尾崎ムネト先生が来校!!『尾崎ムネト逆電』!

生放送 2018.11.14 水曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 紅白歌合戦 』

とーやま校長「12月31日に放送される第69回NHK紅白歌合戦の出場アーティストが今日、発表されたね!

平成最後の紅白歌合戦!
紅白合わせて全42組と特別企画の1組!

とーやま校長「特別企画がまたすごいからね!」

あしざわ教頭「椎名林檎さんと宮本浩次さん! この間、Mステでも披露されていましたけど…」

他にも、Perfume研究員やセカオワ先生、欅坂46、乃木坂46、TWICE先生、リトグリ先生、ゆず先生、などなど…
我が校でもお世話になっているアーティストが名を連ねています!

とーやま校長「Perfume研究員は、11年連続11回目なんだよ!」

あしざわ教頭「とんでもないですね!」

初出場は、紅組はDAOKO、我が校にもゲスト講師として来校してくれたあいみょん先生
白組は、King & Prince、Suchmos、純烈、YOSHIKI feat. HYDE……

あしざわ教頭「あいみょん先生なんて、すごいスピードでここまで来られたなっていう印象なので、すごいなって改めて思いますね」

とーやま校長「我が校的には天童よしみさんだよね!」

あしざわ教頭「天童さんは関わったことないですよね?」

とーやま校長「3年前までGIRLSLOCKS!やってたじゃん」

あしざわ教頭「天童さんを女子と呼んで良いものなのか…(笑) あと、DAOKO先生もゲストとして苦てくださったことがありますよね」

とーやま校長「そうだね! 五木ひろし先生も来てくれたことあるけど…」

あしざわ教頭「来てくれてません!(笑) どんな授業やってたんですか?」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「横浜の生徒限定しか話すことのできない五木LOCKS!をやったじゃん」

あしざわ教頭「横浜限定!?(笑)」

そして司会を務めるのは、紅組は我が校でGIRLS LOCKSを担当してくれていた、おすずこと広瀬すずちゃん!
白組は嵐の櫻井翔先生! そして総合司会は内村光良さん!

とーやま校長「おすず! おめでとう!!」

あしざわ教頭「本当にすごい!」

とーやま校長「楽しみにしているよ!」


さあ、今夜の1曲目はSKY-HI先生の新曲!
「What a Wonderful World!!」の初オンエアからいくぞ!


♪ What a Wonderful World!! /  SKY-HI


とーやま校長「これはちょっとザワつくぞ……!」

あしざわ教頭「最初はSKY-HI先生のいつも攻めているような、ラップをガンガン積み重ねてくような雰囲気なのかなって思ったんだけど、
出だしはちょっと横に揺れるような雰囲気から始まって、途中から新しいものをなんか受け取ってるような、SKY-HIっていうジャンルを聴いてるような、不思議な感覚になったんですよね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「みんなはもうアルバムのジャケットを見たかな? ジャケットを見てもさらにザワつきは高まるばかりだし、もう一度聴きたい!
もう一度聴いて頭の中がどれぐらい整理されるのか、そこで答えが出たら俺の中では良いけど、そうでないかもしれないし、どんどん深みにはまってくのかもしれない!」

「What a Wonderful World!!」は、12月12日にリリースされる約2年ぶりのフルアルバム『JAPRISON』に収録!

そして、今夜の生放送教室には…!

あしざわ教頭「……あ、すみません。ちょっと待ってもらっていいですか…」

とーやま校長「どうしたの?」

あしざわ教頭「お腹痛くなってきちゃって…」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「これから今夜のゲスト講師を紹介するところだよ?」

あしざわ教頭「ちょっとトイレ行ってきていいですか? 先やっといてください!」

とーやま校長「…早く行ってきて!」

あしざわ教頭「すみません〜」

<あしざわ教頭が生放送教室から出て行く>

とーやま校長「教頭はトイレに行っちゃったけど、今夜のゲスト講師を紹介したいと思います!」

今夜のSCHOOL OF LOCK!は、
先週の水曜日の放送部で、新曲発表の約束してくれた猫系渋チンアーティスト……
尾崎ムネト先生がゲスト講師として来校ーーーーー!!!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


尾崎ムネト先生尾崎ムネトです! お願いします!

とーやま校長「お願いします! こうやってSCHOOL OF LOCK!にゲスト講師としていらっしゃってくれるのは初めてなんですよね!」

尾崎ムネト先生「そうなりますね」


尾崎ムネト先生!!!!
ついに来校!!楽しみにしてました♡
新曲?聴けるのかな。
もう、デビューしたらいいのに!
ふわふわふわりん
女性/14歳/佐賀県
2018-11-14 18:21


尾崎ムネト先生「デビューはいつでもしたいな、と思っているんですけど…」

とーやま校長「まだデビューはされていないんですよね?」

尾崎ムネト先生「そうですね。僕は基本的にはカバー曲がメインっていうこともあるので。気持ちとしてはデビューしているつもりなんですけどね」

とーやま校長「ちなみに、尾崎先生はSCHOOL OF LOCK!は知ってくれているんですか?」

尾崎ムネト先生「もちろん! SCHOOL OF LOCK!は毎日欠かさず聴いてるんですよ!」

とーやま校長「めっちゃ嬉しい! 僕、校長なんですけど…」

尾崎ムネト先生「こういう顔をされているんだなって初めて認識しました。もっと毛深い人のイメージでした! すごくお若いですよね!」

とーやま校長「いやいや。教頭先生のイメージはどうですか?」

尾崎ムネト先生「声的にイケメンなのかな、ってイメージでした。まだ直接お会いしたことはないんですけど…」

とーやま校長「尾崎先生は外見を気にされる方なんですね」

尾崎ムネト先生「やっぱり、外から中身が見えてくると思っているので…」

とーやま校長「なるほど! そして今夜は尾崎豊先生のカバー『I LOVE YOU』に次ぐ新しいカバー曲を
届けてくれるということで、後ほど、そのお話も聞かせてもらいたいと思います!」


尾崎ムネト先生の弾き語りはこの動画をチェック!


ゲスト講師としては初来校となるムネト先生と一緒に送る今夜の授業テーマは……
「尾崎ムネト逆電」!!!!

今夜はムネト先生に相談したいこと、聞いてほしいことを教えてくれ!

例えば…
「友達の好きな人を好きになってしまいました。どうしたらいいですか?」
「過去に戻れるなら…。もう1度チャンスがあれば…。とずっと後悔していることがあります。」
「近頃、周りを冷めた目で見ている自分がいます。そんな毎日が楽しくなくて、こんな自分を変えたいです。」
「地球について最近、考えることがあって聞いてほしいです!」


友達関係や恋愛、哲学的なこと、金欠な状況、猫についてなど、ムネト先生に話したいことなら、どんなことでもOK!
キミが話したいことを学校掲示板もしくはメール
で教えてほしい!

とーやま校長「今夜は、生徒の悩みにムネト先生が歌で答えてくれるということで、ギターを持ってきてもらっているんですよね!」

尾崎ムネト先生「みんなの悩みを弾き語りで答えていくぞ!」

尾崎ムネト先生へのメッセージももちろん待っています!


SCHOOL OF LOCK!



♪ I LOVE YOU / 尾崎ムネト


とーやま校長「尾崎先生がカバーされているこの曲、何が良いってめちゃめちゃ自分に酔っているところが本当に良いですよね!」

尾崎ムネト先生「そこ言われるとちょっと照れちゃうところありますね〜」

とーやま校長「これは、自分から酔おうと思って歌われているんですか?」

尾崎ムネト先生「友人に”酔ったほうが自分が出てるよ”って言われて、実際にやってみたらすぐに自分に酔えましたね」

とーやま校長「先週の水曜日にあった放送部でムネト先生の新曲を届けてくれるという話がでまして、
実はまだ僕も新曲を聴いていないんですけども、この経緯って尾崎先生にお伺いしてもいいんですか?」

尾崎ムネト先生「そうですね。新曲を今回用意させてもらったというか…」

とーやま校長「新曲!」

尾崎ムネト先生「5曲カバーさせていただきました!」

とーやま校長「オリジナルではなく、カバーなんですね。5曲もレコーディングされたんですか?」

尾崎ムネト先生「そうですそうです!」

とーやま校長「その5曲はどういった思いで選ばれたんですか?」

尾崎ムネト先生「大前提を話すと、僕も最初からカバーしようと思って選んだ訳ではないってことですね」

尾崎ムネト先生曰く、尾崎先生の頭の中に曲や言葉が浮かんで”曲にしよう!”と思うのだけど、
すでにその曲が世の中にある! という現象が起きてしまったのだそう。

とーやま校長「そんな偶然があるんですね!」

尾崎ムネト先生「やられた〜って感じですね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「5曲の中で特に気に入られている曲ってありますか?」

尾崎ムネト先生「全部好きなんですけど、思い入れという意味では『バンザイ〜好きでよかった〜』ですね。
僕、実は結婚をしていまして、嫁に曲をプレゼントできたらいいな、と思ってカバーしたのがウルフルズ先生の楽曲だったんです。なので…(笑)」

とーやま校長「何をヘラヘラしてるんです?」

尾崎ムネト先生「いや、なんでもないです(笑) 嫁の顔が浮かんだら笑みがこぼれちゃって…」

とーやま校長「微笑ましいってことですね」

尾崎ムネト先生「生徒の君にも大切な人がそばにいると思う。大切な人のために、この曲を届けたいと思います!」


♪ バンザイ〜好きでよかった〜(LIVE) / 尾崎ムネト


SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「”ラララ 二人でぇへぇ〜〜”とか、”振り返るぅ〜〜”とか、ウルフルズさんの原曲にはないアレンジじゃないですか。
抑揚をつけるところがめちゃくちゃ酔ってるなあ、って感じしますね」

尾崎ムネト先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「これも酔おうとして歌っているんですか?」

尾崎ムネト先生「最近は酔おうっていう意識はなくて、自然と出ちゃいますね」

とーやま校長「ナチュラルに自分に酔ってしまうと。これはレコーディングスタジオで録られているんですか?」

尾崎ムネト先生「そうですね。半蔵門のスタジオをお借りして…」

とーやま校長「え? 半蔵門で録ることができるんですか?」

尾崎ムネト先生「これが出来るんですよ!」


尾崎ムネト先生
「ばんざぁぁあーぃ」の「ぃ」がすげえ酔ってます!!!素晴らしい!!!!(割とマジでうまいのが謎い…)
たそがれるあざらし
男性/16歳/群馬県
2018-11-14 22:41


尾崎ムネト先生「ありがとう!!!」

とーやま校長「でも、ちょっと声割れすぎじゃないですか?」

尾崎ムネト先生「それはあえて、みたいなところもありますね」

SCHOOL OF LOCK!


そんな尾崎ムネト先生と一緒に送る今夜の授業テーマは…
「尾崎ムネト逆電」!!!

まず最初に逆電した生徒は……

とーやま校長「もしもし!」

Gキッター 北海道 17歳 男性 高校2年生

Gキッター「もしもし!」

とーやま校長「Gキッターは高校何年生?」

Gキッター「高校2年生です!」

尾崎ムネト先生「中2高2は〜…」

Gキッター「フリーダーーム!」

尾崎ムネト先生「自由だあ〜」

とーやま校長「ちょっと待ってください(笑) これもう事故だよ…。今のはなんですか?」

尾崎ムネト先生「いや、こういうのがあるんですよね?」

とーやま校長「あしざわ教頭のやつをマネしてくださったんですか?」

尾崎ムネト先生「”自由だ〜!”じゃなかったでしたっけ?」

とーやま校長「”自由だ〜!”は、サバンナの高橋さんがやられていたやつなんです。もしかしてそれも…?」

尾崎ムネト先生「カバーしました!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そういうことなんですね(笑) で、Gキッターは尾崎ムネト先生のことは好き?」

Gキッター「あまりよく知らないんですけど、SCHOOL OF LOCK!で曲が流れているを聴いたりします」

とーやま校長「どういう印象とかある?」

Gキッター「なんか、酔ってるなあ…って」

尾崎ムネト先生「ありがとう(笑)」

そんなRN Gキッターは、尾崎ムネト先生に相談したいことがあるのだそう!

Gキッター「最近知り合った女の子を遊びに誘いたいんですけど、誘い方がわからないんです!」

とーやま校長「なるほど。それじゃあ尾崎先生には曲でお答えいただくということで…」

尾崎ムネト先生「もう行きます? もうちょっと話聞きたいなあ」

RN Gキッターが気になっている女の子は、部活の活動で知り合った女の子で、
その子とは高校が違うのだけど、兼部しているもう一つの部活で、その子の高校に行くことになったのだとか!

Gキッター「それをきっかけに遊びに誘いたいな、って思っているんですけど、中高とずっと男子校だったので、誘い方が全くと言っていいほど分からなくて…」

とーやま校長「LINEでの誘い方かぁ…。尾崎先生はこういう経験はありますか?」

SCHOOL OF LOCK!


尾崎ムネト先生「ありますね。なかなか踏み出せない感じ、すごく分かります。なので………整いました!」

とーやま校長「えっ? なにっちです?」

尾崎ムネト先生「ムネっち…」

とーやま校長「ムネっちさんが整ったらしいから受け止めてみようか!」

Gキッター「はい!」

尾崎ムネト先生「今、浮かんだ言葉、Gキッターの為に並べてみようかな…」

Gキッター「ありがとうございます!」


♪ Gキッターに贈る曲(LIVE) / 尾崎ムネト


SCHOOL OF LOCK!



尾崎ムネト先生「…ありがとうっ!」

とーやま校長「Gキッター、今の曲聴いてみてどうだった?」

Gキッター「すごい、メッセージ性が強いなあって…(笑)」

とーやま校長「LINE送るにあたっての勇気にはなった?」

Gキッター「ちょっとまだ分からないです」

とーやま校長「そうだよね…(笑)」


♪ One more time,One more chance(LIVE) / 尾崎ムネト


とーやま校長「Gキッター、この曲聴こえる? 山崎まさよしさんかと思ったら、尾崎ムネト先生ですよね!」

SCHOOL OF LOCK!


尾崎ムネト先生「ご名答です!」

とーやま校長「これはどういう思いでカバーされたんですか?」

尾崎ムネト先生「そうですね…良いなあって思って」

Gキッター「(笑)」

とーやま校長「Gキッター! これはもう勇気を出して誘うしかない!
考えてしまうと自分に言い訳しかしないから、文章を打って無心で送信を押すだけ!」

尾崎ムネト先生「(ジャカジャン!)」

とーやま校長「静かにしてもらっていいですか?(笑)
そこからだと思うよ。まずは勇気を出すところから! それだけは伝えておく!!」

Gキッター「ありがとうございます!」

とーやま校長「あとは、尾崎先生からもらったものを使えるところで使っていこう。男だろ! カッコ良く誘ってこい!!」

Gキッター「分かりました!」


とーやま校長「……尾崎先生、Gキッターに送っていた曲、長渕先生に寄せていましたよね?」

尾崎ムネト先生「いやいや、寄せてないですよ!」

とーやま校長「剛先生に寄せてましたよ! 曲調がモロでしたもん。次やったらマジで本人に連絡しますからね!」

SCHOOL OF LOCK!


さあ、毎週水曜日23時8分頃は、松田LOCKS!をお届け!
今日は、PELICAN FANCLUBエンドウアンリ先生が生徒の悩みを曲で解決してくれたぞ!!




松田部長「すっかり冷えてきましたね…40歳過ぎのオジサンにはキツい…。
SCHOOL OF LOCK!のダイナマイトカリスマ営業部長、松田です!
さあ、JASRAC日本音楽著作権協会がおくる松田LOCKS!
今夜も生徒の悩みをアーティスト講師の方が音楽で解決してくれます!
今回の悩みはコチラ!」

----------------------------------------------------------------------------
■正直軽音部に入るか迷っています
ドラムの練習していて
ただ、次は二年生になって
同級生にとても差がついていて心配です
どうすれば良いでしょうか?

グディミサ 男の子 16歳 東京都
--------------------------------------------------------------------------

松田部長「っというお悩みです。さあ、今回このお悩みを解決してくれるのは…!」

???PELICAN FANCLUBのGt&Voエンドウアンリです!

エンドウ先生「今回、RN グディミサさんのために選曲した曲は、『Telepath Telepath』です!」


M Telepath Telepath / PELICAN FANCLUB


エンドウ先生「結論から言いますと、あくまで僕の意見なんですけど、
RN グディミサさんは部活に入らなくていいと思います。
というのも、僕も全く同じ境遇だったんです。
高校時代に軽音楽部に入ろうかどうか、
周りと差が付くどうこう、考えていたんですけれど、
やっぱりね外の、軽音楽部外のスタジオとか
年齢層がバラバラな環境に自分から飛び込んだ方が上達もしますし、
色んなバンドの世界というモノを早く知れると思うので、
自分の将来像が描けると思います。

で、今回選曲した『Telepath Telepath』はですね、
僕も先ほど言ったように同じ境遇だったんですね…。
17歳ぐらいの時に閃光ライオットに応募したんですけどダメで。
でもSCHOOL OF LOCK!で今、こうやって話せているっていうのは、
とても感慨深いことだなって思っていて…。
自分の作った楽曲に背中を押されてずっと続けてこれたので、
やっぱり『Telepath Telepath』で背中を押したいなと思います!


松田部長「PELICAN FANCLUBのエンドウアンリ先生、ありがとうございました!
松田LOCKS!では引き続き、アーティスト講師の皆さんに解決してほしい悩みを募集中!
また、松田LOCKS!のサイトで出題している著作権クイズに正解した生徒の中から毎週1人に、
オリジナルの著作権カレンダーをプレゼント!
全ては【コチラ】からお願いします!今夜の松田LOCKS!は以上!」


今夜の著作権名言

「料理のレシピは、著作物に入らないのねえ。」




とーやま校長「部活に入らないで、外のスタジオに飛び込んだ方がいいっていうアドバイスだったけど、
”なんとかしないといけない”っていう状況に追い込まれると、自分でも思ってもみない力を発揮することってあるじゃん。そういうことを言ってくれてるんだと思うな」

あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「音楽で何かを表現するってなったときには、絶対にその方が音に出ると思うし、自分の内のものが音に出るってことは、誰かの心に響くっていうことだと思っている!」

あしざわ教頭「学校の中が全てだって思いがちですけど、外の世界が教えてくれることもあるでしょうしね。そっちに行くのもアリだなと思って聞かせていただきました!」

とーやま校長「先日、PELICAN FANCLUBのエンドウ先生とばったりお会いしたんだよね」

あしざわ教頭「お会いしましたね!」

とーやま校長「音源も直接手渡しでくださって! ありがとうございました!
これからも曲の力を借りて生徒のみんなと一緒に毎日過ごしていこうと思うので、
これからもPELICAN FANCLUB先生、よろしくお願いいたします!」

松田部長! 来週水曜日もよろしくお願いいたします!


ここからは再び、尾崎ムネト先生をお迎えしての「尾崎ムネト逆電」!!!
10時台はあしざわ教頭が生放送教室にいない状態でゲスト講師を呼んでいましたが……

あしざわ教頭「…あぁ〜やばい! これはやばいですわ〜!」

とーやま校長「教頭、いい加減にしてよ! 教頭がいてくれないと激キツがやってきちゃうんだよ。行かないで!」

あしざわ教頭「やばいんですよ! 今回はとにかくやばいんです!!」

とーやま校長「やばいの一点張りじゃん! でも、教頭にはマジでいて欲しいんだよ〜」

あしざわ教頭「でも、やばいんです! あとはお願いします!」

とーやま校長「…しょうがない、行ってきなよ!」

あしざわ教頭「すみませ〜ん!!」

<あしざわ教頭が生放送教室から出て行く>

とーやま校長「ということで、やばい教頭はどこかに行ってしまったので、仕切り直して今夜の生放送教室には…
尾崎ムネト先生が来校中ーーーーーー!!!


SCHOOL OF LOCK!



尾崎ムネト先生「…よろしくお願いしま〜す」

とーやま校長「尾崎先生、なんかドタバタしてません?」

尾崎ムネト先生「すみません、急に来たからびっくりしちゃって…大丈夫です!」

とーやま校長「それでは、11時台もよろしくお願いします!」

今夜は、尾崎ムネト先生に相談したいこと、聞いてほしいこと、話したいこと、
生徒が今、ムネト先生に届けたい声を聞いていって、悩みに対してムネト先生が曲で答えていってくれています!

とーやま校長「ちなみに…10時台に逆電したGキッターの『気になる女の子をLINEで誘いたい』という悩みに対して、
尾崎ムネト先生は小手がどうとか、胴が…みたいな歌を歌っていたじゃないですか」

尾崎ムネト先生「小手に行くより、胴。いや、胴も違う。やっぱり面で飛び込めよ。っていう歌ですね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「面が男らしいっていう歌ですよね。実は、こんな書き込みが届いているんです」


尾崎ムネト先生
ムネト先生!
小手狙うのは決して臆病だからじゃないですよ!
小手は勝利のために必要で、小手打てるのはテクニシャンです!
[Mr. mix juice]
男性/15歳/埼玉県
2018-11-14 22:55


尾崎ムネト先生「なるほど! そういう意見もあるでしょうね」

とーやま校長「間違った知識で歌ってらっしゃるってことですか?」

尾崎ムネト先生「違います違います! もちろん、小手も素晴らしい一手ですけど、その先に飛び込むっていうのが一番大切なことだな、っていうのを面で表現したんです」

とーやま校長「尾崎先生は剣道をやられていたんですか?」

尾崎ムネト先生「高校1年生のときに授業でやっていました」

とーやま校長「授業かい! 激キツなんだよなぁ……」

尾崎ムネト先生「なんですか?」

とーやま校長「なんでもないです! まだまだ悩みを抱えた生徒はたくさんいるのでいきましょう!」

尾崎ムネト先生「いこうぜ!(ジャカジャン!)」


とーやま校長「もしもし!」

味を聞く蛇男 愛知県 15歳 男性 高校1年生

味を聞く蛇男「もしもし!」

とーやま校長「味を聞く蛇男は、今日ずっとラジオ聴いてた?」

味を聞く蛇男「聴いてました!」

とーやま校長「尾崎ムネト先生が来てくれていることに対して、どう?」

味を聞く蛇男「めちゃくちゃ嬉しいです!」

尾崎ムネト先生「ありがとう!」

とーやま校長「そんな尾崎先生に聞きたいことがあるんだよね?」

味を聞く蛇男「はい。欧陽菲菲の『ラヴ・イズ・オーヴァー』を気持ちよく歌うにはどうすればいいですか?」

とーやま校長「それじゃあ、曲の方を…」

SCHOOL OF LOCK!


尾崎ムネト先生「ちょっと早いですね(笑) 最終的には歌いますけど…」

とーやま校長「欧陽菲菲さんの『ラヴ・イズ・オーヴァー』。10代のみんなは曲は知ってたりするのかな。
なんでこの曲を上手く歌いたいの?」

味を聞く蛇男「3学期の最初に音楽のテストがあって、そのテストで歌いたいなあって思って」

RN 味を聞く蛇男は、クレヨンしんちゃんの映画でアクション仮面が『ラヴ・イズ・オーヴァー』を歌っていたのを聴いて、
「良い曲だなあ」と思い、音楽のテストで歌ってみようと思ったのだそう。

とーやま校長「練習はしたことある?」

味を聞く蛇男「歌を聴いてリズムを覚えたり、口ずさんだりしたくらいですね」

とーやま校長「どんな風に歌いたいとかっていうのはある?」

味を聞く蛇男「成りきって、酔うように歌いたいです!!」

尾崎ムネト先生「それじゃあ、歌ってみようか…!」

とーやま校長「味を聞く蛇男! 尾崎先生が入ったぞ!」


♪ Love is over(LIVE) / 尾崎ムネト


とーやま校長「…あれ? 長渕入ってません?」

尾崎ムネト先生「若いあやまちとぉ〜〜笑って言えるぅ〜〜(笑)」

とーやま校長「…ちょっとすみません! 何をヘラヘラしているんですか? 味を聞く蛇男的に聴いてみてどうだった?」

味を聞く蛇男「お手本のような酔い方だなあって思いました!」

尾崎ムネト先生「ありがとうございます! もう一度本気で歌って良いですか?」

とーやま校長「いや、歌でアドバイスするんじゃないんですか? 蛇男がちゃんと歌えるように教えてあげて欲しいんですよ!」


♪ Love is over(LIVE) / 尾崎ムネト


尾崎ムネト先生わたしはあんたを 忘れはしない〜〜♪

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「…蛇男、まだ聴く?」

味を聞く蛇男「はい!」

とーやま校長「まだ聴きたいんだね。お前が聴きたいなら良いや(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「すみません、俺はアドバイスをくれるものだと思って聴いていたんだけど……味を聞く蛇男は尾崎先生の曲を聴いてどう思った?」

味を聞く蛇男「個性が強いですね!」

尾崎ムネト先生「ありがとう!」

とーやま校長「音楽のテストで歌えるようになるにはどうしたらいいかって話じゃん。そこはどうなの?」

味を聞く蛇男「う〜ん……」

尾崎ムネト先生「いけたね!」

味を聞く蛇男「はい」

とーやま校長「言わされてるじゃん(笑) 生徒に圧をかけないでもらっていいですか?」

尾崎ムネト先生「いや、僕が気持ちよく歌っている様子、いわゆる酔ってるっていう現象を見せたことで、味を聞く蛇男も気持ちよく酔えるよな?」

味を聞く蛇男「…酔えます!!!」

とーやま校長「酔えるのかなあ…(笑) でも歌が苦手なのであれば、友達とカラオケに行ったりして練習してもいいと思うよ!」

味を聞く蛇男「1回もカラオケ経験がないんです」

とーやま校長「それじゃあこれからだ! これからその1回目が来るよ。よし、一緒にこの曲を聴こう!」

味を聞く蛇男「はい!!!」


♪ Tomorrow Never Knows(LIVE) / 尾崎ムネト



(笑)
ただのカラオケ大会(笑)
クオリティが異常に高い!!
ドラム破壊
男性/16歳/石川県
2018-11-14 23:43

蛇男ー‼
止めてー笑
永遠のチャレンジャー
男性/19歳/兵庫県
2018-11-14 23:43


尾崎ムネト先生「歌が良すぎて…ってことかな? 嬉しいですね」

とーやま校長「まだ悩みを持った生徒がいるみたいなので、電話していきましょう! もしもし!」

ミス.梅ぼっしー 岐阜県 16歳 女性 高校2年生

ミス.梅ぼっしー「もしもし!」

とーやま校長「早速だけど、尾崎先生に聞きたいことはどんなこと?」

ミス.梅ぼっしー「尾崎ムネト先生のことがすごく好きで、最初に『I LOVE YOU』を聴いたときに”なんだ!?”って引き込まれました。
それで、学校で友達に話したらすごく盛り上がって、その友達も同じくらい尾崎ムネト先生が好きなんです!」

とーやま校長「その友達もSCHOOL OF LOCK!聴いてくれているんだ?」

ミス.梅ぼっしー「はい!」

そんなRN ミス.梅ぼっしーは、未確認フェスティバルのコピバンステージで尾崎ムネト先生の自信あふれる姿に心を打たれたのだそう。

ミス.梅ぼっしー「私は曖昧に話してしまう癖があって、”なんか…”って言葉をよく使ってしまうんです。
3歳からずっとバイオリンをやっていて指揮者に立候補したくても遠慮してしまって挑戦できていないので、そんな自分を変えたいと思ってます!
なので、来年のスピーチコンテストに立候補してみようって思ってるんです」

とーやま校長「いいね!」

ミス.梅ぼっしー「立候補するにあたって、アドバイスをもらえませんか?」

とーやま校長「どうやってやれば、自信満々にできるかどうか、ってことだね。ちなみに、その友達のラジオネームってわかる?」

ミス.梅ぼっしーばたペディアです!」

とーやま校長「ばたペディア、聴いてる?」

ばたペディア「…はい!」

ばたペディア 岐阜県 15歳 女性 中学3年生

とーやま校長「ばたペディアも尾崎先生が好きなんだよね?」

ばたペディア「大好きです!」

尾崎ムネト先生「嬉しいなあ〜」

ばたペディア「私も最初に『I LOVE YOU』を聴いたとき、原曲の方を知らなくて。
放送で初めて聴いて”なんだこの曲!”ってなったし、声がすごく素敵でずっと聴いています!」

とーやま校長「なんかごめんな…」

尾崎ムネト先生「なんで謝るんです?」

とーやま校長「原曲を先に聴いて欲しかったな…って(笑)」

尾崎ムネト先生「まあまあ、そういう気持ちもありますよね」

とーやま校長「それじゃあ尾崎先生、授業も終わりの時間に近づいてきてしまったので、ミス.梅ぼっしーと、ばたペディアの2人に黒板を届けて欲しいなって思うんですけど……」

尾崎ムネト先生「せっかく2人があの曲が好きだと言ってくれているので、黒板代わりに1曲届けたいと思います!」

ミス.梅ぼっしー・ばたペディア「ありがとうございます!」

尾崎ムネト先生「それじゃあ、2人に届きますように…。聴いてください」


♪ I LOVE YOU(LIVE) / 尾崎ムネト


SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「ミス.梅ぼっしー、どうだった?」

ミス.梅ぼっしー「良い酔いでした…(笑)」

とーやま校長「ばたペディアは、尾崎先生の『I LOVE YOU』どうだった?」

ばたペディア「酔いしれました!」

とーやま校長「ミス.梅ぼっしーは、自分に自信が持てるようになったか?」

ミス.梅ぼっしー「はい。頑張ります!」

とーやま校長「最後に何か尾崎先生に言いたいことはある?」

ばたペディア「これからも新曲よろしくお願いします!」

尾崎ムネト先生「うん! ミス.梅ぼっしーも、ばたペディアも、自分に酔って突き進め!」

ミス.梅ぼっしー・ばたペディア「ありがとうございます。頑張ります!!」



とーやま校長「さあ、本日も下校の時間になりました!
尾崎先生、今日は一日ありがとうございました!」

<生放送教室のドアが開く音>

あしざわ教頭「すみません! 校長、そして尾崎先生! 教頭のあしざわです!」

とーやま校長「教頭! 戻ってきたんだね!」

あしざわ教頭「戻ってきました! 全然やばくなかったです!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「尾崎先生、素晴らしい歌声ありがとうございました!」

尾崎ムネト先生「いやいや、ちゃんとお会いできて嬉しいです」

とーやま校長「ということは…ついに2人共演できたじゃん!

あしざわ教頭「なんか照れますね(笑)」

とーやま校長「それじゃあ3人で一緒に挨拶しよう!」

あしざわ教頭「起立!! 礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭また明日〜〜〜〜〜〜!!!!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「尾崎先生、今、挨拶してました…?

尾崎ムネト先生「ちょっとタイミングが難しくて〜」

とーやま校長「教頭はちゃんと挨拶してくれましたよね!」

あしざわ教頭「僕は言いましたよ!」


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN 希望のネコ丸


SCHOOL OF LOCK!

RN おさら桜09


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
Gキッター 北海道 17歳 男性
味を聞く蛇男 愛知県 15歳 男性
ミス.梅ぼっしー 岐阜県 16歳 女性
ばたペディア 岐阜県 15歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
エナヤ 兵庫県 15歳

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】

22:05 What a Wonderful World!! /  SKY-HI
22:26 Thrill, Risk, Heartless / LiSA
22:39 バンザイ〜好きでよかった〜(LIVE) / 尾崎ムネト
22:48 Gキッターに贈る曲(LIVE) / 尾崎ムネト
22:50 One more time,One more chance(LIVE) / 尾崎ムネト
23:10 Telepath Telepath / PELICAN FANCLUB
23:26 In the Morning / Mrs.GREEN APPLE
23:38 Love is over(LIVE) / 尾崎ムネト
23:40 Love is over(LIVE) / 尾崎ムネト
23:43 Tomorrow Never Knows(LIVE) / 尾崎ムネト
23:49 I Love You(LIVE) / 尾崎ムネト
23:53 奇跡の地球(LIVE) / 尾崎ムネト

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ほとんど生徒の質問に答えていなかった感…笑

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

次は何のトラブルもないように、気をつけます!尾崎さん、新曲期待してます!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年11月   >
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE