって言ってたんですけど、ちょっと無理そうと思って」

とーやま校長「なんでよ?」

りんごジュースおくと先生英語が…

あしざわ教頭「まだいけるだろ!」

とーやま校長「まだ中3だろ? 好きなものなんだから、目指した方がいいよ!」

りんごジュースおくと先生「パイロットじゃなくて、整備士とかの方がいいかもって思いだして…」

とーやま校長「より、飛行機を見れるしね」

りんごジュースおくと先生「はい。見れるし、毎日触れるし、もっと知識も深められるかな、と」

とーやま校長「確かに!」

あしざわ教頭「頼もしいぞ!」

とーやま校長「ありがとう、おくと!」

RN りんごジュースおくと、頑張って整備士になる夢を叶えてね!


とーやま校長「さあ、ということで、本日のゲスト講師は…!」

あしざわ教頭「いるの!?」

とーやま校長あしざわ家御一行様、初来校ーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!



♪ I LOVE YOU / 尾崎ムネト


あしざわ教頭「なんでウチの親族集合しちゃうの!? いないでしょ!?」

とーやま校長「えー、初めまして…」

あしざわ教頭「結婚式で会ってるかもしれないですけど(笑)」

とーやま校長「…え? ダブルブッキングですか?」

あしざわ教頭「どういうこと? 多分、来れるよ(笑)」

とーやま校長「群馬で営業ってどういうこと? あしざわ家御一行は」

あしざわ教頭「何をしてるんだよ、ウチの親族はよ! 靴を売ってんのか!?」

とーやま校長「闇営業行ってるの?」

あしざわ教頭「"闇"って言うな! やめなさい!」

とーやま校長「御一行とやろうと思ってた、『ネコと呼ばれた男逆電』が出来ないじゃん、これ」

あしざわ教頭「俺だよ、それ!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「おい、電話! 電話だよ、電話! 来てくれ!」

あしざわ教頭「俺の声を止めるためにも、頼むよ!」

とーやま校長「…もしもし!」

狂オタ(狂った車オタク) 青森県 14歳 男性 中学3年

とーやま校長「ちょっと、あしざわ家御一行がブッチかましやがってさ、来ねーんだよ! どう思う?」

狂オタ(狂った車オタク)ちょっと…問題ですね

一同笑い

とーやま校長「お前に託したいんだけど、いけそう?」

狂オタ(狂った車オタク)「全然大丈夫です!」

あしざわ教頭「すごいな!」

とーやま校長「なんのテーマだったらいける?」

狂オタ(狂った車オタク)『中古車すごいぞ逆電』だったらいけます

一同笑い

あしざわ教頭「すごくグッと狭いところに行った感じがするな(笑)」

とーやま校長「新車じゃないところがサイコーだな!
…よし、さあ、今夜のゲスト講師、狂オタ(狂った車オタク)先生と一緒におくる授業は…!

『中古車逆電』ーーー!!!

あしざわ教頭「どんな逆電だよ!」

とーやま校長「よろしくお願いします!」

狂オタ(狂った車オタク)先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「中古車がお好きってことですよね」

狂オタ(狂った車オタク)先生「そうですね。大好きですね!」

RN 狂オタ(狂った車オタク)は、なんと小学校1年生の頃から中古車の雑誌を見始めたそう!
そこで車の名前を色々覚えていったのだけど、昨年、家で乗るための車を中古車で探すことになったんだとか。

狂オタ(狂った車オタク)先生「実際探してみるとなると、"どんな感じなのか"ということで、日々、中古車サイトを見たり、旅行先で中古車販売店を回ってみたりとかして」

とーやま校長「ええ〜! じゃあ、知識もすごいんだ?」

狂オタ(狂った車オタク)先生「そうですね。自然とついていっちゃいました」

とーやま校長「俺、ドライ部の顧問なんだけど、まだ車を持ってなくて。
"中古車でもいいから車が欲しいな"ってマジで最近思い始めてるのね。
だから、狂オタから見た、"中古車の魅力"を教えて欲しい」

狂オタ(狂った車オタク)先生「中古車っていうと、昔のイメージだと、『ちょっと汚い』とかってイメージが多いと思うんですけど」

とーやま校長「オンボロのイメージはあるよね、確かに」

狂オタ(狂った車オタク)先生「でも、今の中古車って、すごく綺麗なんですよ。
そうじゃないと、今の時代は売れないんです。
汚い中古車っていうのは、なかなか受け入れてもらえなくて。
あと、新車で買うとオプションとかを色々付けたくても金銭的な問題で付けられなかったりするじゃないですか。
でも中古車だと、前のオーナーが新車で買った時にオプションを付けてくれていれば、それが全部付いた状態の値段で売られているので」

とーやま校長「いちいち揃える必要がない!」

狂オタ(狂った車オタク)先生「そうなんです! おトクなんですよ!」

あしざわ教頭「カーナビとかも付いてることがあると」

狂オタ(狂った車オタク)先生「そうなんです」

とーやま校長「いいね!」

狂オタ(狂った車オタク)先生「あとは、自分は車をカスタムしたりというのが好きなので、中古車を見ていると、
中には『これに乗ってた人は、車が好きだったんだろうな〜』っていうのが、付いている物でわかるんですよ」

とーやま校長「人柄とか、生活レベルもわかるってことか?」

狂オタ(狂った車オタク)先生「そうなんですよ。"色々付けたいんだけど、これで我慢してたんだな”みたいな」

一同笑い

あしざわ教頭「本当はもうちょっと良いものをつけたかったんだろうけど、みたいな(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「面白い!」

狂オタ(狂った車オタク)先生「勝手に想像してますね(笑)」

とーやま校長「ちなみに、『最初に中古車に乗るとしたら、この車種が良い』とかあるの?」

狂オタ(狂った車オタク)先生ホンダのステップワゴンっていう車があるんですけど、
いま売っている一番新しい型の一つ前の型が、ちょうど僕が免許を取って車を買うってなった時に、手の届くぐらいの値段になっているはずなんですよ」

とーやま校長「そこらへんまでわかるんだね!」

狂オタ(狂った車オタク)先生だいたい、相場の下がり方から…

一同笑い

あしざわ教頭「もう、業者の人じゃん!」

狂オタ(狂った車オタク)先生「で、なるべく安めのを買っておいて、浮いた分のお金は全部"いじり(カスタム)"に回すっていう」

とーやま校長「だって、2ヶ月後に15歳だもんな。まだ3年は免許が取れないんだもんな(笑)」

狂オタ(狂った車オタク)先生「そうなんですよ」

とーやま校長「それまでずっと、この中古車への愛をもっと深めて大きくして、初めて乗った自分の車なんて、もうたまんないだろうね」

狂オタ(狂った車オタク)先生「そうですね。
ちょっと揺らいできているんですけど、本当は、大きくなったら、自分で中古車屋を経営したいと思ってるんです。
最初はディーラーとかで働くのもいいかなと思ったんですけど、それだと、上から何か言われたりとか、自分で好きなように売れないっていうのがあって。
だったら、やっぱり自分の好きな車を、好きなお客さんに買ってもらった方が自分も幸せだな、と思って」

とーやま校長「プランまでしっかりしてるんだね」

狂オタ(狂った車オタク)先生「これからのことを考えると、安定しないのはわかっているんですけど、それでもやっぱりこれだけ(車が)好きなので、すごく"やりたいな"っていう気持ちが強くて」

とーやま校長「俺の中でも、ちょっと色々開けたわ! 話を聞かせてくれてありがとう、狂オタ!」

狂オタ(狂った車オタク)先生「とんでもないです!」

RN 狂オタ(狂った車オタク)、これからも中古車道を極めてくれ!


というわけで、今日も黒板の時間になりました。

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!


『 火を灯しつづけろ 』

みんなの中で、好きなものに対する火がずっと灯っているわけで。
その火を絶やさずに、これからもずっといって欲しい。
そうすれば、いつかそれが自分の仕事になり、自分の生活になり、自分や家族も助けてくれるものになる。
火さえ灯し続けていれば、もしも自分の道がわからなくなってしまっても、道しるべになってくれる。
自分の中に灯っている火、どんな手段を使ってでも、『灯しつづけろ』!


♪ 無限未来 / Perfume


あしざわ教頭「そこに火が灯っているということは、もしかしたら、同じ火を目指した仲間がいるかもしれないし、そこから"何か一緒にやっていこう"ってなるかもしれない。
だから、『灯しつづければ、必ず何かがある』と、信じております!」



【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ラブ・ラビット


SCHOOL OF LOCK!

RN あっすー♪


SCHOOL OF LOCK!

RN ネコ丸


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
暁 ハイジ 千葉県 17歳 女性
メーガン警備員 福島県 18歳 女性
りんごジュースおくと 北海道 14歳 男性
狂オタ(狂った車オタク) 青森県 14歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
シャリの上の肉&ラジオネームKIHUYU 埼玉県 14歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:07 Milestone / 04 Limited Sazabys
22:26 WILD BLUE / PENGUIN RESEARCH
22:41 エメ 〔ロミオ、ジュリエット、ロレンス神父、乳母〕 (第12 / 宝塚歌劇団「ロミオとジュリエット」
22:52 Bite My Nails feat.藤原さくら / 冨田ラボ feat.藤原さくら
23:09 命短し恋せよ乙女 / MOSHIMO
23:22 はじまり feat.キヨサク from MONGOL800 / Mrs.GREEN APPLE
23:52 無限未来 / Perfume

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

来週のどこかでテイラー来ること期待します!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

シャンシャン逆電ききたいわ

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


- Prev                 Next -
<   2018年9月   >
MonTueWedThuFriSatSun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE