君が夏フェスで聞きたい曲は何?夢の夏フェスNIGHT開催!!!!

SOL!

今夜の授業を職員のジェーンが振り返り!


本日のSCHOOL OF LOCK!は……『夢の夏フェスNIGHT!』を開催! 今夜は2時間、生徒のみんなからリクエストを募ってここでしかできない夢のような夏フェスを開催!!この夏を盛り上げてくれる曲、テンションが爆上がりする曲、洋楽、歌謡曲、アニソンなどさまざまな楽曲が流れ、夢のステージが出来上がりました( ˘ω˘ )


1人目にフェスに参加した生徒 RN:顔面ロッククライミングがリクエストした楽曲はKALMA先生の『夏の奇跡』!!この曲は今年、学校で行った文化祭のOP映像に使われていた楽曲で、初めてこの曲を聴いた瞬間に夏が始まったと感じ今の世の中の状況で夏を楽しめていない生徒のみんなにもこの曲を通して夏のワクワクを感じて欲しい!という理由でリクエストをしてくれました。


2人目にフェスに参加した生徒 RN:シズオカの欅がリクエストした楽曲はMrs. GREEN APPLE先生の『青と夏』!!
今日のRN:シズオカの欅は何やら熱い思いを秘めているようで……!生放送授業が始まる前にこんな書き込みをくれました。

“夢の夏フェスNIGHT!”

リクエスト曲は、“青と夏 / Mrs. GREEN APPLE”です!やっぱり夏といえば!恋といえば!青春といえば!この曲!この曲は、好きな子と出会った頃のことを思い出し、その子のことを想いながら、毎日聴いている曲です!! さらに、この曲を聴くことで、自分の想いを伝えられずにいる自分を、前向きにしてくれます!!

校長、教頭、職員の皆さん、お願いしたいことがあります!!
好きな子が最近SCHOOL OF LOCK!を聴き始めてくれているので、今日の、SCHOOL OF LOCK!というステージをお借りして、今までの感謝を伝えながら、自分の気持ちを伝えさせてほしいです!!つまり告白させてほしいです!!

シズオカの欅
静岡県、16歳、男の子


ということでRN:シズオカの欅はフェスのステージに上がり好きな女の子に公開告白!!まさに青夏!!!!この恋が上手くいきますように……!


そして最後にフェスに参加した生徒 RN:真夜世がリクエストした楽曲はDAOKO×米津玄師先生の『打上花火』!!毎年地元で大きなお祭りがあり、友達と浴衣を着てお祭りに参加し、最後に花火を見るのが1年の楽しみだというRN:真夜世。でも去年と今年はコロナでお祭りが中止となってしまい1年に1度の楽しみが無くなってしまった、、いつもそのお祭りに行くときに電車の中で『打上花火』を聴いていたので今年は聞けない分、全国のみんなと一緒にこの曲を聴きたい!!とリクエストをしてくれました。


この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年07月21日(火)PM 10:00 まで

君が夏フェスで聞きたい曲は何?夢の夏フェスNIGHT開催!!!!


SCHOOL OF LOCK!


『 夢のような夏フェス 』

さかた校長「今年もコロナの感染拡大防止のため開催が中止になってしまったフェス。もしかしたら参加する予定だったという生徒もいるかもしれない。今年の楽しみが1つ取られてしまってガッカリしている生徒もいると思う。そんな生徒は是非、今夜の授業に参加してほしい! 今夜のSCHOOL OF LOCK!は…!
『夢の夏フェスNIGHT』を開催!!!

<夏フェス風景の音>

こもり教頭「来てるね〜。何人ぐらいいるんだろう?」

さかた校長「これは万超えしてるわ。これは40〜50万人いるっしょ! 会場広っ! フェス飯のフードコートの美味しい匂いもする」

こもり教頭「肉サイド、魚サイドもありますからね」

さかた校長「こういう時しか食べない、デカい牛串食べようかな〜。テンション上がったわ!」

こもり教頭「分かるよ! 5〜6個、串に刺さってるやつでしょ!」

さかた校長「700〜800円するやつね!」

こもり教頭「(笑) いいね〜。あ、あっちにはケバブ屋さんも出てるんだね」

さかた校長「おいおい、まだ曲流れてないのに、タオル振り回してる生徒が! はしゃいでるな〜」

こもり教頭「そうか。今日はジャンル問わないから、もうモッシュしようとサークル作ってる人いるね〜。場所取り大事!」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「夢の夏フェスはこうでなくっちゃね! あ〜もうはしゃぎ過ぎて倒れてるやつもいるな〜」

こもり教頭「今は休んで休んで!」

さかた校長「本番始まったらジャンプジャンプでいくぞ!」

こもり教頭「水分もちゃんと摂ってよ。いやぁ、いい感じですね。盛り上がってきてるんじゃない?」

さかた校長「あれ? これステージの上、ガラ空きだな」

こもり教頭「まだ始まってないですから」

さかた校長「ちょっと俺たちも上がるか」

こもり教頭「そのテンションじゃ上がれないですね」

さかた校長「いや、コソッと。裏口からさ」

こもり教頭「裏口からはダメですよ」

さかた校長「じゃ、表からいくぞいくぞ!」

こもり教頭「盛り上がっちゃいましょう!」

さかた校長「ステージ上がったぞ!」

こもり教頭「俺らがきたぞ!」

さかた校長「みんな〜〜〜!!! 2階席ぃ〜〜〜!!!

こもり教頭「野外だから、2階とか(笑) 奥の方まで見えてるよ〜〜!!!」

さかた校長「いくぞ! SCHOOL OF LOCK!の校長、さかたです!!!

<ワァ〜〜!!!>

こもり教頭「みんな! 教頭のこもりです!!!

<ワァァァァ〜〜!!!!!!>

こもり教頭「気持ちいい!!!」

さかた校長「ちょっと教頭の方が声援大きくない!!!」

<シーン>

さかた校長「おいおい! 意思疎通がヤバいな! 今夜は、これから2時間、夏フェスを開催していく! みんなからはこのフェスで聴きたい曲のリクエストを募集するぜ!」

こもり教頭「このフェスを盛り上げてくれる曲だったら、洋楽や歌謡曲、アニソン、ボカロ、どんな曲でも大丈夫です! 今夜のこの夢の夏フェスNIGHTじゃないとありえないようなタイムテーブルでお届けしていきます!」

さかた校長「お客さんもそうだけど、ステージ裏も熱々よ。どのリクエストが来てもいいように世界中の全アーティストがスタンバイしてくれてます!」

こもり教頭「全ですか?」

さかた校長「全です! 楽屋、広かったな〜 個室がいっぱいあったんだけど、さっき確認したら、ジャスティンビーバーの隣が豆柴の大群だったな(笑)」

こもり教頭「どんな順番なんでしょう?」

さかた校長「リハも2年かかったらしいからね」

こもり教頭「みんなだからね。逆に2年でよく済んだね」

さかた校長「これは盛りに盛り上がっていきたいし、早速、生徒からリクエストもらっちゃおうか! どの生徒にしようかな〜? じゃ、この40〜50万人入ってる中で運よく最前列の真ん中にいる君! ステージに上がってこい!!」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「上がっといで!」

顔面ロッククライミング 福岡県 18歳 男性

さかた校長「どこまで登り詰めるつもりなんだ?」

顔面ロッククライミング「もうブチ上がってやろうと」

こもり教頭「いいねいいね!」

さかた校長「今日はどこから?」

顔面ロッククライミング「福岡県から来ました」

さかた校長「夏フェス、楽しみにしてくれてたのか?」

顔面ロッククライミング「もうめっちゃワクワクしてます」

さかた校長「お前のリクエストでガツンと始めちゃうから! 決まってるか?」

顔面ロッククライミング「はい。KALMAさんの『夏の奇跡』です」

さかた校長「聴きたい理由は?」

顔面ロッククライミング「この曲は今年の文化祭で開会式に、係の人が作ったオープニングの映像があって、そこでBGMとして流れていた曲なんですけど、そこで僕も初めて聴いて、すごくどんどん気持ちを上げてくれるメロディーで、僕も映像見ながら自然と体が乗ってて」

こもり教頭「その瞬間に全てがマッチしてたんだね」

顔面ロッククライミング「そうですね」

さかた校長「細胞から反応しちゃったわけね。で、この曲をみんなと聴きたいと。どんな人に聴いて欲しいとかあるの?」

顔面ロッククライミング「この曲の歌詞で“夏になってまた思い出すのさ”を何度も繰り返すんですけど、今年はコロナの影響で、今までだったら友達とどっかに行こうとか今まで立てていた計画とかが思うように出来なくて、今年は遊ぶのが厳しいかなと思って、あまり前向きになれていない、落ち込んでいる人たちに、この曲を聴いてもらって、個人個人の楽しかった思い出を思い出してもらって、過去の夏の記憶から気持ちを上げてもらって、少しでも塞ぎ込んだ気持ちをみんなでもっと上げて欲しいなって曲です」

さかた校長「じゃ、みんなで聴いて、このフェスの一発目、ブチ上げていくぞ! KALMA先生!」


♪ 夏の奇跡 / KALMA


さかた校長「最高の曲をありがとう! この曲をみんなで聴いたという夏の思い出、最高の思い出が一発目から出てきた!」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「あと、KALMA先生、出てくるのが早かったですね。あんなに広いバックヤードなのに」

さかた校長「もうクラウチングスタートの状態だったらしいよ。いつでも行ったるよの感じで」

こもり教頭「だからか〜」

さかた校長「ヘッドスライディングしながら、歌ってくれたからね」

こもり教頭「これは盛り上がりますね。じゃまだまだいきましょうか!」

夢の夏フェスNIGHT
僕がかけて欲しいのはアリアナ・グランデのBang Bangです。僕は勉強の時音楽を聴きながらやっていてプレイリストを作って流しているのですがこれもプレイリストに入っていてこの曲が流れてくると異常なくらいペンが進みます。また、solを聴きながら勉強もするのでこの曲を流して貰えたらおかしくなるくらいペンが進むと思うので流してください!
うせやんパイセン
男性/14歳/茨城県
2021-07-14 06:55


さかた校長「もう勉強が捗るという」

こもり教頭「でも、さすがに無理なんじゃない? しかも、アリアナ先生1人じゃないからね。あと2人いますから」

さかた校長「リハは一応してもらったんだけど…」

こもり教頭「会場にいるかな? いける?」

さかた校長「さすがに難しいかもしれないかな」

<イントロ流れてきて>

こもり教頭「うわ!」

さかた校長「いけた!」


♪ Bang Bang / Jessie J, Ariana Grande, Nicki Minaj


さかた校長「おいおい! 夢すぎるだろ〜 何が夢って、アリアナ先生だけじゃなくて、ジェシー・J先生、ニッキー・ミナージュ先生も来てもらって!」

こもり教頭「何がすごいかって、このフェスはもうこれで帰らせるんでしょ?」

さかた校長「そう。もう1曲。フルも流さないから」

こもり教頭「すごいわ〜」

さかた校長「移動時間とリハ時間の方が長い。贅沢〜。これが夢の夏フェスNIGHT!」

こもり教頭「これは夢のフェスだ!」

さかた校長「俺もいっちゃおうかな! リクエストじゃないんだけど、アレいっちゃっていい?」

こもり教頭「アレってなんですか?」

さかた校長「いつものアレ! 今夜は生でいっちゃうわ! 生徒のみんな生で聴きたいか〜?」

<歓声>

さかた校長「もっといけんだろ!生で聴きたいか〜? よっしゃ! いくぞ!
SCHOOL OF LOCK! ブルボンがお送りします

さかた校長「盛りに盛り上がってるね〜」

こもり教頭「生徒のみんな、疲れてないかい?」

さかた校長「あ〜、みんな元気元気。飯ばっかり食ってるやつもいるわ〜」

こもり教頭「いろんなご飯も醍醐味ですからね」

さかた校長「ラーメンもね」

こもり教頭「こぼさないように気をつけろよ」

さかた校長「あ〜こぼしちゃってる〜。でも、フェスはTシャツも物販で買えるのよ」

こもり教頭「物販あります?」

さかた校長「あるある。各種ある。フェスは入り口前から並ぶから、散財しちゃうんだよね」

こもり教頭「わかりますよ。さっき、そこで生徒から書き込みもらいましたよ」

さかた校長「書き込みを直渡しで?」

こもり教頭「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


夏!夏!夏!
この時間からフェスじゃ今日は寝れねぇぜ!
2時間楽しむぞー!!!

校長〜!!!教頭〜!!!(手振ってます笑)
見えてますか〜!!!

今日はみんな楽しみましょう!
ふーゆー
女性/18歳/熊本県
2021-07-14 22:18


さかた校長「あ〜見えてる見えてる! ジャンプして手を振って! ふーゆーも今日は“なーつー”でいいんじゃない?」

すごいね!
どこにKALMA先生の次にアリアナ・グランデ先生が出てくるフェスがあるのさ!
ミスターレイニー
男性/17歳/熊本県
2021-07-14 22:17


さかた校長「ここにあるでしょ! まだまだ世界中の全アーティストが裏にいるから。スタンバってリハもしてるけど、今日出れないっていうのに来てくれる人もいるからね」

こもり教頭「そうですか!」

さかた校長「まだまだ盛り上がっていきたいけど、みんなまだまだいけるのか!」

<オーディエンス歓声!>

さかた校長「そんなんじゃ足りないっしょ! 夏の太陽、ぶっ飛ばしていけんのか!」

<オーディエンス大歓声!>

さかた校長「よっしゃ! いくぞ! じゃ生徒からのリクエスト紹介していこう!」

夏といったらこれ!
私が夏フェスNIGHTでかけて欲しいのは
「波乗りジョニー」です!
この曲は夏を象徴する曲と言っても過言ではないです!そしてなんと言っても疾走感溢れるイントロは一気に心を「夏だ!」と盛り上げてくれます!
是非今日の夏フェスでかけて生徒のみんなで盛り上がっていきたいです!
ごっつんこパンダ
女性/15歳/東京都
2021-07-14 19:32


こもり教頭「いけるかな?」

さかた校長「だいぶ大御所ですよ。桑田先生、本来なら大トリなのよ」

こもり教頭「この盛り上がり、もしかして近づいてる?」

<イントロ流れて>

さかた校長「うわ! 夏だ!」


♪ 波乗りジョニー / 桑田佳祐


さかた校長「今夜はもう“愛まかせ”でしょ。愛のBIG WAVEにみんなで乗っちゃいましょう!」

こもり教頭「乗れるところは乗ってった方がいいよ。フェスだから!」

さかた校長「桑田先生、ありがとうございます! また桑田先生の出番あるかもしれないんで、歌い終わっても袖でお願いしますね」

こもり教頭「楽屋に戻る時間は?」

さかた校長「いや、一旦、袖スタンバイで。で、このフェス、KALMA〜アリアナ・グランデ〜桑田佳祐、夢過ぎ!」

こもり教頭「夢過ぎますね。この3連チャンすごくない? ジャンルレス過ぎるというか」

さかた校長「KALMA先生、震えると思う(笑) これはヤバいよ。どんどんいきましょう!」

こもり教頭「次は、山形県、12歳、ゆり! どこだ!」

さかた校長「あ〜つけ麺食ってるわ」

こもり教頭「書き込みだけ渡してくれて、ありがとね!」

SCHOOL OF LOCK!


夢の夏フェスNIGHT!!!
私の夢の夏フェスNIGHTの曲は…
NiziU先生のsuper summer !!!!!
やはりsummerとあるだけに夏フェスにぴったりでしょう!!!
ゆり
女性/12歳/山形県
2021-07-14 17:32


こもり教頭「あ、今、RN スマイルメーカーおがちゃんも書き込みくれたよ。ありがとう!」

さかた校長「そんなにみんなNiziU先生を待ってるってことは?」

こもり教頭「でもNiziU先生は忙しいからね」

さかた校長「ちょっと今回ばっかりは無理かもしれないな… 代わりに俺たちが歌っていいならいいんだけど、さすがになぁ…」

<イントロ流れて>

さかた校長「わ。両袖から登場!」


♪ Super Summer / NiziU


さかた校長「もう普通の夏じゃなくなっちゃった。Super Summerになっちゃいました。ありがとうございます!」

こもり教頭「ゆりもスマイルメーカーおがちゃんも盛り上がってた?…あ〜盛り上がってるね」

さかた校長「タオル振り回して!」

こもり教頭「いいね!」

さかた校長「続いていきましょう!」

“夢の夏フェスNIGHT!”
リクエスト曲は…

“青と夏 / Mrs. GREEN APPLE”
です!
やっぱり夏といえば!恋といえば!青春といえば!この曲!

この曲は、好きな子と出会った頃のことを思い出し、その子のことを想いながら、毎日聴いている曲です!!
さらに、この曲を聴くことで、自分の想いを伝えられずにいる自分を、前向きにしてくれます!!

校長、教頭、職員の皆さん、お願いしたいことがあります!!
好きな子が最近SCHOOL OF LOCK!を聴き始めてくれているので、今日の、SCHOOL OF LOCK!というステージをお借りして、今までの感謝を伝えながら、自分の気持ちを伝えさせてほしいです!!
(つまり…、告白させてほしいです!!)

シズオカの欅
男性/16歳/静岡県
2021-07-14 19:02


さかた校長「おいおいおい!」

こもり教頭「まぁ夏と恋と青春は混ざるからね」

さかた校長「どこにいるんだ! 手を挙げてくれ!…みんな挙げたら分からないから」

こもり教頭「テンション上がってるね(笑)」

さかた校長「一番後ろに拳を突き上げてるやついるわ。直接ステージ上がってもらって話聞こう! ステージ上がってこい!」

シズオカの欅 静岡県 16歳 男性

さかた校長「テンション上がってるか?」

シズオカの欅「上がってます!」

さかた校長「書き込みから気持ちは伝わってるけど、相手の子はどういう子なの?」

シズオカの欅「クラスは違うんですけど、高校が一緒で、入学する前にSNSで繋がった子です」

さかた校長「出会ってどのぐらい?」

シズオカの欅「3ヶ月ちょっとぐらいです」

さかた校長「結構話したりとかコミュニケーション取ってるの?」

シズオカの欅「学校始まってから、放課後に一緒に自習したりとか、お互いの誕生日にプレゼント渡し合ったりとか」

さかた校長「ちょっともう勉強デートみたいなこともやってるし、誕生日プレゼントも渡し合ってるってことは、向こうのその気があるかもしれんよな?」

シズオカの欅「はい」

こもり教頭「おい〜! おいしょおいしょおいしょ!!!」

<オーディエンス大歓声!>

さかた校長「落ち着け落ち着け、みんな!!! オーディエンスたちがテンション上がり過ぎちゃってるね。これは場は整ってるけど、日頃の想いは伝えたことないってことだよね?」

シズオカの欅「はい」

さかた校長「それを今夜。今の気持ちはどうだ?」

シズオカの欅「告白したいです」

<オーディエンス大歓声!>

こもり教頭「でも、これを聴いてる可能性もあるってことだもんね?」

シズオカの欅「はい」

こもり教頭「この会場にいるんじゃないの!?」

<オーディエンス大歓声!>

こもり教頭「おい! おい!おい! おい!」

さかた校長「みんな落ち着けって! 主役はシズオカの欅だから! これは聴いてるあの子も同じように心臓バクバクな可能性もあるからな。いけそうか?」

シズオカの欅「はい」

さかた校長「よっしゃ! 想いをバンッと伝えた後に、ミセス先生が『青と夏』ぶちかましてくれるから、今の想い、全部ぶつけてくれ!」

シズオカの欅「はい! 大切な人へ。初めて出会ったのは3ヶ月前だね。最初はお互い新しい環境に慣れずに不安だったけど、心を打ち解けられたあなたと話していると、いつの間にか笑顔になっていました。ずっと気になっていました。僕と付き合ってください


♪ 青と夏 / Mrs.GREEN APPLE


さかた校長「シズオカの欅の想いが絶対に大好きな大切な人に届いたと思うし、袖でNiziU先生もキャッキャッ言ってたからね。テンション上がり過ぎて縄跳びしてたから」

こもり教頭「それは上がりまくってるね!」

さかた校長「世界中の全アーティストたちが見守ってる中、よく言ったよ。聴いてて欲しいね」

こもり教頭「これはフェス中は盛り上がるけど、終わった後、どうなるんでしょうね」

さかた校長「これは是非、いい結果があったら教えて欲しいね」

こもり教頭「そうですね」

さかた校長「まだまだいくっしょ! まだまだいけるのか、みんな!」

<オーディエンス大歓声!>

さかた校長「おわ! 袖の桑田先生の右拳がすごい! ノリノリだ!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 夏色 / ゆず


さかた校長「めちゃくちゃに盛り上がってますよ」

こもり教頭「この時間、僕リクエストいい? というか、もう裏でバミってるのよ」

さかた校長「バミる?」

こもり教頭「もう裏にスタンバイさせてしまってるんだよね。ごめんね、生徒のみんな」

さかた校長「この流れで誰が来るんだ?」

こもり教頭「今日は最高の夜だし、夢の夏フェスって言ってるぐらいだから、僕はこのバンドと10代で出会ってたら、違う道に進んでたんじゃないかなぐらい影響力がある、あのバンドなのよ。ニルヴァーナ先生、お願いします!」


♪ Smells Like Teen Spirit / Nirvana


こもり教頭「まさか、このフェスでカート・コバーン先生の声がもう一度聴けるとは思ってなかったね」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「夢過ぎるね。こんな伝説の3ピースバンド。ちょっと俺もリクエストいってもいい?」

こもり教頭「いいよいいよ! 校長の想いを聞かせてよ」

さかた校長「こんな世界中の最高峰。絶対にフェスでみんなと聴きたいよ。伝説の3ピース」

こもり教頭「3ピース?」

さかた校長「いっちゃいましょうか! 三人祭先生、お願いします!」


♪ チュッ! 夏パ〜ティ / 三人祭


さかた校長「ちょっと待ってくれ! 伝説の3ピース、三人祭先生が復活! 正直10代の生徒たちは分からないと思うけど、主に30代がぶっ飛んでるね」

こもり教頭「あ、そう。もうジャンルレスだね」

さかた校長「これハロプロ伝説の、松浦亜弥先生、加護亜依先生、石川梨華先生のユニットだから。ニルヴァーナからの三人祭はヤバいよ」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「ジャンルがギャーン変わり過ぎて(笑)」

さかた校長「これは夢だね。夢が溢れてる! どんどんいこう! 残り時間も少なくなってきたけど、一向にみんな帰る気配がない!」

こもり教頭「これは最後まで聴きたいですよ! だって誰が来るか分からないんでしょ」

さかた校長「誰が来るか分からないし、全世界中のアーティストが出番を今か今かとスタンバっている!」

こもり教頭「だって、“あの人が!”って夢も叶えられる、夢フェスですから」

さかた校長「全員リハしてるからね。袖でも裏でも盛り上がってくれてるから」

こもり教頭「確かに大盛り上がり。食事もあるから、お腹が空いたら食べてね」

さかた校長「食べて食べて飲んで、はしゃいで欲しいけど」

こもり教頭「KALMA先生から始まりまして、アリアナ・グランデ先生、桑田佳祐先生、NiziU先生、Mrs先生、ゆず先生、ニルヴァーナ先生、そして三人祭先生が来ました」

さかた校長「夢過ぎ! 夢過ぎるって!」

こもり教頭「このバトンタッチはすごいですね」

さかた校長「これは祭典に相応しいよ。すごくない?」

こもり教頭「どうなることかと思いましたけど」

さかた校長「ニルヴァーナからの三人祭、ぶっ飛びましたね。歓喜がすごい。もうどんどんいきたいんだよ。じゃないと何もせずに帰ることになってしまうから」

こもり教頭「アーティストの方、いらっしゃいますからね。リクエスト聞いていきましょう! 福岡県、17歳、ウルかず、いる?」

さかた校長「どこだ? …みんな手を挙げるなっつの!」

こもり教頭「(笑)」

夢の夏フェスNIGHT!
僕が今夜かけて欲しい曲は、前々からリクエストし続けている福岡発、大人気革新的特撮番組”ドゲンジャーズ”のOPテーマ「なんしよーと?ドゲンジャーズ!」です‼
この曲はとてもノリが良くて、どんな時でも明るい気持ちにしてくれます‼
劇中でも重要なシーンや熱いシーン、名乗りのシーンなどでBGMとしても使われているので、とにかく銀河級にテンション爆上げです‼‼
マジで素晴らしい曲なので、是非、校長・教頭をはじめ、生徒の皆さんにも聞いて欲しいです‼
ウルかず
男性/17歳/福岡県
2021-07-14 19:45


さかた校長「キタ! これ噂には聞いてますよ。福岡のみんな、なんしよーと!」

<オーディエンス大歓声!>

さかた校長「福岡のみんな、前に来て!」

こもり教頭「ここは空けてあげようか」

さかた校長「あ、みんな持ってるね。とんこつラーメン、こぼすなよ」

こもり教頭「おおお」

<オーディエンス大歓声!>


♪ なんしよーと?ドゲンジャーズ! / 児塚あすか


さかた校長「コレはヤバかばい!」

こもり教頭「合いの手の勢いもすごいね」

さかた校長「袖にいた福岡出身のアーティストの、郷ひろみ先生、MISIA先生、椎名林檎先生、YUI先生、スピッツ草野先生、浜崎あゆみ先生も最前にいましたばい! コレ福岡祭りぞ!」

こもり教頭「(笑) バックヤードから出て最前に行かれた先生もいるんでしょ」

さかた校長「なんしよーと、ウルかず、夢だわ。これは盛り上がってるよ! まだまだいきましょうか!」

夏曲リクエスト
僕がリクエストしたい夏曲は、ひかりのなかに先生の「夏休みのテーマ」です。先日、ひかりのなかに先生が無期限で活動休止すると発表がありとてもショックでした。
僕は昨年の夏、このラジオでこの曲に出会い、そらからひかりのなかに先生の虜になりました。そんな思い出の夏曲をぜひ流してください!
爽やかで青春そのもの、この曲はいつまでも僕の青春の曲です。ぜひたくさんの人にこの素晴らしさを知ってもらいたいです。
アケスタン
男性/18歳/群馬県
2021-07-14 18:15


さかた校長「ヤマカホ先生! もう夏休み始まるから、直前の最高の思い出を作っちゃおう!」


♪ 夏休みのテーマ / ひかりのなかに


さかた校長「これは夏休みが最高の夏休みになる予感がするよな」

夜のフェスっていいね!
夜のフェスって鬼楽しい!!!
夜になるとライトがすんごい綺麗なんだ!!!
テンション上がりっぱなしだよ!!!!
あやぽこりん
女性/18歳/群馬県
2021-07-14 23:35


さかた校長「そうなのよ。また朝から行くと、昼間と夕焼けが沈んでからと、この夜になってからの!」

こもり教頭「今日は夜フェスだから綺麗だね」

さかた校長「どんどん加速してるけど、とうとう夜になっちゃったってことは!」

こもり教頭「もしかして、夢の夏フェスNIGHT、そろそろ終わり!?」

さかた校長「終わりに近づいてるけど、まだまだいけるだろ!」

<オーディエンス大歓声!>

こもり教頭「いけるよ! いきたいよ!」

さかた校長「ラストも生徒の直接ステージに上がってもらって聞いていこう! じゃ、ちょうど真ん中にいる、そこの君! ステージ上がってこい!」

真夜世 埼玉県 16歳 女性

こもり教頭「テンション上がってる?」

真夜世「はい!」

さかた校長「ラストだからな。このフェスの最後にリクエストしたい曲、決まってる?」

真夜世「はい!」

さかた校長「その曲はどうして聴きたい?」

<シーン…>

さかた校長「もしもし!」

こもり教頭「ごめん、みんなの歓声がすご過ぎてかき消された(笑)」

<オーディエンス大歓声!>

さかた校長「あ〜、違うのよ」

こもり教頭「あ、煽ったみたいになっちゃったね。ごめんごめん!」

さかた校長「嬉しいんだけど、真夜世の声を聞かせて欲しいのよ。その曲を聴きたい理由、聞いていいか」

真夜世「元々、地元で大きな花火大会があったんですよ。でも、この時世で去年と今年が中止になってしまったんですね。でも、最近、本屋さんでこの曲を聴いた時に“すごく夏だな”って感じて」

さかた校長「たまたま本屋さんで聴いたんだ? 一気に夏を感じた?」

真夜世「はい、そうです。夏を感じました」

さかた校長「その花火大会はずっと行ってたの?」

真夜世「ずっと行ってました」

こもり教頭「浴衣とか着てたのかな?」

真夜世「着ました」

こもり教頭「い〜ね〜」

さかた校長「夏と言ったら、浴衣と言ったら、花火だからね」

こもり教頭「浴衣姿、見て〜」

さかた校長「真夜世は何柄を着たの?」

真夜世「ちょうちょです」

<オーディエンス大歓声!>

こもり教頭「ちょうちょ! ちょうちょ!」

さかた校長「世界初! ちょうちょコール!」

こもり教頭「大盛り上がりだよ」

さかた校長「じゃ、この曲はずっと聴いてるの? 移動中とか」

真夜世「そうですね」

さかた校長「でも花火大会は今年も友達とかと行くのは難しいもんな」

真夜世「はい」

さかた校長「じゃ全国、いや世界中のみんなで最高の思い出作るために聴くか?」

真夜世「はい!」

さかた校長「せっかくだから、曲振りも任せちゃってもいいか?」

真夜世「はい(笑) DAOKOさんと米津玄師さんで『打上花火』


♪ 打上花火 / DAOKO×米津玄師


さかた校長「おいおい! 嘘だろ! 林檎先生まで来て! 祭が終わらねーぞ!」


♪ 長く短い祭 / 椎名林檎


さかた校長「これはRN まんてん花丸、おかんにやーさんのリクエストで。『なんしよーと?ドゲンジャーズ!』かかった時、最前に福岡出身・林檎先生いたけど、すぐに戻っての。最高ですよ!」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「この2時間のフェスももう終わりですね」

さかた校長「みんなで見た最後の花火も最高で。日本で一番最初の花火大会ね。夏フェスではあったけど花火フェスでもあったね」

こもり教頭「ここが最初の、そういう花火が打ち上がった瞬間になったんじゃないでしょうか。この後、みんな帰ってもらうわけだけど、うちは残念ながら入り口が1個しかないから、気をつけてね」

さかた校長「あと、ゴミ、ちゃんと持ち帰るなり、捨てるなりして、来年も開催できるように」

こもり教頭「そうだよ。譲り合いの精神と思いやりの精神だ大事だから」

さかた校長「来た時よりも美しく精神でいきましょう。SCHOOL OF LOCK!、夢の夏フェス NIGHT! 最高のフェスが終了いたしました!」

こもり教頭「はい!」

<オーディエンス大歓声!>

さかた校長「ありがとう!」

こもり教頭「みんな本当にありがとう」

さかた校長「大団円でございます! またこのフェスが開催されるように」

こもり教頭「願っております!」

さかた校長「SCHOOL OF LOCK!は明日夜10時に再び開校!」

こもり教頭「起立!」

さかた校長「さぁみんなもう立ってるけど、その調子でいこう!」

こもり教頭「礼!」

さかた校長・こもり教頭「また明日〜〜〜〜〜!!!!」

さかた校長「ということで、教頭、最後は生でアレ言ってもらってもいいですか?」

こもり教頭「いきましょうか!」

さかた校長」「生徒のみんなも聴きたいよな!」

<オーディエンス大歓声!>

こもり教頭「いくぞ!
SCHOOL OF LOCK! ブルボン、がお送りしました


♪ AGEHA / GENERATIONS from EXILE TRIBE


こもり教頭「だから、いたのね! 踊らなきゃいけないじゃん!」

さかた校長「(笑) フェス担当カメラマン、ノリいます」

こもり教頭「ひえ〜!」



今日の黒板


SOL!


今日は夏フェス!! 時間の限りフェスを開催していたので黒板はナシ!! その代わりこもり教頭が踊っています☆




さかた校長の放送後記

夢の夏フェス、満開夢花火!!


こもり教頭の放送後記

GENE先生は昨日の生放送からずっと待っててくれてたよ。

この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年07月21日(火)PM 10:00 まで

Music 2021.07.14PLAYLIST

「夏の奇跡」「青と夏」「波乗りジョニー」「打上花火」10代が夏フェスで聴きたい楽曲

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。7月14日(水)の放送では、『夢の夏フェスNIGHT!』をお届けしました。10代のリスナーから、“この夏にみんなと聴きたい”楽曲を募集し、推薦コメントとともにオンエア。パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が、感想を伝えました。

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

SCHOOL OF LOCK! ARTIST & GIRLS & BOYS

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • sumika LOCKS!

    sumika

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • 山之内すずのGirlsLOCKS!

    山之内すず

  • 森七菜のGirlsLOCKS!

    森七菜

  • 上白石萌歌(adieu)のGirlsLOCKS!

    上白石萌歌(adieu)

  • 景井ひなのGirlsLOCKS!

    景井ひな

  • BOYS LOCKS! 櫻井海音

    BOYS LOCKS! 櫻井海音

ページトップへ戻る