今夜の授業テーマは、「 試合直前! 全国現地レポート!」

生放送 2018.6.28 木曜日

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!



『 闘志、闘志を 』


とーやま校長「さぁ来るぞ!
2018 FIFA ワールドカップ ロシア!!!!

とーやま校長日本対ポーランド戦が今夜このあと、23時キックオフ!

あしざわ教頭「そうなりますね!」

とーやま校長「その中継のため、今夜のSCHOOL OF LOCK! は、22時40分までの短縮授業になります!」

高橋ひかるちゃんGIRLS LOCKS!はお休み!
サカナクション先生が登場するサカナLOCKS! も休講です!
さらに「スクールフォース」、そして、一部地域を除いてオンエアしている「放送部」もお休みです!
楽しみにしてくれていたみんな、申し訳ない!


とーやま校長「黒板には、『闘志、闘志を』と書かせてもらった。
闘志とは、言わずもがな、”闘う志”
選手の皆さんはもちろん、俺たち日本にいる全サポーターも、”闘う志”を一つにして、海の向こうのロシアに届けたい!
そういう心を込めて、書かせてもらったんですけれども。

中西先生、改めて、体調は大丈夫ですか?

中西先生こんばんは!

とーやま校長「”おはようございます”ではなく(笑)」

中西先生「もう夜の10時ですからね。こんばんは!

とーやま校長「ただね、いつものように(放送直前の)マイクチェックでは、『おはようございます』って言ってました(笑)」

中西先生「それはね、毎朝のルーティンワークですから(笑)」

とーやま校長「さあ、改めまして…!」

あしざわ教頭「はい! 今夜の生放送教室には、スポーツジャーナリストであり、全国ネットでオンエア! 
朝6時からの番組、【クロノス】のパーソナリティー!
中西哲生先生をお迎えしています!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「本日、中西哲生先生には、ポーランド戦についての授業をしてもらおうと思いますんで、宜しくお願いします!」

中西先生「宜しくお願いします!」

とーやま校長「今日ももちろん『クロノス』の生放送がありまして」

中西先生「はい!」

あしざわ教頭「目をこすりながら(笑)」

とーやま校長「目がバッキバキじゃないですか!」

中西先生「もう、もう! 魂入ってますからね!」

あしざわ教頭「すごいですね。気持ちで動いてる状態ですから」

とーやま校長「さっき、本番直前になんとなく僕が『6月28日木曜日』って言ったら、
中西先生がボソッと『今日、木曜日か…』って。
曜日の感覚すら、なくなってらっしゃいますよね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


中西先生「しかも間違えて、『6月26日』つったんだよね(笑)」

あしざわ教頭「日にちもちょっとおかしくなっちゃってる(笑)」

中西先生「あんまり寝てないから、いつから繋がってないかよくわからないんですよね(笑)」

あしざわ教頭「みんな、中西先生も応援しよう!」

中西先生下着を変える瞬間が【曜日が変わった日】みたいなね」

SCHOOL OF LOCK!


一同笑い

とーやま校長「今日も朝方5時まで、グループリーグの第3試合目があったわけですよね」

中西先生「もちろん。日本代表が決勝リーグに上がった時の為に『イングランド対ベルギー戦』は観ておかないといけないでしょう!」

とーやま校長「ドイツ(対韓国)戦もご覧になっていたってことですか?」

中西先生当たり前ですよ!

とーやま校長「あれ、とんでもない事が起きるんですね、W杯って」

中西先生「ああいう事が起こるから、”連敗しているチームだって恐ろしいぞ”って事ですよ。
いい教訓をあそこで頂いたわけですよ」

とーやま校長「それも踏まえて、グループHの第3試合が間もなく開始になるという事で…。
改めまして、これまでの日本代表の戦いぶり、いかがでしょうか?」

中西先生半端ない

とーやま校長「半端ない!! 日本代表が”半端ない”?」

中西先生「とにかく、色々な下馬評はあったんですけど、
選手たちがしっかりやるべき事をやった上で、【一勝一分け】
まさか、誰がここで勝ち点4を持ったままポーランドと戦うことになると思ったか。
しかも、”まさかポーランドがなぜ連敗してここにいるのか”ということも含めて(笑)、本当に素晴らしいと思いますよね」

とーやま校長「だって、FIFAランクで言えば、このグループHの4チームの中で、ポーランドが1位ですよね」

中西先生「日本は61位ですからね。一番下ですから」

あしざわ教頭「それが逆になっているという」

中西先生「(グループリーグでは)日本が1位ですから、今」

とーやま校長「一応おさらいしておくと、この後の日本対ポーランド戦、
日本が勝ち、もしくは引き分けの時点でグループリーグを突破できると」

中西先生「もう一個あります。
セネガルが(コロンビアに)勝てばいいんです!

とーやま校長「セネガルがとにかくコロンビアに勝ちさえすれば、もうオッケー!」

あしざわ教頭「同時に試合してますからね」

とーやま校長「1位、2位という順位は色々ありますけども」

中西先生「そんな事を言ってる場合じゃないです。
1位、2位という事ではなくて、まず、抜ける為にはどうするべきかって事です!」

とーやま校長「万が一、こんなことはないよ? ないけれども、日本が”負けちゃう”なんて事も…」

中西先生負けても、セネガルが勝てばオッケーですからね

あしざわ教頭「そうかそうか」

とーやま校長「(日本がグループリーグを突破する)確率としてはすごく高いけれども、優勝候補であるドイツが早々とグループリーグ敗退って事もあるから…」

中西先生「ドイツはずっと連続で突破してたのに、今回初めてグループリーグを突破出来なかったんですよ」

あしざわ教頭「相手は韓国ですもんね」

中西先生「いや、韓国は強いよ! 讃えなきゃいけないです」

とーやま校長「強い国もめちゃめちゃ苦戦してる今回のW杯、だからこそ面白い。
でも、『確率で、数字でいくと、足元掬われるよ』っていう」

あしざわ教頭「ずっと緊張しっぱなしですね、これは!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「…というポーランド戦があと54分後に控えているので、中西先生にも詳しくお話をお伺いしたいと思います!
改めて宜しくお願いします!」

中西先生「宜しくお願いします!」

さぁ! 中西哲生先生を迎えて送る今夜の授業テーマは…
「試合直前! 全国現地レポート!!」

「今、サッカー部のみんなで集まって一緒に観戦します!」
「今日は1人で観ます! 宿題はもうやめた! 無理です! 怒られてもいい!」
「今日は恋人とLINEで通話しながら一緒に日本代表を応援します!」

そんなポーランド戦に心を奪われていている生徒に中継をつないで、試合前の様子や今の気持ちをレポートしてもらうぞ!

そして、今夜もスポーツジャーナリスト中西哲生先生にポーランド戦のポイントを解説してもらいます!
もちろん中西哲生先生への質問や日本代表への応援メッセージも待ってます!

みんなからのメッセージは
学校掲示板もしくはメールまで送って欲しい!

さらに試合後の【25時9分〜25時30分】には、FIFA ワールドカップの特別プログラム
【2018FIFAワールドカップ「Cheer Up Station」】をオンエア!!!
校長・教頭、そして中西哲生先生が登場します!


<生徒が集まってくる音>


あしざわ教頭「さあ、生徒が集まって来ました! SCHOOL OF LOCK! 本日も開校です!」

あしざわ教頭「起立! 礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭・中西先生「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」


♪ 勝利の笑みを 君と / ウカスカジー


とーやま校長「やっぱこの曲を聴くと、テンションも上がるし、気持ちが入るし」

あしざわ教頭「いよいよって感じがしますね!」

とーやま校長「…なんて言ってる間に今日のスタメンが発表になっているので、
この後、中西先生にスタメンについてもお聞きしていきたいと思います!」

SCHOOL OF LOCK!


対ポーランド戦のスタメンは、以下の通り!

<GK>
川島永嗣(メッス)

<DF>
長友佑都(ガラタサライ)
吉田麻也(サウサンプトン)
槙野智章(浦和)
酒井宏樹(マルセイユ)

<MF>
柴崎岳(ヘタフェ)
山口蛍(C大阪)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
酒井高徳(ハンブルガーSV)

<FW>
岡崎慎司(レスター)
武藤嘉紀(マインツ)


とーやま校長「2戦目までと、ガラッと変わっておりますけれども」

中西先生「前線は全員変わってますよね。

ディフェンスラインは槙野がセンターバック、ここは元々昌子が入ってましたけど、昌子に代わって槙野。
長谷部に代わって山口蛍

で、前の4枚なんですけど、恐らく、左に宇佐美
右が酒井高徳なんですけど、酒井高徳は基本的にサイドバックの選手なんで、守備が得意な選手を右の前に持ってきてる。
ここは元々原口がやっていたんですけど、当然原口もかなり疲れてますし、今回は中3日なんですよね。
第1戦と第2戦の間は中4日。
これだけ疲れてるって事もあると思いますし、守備が非常に重要になってくるのでコントロールがしっかりあってしかも守備力が高い選手を、攻撃の位置に置いている。
これはあまりやっていない事なんですけど、それをあえてやってきました。

前は武藤岡崎なんですけど、2トップか、縦に並ぶか。
縦ラインだったら、武藤が前で、岡崎が後ろ。
これは相手の守備の隊形によって変わると思うんですけど、ポーランドのスタメンを見てみると、3トップで3バックなんですよ。
3-4-3という並びになっているんで、これに対して日本がどういう風に守備をするかによって前の並びも変わるでしょうし、
攻撃と守備によっても変わってくると思うので、この並びに関してはそれほど気にしなくていいと思います。
武藤と岡崎が良い形でプレスをかけていければ良いかな、と思います」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ちょっと守備を考えていると。
酒井高徳はサイドバックも出来るし、ボランチもいけますし、その辺に関して言えば色々なポジションが出来る選手ですから。
それはすごく良い事ですよね、日本にとって」

中西先生「とにかく守備から入りたいから、前から良い形で守備に行けるような、
もしくは体力がしっかり残ってるメンバーを使ってきた
かな、という感じはしますね。
ただ、6枚変えるっていうのは、半分以上ですから。異例と言えば異例だと思いますよ」

とーやま校長「昨日ぐらいにニュースとかで流れてきて、”えっ?”と思いつつ、
”本当なのか? それとも、情報をあえて出す作戦なのか?”って」

中西先生「昨日僕も新聞を見て、”本当かな?”と思いましたけど、そのままきてますね」

とーやま校長「となると、これはグループリーグ突破してから、ベスト16からを想定しての、体力を温存するため…?」

中西先生「とーやま校長はすごいですね、相変わらず」

とーやま校長「(笑)ありがとうございます!」

中西先生「要するに、ここで全てを出し切って上がるというよりは、この1個先、つまり決勝トーナメント1回戦のところも見据えながらっていう事は、このメンバーならあるかもしれませんね」

とーやま校長「2戦目で活躍した乾とかは、これから研究されたりするとまたマークが厳しくなったりするから、
それを隠したりする意味も、もしかしたらあったりするのかな、とかね」

中西先生「(2戦目までは)香川と乾、大迫が非常に良かった。
ですから、警戒してくるって事もあるし、その中で上回る為には身体的なコンディションも良くないといけないですから。
そういう意味では、ここではちょっと休ませて、”次”に良い状態でいかせたいって気持ちはあると思います」


GS突破
確実に日本にGS突破して欲しい!
ポーランドはとても強い油断していると簡単に負けてしまう!
応援するみんなも(ポーランド?余裕でしょ)なんて気を抜かないで欲しい!
だから絶対に勝ち点3をとって欲しい!
日本国民全員で応援しよう!
中西哲生さんクロノスいつも聞いてみます。
中西さんも頑張って!
Rola 503
男性/14歳/神奈川県
2018-06-28 22:06



