遥香先生と真佑先生!今度は2人きりで逆電握手会!!

SCHOOL OF LOCK!



この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年4月7日(木)PM 10:00 まで



は、は、遥香先生の写真集〜!!???

と・・・!昨日、乃木坂LOCKS!チーム(職員のみ)のグループLINEでも大盛り上がりしていた昨日なのですが!!生徒のみんなはもちろん写真集の公式Twitterフォローしましたよね!?



職員も全員フォロー済み!6月7日のリリースまで「#かっきーとカウントダウン」!!!乃木坂LOCKS!の方でもどんどん盛り上げていきましょうね!

そして!昨日の「PremiumMusic2022」でのインフルエンサー!遥香先生いきなりのドアップ!!&4期生でSPEED!!!

それと、先日の『CDTVライブライブ 』での新曲「Actually...」や春ソングSPメドレー、さらに!!!遥香先生と久保史緒里先生と柴田柚菜先生による「明日、春が来たら」も、めっっっちゃ良かったですね!桜の木の下で歌う3人の姿が曲とピッタリで何度も繰り返し見てしまいました(^◇^)

と、、!乃木坂46の供給が多い今日この頃!今回の乃木坂LOCKS!には先週に引き続き田村真佑先生も来てくれています!!(供給〜!!!)

それでは4組の教室に入りましょう〜!




乃木坂46・賀喜遥香先生、田村真佑先生、二時間ありがとうございました!

ミスターレイニー
熊本県 18歳


真佑「こちらこそありがとうございました♡」

SCHOOL OF LOCK!


遥香「ありがとうございます♡」



かっきー先生・まゆちゃん先生、生放送教室お疲れ様でした!二人の絡みが可愛くてとても楽しかったです!また機会があれば、すぐにでも来てください!

泡半分緑半分
東京都 19歳


真佑「ぜひ呼んでください!」

遥香「来てくれる…?」

真佑「もちろん!『来て〜』って言われたら行きますよ!」

遥香「私は、来てって言ってるけど…」

真佑「そうなんだよ、かっきーは来てって言ってくれるけど、みんなが言ってくれないから…今まで来れなかったの。聖来ばっかりズルいよ♡」

遥香「そうだぞ♡これ聴いたら、4組の生徒のみんなも、『真佑ちゃん来て!!』って言ってくれると思うから!」

真佑「言ってほしい〜♡」

(圧をかける遥香先生)

真佑「な、なんの間!?怖い…」

遥香「圧をかけた!」

真佑「圧をかけたの?」

遥香「絶対にもう1回来てもらえるように圧をかけました。」

真佑「ありがとう♪」

遥香「楽しかったね〜!直接、4組の生徒のみんなとお話が出来たり、電話出来たり…」

SCHOOL OF LOCK!


真佑「そうだね!私が今までやってきた電話とは全く違ったから、新鮮ですごく楽しかった!ここまでちゃんと問題を解決してじゃないけど、応援して切れる電話ってこんなに良いんだ!って思っちゃった。」

遥香「色があるからね!それで、今日の乃木坂LOCKS!なんですけど、せっかく副担任になった、田村真佑先生も来てくれているので、先週の授業の続きとして、こちらを開催します!逆電握手会!!!!

改めまして!生徒のみなさんこんばんは!」

(♪.会いたかったかもしれない)

真佑「会いたかった〜会いたかった〜イエス!」

2人「ドゥンドゥンドゥン♪」

真佑「(ドゥンドゥンドゥン)出来た〜!」

遥香「出来なかったからね(笑)!4組の副担任乃木坂46賀喜遥香と…!」

真佑「田村真佑です♡」

???「田村真佑です♡」

???「田村真佑です♡」


真佑「私、何人いるんだ!?どれが本当の田村真佑の声か分かったかな?」

???「田村真佑です♡」

???「田村真佑です♡」

???「田村真佑です♡」


遥香「似てるよ!」

真佑「最初は似てないと思ってたけど、聞いてたら似てる!」

真佑「田村真佑です♡」

遥香「ちょっと低いんだ。」

真佑「普通の声で言うと、田村真佑です!が本来なんだけど…寄せると、田村真佑です♡

私も寄せてかっきーも寄せたらバッチリ!」

遥香「私がまゆたんのマネをしてるマネをまゆたんがしてるのに、私が似てる?」

真佑「そう!そう言うこと!難しい、ややこしい!」

遥香「嬉しいな〜♪もっと極めていこうと思います!」

真佑「ということで今夜の授業は、逆電握手会!!はい!これはいわゆる、顔の見えない声だけのオンラインミーグリ!SCHOOL OF LOCK!だけで開催される『ラジオの中の握手会』です!実際に握手は出来ないけど、私達と電話を繋いで“会話の握手”をする授業となっています!(校長の)影響を受けてるよね(笑)?」

SCHOOL OF LOCK!


遥香「(会いたかったかもしれない)ドゥンドゥンドゥンやりたかった!」

真佑「探ってた?」

遥香「やりたかったけど、探ってた。校長の勢いがすごすぎて、乗れなかった。」

真佑「みんなは見えてないけど、ずっと横揺れしているっていう。」

遥香「ドゥンドゥンドゥンになると、横揺れが激しくて、圧がすごかった!今日も4組の生徒と電話をしてみましょう!電話出るかな?」

真佑「電話かかるかな〜?どうかな〜どうかな〜?この、かかるまでの時間がどうしようって思うよね」

(電話のコール音)

2人「かかった!!」

遥香「もしもし!」

生徒「もしもし!」

遥香「乃木坂46の賀喜遥香と…!」

真佑「田村真佑です♡」

生徒「ハッ///静岡県、18歳、ラジオネーム「りんごディスコ」です!」

2人「「りんごディスコ」、こんばんは〜!」

遥香「学年は?」

りんごディスコ「高校3年生で、卒業したばっかりです。」

2人「おめでとう〜♡♡♡」

遥香「今日は何を話そうとしてたんですか?」

りんごディスコ「この春、卒業して4月から新しい場所で新しい生活が始まるんですけど、知り合いも誰もいない新しい土地に行くのが不安で、友だちができるかなって心配しているので…。おふたりに、『ちゃんと友だちできるよー!』って応援してもらいたいなと思って!」

真佑「静岡からどこに行くの?」

りんごディスコ「京都に行きます!」

2人「京都か〜!」

真佑「はんなりしちゃうかもね。」

2人「せやな〜」

真佑「せやけど、どうなん?みたいな言い始めちゃうかもよ!」

遥香「どこから来はったん?とかあるかもしれないから!」

真佑「静岡に帰った時にビックリされちゃうかもね!いきなりはんなりしてる!って。京都に友だちも誰もいないんだよね?」

りんごディスコ「同じ学校から同じ大学に行く子がいなくて…。」

真佑「そっか〜。本当に独り立ちで、新生活も始まるって感じなんだね?」

りんごディスコ「そうですね。」

真佑「それは確かに緊張するし、不安だよね。じゃあ私たちからエールいってみます?今回は1人ずつ行く?」

遥香「そうだね!友だち出来るかな〜大丈夫かな〜?って思っている子たちばかりだと思うから、色んな土地から京都に集まってきて、みんなもお友だちを作りたい!と思ってくると思うから…。話しかけてくれる子も絶対にいるし、話しかけたら相手の子も絶対嬉しいから、絶対大丈夫!頑張って♡

SCHOOL OF LOCK!


真佑「次、私から!今こうやって、「りんごディスコ」ちゃんと会話をしてて、数分なんだけどいい子だって言うのが伝わってきたから、京都に1人で大学に行っても、「りんごディスコ」ちゃんが優しいって言うのは絶対に伝わるから、緊張せず明るく笑顔で話しかければ大丈夫だと思うから、頑張ってください♡

りんごディスコ「ありがとうございます///」

2人「頑張ってね!!」

りんごディスコ「ありがとうございます!」

2人「電話してくれてありがとう♡」

りんごディスコ「こちらこそありがとうございました!」

2人「バイバーイ♡またね〜ありがとう!」

真佑「おどおどってしているところもかわいい〜♡」

2人「かわいい〜♡」

遥香「もう1人行っちゃいましょうか!かかるかな?」

真佑「繋がれっ!」

遥香「アニメっぽく」

真佑「繋がれぇっ!」

遥香「いいねっ!」

(電話が繋がる)

遥香「お、もしもし!」

生徒「もしもし!」

遥香「乃木坂46の賀喜遥香と…!」

真佑「田村真佑です!」

タイヒロ「東京都、19歳、ラジオネーム「タイヒロ」です!」

2人「「タイヒロ」さん、ありがとうございます〜!!」

遥香「今日は何をお話…しましょうか?」

(3人爆笑)

真佑「しましょうか?(笑)」

タイヒロ「もうすぐボーカルオーディションがあるんですけど、それに音源を出す勇気がないので、勇気づけてくれると嬉しいです!」

真佑「将来の夢はボーカリストになるってこと?」

タイヒロ「そうです!」

遥香「カッコイイー!」

真佑「すごいね!今、19歳!学校に通ってる?」

タイヒロ「そうです!音楽系の学校に!」

2人「音楽系の学校!なるほど〜」

真佑「相当、歌もお上手なんでしょう!」

遥香「オーディションで何か歌うんですか?」

タイヒロ「そうです!一次、二次あって歌を歌います。」

真佑「ちなみに何を歌う予定とかありますか?」

タイヒロ「あります!米津玄師さんの『アイネクライネ』を…」

2人「おぉ〜!!!」

遥香「好きです〜」

真佑「めっちゃ低いよね?」

遥香「低い!」

真佑「今、こうして「タイヒロ」さんの声を聞いてて、合いそうと思った!」

タイヒロ「本当ですか!?」

真佑「すごいいい声してるから、もし、「タイヒロ」さんが良かったらでいいんですけど、『アイネクライネ』を歌ってるところを聴きたいなぁ〜って思ったんですけど…♡」

2人「いいですか?♡」

タイヒロ「いいですよ…(照)!」

2人「やった〜!!」

遥香「ワンフレーズ、お願いします!」

タイヒロ「サビをちょっとだけ歌います。

『消えない悲しみも綻びもあなたといれば それでよかったねと笑えるのがどんなに嬉しいか〜♪』

遥香「綺麗な声!!」

真佑「めっちゃ上手いじゃん!!絶対送った方が良いよ!」

タイヒロ「本当ですか!?」

真佑「迷ってる時間があったら、送って絶対オーディション受けた方がいいと思う!」

遥香「素敵だった!」

真佑「やっぱり、やりたいと思った時に動かないと何も始まらないと思うから、今やりたいって気持ちを大事にして、緊張とか不安もあると思うけど、一歩踏み出して送ってみてください!すごい上手だったから、これを聴いた生徒のみなさんも送った方がいいと思ったから送ってほしい!めっちゃ力こもっちゃった」

SCHOOL OF LOCK!


遥香「力説!ぜひ頑張ってください!応援してます!!

タイヒロ「ありがとうございますっ!」


M. 好きになってみた  / 乃木坂46



遥香「この曲は、乃木坂46の『好きになってみた』です!」

(真佑先生の顔を見る遥香先生)

真佑「なに??そんなに人の顔を見て笑うの…!」

遥香「ううん、なんか不思議な気持ちになっちゃった!私の勝手なアレだけど…。「タイヒロ」さんがオーディションを受けるって言ってたじゃん?私も受けたんだな〜と思って、受けて受かって曲振りしてるんだなって思って…。」

真佑「たしかにそうだよね。「タイヒロ」さんもこんな状況であそこまで歌えるんだから絶対大丈夫だよね!」

遥香「堂々としてることって大事!出来ない!もともと持ってないとできない。私は無理…。」

真佑「そうそう!緊張してクッと喉が絞まっちゃうけど、聴いててそんな感じがしなかったし。」

遥香「それは相当強みだと思う!」

真佑「絶対うまく行くと思うから頑張ってほしい!!」

遥香「頑張ってください!ってことで、早いんですが、もう授業終了の時間になりました!また来てね♡」

真佑「もちろん♡呼んでね、約束ね!またここに登校する!」

遥香「分かった!約束!ということで、私とはまた来週!この教室でお会いしましょう!4組の副担任、乃木坂46の賀喜遥香と…!」

真佑「田村真佑でした♡」

2人「バイバーイ!



遥香先生と真佑先生による突然の「田村真佑です♡」、どっちがどっちか分かりましたか・・・?職員はその場にいたから分かりましたけど、声だけで聴くとどの声が本物の真佑先生か分からなくなりますね、、!笑

真佑先生!4組の副担任を就任したということで、またぜひ!ぜひ!!!4組の教室に遊びに来てださい!!乃木坂LOCKS!はいつでも大歓迎です!

そして今回、真佑先生が来るということで乃木坂LOCKS!を初めて聴いてくれている(聴いた)生徒のみなさん!もし、この後記を読んでいたらこれを機にぜひ乃木坂LOCKS!に登校して4組の生徒になってくれると嬉しいです(^v^)

基本的には遥香先生生が徒のみんなに1人で授業を届けていますが、授業の中で4期生や乃木坂46のメンバーの話をしたり、実際にこのクラスにメンバーが遊びに来てくれることもあります!

さらに!来週は乃木坂LOCKS!がこの春で1周年!!ということで改めてこの乃木坂LOCKS!についての説明会を行っていくので、特に最近聴き始めてくれた生徒のみんなは登校するのにちょうどいいかもしれません・・・!!

ずっと聴いてくれている生徒のみんなも、新しく聴き始めてくれたみんなも改めて新年度の乃木坂LOCKS!もよろしくお願いします!

それではまた来週〜!!!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2022年4月7日(木)PM 10:00 まで

乃木坂46 LOCKS!(賀喜 遥香) 放送後記

もっと見る

LOCKS!SCHOOL OF LOCK!の講師陣

  • ミセスLOCKS!

    Mrs. GREEN APPLE

  • sumika LOCKS!

    sumika

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • YAZAWA LOCKS!

    矢沢永吉

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • 森七菜LOCKS!

    森七菜

  • adieu LOCKS!

    adieu(上白石萌歌)

  • 景井LOCKS!

    景井ひな

  • INI LOCKS!

    INI

ページトップへ戻る