1月23日はワンツースリーの日!?
ワンツースリーな飛躍を願って、ムチャぶり小テスト実施!

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「さて、今夜の授業ですが」

(♪教室のドアが開く音)

芽郁「なにー?…(笑)」

芽郁「もうさ、嫌な予感しかしないってこのことだよね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!




GIRLS LOCKS!4週目担当の永野芽郁様。
今日は1月23日・ワンツースリーの日ですね。
2018年も、めいめいにはワンツースリーと飛躍してもらいたいものですね。
そこでめいめいには「2018年の目標小テスト」を受けて頂きます。
じゃ、そういうことで!




芽郁いや雑かって。「ワンツースリーと飛躍してもらいたい」はちょっと上手いと思いましたけど、最後の締め方。テストなのに、軽い!じゃあ小テストやりたいと思います」


SCHOOL OF LOCK!



【問1 2018年、鍛えたいところはどこ?

芽郁「テンポ良くいった方がいいよね。『腹筋』」

芽郁「腹筋はずっと割りたいんですけど、でも家に帰ると眠くて寝ちゃうの。だから2018年は絶対に割りたい!まあ〜、本当は6個に割りたいけど、さすがに私が6個って似合わなすぎるから、むしろよぼよぼしてそうなのに(笑)だから、体幹をしっかりして、内側が割れてる状態?あんま表にくっきり出ないくらいがキレイかなと思います



【問2 2018年、直したいところはどこ?

芽郁「え〜?直したいところ?んー…。んん〜〜〜。飛ばす、一回!

SCHOOL OF LOCK!


【問3 2018年、行きたい場所はどこ?

芽郁「行きたい場所!は、国内じゃなくていいんですよね?決めた!『カナダ』!」

芽郁「カナダはずっと行きたいんですよ。ずっとって言っても高校1年生からなんですけど、カナダに留学したいって言ってて。留学はできなくても一回カナダに行ってみて、どんな場所なのか、どんな人たちなのか、どんな空気なのかを感じてみたいと思います!


【問4 2018年、チャレンジしてみたい遊びは何?

芽郁「遊びでしょ?『バンジージャンプ』」

芽郁「遊びなのかな?バンジージャンプは3回やったことあるんですけど、でもマザー牧場だからそんなに高くない。終わった後、すごいスッキリするんです。落ちるとともに、自分に取り憑かれてたものが空に飛んでいっちゃう感じっていうのかな?でも実際に高い所に行ったら、足ガクガクするんだろうな〜。何メートルいく?ん〜。あの時が多分マンション8階くらいとかだったから、100メートルくらい?そんなにないか(笑)じゃあ35メートルくらいの飛びたい35メートルにします!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


【問5 2018年、食べたいものは何?

芽郁「これはもう即決。2個あるんですけど、『塩ラーメン』と『カワハギの肝』(笑)」

芽郁「この前、お寿司屋さんに行ったの。そしたら肝がすっごく美味しくて。自分は肝好きなんだなぁって、2018年初めて気づいたんですよ。だから2018年は色んな肝を食べてみたいと思います(笑)」



【問6 2018年、変えたい事は何?

芽郁「ん〜、はい!『料理をするようにする』!」

芽郁「ほんとにね、未だに料理をしないんです、私。何度かしようと思ったんですけど、しなくても料理してくれる人がいるし、食べに行けば食べ物はある!って思ったら、果たして時間を割いてまで料理をする意味って何だ?危険を感じてまで。料理なんて危険を感じながらですよ。包丁持って、いつお湯がかかるかも分からない状態を自分で作るんだったら、危険がゼロの状態でご飯を美味しく食べた方がいい。しかも作ってもらったり、買ったりした方が味が良いし

芽郁「って思ってたら、作る意味が分からないって思ってたんですけど、もう今年19歳になりますから、20歳になるまでにちゃんと独り立ちできるくらいには料理技術を身に付けようかなと(笑)まあ言うのはタダなんで、とりあえず言ってみようということで」

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「で、さっき飛ばした【2018年、直したいところ】は『ギリギリに起きるとこ』。本当にギリギリで、いつもお仕事に行く時に、10分前に起きるの。でもそれは去年までで、今年は15分前になったんですよ(笑)一応、心に余裕を持とうと思って、15分前には起きるようになったの。だけど、ちゃんと汗をかいてスッキリした状態で今日の撮影をしようと思って、昨日の夜お風呂に入ったら、今日すごく調子が良くて。だから、これは朝からのんびりと湯船につかる時間を設けた方がいいと思ったから、45分前に起きて、30分間湯船につかるってことをすれば、今まであまり変わらずに、素敵な過ごし方ができると思いました。まあ叶うかどうかは分からないです。言うだけかもしれないですけど、こんな感じでした!」


M よー、そこの若いの/竹原ピストル


SCHOOL OF LOCK!


芽郁「タイトルの”若いの”ってので選んだんですけど、この歌を初めて聴いた時に、お母さんと感動して泣くってことが最近ありました

芽郁「今日は急にテストっていうね。ほんとにありえないっ!」

(♪教室のドアが開く音)

芽郁「返却ですよ。突然の返却ですよ。…いや、これさ。85点って書いてあるんだけどさ、人の目標に対して点数つける?だって私の目標だよ?周りが何で点数つけとんねんって」

SCHOOL OF LOCK!


芽郁「えー、「2018年、食べたいもの」に『塩ラーメン』と『カワハギの肝』って答えたら、「おじさんか」って書いてあるんだけど。人のテストに書き込まないでもらっていいですか?(笑)あと、「2018年、変えたい事」の『料理をする』に対して、「ずっと半笑いだった」って(笑)これ普通の顔!私の半笑いは日常的なものであって、お仕事してる時もだいたい半笑いだから(笑)それもちょっと違うな…。」

芽郁まあでも85点。まあまあ、まあ結構良い点数っちゃ良い点数。ってことで、色々と叶えられるように頑張ります!ということで、私とはまた明日!永野芽郁でした!」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!

永野芽郁のGIRLS LOCKS!

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る