中西先生「ポーランドに関して言うと、今はまだ何も言ってませんけど、グリクって言う15番のセンターバックが戻ってきて。
彼は元々守備の中心だったんですが、怪我をしてしまって、ここまで出てないんですよね。
その守備の選手が戻ってきたって事と、もう一つ、出るか出ないかわからないって言われていた、エースのレバンドフスキはスタメンできてます
レバンドフスキに関して言うと、自由にさせちゃいけないし、彼がボールを持ったらとてつもなく危険なので、そこまでのルートを断ち切るって事も非常に重要です」

とーやま校長「さあ、試合開始まであと45分弱ですね!
中西先生、それまで宜しくお願いします!」

SCHOOL OF LOCK!



ここで、ゲスト講師の情報です!
来週木曜日、生放送教室に楽器を持たないパンクバンド!
BiSH先生が登場ーーー!!!!
ぜひ楽しみに待っていて欲しい!



中西先生
僕が知ってるクロノスの中西哲生先生じゃない。。。熱い。。。


日本頑張れーーーーーーー!!!
オラの元気も持っていけーーーーー!
NO WARld
男性/20歳/福井県
2018-06-28 22:13



中西先生「あのですね、『クロノス』は報道番組です(笑)」

あしざわ教頭「大前提がありましたね」

中西先生「基本的には、人間的に言うと”ダメな人間”です

一同笑い

とーやま校長「そうですよね。報道番組ですし、聴かせてもらってる限り、色々、時間の制約がね」

中西先生「時間の制約がありますし、もっと言わせてもらうと、サンデーモーニングが一番真面目です

一同笑い

あしざわ教頭「何があるんでしょうか(笑) 逆に不安になりますね!」

中西先生「バージョンが、色々やっぱり…SCHOOL OF LOCK!バージョンだったりとか」

あしざわ教頭「人間味あふれる(笑)」

とーやま校長「思うがまま喋ってるという」

中西先生「まあ、人生の幅があるというか、人格に幅があるというか」

とーやま校長「戸惑いしかないわけだから(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



さぁ! 中西哲生先生を迎えて送る、今夜のSCHOOL OF LOCK! 授業テーマは、「試合直前!全国現地レポート!」
全国の10代に中継をつないで、今の様子をレポートしてもらいます!

とーやま校長「千葉県のRN あかやぶさーん!!」

あかやぶ 千葉県 16歳 女性 高校2年

あかやぶはい、中継のあかやぶです!

とーやま校長「どうも! 校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです!」

中西先生「中西哲生です!」

とーやま校長「高校何年生ですか?」

あかやぶ「高校2年生です」

あしざわ教頭「中2、高2は……フリーダーーーーム!!!!!!!

あかやぶフリーダーーーム!!!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!
…すいません、こういうのがあるんです(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


中西先生俺も確か、中2と高2の時には弾けてた

一同笑い

とーやま校長「これ、あかやぶさんは、今、どちらにいらっしゃいます?」

あかやぶ「家です」

とーやま校長「おうちにいらっしゃる。あかやぶさんの家ですね?」

あかやぶ「はい!」

とーやま校長「あと37分で日本VSポーランドのキックオフですけど、今のお気持ちは?」

あかやぶ早く始まって欲しいのと、ドキドキしてます

とーやま校長「やっぱりサッカーは好き?」

あかやぶ「好きです」

とーやま校長「いつぐらいから?」

あかやぶ「小学校1年生の頃からずっと(サッカーを)やっていて」

あしざわ教頭「サッカーやってるんだ!」

とーやま校長「じゃあ、やっぱり”自分がピッチに立った気持ち”だったりするわけ?」

あかやぶ「はい、します」

とーやま校長「周りには(他に)誰がいる?」

あかやぶ「今は、家族がいます

RN あかやぶは4人家族。
今、部屋の中にはRN あかやぶ1人だけど、リビングに他の家族がいるんだそう。

とーやま校長「あかやぶレポーターに、ご家族の皆さんの声とかをレポートして欲しいなって思ってるんですけど」

中西先生「今もサッカーをやってらっしゃるんですか?」

あかやぶ「はい、やってます!」

中西先生「じゃあもう、なでしこジャパンにぜひ」

あかやぶ「(笑)」

とーやま校長「将来的にはね」

中西先生「将来的には。頑張ってくださいよ!」

とーやま校長「ポジションはどこなの?」

あかやぶキーパーをやってます

中西先生「おおーーーー!!!」

とーやま校長「じゃあ、そこからちょっとペナルティラインはみ出してもらって
そのままディフェンスライン守ってるお父さんの声を聴けたりしない?」

あかやぶ「…どうだろう?」

とーやま校長「寝てる? とりあえず行ってみよう!」

ここで、電話の向こうで男性の声が…

あしざわ教頭「なんか聞こえるな? 交渉中です、閉めろ、閉めろ!」

中西先生「パスを投げろ! キーパーが前に出て」

とーやま校長「ボールを投げろ!」

あかやぶ「え? …えー?」

とーやま校長「あかやぶ、一言でもいいから、お父さんから!」

あかやぶ「…出ないって」

一同笑い

中西先生「お父さん、リスクを犯さないプレーですね」

あしざわ教頭「解説入りました、ありがとうございます(笑)」

とーやま校長「(笑) あかやぶとしては、日本対ポーランド、どんな試合になると思う?」

あかやぶ「でも、ポーランドはFIFAランキングも上位なんで、気が抜けない戦いになるんじゃないかなと思います」

あしざわ教頭「そうだね!」

とーやま校長「あかやぶとしては、注目している選手はいる?」

あかやぶ武藤選手です」

とーやま校長「今回、W杯で初出場だね。
武藤選手は、どの辺が注目?」

あかやぶ「今回、前線には誰を置いてもいいなと思ってたんですけど。
(武藤選手は)FW起用の選手の中でまだ試合に出てなくて、今回、先発で選ばれて、”点を取って欲しいな”っていう思いです」

とーやま校長「どうですか、中西先生」

中西先生「いや、的確ですよね。
武藤選手は、ドイツに行って非常に屈強な相手に対してもプレーできるような準備が出来ていますし、
ゴールを取れるチャンスもあるし、守備の部分でも非常に進化してるんですよね。
彼の守備っていうのは、”頭脳的かつ計算高い事”も出来る。
守備の部分では『最初に守備のスイッチを入れる選手』なので、今日は岡崎選手と共に非常に期待出来ると思います」

とーやま校長「点も取れるし、守備も出来るし、W杯直前の試合で得点に繋がる良いクロスとかも上げていたりするから、武藤に期待しよう!」

あかやぶ「はい」

とーやま校長「お母さんとかは? 行けるか?」

中西先生「お母さんにちょっとパスを出してくれ」

あしざわ教頭「優しいパスでいいぞ!」

とーやま校長「最前線で張ってるお母さんに…」

<交渉中>

あかやぶ「…今、替わります」

あしざわ教頭「届いた!? ロングパスが!?」

あかやぶ母…もしもし

とーやま校長「もしもし、どうも、SCHOOL OF LOCK!と申します」

あかやぶ母「こんばんは! 娘がお世話になっております」

とーやま校長「どうも、こちらこそです!
今、校長と教頭と中西哲生さんがいらっしゃってまして」

あかやぶ母「はい」

中西先生お母さん、こんばんは!

あかやぶ母「こんばんは!」

とーやま校長「急に笑顔じゃないですか、中西先生!」

中西先生「いやあ、久しぶりに女性と話したなって」

SCHOOL OF LOCK!


一同笑い

とーやま校長「『クロノス』でいつも話してるでしょ、アシスタントと」

中西先生「あ、そうだ」

とーやま校長「何を言ってるんですか(笑)
お母さんもサッカーお好きなんですか?」

あかやぶ母「私はもう観るだけですけど」

中西先生「いや、『私はやるだけですけど』って言われても(笑)」

あしざわ教頭「『私はディフェンダーなんですけど』とかじゃないですからね(笑)」

とーやま校長「この後、30分後ぐらいに日本対ポーランドがありますけど、お母さんとしてはどんなお気持ちですか?」

あかやぶ母「どんなお気持ちで…(笑)
まあ、私の息子が出るわけではないので(笑)、でも、楽しみに待ってます!」

一同笑い

とーやま校長「娘さんもサッカーを頑張ってるみたいでね。
試合とかもご覧になられた事、あるんですか?」

あかやぶ母「観に行きます」

とーやま校長「どうですか? あかやぶGKは」

あかやぶ母「あのー、逞しくて(笑)。
でもやっぱりキーパーは、観てる方はドキドキしますけど」

あしざわ教頭「一番点に絡むシーンですもんね」

とーやま校長「じゃあ、お母さんも一緒に応援しましょう!」

あかやぶ母「はい、ありがとうございます!」

とーやま校長「じゃあ、娘さんに替わって頂いて…」

あかやぶ「もしもし」

とーやま校長「いいパスだった、あかやぶ!
じゃあ、あかやぶレポーター、最後に、海を超えたロシアにいる日本代表に向けて、一言もらっておきたい!
ね、中西先生」

中西先生「そうですね。エールを!」

あかやぶ「厳しい戦いになると思うんですけど、
とにかく先制点を取って、自分たちに有利な状況を作って、絶対勝ち点3を勝ち取って、
決勝リーグに進んでください!


とーやま校長「確かに、先制点!」

中西先生「非常に重要ですね」

とーやま校長「そこで大分有利になりますもんね、1-0の展開を作れたら」

中西先生「かなり有利ですね、はい」

とーやま校長「よっしゃ、あかやぶ、もうすぐ試合始まるから、一緒に応援しよう!

あかやぶ「はい!」

とーやま校長「サッカーも頑張るな?」

あかやぶ「はい!」

とーやま校長「頑張ってね!」


♪ NIPPON / LiSA


とーやま校長「我がSCHOOL OF LOCK!のレギュラー講師であるLiSA先生
椎名林檎先生の曲、『NIPPON』を、LiSA先生が背負って、ロシアに向けて届けてくれた!」


楽しみー!
テストが終わり何も気にせず応援することができます。
1人で緊張しています…
頑張れ日本、信じています。
ちなみに自分の注目は宇佐美選手です!
シャイニング・ボーン
男性/15歳/長崎県
2018-06-28 22:27




ポーランド戦観る!
明日からテストだけど・・・
ポーランド戦親と観ます!笑
日本勝てーーー!!!!!
Navy yellow
男性/16歳/群馬県
2018-06-28 22:08



あしざわ教頭「それぞれの思いがありますね〜」

SCHOOL OF LOCK!


中西先生テストに、日本代表の選手の名前書けばいいんじゃないですか?

一同笑い

とーやま校長「中西先生、これ、酷かもしれないですけど、スコア予想とか聞いてもいいですか?」

中西先生「今もうね、日本全国で、僕の予想は必ず外れると言われてますけど」

一同笑い

中西先生「僕が負けるって言うと、勝つ。もしくは、引き分ける。
なので、それを踏まえた上で……言っていいんですか?」

とーやま校長「お願いします!」

中西先生1-1で、引き分け

とーやま校長「これはどのような所からですか?」

中西先生「ポーランドが普通に来たら流石に厳しいなって思いますけど、今、連敗で来てるんで。
モチベーションのコントロールが難しいと思うんですよね」

とーやま校長「グループリーグ突破はもうないですからね」

中西先生「ただ、彼らにも意地があると思いますし、そこそこは不安を正してきているとは思うんですけど。
今の日本は、先に(点を)取られても、前回のセネガル戦のように2回追いついてますし、
大会始まってからのチームの雰囲気とか、チームの中でやれる事に関して、かなり整理出来てきているんで。
そう考えると、1点は奪える力があるんじゃないかなと思ってます。
まあ、”1点取って、そのまま1-0で推移する”っていうのが理想なんですけど、1点は流石にポーランドも取ってくるんじゃないかなと」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長レバンドフスキだってまだ活躍してないですしね」

中西先生「そうなんですよ。ポーランドはまだ1点しか取ってないんで。
しかも(その1点は)セットプレーなんですよね。
それを考えると、かなり意地もあると思いますし、特に前線のレバンドフスキジエリンスキの2人は警戒しなきゃいけない相手だと思います。
ミリクも出てくる可能性もありますけど、この辺の3人に関しては相当力がありますから、いかに彼らに良いボールを渡さないかが重要ですよね」

とーやま校長「うーん…」

中西先生「なんとか1-1で終わってくれれば、引き分けでオッケーですから!」

とーやま校長「勝ち点1で、合計5で、グループリーグ突破!
いや〜、ちょっとね、本当にね!」

中西先生「リアルすぎるよ!」

一同笑い

とーやま校長「これね、こんだけ(2戦目までとメンバーが)変わってると、ちょっと怖くなってきた所もあるんですけど」

あしざわ教頭「6人変わってるもんね」

中西先生「まあ、そこは信じるしかないですしね。
というか、これでもし(グループリーグを)抜けられれば、次は良いコンディションになってますし」

とーやま校長「香川も、乾も、大迫も、体力を回復出来て、準々決勝に挑むことができる」

中西先生「長谷部もね!」

とーやま校長「これは、ポジティブに捉えて! それしかないんで!」

あしざわ教頭「いきましょう!」


ここで、黒板の時間になってしまいました。

あしざわ教頭「校長、黒板の時間ですけど…」

とーやま校長「もうね、改めて書く必要はない!
オープニングで書かせてもらった『 闘志、闘志を 』。これです! これしかない!
戦術とかも色々ありますけど、例えば”1-0で勝って、ディフェンシブな戦いになる”とか、そういうプランとかあるかもしれないけれども、
やっぱり最終的には【どんな事があってもボールを追い続けて、倒れながらも相手のゴールを防ぐ】
そういう気持ちが、僕は観たい!」

SCHOOL OF LOCK!


中西先生「すごく良くわかるんですけど、これだけは言っておきたいんですけど、
とにかく、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)があるんで」

とーやま校長「今回、それでガンガンひっくり返ってますもんね」

中西先生「なので、闘志は絶対に必要だし、重要なんですけど、
”出来るだけ抑えた上で、気持ちを、闘志を発揮してほしい”ですね」

とーやま校長「…というのも、最終的に勝ち点が並んだ場合に、得失点差もあるし、
さらにそこから先、イエローカードをもらった枚数が多い所が行けないとか」

中西先生「”フェアプレーポイント”になるんですね。
今の所日本は、川島、乾、長谷部の3枚だけなんですよね。
日本は今(グループHの中で)一番良いんですけど、一気にレッドカードとか、もしくはハンドだったりとかその辺のこともありますから、
やっぱり慎重に。慎重かつ、冷静かつ大胆に
これが非常に重要です」

とーやま校長「なるほど。じゃあ、槙野選手とか、”闘志溢れるプレー”だけども、
冷静ながらも熱くなり、熱くなりながらも冷静でいて、最終ラインを何とか守って欲しい!」

中西先生「特にペナルティエリアの中ではね。もう、本当に!」

とーやま校長「頼むよ! 頼む!!!」


<放送後に始まった試合は、残念ながら0-1でポーランドに惜敗…。
でも、コロンビアがセネガルを下したことで日本がフェアプレーポイントでセネガルを上回り、決勝トーナメント進出が決定!!
みんな、決勝トーナメントも全力で応援しよう!>



【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ももとりまかろに


SCHOOL OF LOCK!

RN ラストも坂道も好き!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】

あかやぶ 千葉県 16歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:07 勝利の笑みを 君と / ウカスカジー
22:28 NIPPON / LiSA

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

勝ち点3!合計7!これ!これしかない!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今の日本ならいける!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年6月   >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE