この春、入学してくれた生徒の君へ!「新入生歓迎☆逆電!」

とーやま校長本日、4月1日月曜日! 今日から新年度だよ!

あしざわ教頭「はい! みんなの新生活が、いよいよ始まります!」

とーやま校長「この学校も、今のギターチャイムとともに新学期が始まりました!」

というわけで、新年度1発目の黒板はこちら!

SCHOOL OF LOCK!


『 学校説明会 』

とーやま校長「まずは、この学校に最近、入学してくれた君! ありがとう!

あしざわ教頭「ありがとう!」

そして、ようこそ、SCHOOL OF LOCK!へ!!!


とーやま校長「改めて、みんなにこの学校のことを知ってもらうべく、説明会を行っていくぞ!」

あしざわ教頭「知っておくとより楽しめると思うので、聞いてもらえたら嬉しいです!」

とーやま校長「改めて…。
俺が"未来の鍵"を握る、ラジオの中の学校、SCHOOL OF LOCK! 2代目校長のとーやまです!
生徒のみんなからは、King & Princeの神宮寺くんによく似ていると言われております」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「嘘をつくな!」

とーやま校長「ラジオだから、わかんないからさ」

あしざわ教頭「正々堂々と嘘つかないでよ!」

とーやま校長「しまった、WEBに写真載るんだったー!!」

あしざわ教頭「そして、ロックのスペルはエル・オー・シー・ケー! "鍵"のLOCKでございます!
3代目教頭のあしざわと申します! 
メガネをかけていて、歯が出ていて、猫を描くことを生業(なりわい)としていて、既婚者です!
よろしくお願いいたします!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「嘘つけ!」

あしざわ教頭「今のは嘘じゃねーだろ! 全部本当だよ!」

とーやま校長「しまった、WEBに写真が載るんだったー!!」

あしざわ教頭「関係ないだろ!」

とーやま校長「このSCHOOL OF LOCK!が開校したのは2005年の10月。
開校から14年目になっております!
基本的には、俺たち校長教頭2人が、月曜から金曜まで夜10時から、生徒の君に向けて、授業を行っています!」

あしざわ教頭「この学校には北は北海道から南は沖縄まで、全国の生徒が通ってくれております。
そして、昼間、学校に通っている生徒も、学校に行けてない、という生徒も授業に参加してくれています!」

とーやま校長「授業内容は、日によって色んなことをやってるね」

あしざわ教頭「そうですね。
例えば、夢の職業に就いている人がゲスト講師として授業を行ってくれる、『夢の職業シリーズ』とかありましたよね」

とーやま校長「今までだったら、ゲームクリエイターの方であったりとか、YouTubeの番組をされている方とか、漫画家の先生、声優さん、とにかくその道の一流の方に直接質問することができたり。
あとはミュージカルのBGMに乗せながら、歌いながらアドバイスしていく授業とかね」

あしざわ教頭「それは、2017年の春だけに多発したやつなんで。
まあ、ほとんどが、お昼の学校ではやらない授業だと思います!」

とーやま校長「我が校のPC、スマホサイトの連絡ボードには授業内容が毎日発表されるので、ここを確認して貰えば"今日はこんな2時間なんだな"というのが、なんとなくわかると思う」

とーやま校長「そして、この学校の『教室』は、WEBサイトの中にある、学校掲示板です!」


我が校の掲示板は、毎日お昼から、夜12時の授業終了まで、みんなの書き込みを更新しています!
授業に合わせて、土日は基本的にお休み。

ちなみに学校掲示板へ書き込む内容は自由!
その日の授業テーマを書き込んでもいいし、今日あったことだったり、話したいこと、なんでもOK。

さらに、その書き込みにはレスがつけられるので、みんなと掲示板の中で会話をすることもできるぞ!
掲示板の中で会話して質問したりアドバイスをして、生徒同士、支えあったりしているのも、この学校の特徴!


とーやま校長「今まで入学してくれている生徒が、全部で50万人以上
すごい人数がいてくれているんだよね。
よかったら、ここに登録してもらえると嬉しい!」

あしざわ教頭「はい!」

とーやま校長「そして、授業を届けるのは、俺と教頭だけではございません!
みんながお昼に通っている学校と同じように、この学校にも、いろんな先生がおります。

毎日、日替わりで、Perfume、[Alexandros]、Mrs. GREEN APPLE、Eve、SEKAI NO OWARIが"先生"(Perfumeは"研究員")として授業を行ってくれております!」

あしざわ教頭「ちなみにEve先生はこの4月からの新講師です!
今週木曜日がスタートとなります!」

とーやま校長「さらに、Aqours、LiSA先生もこの学校の先生!」

とーやま校長「毎日いろんな先生が授業をやってくれるんだけど、これはも全て、今聴いてくれているお前が、未来の鍵をつかむため!
このためだけに、授業をやっております!」

あしざわ教頭「君が未来を開くための『鍵』。スペルはエル・オー・シー・ケー!
これが、スクール・オブ・ロックの、ロックの部分です」


「本当にやりたいことが見つかった!」
「悩みがなくなって、前に進めそう!」
そういう生徒は、いつでもこの学校を卒業してほしい!

必要がなくなれば、いつでもラジオを消してもらって大丈夫!
いつでも卒業していい。…ただし!

つらいことがあったり、悩みができたり、前に進めないなと思った時には、
夜10時からいつでもここで授業をやっているから、
そんな時は、ふらっと授業を受けに来てほしい。



とーやま校長「さっきから偉そうに言っているけども、
俺たちも"未来の鍵"なんてもんは、正直、見つかってない!」

あしざわ教頭「そうなんです。我々も、探している最中です」

とーやま校長「なので、偉そうなことを言うつもりも一切ないし、"良いことを言う"とかってこともない。
"なに言ってんだ、コイツら"って思うこともあるかもしれない。
一緒にケラケラ笑いたいし、一緒にムカつきたいし、一緒にぶつかりたいなと思っています」

そんな夜を過ごしながら、一緒に、未来の鍵を探そう!!!


<生徒が集まって来る音>

あしざわ教頭「さあ、今日も生徒が集まってきました!
SCHOOL OF LOCK! 本日も開校です‼︎」

あしざわ教頭「…起立!」

とーやま校長「一緒に、今から挨拶に行きますよ!
ドカンと挨拶してから始まっていくんで!」

あしざわ教頭「礼‼︎」

とーやま校長・あしざわ教頭「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」


♪ ナンセンス文学 / Eve


とーやま校長「Eve先生がレギュラー講師として、今週からやってきてくれます!
あと、"教科"がみんな、各々にあるんだけど」

あしざわ教頭「そうですね。[Alexandros]先生なら『進路室の大王』だったり、色々あると思うんですが…。
果たしてEve先生がなんの講師になるのかってところですよね」

とーやま校長「3日後、ぜひ楽しみに待っております!」


そしてここで、4月からの新時間割を改めて発表!
毎日夜11時10分頃からは、日替わりで担当の講師が授業を行います!

本日、月曜日はPerfume研究員
火曜日は[Alexandros]先生
水曜日はMrs. GREEN APPLE先生
そして木曜日は、新たに講師となったEve先生
金曜日はSEKAI NO OWARI先生が授業を担当!

そしてもう一つ、大きくこの4月から新しい校舎、もう一つの学校が誕生しました!

それが金曜日の11時から開校する…
SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY

3月までは、1時間だった金曜日の授業が、拡大して2時間となります!

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITYは、俺たち校長教頭2人が教壇に立つのではなく、
この学校の初代教頭、マンボウやしろ教授が授業を行います!」

あしざわ教頭「今も未来の鍵を探している君に向けて授業を行っていくということで、
大学生、社会人になった生徒だけでなく、何歳でも受講は可能です!」

SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY、開校は4月5日の金曜日から!
詳しい授業の内容はこの日に発表するぞ!

そして、この4月より、サカナLOCKS! は、毎週木曜日から毎週金曜日にお引越し。
SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITYの中で授業を行ってくれます!


…ということで駆け足で説明してきましたが、全ては我が校のHPにある「入学のしおり」を確認してもらえば、大体のことはわかります!
ぜひ、新入生のみんなは読んでおいてほしい!



自己紹介
3年くらいずっと聴いていましたが高校生になるので登録しました。
好きなアーティストはUNISON SQUARE GARDENとmiwaです。よろしくおねがいします!
ヘクトルパスカトル
女性/15歳/長野県
2019-04-01 22:14


あしざわ教頭「ありがとう!」

とーやま校長「という生徒もいるよね。"このタイミングで親にスマホを買ってもらってようやく登録できました"みたいな生徒もたくさんいたりとか」

あしざわ教頭「ラジオネームを"あ、初めて見た"って生徒もけっこういたりしましたね。
もしかしたらずっと聴いてくれてたのかもしれないですしね」

とーやま校長「みんなのラジオネームを見てるだけでも楽しいし、どんどん書き込んでほしいな!」


さぁ、今日から新年度ということで、今夜はこのテーマで授業を行います!

『新入生歓迎☆逆電!』

今夜は、最近この学校に入学してくれた生徒と話をしていこうと思う!
新入生の君は知りたいことや分からないことを学校掲示板に書き込んでほしい!

例えば、
「最近スマホを買ってもらって掲示板登録しました! 今日が初書き込みです!」
「最近聴き始めたんですけど、『KGB』って何ですか?」
「教頭って、いつから前歯が3Dなんですか?」
「教頭って、いつから『出汁』なんですか?」
などなど…

この学校に関する質問でもいいし、校長教頭に対する質問でもOK!

初書き込みの生徒も待ってます!
よかったら、この機会に掲示板登録もよろしく!

この学校は君の書き込み、君の声で出来上がっている学校です。

みんなからのメッセージは
学校掲示板もしくはメールで待ってます。
FAXも受け付けています。FAXの番号は03-3221-1800です!

SCHOOL OF LOCK!




ここで新曲の解禁情報!
来週月曜日、BLUE ENCOUNT先生の新曲『ハウリングダイバー』を初オンエア!

とーやま校長「ちなみにこのSCHOOL OF LOCK!は情報が早い学校で、初オンエアがかなり多い!」

あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「"この先生のこの新曲がいつかかる"というのもWEBにある連絡ボードに載っているので、ぜひそちらもチェックしてほしい」


それでは本日の授業テーマ、『新入生歓迎☆逆電!』にいくぞ!

本日最初の逆電は…
ひよこ 愛知県 16歳 女性 高校2年生

RN(ラジオネーム) ひよこは、今月から高校2年生!
ということで、恒例のアレを…。

あしざわ教頭「中2、高2は…フリーダーーーーム!!!!!

SCHOOL OF LOCK!


ひよこフリーダーーーム!!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「…これは、教頭先生が、中学2年生、高校2年生に対して言っている言葉だね」

あしざわ教頭「そうです。
(中2高2は)1番自由な時間があるんじゃないかということで、『フリーダム』と叫ばせていただいております」

とーやま校長「今期、初『フリーダム』でしょ?」

あしざわ教頭「ひよこ、初『フリーダム』ありがとう(笑)」

RN ひよこは、一昨年の夏頃からSCHOOL OF LOCK!を聴いてくれているんだそう。
たまたまラジオをつけたら流れていたことが、入学のきっかけ。
今ではSCHOOL OF LOCK!を聴くことが毎日の"楽しみ"になっているんだとか! 嬉しい!

とーやま校長「どういうところが楽しみ?」

ひよこ「校長と教頭の話が面白くて」

とーやま校長「ちょっと、もう一回言ってもらっていい? 今、なんて言った?」

ひよこ「校長と教頭の話が面白い」

とーやま校長やめろよ、おい〜!

あしざわ教頭「2回聞いて照れるなよ!」

とーやま校長「好きなアーティストとかいるの?」

ひよこ「GReeeeN先生と、back number先生が好きです」

とーやま校長「back number先生は、先週来てくれたよね」

あしざわ教頭「先週ですね」

とーやま校長「聴いてた?」

ひよこ「聴いてました」

とーやま校長「めちゃめちゃ面白くなかった?」

ひよこ「面白かったです」

とーやま校長「清水先生なんて、ずっとふざけたことしか言ってない時間と、めちゃめちゃ真剣に生徒のみんなと向き合ってくれてる時間もあって。
GReeeeN先生もSCHOOL OF LOCK!で授業をしてくれたことがあるんだよ」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そうそう」

とーやま校長「多分、2年ぐらい前だと思うけど。『放送後記』って見たことある?」

ひよこ「見たことないです」

とーやま校長「我が校の職員が、毎日(文字に起こして)上げてくれているの。
もちろん、前にGReeeeN先生が来てくれた時の放送後記も残ってるから、よかったら検索して見てみて」

ひよこ「見てみます」

GReeeeN先生が来校してくれたのは、2017年2月22日!
『GReeeeN先生がキセキの初来校! 授業テーマは「新たな始まり」!!』
良かったら読んでみてね!

とーやま校長「高校2年生、2019年の春は楽しみ?」

ひよこ楽しみです

とーやま校長「いいね! クラス替えはあるの?」

ひよこ「あります」

あしざわ教頭「じゃあ、(楽しみなのは)それもあるね」

とーやま校長「クラス替えはどうだった? 1年の時はいいクラスだったの?」

ひよこ「まあまあ、いいクラスでした」

とーやま校長「じゃあ、(クラス替えになって)ちょっと悲しい?」

ひよこ「いや、そんな…(笑)」

とーやま校長「新しい仲間に出会えるワクワクの方が大きい?」

ひよこ「そうです」

とーやま校長「あとは、何が楽しみ?」

ひよこ「私の学校では、2年生になってから新しいコースができて、看護系のことを学べるので…」

とーやま校長「それは2年生から学べるの?」

ひよこ「私たちの代から、ちょうど2年生になるにあたって(看護系が学べるコースが)できるっていうことです」

とーやま校長「なるほどね。ひよこは、もともと看護師さんになりたかったの?」

ひよこ「もともとは看護師で、最近は助産師に興味があります

あしざわ教頭「助産師さん、うちの学校の生徒の中にも、けっこうたくさんいるのよ。
掲示板でたまに見たりしない?」

ひよこ「前にラジオで助産師になりたい人(の話)を聞いたことがあります」

あしざわ教頭「もし、今聴いてる"助産師を目指してる"って生徒がいたら、ひよこにレスとかしてほしいよな」

ひよこ「はい」

あしざわ教頭「あと、掲示板では"タグ"っていうのがつけられるのよ。
そこに、例えば『助産師さん』とか、そういうのを付け足すだけで、調べることもできるから」

ひよこ「はい」

あしざわ教頭「せっかく来てくれたんだから、仲間を見つけるのもいいよね」

とーやま校長「なんで助産師さんになりたいの?」

ひよこ「前にやっていた『コウノドリ』っていうドラマで、すごい憧れて、"カッコいいな"と思って」

とーやま校長「じゃあ、この春からさらに"夢に近づく"ってことなんだ」

ひよこ「そうです」

とーやま校長「じゃあ、改めてこれからもよろしく!」

ひよこ「はい、お願いします!」


♪ ハルノヒ / あいみょん



ひよこさん!!
私は助産師志望じゃないですが、看護志望です!!
❁*Murasaki*❁
女性/18歳/新潟県
2019-04-01 22:43


あしざわ教頭「早速、仲間がいるじゃん! いいね!」


さあ、続いての逆電は!
ニャンコのベース 新潟県 15歳 女性 高校1年生

RN ニャンコのベースは、人間の年齢で(笑)15歳、4月から高校1年生!

とーやま校長「あと1週間ぐらいで新しい高校生活が始まるけど、今の気持ちはどう?」

ニャンコのベースワクワクと、新しい世界に入る不安でちょっとモヤモヤしてます

とーやま校長「同じ中学の友達とかは、あまりいない感じ?」

ニャンコのベース「いるんですけど、うーん…」

とーやま校長「そんなに仲が良い子じゃないんだ?」

ニャンコのベース「多くないです」

あしざわ教頭「"ワクワク"の要素はなんなの?」

ニャンコのベース「"ワクワク"は部活ですね」

あしざわ教頭「何部?」

とーやま校長「猫部でしょ?」

ニャンコのベース「(笑)」

あしざわ教頭「何をすんのよ!」

ニャンコのベース「ラジオネームの通り、軽音部に入りたいなって」

とーやま校長「あ、ベースの方ね!」

あしざわ教頭「そりゃそうでしょ(笑)」

とーやま校長「バンドは今までやってたの?」

ニャンコのベース「やったことはないです」

とーやま校長「そしたら、ベースをやりたいってこと?」

ニャンコのベース「はい!」

とーやま校長「"何人組のバンドをやりたい"とか、"どういうバンドをコピーしたい"とかあるの?」

ニャンコのベース「男女混合の3ピースをやりたいなって思ってます」

とーやま校長「それは(軽音部に)入ってからメンバーを探すってこと?」

ニャンコのベース「中学校からの同級生がいて、"(バンドを)組もうね"って言って、約束みたいな感じでしてます」

とーやま校長「めっちゃいいね!」

ニャンコのベース「はい!」

とーやま校長「"どんなベーシストになりたい"とかってあるの?」

ニャンコのベースUNISON SQUARE GARDENの田淵先生みたいな…」

あしざわ教頭「めちゃくちゃ激しく動くタイプじゃん!」

ニャンコのベース「(笑) でも、カッコいいじゃないですか」

あしざわ教頭「カッコいい!」

とーやま校長「すごいよね!
SCHOOL OF LOCK!でも、"鍵のスクールドクター"としてやってくれている、レギュラー講師でもあるけど」

ニャンコのベース「はい」

とーやま校長「じゃあ、もうベースの練習とかしてるんだ?」

ニャンコのベース「いや、まだなくて…」

とーやま校長「なし?」

ニャンコのベース「まだ本体がなくて」

あしざわ教頭「ベースがないんだ」

とーやま校長「じゃあ、今はどうしてるの?」

ニャンコのベース「持ってるギターで、とりあえずギターの方を練習してます」

とーやま校長「(ベースとギターは)弦の数も違うし音色もぜんぜん違うけど、でも"コード感"とかって、やっていけば(役に立つ)もんね」

ニャンコのベース「はい」

とーやま校長「どっちにしても、ベースは買わないといけないもんね」

ニャンコのベース「そうなんです…」

とーやま校長「どうする? 小遣いとかは?」

ニャンコのベース「お小遣いとかはなくて、臨時収入とかがあったので」

とーやま校長「臨時収入って、なんの臨時収入よ(笑)」

あしざわ教頭「すごい言葉だな(笑)」

ニャンコのベース「"お祝い"とかそういうのがあって」

とーやま校長「お年玉とか?」

ニャンコのベース「はい」

とーやま校長「そうか、そういうのが無いと(買えない)ってことだもんね」

ニャンコのベース「はい」

とーやま校長ニャンコのベースさん、私ね、とーやまって言うんだけどね

あしざわ教頭「なんか、いかがわしい人が出てきた!」

とーやま校長「あなたに良い情報だ。あなただけに良い情報を教えますよ!」

ニャンコのベース「はい」

とーやま校長「あなた、11時からの『バトルクイズ SCHOOL 4ORCE』って知ってます?」

ニャンコのベース「知ってます(笑)」

とーやま校長「あれ、4人で参加できるわけ! で、1問で1000円獲得できる。
4人で最大4万円獲得できるわけ!
今、(バンドのメンバーで)3人いるんでしょ?」

ニャンコのベース「はい」

とーやま校長「だから、もう1匹その辺の猫を捕まえて、3人プラス1匹で参加できるから!」

あしざわ教頭「(笑) 猫で構成されてる!」

とーやま校長「マジでエントリーした方がいいんじゃない?」

ニャンコのベース「やりたいなとは思ってるんですけど、頭脳が足りるかなって…」

とーやま校長「関係ねーよ! 1問でも正解すれば1000円もらえるんだから、足しになるだろ?」

ニャンコのベース「そうですね」

とーやま校長「これ、参加費とかもかからないんだから、絶対にやった方がいいよ!」

ニャンコのベース「考えます、やってみたいんで!」

とーやま校長「うん、絶対応募した方がいいと思うよ!」

ニャンコのベース「はい!」

とーやま校長「じゃあ、まず楽しい入学式が迎えられるように祈ってるし、また近々、SCHOOL 4ORCEで会えそうな気がするから。
その時まで、色々予習をしておいて!」

SCHOOL OF LOCK!


ニャンコのベース「はい! 頑張ります!」

とーやま校長「ニャンコのベース、これからも、よろしくにゃ〜ん!

ニャンコのベースよろしくにゃ〜ん!

とーやま校長「はい、出たーーーー!!!」

あしざわ教頭「"出た"って何よ(笑)」


♪ Invisible Sensation / UNISON SQUARE GARDEN


RN ニャンコのベース、『バトルクイズ SCHOOL 4ORCE』への応募、待ってます!





とーやま校長「未だ見ぬきみの"こえ"よ。夜空に届け!」

とーやま校長・あしざわ教頭「きみのこえがききたい!」

10時55分過ぎからは、SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がおくる、10代限定! 声の甲子園!
ラジオドラマの主人公発掘プロジェクトきみのこえがききたい。

月、火、水、木の4話で完結するラジオドラマの主演をこの学校から選ばれた男女1組が、週替わりで務めます!

今日お送りする話は、「<引っ越し編 第1話>」!

今週の主演を務めてくれるのは、
RN きょうちゃんちゃん 熊本県 17歳 男性
RN ゆめ 千葉県 18歳 女性
の2人!!

引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

とーやま校長「不器用でも、下手でも構わない! とにかくオレたちは…!」

とーやま校長・あしざわ教頭きみのこえがききたい!

<⇒特設サイトは【コチラ】!





ここで、我が校の部活の話!
SCHOOL OF LOCK!には、いろんな部活動があります。
そのうちの一つが、とーやま校長が顧問を務めるドライ部! 
毎週月曜日に動画が更新されます!

とーやま校長「これまで3シーズン続いてきましたが、本日めでたく、シーズン4を迎えました!」

あしざわ教頭「おめでとうございます!」

動画は、SCHOOL OF LOCK!のYou Tubeチャンネルから観てほしい!
チャンネル登録もよろしく!

SCHOOL OF LOCK!



それでは、11時台も『新入生歓迎☆逆電!』を行っていく!

土生推しのQueen好き 香川県 15歳 男性 高校1年生

とーやま校長「"はぶ"って言ったら、将棋の羽生さんでしょ?」

土生推しのQueen好き「違います(笑)」

とーやま校長「違うの? どの"はぶ"さん?」

土生推しのQueen好き欅坂46の土生さんです

とーやま校長どうもありがとう!

あしざわ教頭「"ありがとう"って(笑) 校長先生が(欅坂46を)すごく好きだからね」

RN 土生推しのQueen好きも、4月から高校生!
4月9日に入学式なんだそう。

とーやま校長「今の気持ちはどう?」

土生推しのQueen好き「やっぱり、ドキドキが強い「です」

とーやま校長「不安とかもある?」

土生推しのQueen好き「あります」

とーやま校長「今日、初書き込みをしてくれたんだ?」

土生推しのQueen好き「はい」

とーやま校長「ありがとう! SCHOOL OF LOCK!はいつぐらいから?」

土生推しのQueen好き「中2の始めぐらいからですね」

今回、初書き込みをしてくれたのは、最近スマホを買ってもらったからなのだそう!

とーやま校長「Myスマホとの生活はどうよ?」

土生推しのQueen好き「最高なんですけど、10時半までしかラインとかYouTubeとかができないようにされたんですよ」

とーやま校長「あれ!」

あしざわ教頭「まあまあ、そうね」

とーやま校長「今の時間はどうしてるの?」

土生推しのQueen好き「今の時間は、電話だけはできるので」

とーやま校長「電話はいいんだ!?」

あしざわ教頭「(笑) 確かにちょっと不思議なルールだけど」

とーやま校長「電話も同じような気がするけど(笑)」

あしざわ教頭「速度制限、気をつけろよ!」

土生推しのQueen好き「はい」

とーやま校長「でもなんとか、かい潜りてーな」

土生推しのQueen好き「はい。今も布団に潜って…

一同笑い

とーやま校長「あとで履歴とかでバレたりするの?」

土生推しのQueen好き「iPhoneで指紋のやつなんで、見られないようにはなると思うんですけど」

とーやま校長「じゃあ、土生推しのQueen好き、普段、疑問に思ってることでもいいし、聞きたいことでも、なんでもいいよ。
俺らで答えられることなら全部答えるから」

土生推しのQueen好き「毎月3週目のGIRLS LOCKS!に、平手友梨奈さんが来るじゃないですか。
その時に、(校長が)よく欅坂46の楽曲に合わせて替え歌みたいなことをするじゃないですか」

あしざわ教頭「よくなんかやってるよな(笑)」

とーやま校長「しょうがないじゃない! 曲がかかっちゃうから、乗らざるをえない」

土生推しのQueen好き「それが上手すぎて」

とーやま校長「あれ、上手いよね!」

あしざわ教頭「よくわかんないけど、あれ、上手いとかなの?」

土生推しのQueen好き「自分でも校長の真似をしてみたんですけど」

とーやま校長「家で?」

土生推しのQueen好き「はい」

とーやま校長「どうやってやったの?」

土生推しのQueen好き「校長が言ったやつを耳で覚えて、ウォークマンに入ってる楽曲で合わせたり(笑)」

とーやま校長「曲は何だった?」

土生推しのQueen好き「『アンビバレント』とかですね」

あしざわ教頭「つまり、曲に合わせて校長がアドリブで歌うというのを、影響を受けてやってると」

土生推しのQueen好き「はい。やったんですけど、全然うまくいかなくて、途中で噛んだりして」

とーやま校長「俺も失敗してる時あるけどね」

土生推しのQueen好き「でも、ほとんど成功してるじゃないですか」

とーやま校長そうなんだよね!

あしざわ教頭「すごいインタビューみたくなってるけど、そういうことでもない気がするんだよな」

とーやま校長「あれは、俺が本当にテキトーにやってるだけだから(笑)」

土生推しのQueen好き「いや、それがうまくいき過ぎてるから、実は事前に録音したのを流してるんじゃないかと…」

とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「校長先生、疑われてるよ(笑)」

とーやま校長「土生推しのQueen好き、まず、想像してみろ。
もしも録音だとしたら、俺が授業前に、職員に"ちょっとあそこ録らせてもらっていですか"って頼んでるところの恥ずかしさ、わかるか?」

土生推しのQueen好き「(笑)」

とーやま校長「で、そのためにスタジオも押さえて」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「職員一人じゃ(録音は)無理なんだから!
あそこの30秒のためだけに、そんなことは恥ずかしくてできない!」

あしざわ教頭「でも、土生推しは(校長)すご過ぎて」

とーやま校長「だから、あれは即興よ!」

土生推しのQueen好き「じゃあ、ほとんど楽曲は覚えてるってことですか?」

とーやま校長「『アンビバレント』とか、一番大好きな曲は『エキセントリック』だから」

土生推しのQueen好き「ああ、俺と一緒です」

とーやま校長どうもありがとう!

あしざわ教頭「それ、本人が言うやつだから」

とーやま校長「だから、ポーンと来たら、なんだっていけますよ」

あしざわ教頭「それは聞いてみたいよな!」

とーやま校長「いいっすよ!」

そして、突然流れ出した『エキセントリック』に校長が即反応!
リズムもバッチリ、見事な即興替え歌(土生推しのQueen好き紹介Ver.)を披露してくれました!

SCHOOL OF LOCK!

<即興で替え歌を熱唱する校長>


土生推しのQueen好き「おお、すごい!」

とーやま校長「入りました!」

あしざわ教頭「うちの校長、すごいだろ!」

土生推しのQueen好き「誕生日が(校長と)一緒という情報も入れてくれて」

一同笑い

あしざわ教頭「さすがだ!」

とーやま校長「俺のすごいところはそこなのよ! ただやるだけじゃない!
"しっかりとお土産を渡す"という」

土生推しのQueen好き「素晴らしいです!」

とーやま校長「改めて、私の替え歌はどうでしたか?
…って、自分で聞くのも恥ずかしいわ!」

一同笑い

あしざわ教頭「聴いてみて、どうだった?」

土生推しのQueen好き「もう、素晴らしかったです。完璧です」

とーやま校長「これ、土生推しのQueen好きもやりたいわけでしょ?」

土生推しのQueen好き「機会があれば」

とーやま校長「これは、なんでやれるか? 聞きたいですか?」

土生推しのQueen好き「はい」

とーやま校長「これね、1個だけです。

…愛!

土生推しのQueen好き「(フッ)」

あしざわ教頭「ちょっと生徒が引いた感じしてますが」

とーやま校長「グループが好きだという、愛。これのみです」

土生推しのQueen好き「なるほど」

とーやま校長「そしたら、その場でどんどん(替え歌が)降ってきます」

土生推しのQueen好き「ほう」

とーやま校長「これは、なんでもそうです。
例えば、土生推しのQueen好きの新しく高校の生活が始まるということへの、愛。
それがあると、何か突然のことが起きても、ちゃんと自分の進みたい道へ進むことができる。言いたいことを伝えることができる。
新しい生活、"こんなのがいいな""こんな友達と喋ってこんな楽しいことをしたいな"、そういった気持ちをたくさん作っておく。
それも"愛"だから。
それがあれば、突然何が来ようと大丈夫って話よ」

SCHOOL OF LOCK!


土生推しのQueen好き「なるほど」

とーやま校長今の言葉は全部、収録なんだけど

あしざわ教頭「なんで今のだけ収録なのよ!」

土生推しのQueen好き「教頭のツッコミも」

とーやま校長「教頭のツッコミもそうよ」

あしざわ教頭「事前に突っ込まねーわ!」

とーやま校長「教頭のツッコミは3パターンしかないから」

あしざわ教頭「やめろよ! ホントなんだよ、それ!」

とーやま校長「それを3つだけ、ボタンを押せば流れるから」

あしざわ教頭「それ、ホントだから(笑)」

土生推しのQueen好き「三種の神器ですね(笑)」

とーやま校長「そうそう! ありがとう(笑)」

あしざわ教頭「3つ見当たらねーんだ! もしかしたら2個しかないかもしれないんだ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


土生推しのQueen好き「『何でだよ!』とか」

あしざわ教頭「いいんだ、それは!」

とーやま校長「あれ、めっちゃ多いもんな(笑)」

あしざわ教頭「おい、やめろ! いじり出して来てるんじゃねーよ!」

土生推しのQueen好き「(笑)」

とーやま校長「(笑) 愛を持って、楽しい春を!」

土生推しのQueen好き「はい、ありがとうございます!」


♪ エキセントリック / 欅坂46


(ここでも校長は替え歌を披露)

とーやま校長「話しながら左耳では『エキセントリック』を聴いているという、この技術!
この技術を活かせるのは、ここだけ!

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「他では一切求められたことはない! ここでも求められたことがない!
勝手にやってるだけ!」

あしざわ教頭「みんな、目指しちゃダメだ! 目指しても何もないぞ!」

とーやま校長「これで1銭も稼げないから!」


それでは、次の生徒に逆電、参ります!
pig man 兵庫県 15歳 男性 高校1年生

RN pig manも今年から高校生。でも、中高一貫校なのでそれほど変わったことはないんだそう。
さて、pig manは、先週、back number先生が来てくれた時に書き込みをしてくれていました。
授業テーマはアルバムのタイトルにちなんで、『ここにMAGIC!』
pig manが"魔法(MAGIC)をかけてほしいこと"とは…?

とーやま校長「何が起きてるわけ?」

pig man「今、付き合って2年と3ヶ月になる彼女がいるんですけど」

とーやま校長「可愛い?」

pig man可愛いです

とーやま校長「どういうところが好き?」

pig man「もう、全部ですね」

とーやま校長「素晴らしいね!」

pig man「付き合い始めたのは、告白したわけでも、されたわけでもないんです。
互いに、面と向かって"好きだ"っていったことがないんですね」

とーやま校長「なんとなく、彼氏彼女ということになっている?」

pig man「小学校の同級生で、付き合う前は、月に1回ぐらい会ってたんですね。
もともと向こうには彼氏がいたんですけど、"彼氏どうなった?"って聞いてみたら、"別れた"って言ってて、"何で別れたのか"って聞いたら、"好きな人ができたから"で。
それで、好きな人は誰かって問い詰めていったら、僕だったっていう…」

とーやま校長「おやおや」

あしざわ教頭「じゃあ、自然な流れで付き合うことになったんだ」

pig man「そうですね」

とーやま校長「それで、何か悩みがあるの?」

pig man「そうですね。さっき言ったように、面と向かって"好きだ"って言ったことがないので、それを言えるようになりたいですね」

とーやま校長「それは、何でそう思ったの?」

pig man「やっぱり、彼氏彼女の間って、"自然消滅"ってあるじゃないですか」

とーやま校長「一番、嫌だよね!」

pig man「僕、それが一番嫌なんですよね」

あしざわ教頭「(笑)」

pig man「自分が好きだってことは、相手に一番幸せになってほしいので、自然消滅ってやっぱり嫌ですよね」

とーやま校長「ちゃんと最初に"好きだ"と言い合ってないことによって、流れ流れていっちゃうこともあるもんな」

pig man「そうですよね。
だから、恥ずかしさとかを克服して、(好きだと)言えるようになりたいですね」

実は、デートらしいデートをしたのが、付き合い始めてから2年ちょっと経った、昨年の12月。
イルミネーションを観に行って、そこで初めて手を繋いだんだそう。

pig man「そこで(好きだと)言った方がいいのかな、と思いながら、やっぱり恥ずかしさに負けて言えず…だったんですよね」

とーやま校長「それは"どういう恥ずかしさか"って自分で考えてみた?」

pig man「多分向こうもそうだと思うんですけど、やっぱり好きな人に面と向かって"好きだ"って言うのって、相当勇気がいるじゃないですか」

とーやま校長「そうだね。怖さもあるよね」

pig man「やっぱり、その"恥ずかしさ"というか"勇気"が、まだ振り絞れない状態なんですよね」

とーやま校長「教頭はさ、1日7回ぐらいだっけ? 言ってるの」

あしざわ教頭「何を?」

とーやま校長「奥さんに」

あしざわ教頭「"好きだ"みたいなことですか?」

とーやま校長「そう」

あしざわ教頭まあ、多い時はですね

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「(笑) ホントに言ってる」

あしざわ教頭「多い時は、よ」

とーやま校長「1日7スキー!」

あしざわ教頭「まあ、ギャグっぽいのも含めて、ですよ」

とーやま校長「すごくない!?」

pig man「僕たちも、ギャグっぽい感じで言ったことは、一応何回かはあるんですね。
やっぱり、ちゃんとしたシチュエーションで言い合ったことがないんですよね」

とーやま校長「愛をしっかり届けたいってことなんだな」

pig man「そうです。学校が違うので、彼女と会うのも月に1回会うかどうかなんで。
やっぱりそこまでちゃんと、"愛を分かち合う"というか、そういうことができる環境ではないので」

とーやま校長「教頭は(好きという時は)どういうメンタルなの?」

あしざわ教頭「え? 言いたいから言ってるってだけだから。
その人に対して、ギュッとしたかったら自然と言うし」

pig man「そうですよね…」

あしざわ教頭「俺が思うに、"嫌われたくない"っていうのが強くない?」

pig man「そうですね。嫌われたくないですし」

あしざわ教頭「そういうのって、"これをやったら嫌がられるかも"っていうのが最初に来てるじゃん」

pig man「向こうの高校受験が終わった時に会ったんですけど、うちの彼女って"ツンデレ"なんですよね。
すごい"ツン"の部分が強いんですけど、受験が終わった時にすごくストレスが溜まってたみたいで、"ギュッとして"って言われた時には"今なんて?"って4回ぐらい返しました」

とーやま校長「それで、どうしたの?」

pig man「それで、一応抱きしめましたけど」

とーやま校長あーーーー!!!

あしざわ教頭「別にいいじゃん、そのくらい(笑)」

とーやま校長「全国の『座禅組』のみんなが」

あしざわ教頭「リア充じゃない(彼氏・彼女がいない)、非リア充のことね(笑)」

とーやま校長「我が校の生徒の97%は座禅組だと言われている」

あしざわ教頭「そんなことないよ!」

pig man「うちの学校は男子校なので、リア充というのは嫌われるというか…」

とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「"なんだよ!"みたいなな(笑)」

pig man「なんか"リア充に人権はない"って言ってたりする人がいるんですよね」

とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「でも、(好きだ)って言いたいよな。
自分で、"どこかのタイミングで言おう"とはできてないんだよね?」

pig man「そうですね。ちゃんとしたシチュエーションというのが出てこないので。
抱きしめた時も、その帰りとかは手を繋がずに帰りましたし。
やっぱり、結構勇気がいるんですよね」

とーやま校長「"ちゃんとしたシチュエーション"というのは、pig manが勇気を振り絞って、しっかりと今付き合ってる彼女に対して愛を伝えようというのが、“ちゃんとしたシチュエーション"じゃない?」

あしざわ教頭「そうですね」

pig man「そうですね。"今、言わなきゃな"って時」

とーやま校長「そう。それが例えばファミレスの帰りだろうが、家の前だろうが…ってことじゃない?」

pig man「ああ、自分が言いたい時に言うって感じなんですかね」

とーやま校長「そう!
逆に、もしかしたら向こうも向こうで同じことを考えてるかもしれないし、さらにめっちゃ不安かもしれない」

pig man「一応、メールで何回か言ってたりとかしてるんですけど」

とーやま校長メールだろ!

pig man「そうですね(笑) あくまでメールですからね」

とーやま校長「“ちゃんと目を見て"っしょ!」

あしざわ教頭「そうだね。女子は、待ってるから!

pig man「そうですかね」

とーやま校長「これ、なんで教頭が言えるかっていうとね、教頭は女子だから

あしざわ教頭「いや、違う違う! なんちゅう発言してるんだ!」

とーやま校長「マジじゃん」

あしざわ教頭「違うじゃん! 女子じゃねーじゃん、俺!」

とーやま校長「(4月1日じゃん、今日! 粋な嘘ついたの!)」

あしざわ教頭「粋なのか、今! 粋かどうすらわかんねーよ!」

とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「とにかく、女子は絶対待ってるから!
それが言えなかったら、自分でわかってんだろ? "自然消滅"って恐ろしいことがあるかもしれない」

SCHOOL OF LOCK!


pig man「そうですよね」

あしざわ教頭「こんなウダウダしたってしょうがないですよ。
もう、"嫌われたくない"とか考えない! それ以上に"好かれたい"だろ?
好きなんだろ?」

pig man大好きです

あしざわ教頭「そうだよ。今言った"大好き"を、向こうにも確認させてやってくれよ」

pig man「はい」

とーやま校長「ちゃんと伝えろ!」

あしざわ教頭「お前が"いける"と思った時に"大好きだ"と言えよ!」

とーやま校長「そうだ!」

pig man「はい、頑張ります!」

あしざわ教頭「言えるのか!?」

pig man「頑張ります!」

あしざわ教頭「お前自身で勝ち取れよ!」

とーやま校長「じゃあ、pig man、これからもよろしくね!」

pig man「はい、お願いします!」


さあ、授業の最後には、いつもとーやま校長の黒板で締めております!

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!


『 君は教わる 君に教わる 』

とーやま校長「例えばpig manだったら、教頭先生の言葉で"なるほど"と思ったかもしれない。
新しい景色が見えたかもしれない。
それは、pig manの生活に、今、ちょっとした"鍵"が与えられた瞬間なのかなと思う。
となると、pig manは、教頭先生に教わることができたのと同時に、今聴いてる生徒の中で、同じ状態だったり、これから同じような状態になる生徒に"教えている"ことにならない?
俺たちもそれは一緒で、こうやって生徒のみんなと話をしていて、"何かを伝える"と言いながらも、こちらも"伝えられている"
そこで発見とかもめちゃくちゃあるし、掲示板だったら、みんなの書き込みが誰かを導くこともあるし、助けることもある。
だから、俺たちは校長先生、教頭先生、講師と生徒という立場だけど、それはあくまでも名前、肩書きなだけであって、みんなでいろんな気持ちを回して共有していきたい」


♪ 平成ペイン / go!go!vanillas


あしざわ教頭「今日も生徒と喋れて本当に楽しかったし、『平成』というものが終わって『令和』という新しい時代を、これからもみんなと一緒にキャッキャしながらやっていきたいですね」

とーやま校長「(掲示板の登録人数が)50万人以上って言ったけど、それぐらい大きな考えとか気持ちとかを共有できる場所だと思うので、明日からもまたよろしくお願いしたい!」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!は、明日夜10時に再び開校!」

あしざわ教頭「起立!」

とーやま校長「はい、立って!」

あしざわ教頭「礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭また明日〜〜〜〜〜!!!!

SCHOOL OF LOCK!



【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN 愛音


SCHOOL OF LOCK!

RN 直拓七


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ひよこ 愛知県 16歳 女性
ニャンコのベース 新潟県 15歳 女性
土生推しのQueen好き 香川県 15歳 男性
pig man 兵庫県 15歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:09 ナンセンス文学 / Eve
22:31 決めたよHand in Hand / Aqours
22:43 ハルノヒ / あいみょん
22:51 Invisible Sensation / UNISON SQUARE GARDEN
23:11 Spring of Life / Perfume
23:21 Let Me Know / Perfume
23:37 エキセントリック / 欅坂46
23:51 平成ペイン / go!go!vanillas

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

即興替え歌芸でお金稼げるとこ募集・・・。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

改めてよろしく!FAXでイラストとかも待ってるよー!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る