※出演された組合長・理事長等の氏名は収録当時のものです。
2020.09.25

オリジナルのミカン「小原紅早生」に続き、観賞用スイカの「四角スイカ」も地理的表示保護制度(GI)の登録を受け、人気が拡大!

JA香川県 理事長
木内秀一
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、香川県 JA香川県 木内秀一理事長。

IT技術を活用したスマート農業を推進!
生産者の労力を減らしながら、所得の向上を目指す!

「流行のドローンだけでなく、
特産のブロッコリーの有利販売を図るため、
出荷予測システムの実装化に取り組んでいます」

農畜産物のブランディングを徹底し、
着実にJAのファンを増やしている。

「香川県オリジナルのミカン「小原紅早生」に続いて、
観賞用スイカの「四角スイカ」が、昨年、
地理的表示保護制度(GI)に登録されました。
また、「さぬき讃フルーツ」の
シャインマスカットやキウイフルーツの他、
香川県のブランド牛「オリーブ牛」も人気が高まっていて、
売り上げを伸ばしています」

JA香川県 木内理事長の挑戦は続く。
前へ、前へ。全力農業。
2020.09.24

米の販売強化に力を入れ、主力の「あいちのかおり」を使いオリジナルの甘酒を開発!

JA海部東 組合長
大橋義弘
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、愛知県JA海部東 大橋義弘組合長。 

米の販売強化に力を入れ、
主力の「あいちのかおり」に加えて
2017年から販売を開始した「ミルキークイーン」も人気を誇る。

「美容や健康の観点から甘酒の人気が高まっているということで、
「あいちのかおり」をつかって、一昨年、「あまの雫」を開発しました。
大変美味しくなっておりますので、
ぜひ、冷たくして飲んでいただきたいと思います」

食と農をつうじて地域を盛り上げるべく、
昨年、貸農園をオープンした。

「小さな区画ではありますが、
そのなかで家族の触れ合いの場にもなっているようであります。
これを機に農業に興味を持っていただける方を増やし、
農業の担い手育成も目指しております」

JA海部東 大橋組合長の挑戦は続く。
前へ、前へ。全力農業。
2020.09.23

人口衛星を使って水田の画像を解析し、米のタンパク含有量を「見える化」!

JA新はこだて 組合長
輪島桂
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、北海道JA新はこだて 輪島桂組合長。

ロボットや情報通信技術を活用したスマート農業に重点を置き、
生産拡大を目指す。

「昨年からですね、
人口衛星を使って水田を撮影した画像を解析して、
米のタンパク含有量を「見える化」しています。
今後もデータを蓄積していき、
品質の向上に結び付けたいと考えています」

加工品の開発にも力を入れ、農産物をPR!

「うちの農協はですね、
「あぐりへい屋」という直売所はもちろんのこと、
函館の競馬場で加工品を販売しています。
なかでも農協ラーメンは、
もちもちとした麺と香ばしいスープが人気の自信作です」

JA新はこだて 輪島組合長の挑戦は続く。
前へ、前へ。全力農業。
2020.09.22

1箱60万円の値がついた佐藤錦を弾みとし、全国1位を誇るさくらんぼを中心に加工品の販売にも力を入れる!

JAさくらんぼひがしね 組合長
佐藤勝藏
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、山形県JAさくらんぼひがしね 佐藤勝藏組合長。

「果樹王国」としてフルーツの生産を強みとし、
生産量全国1位を誇るさくらんぼを、「東根さくらんぼ」として
ブランディング。

「今年の佐藤錦の品評会での最優秀賞、
1キロ1箱60万円の値がつきました。
これを大きな弾みとし、さらなる販売拡大に努めています」

加工品を多く販売するファーマーズマーケット「よってけ・ポポラ」は、
昨年、売り上げ過去最高を更新!

「さくらんぼ、桃、ラ・ランス、リンゴ等のジェラート、
そして、ジュースが大人気で一年中売れています」

JAさくらんぼひがしね 佐藤組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.09.21

情報通信技術を活用し、地域ブランド「蒲郡温室みかん」の栽培技術を高度化!

JA蒲郡市 組合長
鈴木茂正
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、愛知県JA蒲郡市 鈴木茂正組合長。

地域を代表するブランド「蒲郡温室みかん」の生産は、
情報通信技術を活用。

「情報通信技術は、温室みかんだけではなく、
苺の栽培にも導入をしております。
「ICT実証プロジェクト」というチームを立ち上げ、
ハウス内の環境を数値データで見える化し、
栽培技術の高度化につとめています」

次世代を担う子どもたちにも、食と農の大切さを伝えている。

「私たちのJAでは「食農探検隊」という講座を、
年間8回ほど開催しております。
五感を使って親子で食と農業の繋がりを感じてもらっています」

JA蒲郡市 鈴木組合長の挑戦は続く。
前へ、前へ。全力農業。
2020.09.11

肥料や農薬の予約購買を進め、安く提供することで農家の所得アップに貢献!

JA紀の里 組合長
岩上昌義
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、和歌山県 JA紀の里 岩上昌義組合長。

良質な土づくりを中心に力強い農業を目指して、
独自に「ねばる運動」を展開する。

「肥料や農薬などの生産資材の予約購買などを進めることで、
一円でも安い価格で提供しています。
堆肥や土壌改良材への助成金を出すなどして
農家の所得アップにつながる取り組みをおこなっています」

ファーマーズマーケットの「めっけもん広場」は
利用者の立場になってサービスを拡充!

「購入された商品を、
遠い駐車場までリアカーで届けるサービスも始めています。
「大事に運んでもらって助かる」と好評をいただいております」

JA紀の里 岩上組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.09.10

「こおげ花御所柿」が地理的表示保証制度(GI)の登録を受け販売を拡大!

JA鳥取いなば 組合長
影井克博
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、鳥取県 JA鳥取いなば 影井克博組合長。

「砂丘らっきょう」に次いで、
2018年には「こおげ花御所柿」も地理的表示保証制度(GI)に
登録された。

「渋柿の西条柿は「あんぽ柿」と呼ばれ、
とても甘く、水分をやや残した干し柿に加工して
販売を拡大しています。
若い世代にも柿の魅力を伝えています」

農業の担い手育成にも力を入れる!

「今年になりまして、
農業分野専門の職業紹介所「ワーキングプラザいなば」を
設置いたしまいた。
仕事を求める方と農家の架け橋となることを目指しております」

JA鳥取いなば 影井組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.09.09

メロンの生産量で日本一を誇り、加工品の開発に加えて「オンラインメロン狩り」でも特産をPR!

JAほこた 組合長
長峰茂通
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、茨城県 JAほこた 長峰茂通組合長。
      
「アンデスメロン」に「イバラキング」!
メロンの生産量日本一の産地・ほこたをブランディング!

「ほこたのメロンのさらなる知名度アップを目指して、
ということで、加工品の開発にも力を入れています。
今年は、「イバラキング」を使ったグミ・ゼリーを商品化して、
大変、好評をいただいています」

農業を通じて地域の魅力も発信している。

「メロンやイチゴ、収穫体験を、毎年おこなっております。
今年はコロナ禍ということもございまして、
6月には「オンラインメロン狩り」を開催し、PRをいたしました。
メロンの他にも、
葉物、とくに小松菜が急成長しております」
                                 
JAほこた 長峰組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.09.08

ミニトマトの選果施設に最先端のセンサーを導入、担い手の育成にも力を入れる!

JA新おたる 組合長
森一義
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、北海道 JA新おたる 森一義組合長。

主力品目のミニトマトを軸に、生産者の所得拡大を目指す。

「二年前に、ミニトマト用に全国でも最先端の選果施設を
稼働させました。
高速センサーのカメラで、1秒間に12個のトマトを選別でき、
大きさや、色、傷だけでなく、糖度などを測定することで、
効率よく味のいいミニトマトを箱詰めできるようになりました」

新規農業者の受け入れにも力を入れる。

「担い手不足や農家の高齢化に対し、
十五年ほど前より、外国からの実習生も受け入れしています。
現在では、160名以上にまで広がっています。
ミニトマトの栽培を中心に、
新たに農業をする方が、年々、増えてきています」
                                
JA新おたる 森組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.09.07

小菊かぼちゃや能登白ねぎなどを「能登野菜」としてブランディング!

JA能登わかば 組合長
坂井助光
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、石川県 JA能登わかば 坂井助光組合長。
  
小菊かぼちゃや能登白ねぎなど、
こだわりの特産品を「能登野菜」としてブランディング!

「カラー野菜と言っているんですが、
色付きの野菜に注目してですね、
紫色のレタスだとか、黄色のニンジンだとか、皿に盛り付ければ、
彩りもいいし、サラダや、いろんなことで使っているところなんです」
            
年7回のキッズクラブを企画し、
子どもたちへの食育にも力を入れる!

「食育のために、小学生を対象にですね、
「わかばキッズクラブ」というクラブを作りまして、
先月は、牧場で乳しぼりを体験してもらいました。
子どもたちの笑顔でですね、
農業を支えてくれればいいなと思っております」

JA能登わかば 坂井組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.28

GAP認証で培ったノウハウを生かして、JA北九ブランドの確立に務める!

JA北九 組合長
森克己
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、福岡県 JA北九 森克己組合長。

2018年、若松潮風キャベツがグローバルGAPを取得
持続可能な産地基盤の確立・強化に力を注ぐ。

「GAP認証で培ったノウハウを生かして、
安全はもちろんのこと、
安心して次世代まで長くつながる
JA北九ブランドの確立に努めています」

今年度からは、新たに、
独自の「農業振興支援対策」をおこなっている。

チャレンジにはリスクが伴います。
組合員への個別訪問や、
生産組織との対話活動を通じて意見集約を行い、
チャレンジする組合員を積極的に支援します」

JA北九 森組合長の挑戦は続く。
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.27

シャインマスカットは、モバイル糖度計を駆使して、甘さにこだわりながら高値での販売を目指す!

JA南アルプス市 組合長
中澤豊一
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、山梨県 JA南アルプス市 中澤豊一組合長。

モモやブドウの栽培では、
糖度、甘さにこだわり、高値での販売につとめている。

「シャインマスカットについてですけども、
木になったまま糖度が測れる
モバイル糖度計というものがございまして、
高価格で取引されていますので、
品質を保つことで、
生産者のさらなる所得向上を目指しています」

食と農を通じて、地域のつながりも作っている。

「これは今年からの取り組みですが、
「カクイチマルシェ」というイベントを始めまして、
地元の農産物を使ったスムージーや
サラダの作り方を実演しながら
地産地消を呼びかけております」

JA南アルプス市 中澤組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.26

農業後継者の育成に力を入れイチゴの生産拡大にも取り組む!

JAあいち三河 組合長
天野𠮷伸
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、愛知県 JAあいち三河 天野𠮷伸組合長。

農業後継者の育成に力を入れ、
2004年から、JAとして農業塾を開講している。

「農業塾は開塾して16年が経過し、
農業の将来を担う新規就農者も育っております。
また農業塾のOBにより、
NPO法人「岡崎農遊会」が設立されるなど、
地域農業を支える組織も誕生しております」

イチゴの生産拡大にも取り組んでいる。

「岡崎市と幸田町は県下でも有数のイチゴ産地です。
昨年、自治体にもご協力いただき、
イチゴ農家を育成する
「イチゴ研修農場」を開設いたしました」

JAあいち三河 天野組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.25

あきた白神米やあきた白神ねぎをはじめ、さまざまな白神ブランドの確立を目指す!

JAあきた白神 組合長
佐藤謙悦
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、秋田県 JAあきた白神 佐藤謙悦組合長。

白神山麓で育まれる、あきたこまちの
「あきた白神米」をはじめ、
さまざまな「白神ブランド」の確立を目指す。

「白神ねぎをはじめ、白神きゃべつ、白神みょうが、
白神山うどなど、生産者とJAが、
一丸となって品質の向上、
作付け、規模拡大に取り組んでいます」

農業の労働力不足に対抗するために、
スマートフォン用のアプリも駆使する。

「1日単位で、働き手を求める農家と、
仕事を探す方をつなげることが可能になりました。
農業をしたことがない一般の方々にも、
関心をもってもらうことで、
農業のファン、
JAのファンを増やしていきたいと考えています」

JAあきた白神 佐藤組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.24

セルリーの生産量で日本一を誇り、子どもたちを対象にした収穫体験ツアーも大人気!

JA信州諏訪 組合長
小松八郎
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、長野県 JA信州諏訪 小松八郎組合長。
      
栽培が難しいとされるセルリーの生産量で日本一を誇り、
天候にも左右されにくい、安定した生産に取り組んでいる。

「地元特産のセルリーの魅力を伝えていくため、
子供たちを対象に、毎年、
収穫体験ツアーも開催していて大人気です!
とれたての美味しさには、みんな、驚きます」
             
コロナウイルスの影響で休校を余儀なくされた
子どもたちには、花をプレゼントした!

「イベントの中止などで需要が低迷する花き農家を、
応援させていただきました。
JAで地元の花を購入して、
女性部が手書きのメッセージを添えて、
49の小中学校へ贈りました」

JA信州諏訪 小松組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.14

練馬野菜餃子の他に、ドレッシングやみそなど、プライベート商品作りも手掛けている!

JA東京あおば 組合長
洒井利博
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、東京都 JA東京あおば 洒井利博組合長。

キャベツや大根などの基幹作物の他に
「江戸東京野菜」も管内では栽培されている。
コロナウィルスでイベントが中止となった今年は、
ギフト用のセット販売も手掛けて、
新たな販路の開拓に力を入れる。

「練馬野菜餃子の他に、ドレッシングやみそなど、
練馬区・板橋区の野菜で作る
プライベートブランド商品作りも手掛けています。
様々なかたちで
江戸東京野菜を味わっていただけます」
             
都市農業の大切さを次世代に伝えるため、
小学生を対象に社会科見学もおこなっている。

「毎年、農産物直売所の見学には多くの児童が訪れます。
地域密着のJAの取り組みを知ってもらい、
農業に関心を持ってもらいたいと思っています」

JA東京あおば 酒井組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.13

特産の安納芋をPRしながら、高齢化を見据えて農業の担い手育成にも力を入れる!

JA種子屋久 組合長
鮫島忠雄
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、鹿児島県 JA種子屋久 鮫島忠雄組合長。

種子島特産の「安納芋」は、
食物繊維が豊富な天然スイーツとして、
全国で人気を誇る!

「20年前から、安納芋の「冷凍焼き芋」というものを
展開して全国にPRしています。
これは、自然解凍してすぐ食べられる利便性もあって、
スイーツとして、
大変、好評をいただいています」

高齢化を見据え、農業の担い手育成にも力を入れる。

「二年前、「農家経営支援センター」を立ち上げました。
農家ごとに、作物の生産量や販売単価など、
データとしてまとめました。
また、幅広く、青色申告をはじめ、
経営指導もおこなっているところです」

JA種子屋久 鮫島組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.12

地元特産のあいかわ茶による加工品づくりに力を入れながら、地産地消を推進して生産者所得の向上を目指す!

JA県央愛川 組合長
馬場紀光
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、神奈川県 JA県央愛川 馬場紀光組合長。

加工品の開発に力を注ぎ生産者の所得向上に貢献。

「わたしたちのJAは、お茶の事業を、
農協そのものがおこなっていますので、
「あいかわ茶うどん」をはじめ、
さまざまな加工品を作り上げながら、
地元のみなさんの農家所得の向上にも
貢献できるよう努力しています」

食と農をつうじて地域のつながりも作っている。

「直売所の「ふれあい旬鮮市」では、
地元のみなさんに、
なにより、新鮮なものを安く提供することを考えています。
地産地消を進めがら、
地域のみなさんに貢献できていると考えています」

JA県央愛川 馬場組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.11

全国でも珍しい”お米のATM”で生産者をサポート!

JA福光 組合長
齊藤勇一
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、富山県 JA福光 齊藤勇一組合長。

主力作物である米は、
JA独自の栽培マニュアルで他との差別化をはかりながら、
さらなる販路開拓に取り組む。

「コシヒカリに加えて、粒の大きい
「てんこもり」という品種を投入しました。
冷めてもおいしいお弁当向けのお米として、
販路も広がっております」
             
“お米のATM”と呼ばれる生産者向けのサービスは、
全国でも珍しく、利用者は増加している。

「これは稲作農家が玄米を預け、1枚のカードで、
精米したての米を、いつでも、
食べたい分だけ引き出せるシステムです。
農家で保有米を保管する必要がなく、
大変、喜ばれています」

JA福光 齊藤組合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。
2020.08.10

「笑顔200%活動」で地域に貢献しつつ、独自のイメージキャラクターを米袋に使用しながら埼玉の米の知名度アップに力を注ぐ!

JA埼玉みずほ 組合長
日下部一義
農業の世界で新たな改革に取り組む、挑戦者たち。
今日は、埼玉県 JA埼玉みずほ 日下部一義組合長。

精米の無料配送をおこなうJAの専門チーム
「ライスランドさくら」を中心に
地元産コシヒカリの販売強化に力を入れる。

「イメージキャラクターの「桜姫ちゃん」を
米の袋に使用してから
「袋の女の子がかわいい」と売り上げが順調です。
埼玉のお米の知名度アップに
つながっていると考えております」

食と農をつうじて地域を盛り上げるため、
独自に、「笑顔200%活動」を展開する。

「精米・野菜の店頭販売や直売所、
また、軽トラ市、
子どもたちへのそば打ち教室などをおこなっています」

JA埼玉みずほ 日下部合長の挑戦は続く。 
前へ、前へ。全力農業。