片平里菜ちゃん登場!

130812_sol01.jpg

『 銀幕デビュー 』
 
以前、この学校に来校してくれた、鷹の爪団!!
 
この鷹の爪団の9月13日公開の映画『秘密結社鷹の爪 鷹の爪GO 〜美しきエリエール消臭プラス〜』にとーやま校長とよしだ教頭が声の出演をするぞ〜!!
生徒のみんなは今すぐチェックだ!
 
130812_sol02.jpg

今夜の生放送教室は…
 
片平里菜ちゃん登場〜〜!!
 
2011年の閃光ライオットに出場!審査員特別賞を受賞した福島出身のシンガーソングライター。
 
その後、里菜ちゃんは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの山田貴洋先生にプロデュースをしてもらって曲をつくったり…
デビュー前にアジカン先生主催の夏フェス、『NANO MUGEN FES 2012』に出演したり…
去年の11月からは、この学校のスマホLOCKS!も担当!
 
ずっとみんなのそばにいてくれたんだけど…先週の水曜日に『夏の夜』でメジャーデビュー
里菜ちゃんの歌が、さらにたくさんの人に届くようになりました!
 
さあ、今夜はそんな片平里菜ちゃんが、生徒のみんなに会いにきてくれます!
 
里菜ちゃんのこの2年間を生徒のみんなと振り返りつつ、新たな一歩を盛大にお祝いしたい!
お祝いメッセージはもちろん、未来の鍵をつかんだ先輩に聞きたいことを何でも送ってきてくれ!
 
学校掲示板とメールで待っているぞ!!

さあ!この生放送教室に来るのは、久しぶり!!

130812_sol03.jpg

片平里菜ちゃん!!!!!!!!

130812_sol04.jpg

とーやま校長「里菜サマーーー!!!!」

生徒のみんなもご存知!里菜サマがどうして生放送教室にいるかというと…

メジャーデビュー、おめでとうございますーーー!!!!!!!!!!!

里菜ちゃん「ありがとうございます!」 
130812_sol05.jpg

里菜ちゃんとSCHOOL OF LOCK!が出逢ったのが、今から2年前。

とーやま校長「それをきっかけに、里菜ちゃんはどんどん加速していった訳だけど…改めて!里菜ちゃんのこの2年を、簡単に振り返りたいと思います!」


初めて出会ったのは、正確に言うと、今から2年前の春。

当時はまだ、震災の直後。
閃光ライオットを開催するか、まだ迷っている状態だったんだけど、、

それでも“やろう!”って決めて、急いでみんなに伝えて。

とーやま校長「多分、あの年は他の年に比べると、応募してくれたみんなにとっても準備期間も短かったと思うし、大変だったと思うんだけど…それでも、沢山のデモテープが届きました!」

その中にいたのが、、福島県出身の19歳、
シンガーソングライター・片平里菜。

とーやま校長「普段は路上で活動してるって、エントリーシートに書いてたりしたね」

里菜ちゃん「はい、そうでしたね(照)」

とーやま校長「あの時は、どういう気持ちでデモテープ送ったの?」

里菜ちゃん「震災があって、生活をするのも大変だったんですけど、ちょっとずつ生活に余裕が出てきた時、閃光ライオットを開催するって話を聞いて、“応募受付期間も遅らせる”ということに後押しされたというか、、」

とーやま校長「その時、そう考えたことによって、今こうして喋れてるわけだよね。なんか不思議だし、嬉しいよね」

里菜ちゃん「本当、不思議ですね(笑)」
 
130812_sol06.jpg

そんな里菜ちゃんは、2次スタジオ審査、3次LIVE審査と進み…
ついに、2011年9月4日、
日比谷の野音で行われた、ファイナルステージに辿り着きました!


“一生忘れられない日になりました。
もっと成長して、また大きな会場で演奏したいし、テッペンに上っていきたい。
学生時代は、大人しくて何も出来なかったんですけど…
頑張ってここまでこれたと思ってるので、、
みんなも諦めないで、頑張ってほしいです。”


演奏後、里菜ちゃんは涙をこらえて、こんなことを言ってたんだけど…

里菜ちゃん「わぁ…!懐かしい…!」

とーやま校長「覚えてる?」

里菜ちゃん「覚えてますね。でも、何を言ったかはボヤけてて…今聴いて泣きそうになりました(笑)」

よしだ教頭「これはグッと来るなぁ…!」

とーやま校長「今でも、当時のこと思い出したりする?」

里菜ちゃん「思い出しますね…。閃光感謝祭っていうものあったり、イベントだったり…そういう機会を与えられた時、ステージ上で思い出したりしました」

とーやま校長「あの時の涙は、どういう涙だったの?」

里菜ちゃん「どうだったんですかね…。多分、ファイナルステージでの演奏が自分では納得いかないものだったんですね。
本当は野音で演奏できたこと自体に価値を感じて満足してたんですけど、あのステージに立ったら、もっと色んなステージに立ってみたいし、もっと上に行きたいって気持ちがどんどん湧いてきて、悔しさも湧いてきて…そういうことを言ったんだと思います」 

130812_sol13.jpg

里菜ちゃんは、この1日をキッカケに、新たな“はじまり”を迎えます!

野音のステージから、およそ4ヶ月後。
里菜ちゃんは、ソニー「Play You.」レーベルの第一弾アーティストに決定!!!!!
しかも! その音楽プロデューサーを手がけたのは……

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのベース、山田貴洋先生!

よしだ教頭「スゴイよ…!!!!!!」

とーやま校長「山田先生は、3次ライブ審査の時、ステージの里菜ちゃんを見て選んでくれたって言ってたよね」

里菜ちゃん「そうですねぇ…!この話を頂いて、テンション上がったし、“アジカンの山田さん!?”みたいな感じがありましたね…!!」

生徒みんなの応援を受けて、アジカンの山田先生と一緒につくった曲が、『始まりに』。
しかも、CMデビューまでしちゃったり…!!

そしてそして…!
この年の夏には、アジカン先生主催の夏フェス『NANO MUGEN FES 2012』に出演!
横浜アリーナに、喜多先生と山田先生をしたがえての登場…!

里菜ちゃん「1曲目は自分の弾き語りだけだったんですけど、2曲目から喜多先生と山田先生が来てくれて…来た瞬間、ワーッて歓声が湧いて。
その前までは“誰だこの女の子”って感じだったんですけど、歓声を聞いて、“スターになるってこういうことなんだ”って思った瞬間でした。自分でも体験したいなって思いました」

よしだ教頭「地に足ついてるよね…!その時のこと、ちゃんと覚えてるんだもん」 

130812_sol09.jpg

昨年の11月に、SCHOOL OF LOCK!で『スマホLOCKS!』がスタート!
さらに!今年の2月に行った、閃光感謝祭でメジャーデビューを発表!

とーやま校長「そして、先週の7日!正式にメジャーデビューーーーー!!!!」

里菜ちゃん「はい…!!!!!」

とーやま校長「もう、とんでもない速度!この2年、どんなことを考えてたの?」

里菜ちゃん「2年間とは思えないくらい濃かったですね。なんか…楽しかったです。何もかもが。曲作りだったり、壁にあたることは多かったけど、、その中で自分が苦労したから、楽しい瞬間がいっぱいあったんだと思います」


♪ 夏の夜 / 片平里菜


とーやま校長「この『夏の夜』…、閃光でも披露したこの曲が、メジャーデビュー曲になったね…!俺は嬉しいのと不思議な気持ちが混ざってる感じだよ…!」

里菜ちゃん「私も、嬉しいのと不思議な感じです(笑)」 

130812_sol11.jpg

 さあ…!

里菜ちゃんのメジャーデビューを祝うべく!
この学校のみんなで立ち上げたプロジェクトがあります!
それがッ…

『コピ里菜ライオット』!!!!!

里菜ちゃんの“夏の夜”を生徒みんなでコピー!
この曲をキッカケに、ギターに触れてもらったり、さらに上達してもらったり…

とーやま校長「誰かが、新たな未来の鍵をつかむためのキッカケになればと思って始めたプロジェクトなんだけど…沢山の動画が届きました!みんな、本当にありがとう!!」

里菜ちゃん「ありがとうございます!!」

130812_sol08.jpg

“まだ初心者”という生徒もいれば、
“これを機会に、久しぶりにギター触りました”という生徒もいて…

とーやま校長「里菜ちゃんも、ギター教室を開いてくれたり…かなり気合い入ってたよね。楽しかった?」

里菜ちゃん「直接、生徒のみんなと会えたのが楽しかったですね」

この『コピ里菜ライオット』では、動画を送ってくれた生徒の中から“コピ里菜賞”5名が選ばれることになっていました!

よしだ教頭「そう!選ばれた5名の生徒には、エピフォンのアコースティックギターをプレゼント!」

とーやま校長「さらに! その5人の生徒は、SCHOOL OF LOCK!オリジナルバージョンの“夏の夜”ミュージック・ビデオに出演!」

よしだ教頭「これはデカイぞ…!!」

なんとっ…!
そのミュージックビデオがすでに完成!
今夜、、、、、初披露しますッ!!!!!!

さらに、コピ里菜賞の発表もしちゃいます!!!!!!

里菜ちゃん「本当に、たくさん送ってもらって、ありがとうございました!『コピ里菜ライオット』、コピ里菜賞に選ばせてもらったのは……!」

★優奈ちゃん 埼玉県 18歳
★あやちゃん 東京都 18歳
★Genくん 埼玉県 20歳
★さんそ☆ちゃん 東京都 16歳
★“カラフル”の2人 福島県 16歳
(カラフルは、2人組みのユニットで参加してくれました!)

以上、5組!6名のみなさん、おめでとう!!!!!!!


“夏の夜”SCHOOL OF LOCK!バージョンの動画は、『コピ里菜ライオット』特設サイトにて公開中!
みんな、絶対観てみてねーーーー!!!!!!

よしだ教頭「みんな繋がってるんだってのが、すごく伝わりますっ!」

改めて、参加してくれた生徒のみんな…!
本当に、ありがとうございました!!!!!!!

130812_sol07.jpg

早速、『夏の夜』のミュージックビデオの感想が掲示板にたくさん届いています!

夏の夜
 
PV見ました。ヤバいって言葉が即出てきて、いい意味で鳥肌が立って、校長が言ってたとうり、みんな繋がっているんだと思えました。耳と目と脳と体中がこの曲と映像を欲している状態です。今日はちょうどペルセウス座流星群が見えるので、もう一回夏の夜を聞きながらペルセウス座流星群を見てきます。
 
 
ここにしか咲かない桜の蕾
男/15/徳島県
2013/08/12 23:07


 
里菜ちゃん「嬉しい!私もミュージックビデオに自分も出演できると思っていなかったので繋がれて嬉しいです」
 
とーやま校長「曲だけ聴いてイメージを持ったやつもいただろうし、コレを見たら、こういう解釈だって想うやつもいるだろうな」

よしだ教頭「どんどん見てほしいですね!」
 
130812_sol14_02.jpg

ここからは電話で直接、生徒のみんなと話していくぞ!!
 
みるくちょこれーと 福島県 16歳 女
 
まずは、里菜ちゃんにメジャーデビューお祝いのメッセージを!!
 
みるくちょこれーと「メジャーデビューおめでとうございます!昨日、インストアライブ楽しかったです!!」
 
里菜ちゃん「ッわぁぁ!ありがとうございます!!」
 
みるくちょこれーと「最前線でずっと聴いていて、フワフワしてました!」
 
里菜ちゃん「私も歌っている時は緊張でフワフワしてた(笑)」
 
RN みるくちょこれーとは昨日、福島県で行われた、里菜ちゃんのインストアライブに参加!もちろんCDも買ったそう!!
 
里菜ちゃん「サイン会もあったので、直接話していますよね」
 
みるくちょこれーと「はい!自分の名前を書いてもらいました!」
 
2011年の閃光ライオットの音源で片平里菜ちゃんを知ったというRN みるくちょこれーと。
 
みるくちょこれーと「もう鳥肌が立って…福島にもこんなに綺麗な歌声の人がいるんだって嬉しくなりました!」
 
とーやま校長「これは里菜ちゃん嬉しいね!」
 
里菜ちゃん「嬉しいですね。昨日までいろんな県を回っていたんですけど、福島に帰ったら、たくさんの人が集まってくれていて、すごい励みになりました!!」
 
とーやま校長「『夏の夜』を聴いてどうだった?」
 
みるくちょこれーと「10代の考え込んで眠れなくなっちゃうこととか、孤独とか、言葉にできない心の痛みを『夏の夜』で歌っていて…。里菜ちゃんも同じことを考えていると思ったら、気持ちが和らぎました!」
 
里菜ちゃん「え〜!嬉しいな(照)」
 
インストアライブの時に、RN みるくちょこれーとはイラストを描いた色紙を里菜ちゃんにプレゼントしたそう!!
 
里菜ちゃん「見ました!すごいほっこりしました!」
 
とーやま校長「ホントに里菜ちゃんが好きなんだね!」
 
みるくちょこれーと「はい!大好きです!!」
 
とーやま校長「里菜ちゃんの曲の中ではどれが一番好き?」
 
みるくちょこれーと「『Come Back Home』です!」
 
とーやま校長「これは、なんで?」
 
みるくちょこれーと「片平里菜さんの“福島を想っている”気持ちがとても感じられて、私ももっと福島のことを想えるようになりたいって思える曲だからです」
 
里菜ちゃん「うーん…、なんだろう言葉が出ないけど…(照)。『夏の夜』を描いた18歳の時と同じ年の子に聴いてもらえて嬉しいです」
 
最後に改めてRN みるくちょこれーとから里菜ちゃんにメッセージを貰ったぞ!
 
みるくちょこれーと「震災後は下を向いている人が多かったけど、ラジオで『夏の夜』が聴こえてきた時、上を向いて頑張らないといけないって思いました!里菜さんみたいに私も、福島の力を発信していきたいです!!あと……大好きです!」
 
里菜ちゃん「私も大好きです!」
 
みるくちょこれーと「ッわぁ〜〜!嬉しい!!」
 
里菜ちゃんが大好きだって想いはちゃんと伝わったぞ!
ありがとう〜!!

どんどん生徒と話していくぞ〜! 
130812_sol12.jpg

まこぴん 山形県 18歳 女
 
とーやま校長「まずはお祝いの言葉をもらっていいか!」
 
まこぴん「里菜ちゃんおめでとうございます!8月7日は私の誕生日の1ヶ月前でものすごくテンションが上がって、里菜ちゃんゃも嬉しいと思うんですけど、私も自分のことのように嬉しかったです!」
 
とーやま校長「先取りして嬉しかったってわけか!」
 
里菜ちゃんを知ったのは閃光ライオット2011の3次審査仙台会場で観た時だという、RN まこぴん!
 
とーやま校長「その時の印象って覚えている?」
 
まこぴん「“プロだ”って思いました。その時は色々あって…里菜ちゃんの『夏の夜』を聴いた時、周りに人がいたので泣くのを我慢してたんですけど、泣いてしまいました」
 
とーやま校長「なんで…涙が出たのかな?」
 
まこぴん「私、高校1年生を2回やっていたんですけど…。2回もやっているのになんでこんなに人生を上手くいかないのかなってモヤモヤしていて…その時『夏の夜』の歌詞が、自分の思っている事と同じで、グサッときて、思わず泣いてしまいました」
 
里菜ちゃん「ライブにではそのまま笑ってほしいし、泣きたい時は泣いていいし、だから聴いていて、涙が出てくれたのは嬉しい。不安は一見、負の感情かもしれないけど、あって当たり前だし、そこに向き合える人は強い人だから、そのまま突き進んでいってほしいです」」
 
とーやま校長「今はどうなの?」
 
まこぴん「色々あって結局、3回も高校1年生をやったんですけど、3回目の1年生は逃げないで、2年生に進級できました。最近は全然休んでいないので3年生にも進級できそうです!『夏の夜』は私の人生を変えてくれました!」
 
里菜ちゃん「嬉しい!」
 
とーやま校長「そして、それをよく言った!カッコいいぞ!!」
 
よしだ教頭「よく頑張りました!」
 
さらに『コピ里菜ライオット』をきっかけにギターを再開したというRN まこぴん!
 
まこぴん「まだ指がなまっているんですけど、そこそこ上手くなったかなという感じです」
 
前は“F”が弾けなかったとのこと。
今回は“F”を弾けるようになるのを目標にするぞ!
 
130812_sol15.jpg

ここで黒板のお時間となりました!
今日は里菜ちゃんが書く黒板を、RN まこぴんと一緒に聴くぞ!
 
130812_sol20.jpg

『 今すぐ君に伝えたい 』
 
『夏の夜』はその時に思ったことをそのまま歌ったので、
10代の子に響いたのかなって思いました。
だからこれからも、想ったことをそのまま伝えていきたいです。
 
130812_sol21.jpg

とーやま校長「まこぴん、やろう!ここからガンガン行くぞ!楽しいことがいっぱいだから。里菜ちゃんも隣にいるぞ!」
 
里菜ちゃん「一緒に頑張りましょう!」
 
まこぴん「はい!!」
 
130812_sol22_02.jpg

片平里菜ちゃん、本日はありがとうございました!!
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
みるくちょこれーと 福島県 16歳 女
まこぴん 山形県 18歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】

 
130812_fax01.jpg
RN 紫の踏切

 
130812_fax02.jpg
RN ちきん南蛮

 
130812_fax03.jpg
RN うさメロディ

 
130812_fax04.jpg
RN さらうどん

 
130812_fax05.jpg
 
130812_fax06.jpg
 
130812_fax07.jpg
RN Tenshi
 
130812_fax08.jpg
RN 赤秋
 
 
130812_fax09.jpg
RN 透祈

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 
【オンエアリスト】
22:04 ロックお礼参り〜3コードでおまえフルボッコ〜 / マキシマム ザ ホルモン
22:07 What's up,people?! / マキシマム ザ ホルモン
22:42 夏の夜 / 片平里菜
22:50 夏の夜 / 片平里菜
23:11 GAME / Perfume
23:14 Dream Fighter / Perfume
23:18 ポリリズム / Perfume
23:23 レーザービーム (Album-mix) / Perfume
23:38 Come Back Home / 片平里菜
23:51 夏の夜 / 片平里菜
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
里菜様がどんどん大きくなられておる。
俺達も負けねぇぞ!!
里菜ちゃんありがとう!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
『夏の夜』聴いて、ゆっくりするもよし!はしゃぐもよし!
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る